弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2018年 02月 19日 ( 1 )

「波打ち際の二人 A Day on the Spring Beach」(『あなたは、誰かの大切な人』より)

「波打ち際の二人 A Day on the Spring Beach」は,原田マハ氏の短編小説です.

波口喜美は,東京で大手広告代理店を辞めフリーランスの広告ディレクターをしている.
認知症の母は,姫路で一人で暮らしている. 
「私だって、いずれひとりになる。頼れる夫も子供もなく、ひとりになって、さびしい思いをするはずなのだ。」と思う.
波口は,姫路と東京の往復に疲れ,限界にきている.

大学時代の同級生長良妙子は,大阪の証券会社の総務課課長で,うず潮に放り込まれたみたいな激務をこなしている.
長良の母は,脳溢血で倒れたが,リハビリの甲斐あって淡路島で元気に暮らしている.

この46歳の独身女性二人は,播磨赤穂にほど近い温泉宿に泊まり,波打ち際を歩く.
「ああ、ほんまにえーえ天気やなあ」

小津安二郎氏の映画の1シーンみたいです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-19 06:53 | 趣味