弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2018年 02月 20日 ( 3 )

小牧市民病院,祝日の救急外来の医師帰宅させた女児が劇症型心筋炎で死亡した事案で300万円和解

中日新聞「医療過誤で女児死亡の遺族と300万円で和解 小牧市民病院」(2018年2月20日)は,次のとおり報じました.

「愛知県小牧市は二十日、小牧市民病院を受診した翌日に劇症型心筋炎で死亡した市内の女児に対する過失を認め、遺族に損害賠償金三百万円を支払うことで和解したと発表した。

 市によると、女児は体調が悪く、ぐったりしていたため二〇一六年二月十一日夕、市民病院の祝日の救急外来を受診。当直だった研修医は翌日の一般外来受診を指示して帰宅させた。翌十二日未明、女児は心肺停止となり、市民病院に救急搬送されたが死亡した。

 市民病院は、研修医は診察内容を先輩医師に相談して判断するというルールを怠り、相談しなかったことに問題があったと認定した。再発防止のため、救急外来が混雑する時間帯に医師を一人増員するなど措置を取り、研修医が先輩医師に相談しやすいようにした。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
心筋炎は,症状症候から疑い,トロポニンT,心電図,心エコーを実施し,劇症型 である可能性を常に考え心臓救急施設に送ります.急場を凌げば予後がよい疾患です.
休日救急の宿直医の役目は,今診るべき緊急の患者を見逃さないことです.
その意味で残念な事件です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 20:34 | 医療事故・医療裁判

高知医療センター,医師が胃全摘と勘違いし血管を切断し胃全摘(報道)

共同通信「勘違いで患者の胃を全摘、高知 医療センター、賠償支払いへ」(2018年2月19日)は次のとおり報じました.

「高知医療センター(高知市)で昨年末、50代女性の食道がんの手術中に医師が勘違いし、摘出する必要がなかった胃を全摘していたことが19日、分かった。センターは過失を認め、女性に賠償金を支払う方針。

 がんの摘出自体は成功し、女性は現在退院して自宅療養中。胃全摘の影響については今後慎重に経過を観察する。

 センターによると、手術は消化器外科の医師5人が担当。本来は胃の一部のみを切り取る予定だったが、うち1人の医師が施術過程で胃は全て切除するものと勘違いし、切る必要のない血管を切断。すぐにミスに気付いたものの、胃は全摘せざるを得ない状況になったという。(共同通信)」


報道の件は私が担当したものではありません.
過失は当然です。
後遺症等級損害が問題になることがあります.
胃全摘により生じ得る症状は,消化吸収障害,ダンピング症候群及び逆流性食道炎です
基本的に3症状で7級,2症状で9級,1症状で11級と考えられますが,具体的に労働に及ぼす影響を検討して後遺症等級を決める必要があります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 15:40 | 医療事故・医療裁判

北海道とうきび茶

b0206085_08524904.jpg

札幌地裁の期日があり出張しました.
千歳空港のフードコートには「松尾」があるのですが,今回も時間がなくジンギスカンを食べることができませんでした.東京赤坂ではなく,北海道の「松尾」で食べたいのですが.
千歳空港で「北海道限定とうきび茶」を飲みました.とうきび(とうもろこし),黒豆,小豆の香りと味がしました.手軽に北海道の味を満喫することができました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 08:56 | 日常