弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2018年 02月 27日 ( 3 )

三浦守最高裁判所裁判官の抱負

小貫芳信氏の後任として最高裁判所裁判官に就任した三浦守氏が2月26日に会見し,抱負を語りました.

産経新聞は「当事者の主張に耳傾ける」,毎日新聞は「質の高い審理追求」と見出しをつけています.

産経新聞

法務省勤務が長く、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法にも携わった。当時を振り返り、「被告人や弁護人、裁判所、検察官がそれぞれの視点でいろいろな議論をした」と三浦氏。「最高裁は法律審だが、当事者の主張に耳を傾けるということは大事にしていきたい」と話した。

毎日新聞

「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と抱負を語った。
法務省時代に記憶に残る仕事として、2008年に始まった被害者参加制度創設に関わったことを挙げて「刑事司法の中で位置づけられていなかった被害者の参加を認めたもので、大変意義深く感じた」と振り返った。


医療事故の被害者についても,医療過誤訴訟のなかで適正な判断が下されているか,当事者の主張に耳を傾けて,質の高い判断を下していただきたく思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 08:39 | 司法

三浦守最高裁判所裁判官の抱負

小貫芳信氏の後任として最高裁判所裁判官に就任した三浦守氏が2月26日に会見し,抱負を語りました.

産経新聞は「当事者の主張に耳傾ける」,毎日新聞は「質の高い審理追求」と見出しをつけています.

産経新聞

法務省勤務が長く、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法にも携わった。当時を振り返り、「被告人や弁護人、裁判所、検察官がそれぞれの視点でいろいろな議論をした」と三浦氏。「最高裁は法律審だが、当事者の主張に耳を傾けるということは大事にしていきたい」と話した。

毎日新聞

「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と抱負を語った。
法務省時代に記憶に残る仕事として、2008年に始まった被害者参加制度創設に関わったことを挙げて「刑事司法の中で位置づけられていなかった被害者の参加を認めたもので、大変意義深く感じた」と振り返った。



医療事故の被害者についても,医療過誤訴訟のなかで適正な判断が下されているか,当事者の主張に耳を傾けて,質の高い判断を下していただきたく思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 08:39 | 司法

花粉症オンライン診療サービス(スマ診)

2018年は花粉飛散量が非常に多い年です.

ネクストイノベーション株式会社は,病院に行かないで,スマートフォンで花粉症のオンライン診察が受けられるサービスの会員数が1000名を超えたと発表しました.
医師とのチャット形式でオンライン診察を受け,ネットで支払いをして薬が届くシステムのようです.
保険診療ではありませんが,7割安いので患者の負担金額はほぼ同じとのことです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 05:14 | 医療