弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 02月 14日 ( 3 )

最高裁新判事大橋正春氏,一つ一つ誠実に

最高裁新判事大橋正春氏,一つ一つ誠実に_b0206085_11381371.jpg

大橋正春氏(私の元民弁教官)の就任会見報道から,抜粋ご紹介いたします.

◆ NHK「最高裁新判事に大橋正春氏」(2012年2月14日)

「就任の会見で大橋氏は「自分の主張を裁判所に聞いてもらえないのではないかという不安感を持たれないよう、一つ一つの事件について誠実に取り扱っていきたい」と抱負を述べました。
また、まもなくスタートから3年が経過する裁判員制度については「裁判員はかなり真剣に証拠を検討し、意見を述べていると聞くので、非常にうまくいっているのではないか」と評価しました。」

◆ msn産経「大橋最高裁判事就任「一つ一つ誠実に」 (2012年2月13日)

「最高裁で会見し「平凡だが、一つ一つの事件を誠実に取り扱っていきたい」と抱負を述べた。

 大橋氏は、自分の性格について「穏やかな方だとは思うが、威張ること、威張られることは嫌い。(弁護士という)職業が影響しているかもしれない」と分析。5月に施行3年を迎える裁判員制度は「直接の経験はないが、基本的にはうまくいっていると思う。裁判員に対する立証や説明を通じ、刑事司法をもう一度、根本的に考え直す契機になった」との見方を示した。」

◆ 日経「「一つ一つを誠実に扱う」 大橋氏が最高裁判事就任」 (2012年2月13日)

「弁護士から最高裁判事に就いた大橋正春氏(64)は13日、最高裁で記者会見を開き「一つ一つの事件を誠実に扱っていきたい」と抱負を述べた。制度開始3年を迎える裁判員裁判については「基本的にうまくいっているが、弁護士の負担も大きい制度なので、その改善が課題だ」と話した。」

元民弁教官大橋正春氏が最高裁判事に」ご参照


谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-14 09:15 | 司法

Whitney Houston died of fatal mix of prescription drugs and alcohol, relatives told

Whitney Houston died of fatal mix of prescription drugs and alcohol, relatives told_b0206085_121838.jpgThe Daily News「Whitney Houston died of fatal mix of prescription drugs and alcohol, relatives told」に,ホイットニー・ヒューストン氏の死亡時の状況が詳細に書かれています.
Whitney Houston氏がアルコールと処方薬ザナックスによりバスタブで溺死したという話を伝えています.gossipですから真偽は不明ですが.

ザナックスは,米国ではよく処方される向精神薬です.違法薬物ではありません.
日本ではソラナックスやコンスタンの商品名(一般名アルプラゾラム)で売られています.
アルコール(飲酒)との併用は危険です.

【追記】
ロサンゼルス郡検視当局は,3月22日,ホイットニー・ヒューストンさんの死因について,コカイン使用と心臓疾患の影響による溺死だったと発表しました.、眠気の副作用がある鎮静剤「ザナックス」,筋弛緩剤「フレクセリル」も検出されましたが,直接の死因ではない,とのことです.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-14 01:45 | 医療

PPI(プロトンポンプ阻害薬)により,とくに喫煙歴のある閉経後女性の大腿骨近位部骨折リスクが上昇

PPI(プロトンポンプ阻害薬)により,とくに喫煙歴のある閉経後女性の大腿骨近位部骨折リスクが上昇_b0206085_13314997.jpg米マサチューセッツ総合病院のHamed Khalili氏らは,米国の女性看護師を対象にした研究のデータを分析し,大腿骨近位部の骨折の絶対リスクが,PPI非使用者では1000人年当たり1.51であるのに対し,PPI使用者では1000人年当たり2.02である,と報告しました.

女性がPPIを2年以上使用した場合,大腿骨近位部の骨折リスクが2年で1.36倍、4年で1.42倍,6~8年で1.55倍と使用期間が長くなるほど上昇し,PPIの使用をやめて2年未満ではリスク上昇が残りましたが,2年を超えると非使用者と同等に低下した,と報告しました.

とくに,現在もしくは過去の喫煙者では,PPI使用により骨折リスクが50%以上上昇していたとのことです.

健康百科「胃薬「PPI」で閉経後女性の骨折リスク35%増―米研究 喫煙歴の有無でリスク異なる」(2012年2月13日)ご参照

Use of proton pump inhibitors and risk of hip fracture in relation to dietary and lifestyle factors: a prospective cohort study」ご参照

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-14 00:35 | 医療