弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2019年 07月 23日 ( 1 )

医原性疾患

医療行為が原因の疾患を「医原性疾患」と言います.
医原性疾患の医療過誤は,(1)発症責任,(2)診断治療責任が考えられます.
(1)発症責任については,標準的な注意をはらえば回避可能なものか,標準的な注意をはらっても回避不可能なものか,が問題になります.
(2)診断治療責任については,医原性でない疾患と基本的に同様です.医師は,治療行為とその危険性を認識していますので,医原性疾患を疑うことは容易なことが多いと思います.
医原性疾患は,医療過誤の相談の多くの部分を占めます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2019-07-23 16:34 | 医療事故・医療裁判