弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 11月 02日 ( 3 )

厚労省方針(不活化ワクチン緊急輸入せず)はきわめて疑問です

厚労省方針(不活化ワクチン緊急輸入せず)はきわめて疑問です_b0206085_7315546.jpg

◆ 報道

毎日新聞「ポリオ:不活化ワクチン緊急輸入せず 厚労省方針」(2011年11月2日)は,次のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「ポリオ(小児まひ)の予防接種を巡り、自治体や患者団体から国内未承認の不活化ワクチンの緊急輸入を求める要望が相次いでいる問題で、厚生労働省は2日、「薬事法上の要件を満たしていない」として緊急輸入はしない方針を示した。

 不活化ワクチンを希望者に提供することを決めた神奈川県の黒岩祐治知事が同日、厚労省に要望したが、応対した藤田一枝政務官は「不活化ワクチンが国内承認される13年春ごろまでは、現在使われている生ワクチンの接種を勧める」とした従来の国の考え方を重ねて説明した。面談後、黒岩知事は「政治主導で厚労大臣が早期導入を決断すべきなのに、生活者の目線に立っていない」と批判した。

厚労省によると、薬事法には病気の流行拡大を防ぐために通常の医薬品の審査手続きを簡素化して緊急的に輸入する「特例承認」の規定がある。09~10年に大流行した新型インフルエンザに対応するため、海外2社のワクチンを輸入した際に初適用した。しかし、ポリオの場合は、同法が特例承認の要件に定める「疾病の流行」「代替医薬品がない」などに該当しないという。【佐々木洋】」


◆ 感想

私は,藤沢市に住んでいますが,昨年藤沢市で生ポリオワクチンの被害が生じました.1歳の女子が,生ポリオワクチン投与後しばらくして発熱,手足のまひ,運動機能低下などを起こしました.
生ワクチンは,ウイルスを弱めただだけなので,絶対に安全とは言えないのです.1981年以降,日本のポリオ患者は,すべてワクチン由来によるものです.

100万人に1.4人だから生ポリオワクチンでよい,補償ですればよい,ということにはなりません.なぜなら,より安全な不活化ワクチンがあるのですから.

先進諸国はすでに不活化ポリオワクチンになっているのに,日本は不活化ワクチンへの切り替えを怠ってきました.

親たちが,事実を知り,個人輸入の不活化ポリオワクチンを接種する医療機関に集中しています.当然,生ワクチンの接種控えが起きています.

薬事法14条の3の「特例承認」にあてはまらないなどというのは,厚生官僚のご都合主義的解釈です.
厚労省は,新A型インフルエンザ(H1N1)対策として,米国などでも臨床試験中で,承認されていないし,もちろん使用実績もないインフルエンザワクチンについて,平成22年1月20日,「特例承認」を決定したではありませんか.

不活化ポリオワクチンは,すでに先進諸国で承認され,使用実績もあるワクチンです.
同等品でなければ「代替品」とは言いませんから,生ポリオワクチンは,不活化ポリオワクチンの「代替品」ではありません.

ポリオワクチン接種は,不活化ポリオワクチンを用いるべきなのです.
厚労省は,国内ワクチンメーカーの側ではなく,国民の側に立つべきで,不活化ポリオワクチンを緊急輸入すべきです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-02 23:35 | 医療

林野庁は,スギ花粉の放射線量は人体には影響が出ないごく微量,と発表しましたが・・・

林野庁は,スギ花粉の放射線量は人体には影響が出ないごく微量,と発表しましたが・・・_b0206085_1154855.jpg林野庁は,平成23年10月31日,東京電力福島第1原発事故で放射性セシウムに汚染されたスギ林から放出される花粉を人が吸い込むことで受ける放射線量の試算し,最も影響が大きいとみられる前提条件で試算しても,人体には影響が出ないごく微量にとどまると発表しました.

しかし,京都大学原子炉実験所助教小出裕章先生によれば,政府は100ミリシーベルトにならないと影響が出ないという,科学的に全く間違った前提にたって人体には影響が出ない,と言っているとのことです(たね蒔きジャーナル11月1日).
しかも,スギだけが汚染しているわけではなく,いろいろな形で被曝が出るし,西日本でも注意が必要とのことです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-02 10:27 | 脱原発

西尾市民病院,ドレーンの遺残事故で示談

西尾市民病院,ドレーンの遺残事故で示談_b0206085_964429.jpg

毎日新聞「西尾市民病院:体内に管を残す医療ミス 98万円賠償」(平成23年11月2日)は,次のとおり報じています.

「愛知県西尾市民病院は1日、95年に40代女性の潰瘍性大腸炎手術で、体内にシリコン製のドレーン(管)を残す医療ミスがあったと発表した。強い腹痛を訴えた女性は10年4月に別の病院で除去手術を受けた。市民病院は女性に慰謝料などとして98万円を支払う。

 病院によると、ドレーンは長さ18センチ、直径1センチ。手術では女性の大腸の大部分を除去して左下腹部にドレーンを2本入れた。手術の1週間後、1本しか抜かず、1本が体内に残った。女性は07年9月から腹痛を感じ、痛みが徐々にひどくなったという。ドレーンは15年の間に体内を移動し、右下腹部にあった。

 市民病院の近藤照夫院長は「患者に多大な苦痛を与え、深くおわびする」と話した。【中村宰和】」


異物遺残事故は頻繁に報道されます.訴訟,判決は少ないですが,弁護士への相談例は結構あります.
本件は,1本除去して,終わった,と思ったのでしょう.
本件は,遺残物も大きいし,2007年から痛みが生じていますので,患者さんの苦痛は小さくはなかったでしょう.
最近はさすがにこのようなことは起きていないと思いますが,油断することなく遺残にはつねに気をつけてほしいです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-02 08:55 | 医療事故・医療裁判