弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2017年 11月 02日 ( 3 )

『蜘蛛の糸』

『蜘蛛の糸』_b0206085_09204352.jpg

私の家の近くには,芥川龍之介氏が滞在した「旅館東屋」の碑があります.
芥川龍之介氏の『蜘蛛の糸』は,大正7年に,児童向け雑誌『赤い鳥』に掲載されました.

カンダタが
「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。お前たちは一体誰に尋いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」
と喚いたとたんに,蜘蛛の糸はぷつりと音を立てて断れました。
「あっと云う間もなく風を切って、独楽のようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに落ちてしまいました。」

児童に与える教訓は明白です.この教訓は現代にも通用するでしょう.

「『排除されない』ということはございませんで、排除いたします。取捨というか、絞らせていただきます。」
と言ったとたんに,蜘蛛の糸はぷつりと音を立てて断れました。
「あっと云う間もなく風を切って、独楽のようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに落ちてしまいました。」

「無慈悲な心が、そうしてその心相当な罰をうけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。しかし極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には頓着致しません。その玉のような白い花は、御釈迦様の御足のまわりに、ゆらゆら萼を動かして、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽ももう午に近くなったのでございましょう。」

芥川龍之介氏の全集はなかなか手放せません.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-02 18:44 | 趣味

551蓬莱の豚まんを藤沢小田急デパートで購入

551蓬莱のCMはあまりにも大阪すぎて引いてしまうのですが,豚まん自体はコテコテに美味しいです.
藤沢小田急デパートの催し物場で出張販売がありましたので,昨日,長蛇の列に並んで購入して食べました.関西で食べたのと同じ味でした.出張販売は7日午後4時までですので,もう一回行って粽を購入しようと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-02 09:01 | 日常

十分な説明がなく検査と手術が行われたとして提訴される(報道)

十分な説明がなく検査と手術が行われたとして提訴される(報道)_b0206085_09302213.jpg

山形新聞「十分な説明なく検査・手術 長井の女性患者、○○を提訴」(2017年11月1日)は,次のとおり報じました.

 「○○病院(川西町)で2016年4月、狭心症の検査と手術を受けた長井市の女性が、施術内容について医師から十分な説明がなかったのは義務違反だとして、同病院を運営する○○に慰謝料など220万円の損害賠償を求める訴訟を山形地裁に起こしたことが31日、分かった。

 訴状によると、女性は動悸(どうき)などの症状を訴えて救急搬送され、処置を受けた後に帰宅したが、病院の勧めなどから翌日に入院した。担当医師からの十分な説明がないまま検査と手術が行われ、医師からはその後、「ステント(血管を拡張するための金属製の筒)二つ入れました」と報告を受けたとしている。

 日本医師会の「医師の職業倫理指針」では、「医師は検査・治療の内容や方法などについて患者が理解できるよう説明する義務があり、患者の同意が不可欠である」とされているが、女性は「医師から十分な説明がなく、治療への同意もしていなかった」としている。手術後、異物感などに悩まされた上、治療の選択肢を奪われたことで「人格権、自己決定権を侵害され、精神的苦痛を受けた」と訴えている。」



報道の件は,私が担当したものではありません.
患者には,最善の医療を受ける権利だけではなく,説明を受ける権利があります
医療の内容が適切で最善の医療であっても,説明が不足していると説明義務違反が考えられます.
75%以上の狭窄があり,薬物治療の効果が認められないと,循環内科の医師はPCI治療を奨めることがことが多いと思います.とくに,症状があって救急搬送された後では,PCI治療を奨めるでしょう.説明がないままにPCI治療が行われることは普通ないのですが,医師がPCI治療が当然と考えると,他の選択肢を念頭においた説明が不足することがあるのかもしれません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-02 08:42 | 医療事故・医療裁判