弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 03月 28日 ( 5 )

山形地裁平成24年3月28日判決,心不全と心筋梗塞との因果関係なし,過失も否定

b0206085_18205891.jpg
山形地裁平成24年3月13日判決,氷河期に突入した医療過誤訴訟」で,山形地裁(石栗正子裁判長)の,過失を認め因果関係を否定した判決とその問題点にふれましたが,今度は,過失も因果関係も否定した判決がでました.難しそうな事案でありますが,やはり,山形地裁は氷河期なのでしょう.

読売新聞「「医療過誤」訴訟で遺族側請求を棄却」(2012年3月28日)は,次のとおり報じています.

「2004年8月に新庄市の女性患者(当時77歳)が死亡したのは入院先の県立中央病院が適切な検査や治療を怠ったことなどが原因として、同病院を管理・運営する県を相手取り、女性の遺族が、慰謝料など約4400万円の損害賠償を求めた民事訴訟の判決が27日、山形地裁であった。石栗正子裁判長は「診療や治療方針に過失はない」として遺族側の請求を棄却した。

 判決によると、原告側が、「医師の判断で心筋梗塞の治療を行わなかったことで症状が悪化し、心不全を引き起こした」と主張した点について、「心不全の原因は多臓器不全によるものであり、心筋梗塞との因果関係はない」とし、遺族側の主張を退けた。

 原告側の弁護人は「大変残念。控訴は遺族と相談して決めたい」とした。」


毎日新聞「県立中央病院医療過誤訴訟:「過失認められない」 遺族の訴え棄却 /山形」(2012年3月28日)は,次のとおり報じています.

「県立中央病院に入院していた女性(当時77歳)が心筋梗塞(こうそく)の症状を見落とされて死亡したとして、遺族が県に約4400万円の損害賠償を求めた訴訟で、山形地裁(石栗正子裁判長)は27日、原告の請求を棄却した。

 判決によると、女性は04年5月、ぼうこうがんの治療のために入院したが、手術後にリンパ節などに転移が見つかった。6月に再入院して治療を続けたが、8月に死亡した。原告側は、女性が7月から心筋梗塞の症状である背中の痛みを訴えるなどしていたのに、担当医師が心筋梗塞の可能性を認識せずに適切な治療を怠ったと主張していた。県側は、女性の心不全は心筋梗塞に伴うものでなく、多臓器不全によるものだったとしていた。

 石栗裁判長は「(女性は)多臓器不全となり心不全を発症したもので医師に過失は認められない」と県側の主張を認め、原告の訴えを退けた。【安藤龍朗】」


【追記】

石栗正子判事は,2012年4月1日付で東京地裁に転任になりました.
後任には,東京高裁から石垣陽介判事が転任しました.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-28 21:39 | 医療事故・医療裁判

日本医師会,医療基本法草案を発表

b0206085_1128162.jpg日本医師会は,2012年3月28日の定例会見で,医事法関係検討委員会の答申「「医療基本法」の制定に向けた具体的提言」を発表しました.13頁以下に医療基本法草案が付されています.是非,ご一読を!

注目は,「第4章 患者等の権利と責務」です.
17条から19条が患者の権利,20条から21条が患者の責務です.
医療被害の救済を受ける権利,苦情の解決を求める権利などはあげられていません.


「第17条(自己決定の権利)
① 患者は自ら受ける医療に関して、医療提供者からの十分な説明を受けたうえで、自ら主体的に判断し決定する権利を有する。
② 患者は前項の判断をする際に、必要に応じて、医療提供者もしくは他の医療提供者からの助言、意見を求めることができる。

第18条(診療情報の提供を受ける権利)
① 患者は、医療を受ける際には、自らの健康状態、治療内容等について、医療提供者から理解しやすい方法で十分な説明を受けることができる。
② 患者は、自らが受けた医療に関して作成された診療記録等の開示を、原則として医療提供者から受けることができる。

第19条(秘密およびプライバシーの保護)
患者は、自らが受ける医療の内容について、医療提供者その他の関係者の適切な配慮によって、みだりに他人に知られないよう保護される権利を有する。

第20条(診療に協力する義務)
① 患者およびその家族は、医療提供者が良質、安全かつ適切な医療を提供できるように協力しなければならない。
② 患者は、医療を受ける際には、医療提供者に対して、過去の病歴、薬歴、入院歴、家族の病歴、その他現在の健康状態に関係するすべての事項を含む十分な情報を提供するよう努めなければならない。
③ 患者は、医療を受ける際には、医師、医療提供者の療養上の指導に従い治療効果が高まるよう協力するとともに、受診時や療養生活全般、対価の支払い等について医療機関が定める諸規則を遵守し、他の患者の療養の妨げとなることのないよう努めなければならない。

第21条(秩序ある受療をする責務)
すべての国民は、医療が国民共通の社会的資産であることを理解し、具体的状況に応じて適切な方法で医療を受けるよう努めなければならない。」



谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-28 20:44 | 医療

仙台高裁秋田支部平成24年3月28日判決,1審判決を破棄,転送の遅れを認める

b0206085_19495870.jpg時事通信「一転認める=高度病院へ転送遅れた-仙台高裁支部」(2012年3月28日)は次のとおり報じています.

