弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2019年 07月 17日 ( 2 )

がん検診,入力ミスで誤った内容を通知,患者死亡(報道)

岐阜新聞「がん検診「異常なし」誤通知 岐阜市の50代女性死亡」(2019年7月17日)は次のとおり報じました.

岐阜市は16日、市の胃がん検診を1月に受診した50代の女性に「要精密検査」の検診結果を誤って「異常認めず」と通知し、女性が同日、市内の病院で死亡したと発表した。死因は胃がん。さらに2017、18年度に市のがん検診を受けた50~70代の女性4人にも「異常認めず」と誤った内容を通知していた。4人にがんの症状は見られないが、市は直接面会して謝罪した。

 市は、通知ミスで、死亡した女性のがんを進行させてしまった可能性は「否定できない」としている。

 市によると、死亡した女性は今年1月10日に胃がん検診を受診した。検診の結果、「要精密検査」と判定されたが、市は28日に「異常認めず」と誤った内容の通知を発送した。女性は4月に医療機関を受診し、肺がんと胃がんが見つかった。「がん検診「異常なし」誤通知 岐阜市の50代女性死亡」

肺がんは胃がんが転移したもので、女性の家族から今月10日に検診結果の説明を求められ、職員が確認して間違いが判明した。

 誤通知の判明を受けて市は、データが残る14~18年度に4種類(大腸がん、肺がん、乳がん、胃がん)の検診を受けた延べ16万人について、検診委託機関の検診結果と、市が入力した通知内容を照合。死亡した女性を含め5人の入力ミスを見つけた。

 誤った内容を通知した他の4人は、50代が2人、60代と70代が各1人。17年度は肺がんと乳がんの受診者、18年度は胃がんの受診者。正しい内容は、乳がんの1人が「要精密検査」、肺がんの1人と胃がんの2人が「要注意」だった。

 検診結果と通知内容を職員2人で読み合わせる手順を踏んでいなかったことなどがミスの原因。上司による確認も不十分だった。

 柴橋正直市長は「ご冥福をお祈り申し上げる。市民のがん検診への信用を損なったことは誠に遺憾であり、再発防止策を徹底させる」とコメントを出した。



上記報道の件は私が担当したものではありません.
このようなことで命を失うなんてさぞ無念でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-17 20:58 | 医療事故・医療裁判

徳田弁護士50周年講演会

大分合同新聞ハンセン病「衝撃忘れぬ」 徳田弁護士50周年講演会(2019/07/16)は次のとおり報じました.


「徳田靖之弁護士(75)=別府市=の弁護士活動50周年記念講演会が15日、大分市内であった。自身が携わってきた両訴訟や薬害エイズ訴訟、障害のある人や家族らと続けている市民運動などを振り返り、「出会いを大切に生きてきた。50年は通過点。命ある限り、皆さんと共に歩んでいきたい」と語った。」

徳田先生は人に感銘を与える数少ない弁護士の1人です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-17 05:20 | 人権