弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 02月 13日 ( 2 )

時間外労働として割増賃金の支払いを求めた奈良県立奈良病院の産婦人科医が最高裁でも県に勝訴(報道)

奈良県立奈良病院の産婦人科医2人が,奈良県に対し,夜間・休日の当直勤務について時間外労働として割増賃金の支払いを求めた訴訟の上告審で,最高裁第3小法廷は,2013年2月12日,奈良県の上告を受理しない決定を下しました.

読売新聞「医師当直は時間外労働…割増賃金命じた判決確定」(2013年2月13日)は,次のとおり報じました.

「2人は2004~05年、各年100回以上の当直をこなしたが、県は「医師の当直は待機時間が多く、時間外勤務に当たらない」として、1回2万円の手当だけ支給していた。

 1審・奈良地裁判決は、原告らが当直中に分娩(ぶんべん)の取り扱いや救急医療を行うなど、勤務時間の4分の1は通常業務に従事し、待機時間も呼び出しに応じられるよう準備していたなどとして、県には割増賃金を支払う義務があると指摘。2審・大阪高裁も支持していた。」


当然でしょう.
奈良県立奈良病院に限らず,夜間・休日の医師の当直勤務について割増賃金の支払いを怠っている病院は,即刻,割増賃金を支払うべきでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-13 21:39 | 医療

青森県立中央病院,カテーテルで誤って動脈を傷つけ急性動脈血栓症を発症した事案,提訴される(報道)

読売新聞「治療ミスで女児の腕壊死、両親が賠償求め県提訴」(2013年2月13日)は,次のとおり報じました.

 「青森県立中央病院で2008年2月、超未熟児として生まれた女児の右腕が壊死(えし)して切断手術を余儀なくされたのは、主治医が必要な治療を怠ったことなどが原因だとして、女児の両親が病院管理者の県を相手取り、約9400万円の損害賠償を求める訴訟を青森地裁に起こしたことがわかった。

 病院側は医療過誤を認めているが、和解に向けて協議中だとしてミスを公表してこなかった。

 訴状によると、女児は同年1月、体重405グラムで出生。順調な経過をたどっていたが、主治医が2月、点滴のため右手の静脈にカテーテルを挿入しようとした際、誤って動脈を傷つけたことから急性動脈血栓症を発症。さらにこの主治医が発症を見逃して必要な投薬治療を怠ったため、右腕が壊死した、と主張している。女児は現在5歳。

 同病院は手術後の08年3月、院内の医療事故対策委員会を開催。主治医らへの聞き取りなどの結果、「一定の過失がある」と結論づけ、損害賠償の支払いに向けた協議を始めたが、損害額の算出方法を巡って両親側と意見が折り合わなかったという。

 同病院経営企画室は取材に対し、「訴状を精査している」と答えるにとどめ、事故対策委員会が結論づけた病院側の過失の内容や程度についてはコメントできない、としている。」


注意義務違反(過失)と因果関係と損害が認定できる事案でも,病院側の対応によっては,提訴せざるをえないこともあります.本件は2008年の事案ですから,本来であれば訴訟前に早期に解決できてよい筈なのですが,訴訟前の早期解決を阻む事情があるのでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-13 17:25 | 医療事故・医療裁判