「秋田県仙北市で2002年、交通事故に遭った男性が死亡したのは、搬送先病院の診断ミスで高度治療が可能な病院への転送が遅くなったのが原因として、遺族が病院設置者の同市や担当医を相手に計約1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁秋田支部は28日、請求を棄却した一審秋田地裁判決を変更し、同市と担当医に計約2500万円の支払いを命じた。
 卯木誠裁判長は、担当医は男性が腰に痛みがあると訴えていたのに、視診や触診などの必要な診察をせず骨盤骨折の発見が遅れたと認定。早期に適切な治療ができる高次医療機関に搬送する決断をすべきだったとし、適切な診断と男性の転送ができていれば救命できた可能性が高いとした。
 判決によると、60代の男性は02年6月8日午後2時半ごろ、仙北市をオートバイで走行中、普通乗用車と衝突して負傷。同市立田沢湖病院に搬送後、岩手医科大付属病院へ転送されたが、同病院に向かう救急車で心肺停止となり、到着後、骨盤骨折による出血性ショックで同日夕に死亡した。
 仙北市は「判決の内容を精査し、今後の対応を考えたい」としている。」


患者が腰に痛みがあると訴えていた視診や触診などの必要な診察をせず骨盤骨折の発見が遅れたというのがポイントです.
このような判決があると勇気づけられます.

【追記】

毎日新聞「田沢湖病院損賠訴訟:控訴審敗訴 病院側、上告を断念 /秋田」(2012年4月18日)は次のとおり報じています.

「02年に交通事故で田沢湖町(現仙北市)の町立田沢湖病院(現市立田沢湖病院)に運び込まれた後に死亡した男性の遺族が、仙北市や医師らを相手取り損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、仙台高裁秋田支部が同市などに対し、遺族に計約2600万円支払うよう命じた判決について、同市と同病院は、上告しないと発表した。

 佐々木英人院長は「最高裁で覆る可能性は極めて低いと判断した」とコメントした。市と同病院は判決確定後、賠償金を支払う。

 控訴審判決は「男性の死因につながった骨盤骨折の可能性を見過ごした」と病院側のミスを認め、遺族側の請求を棄却した1審・秋田地裁判決を変更した。【小林洋子】」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-28 20:33 | 医療事故・医療裁判

Águas de Março ,Waters of March (3月の水)

南半球ブラジルの3月は初秋です.
Antônio Carlos Jobimの「3月の水」は,初秋の情景を歌った曲です.
ポルトガル語歌詞からの訳には,「夏を閉じる」という箇所などがあります.

ところが,英語の歌詞をみると,The promise of springというフレーズがあります.
英語の歌詞は,北半球のマーケットを意識して,早春の情景にしたようです.

João Gilberto でÁguas de Março を聴くときは初秋を,Art Garfunkel でWaters of Marchを聴くときは早春を,それぞれイメージしています.

ともあれ,ボサノバの名曲です.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-28 07:03 | 趣味

愛生会山科病院,呼吸補助装置から酸素が供給されないミス後に患者が死亡

b0206085_1158392.jpg

京都新聞「酸素供給ミス直後に患者死亡 山科の病院 6日後、警察に相談」(2012年3月」27日)は,次のとおり報じています.

「京都市山科区の「愛生会山科病院」で今月20日、呼吸補助装置から酸素が供給されないミスがあり、直後に70歳代の女性患者が死亡していたことが26日、同病院などへの取材で分かった。医師法に基づき24時間以内に警察署に届ける義務がある「異状死」の可能性もあるが、病院は26日になって山科署に事案を電話で相談した。

 病院などによると、酸素ボンベの栓が閉まっており、病院に医療用酸素を納入する業者(伏見区)が、開栓しなかったという。

 患者は肺炎を患い、呼吸補助装置を装着した。20日午前3時半ごろ、ボンベの酸素残量が少ないことを示すアラームが鳴り、業者を呼んで復旧作業をしたが、午前4時34分に死亡が確認された。

 病院や業者の説明では、業者は19日にボンベの栓を閉め酸素漏れの修理したが、終了後の開栓を怠った。病院側は業者から「不備があり迷惑をかけた」と謝罪する報告書を受け取ったという。

 病院は「患者は重篤な状態で亡くなったことに違和感はなかった。明確な異状死とは判断していないが、弁護士から医師法に基づき報告した方がいいと言われた」としている。業者は「患者の死亡との因果関係は不明だが、遺族には誠実に対応したい」としている。」


酸素ボンベの開栓を怠ったために酸素が供給されなかったミスと,患者の死亡との間の「因果関係」が問題になります.別の原因で亡くなった可能性もないではないでしょうが,酸素が供給されなかったために亡くなった可能性が高いのはないでしょうか.
もし,酸素が供給されなかったために亡くなったとすると,事故死であって,病死ではありません.

「重篤な状態で亡くなったことに違和感はない」「因果関係は不明」ですませるのではなく,因果関係も含めて調査すべき事案と思います.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-28 05:18 | 医療事故・医療裁判