弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2019年 11月 12日 ( 3 )

胆のうがんではなかった手術症例で病院が提訴される(報道)

TV-U YAMAGATA「医療ミスで県を提訴 損害賠償712万円を請求」(2019年11月12日)は次のとおり報じました.

「県立中央病院でがんと誤って診断され、胆のうの摘出など本来必要のない手術をされたとして、東根市の男性が県を相手に、損害賠償などを求めて山形地裁に訴えを起こしたことがわかりました。
訴えを起こしたのは東根市に住む71歳の男性です。
訴状によりますと、男性は2013年に、東根市内の病院の検査で胆のうに腫瘍が見つかり、県立中央病院を紹介され、さらに検査を行った結果、がんの疑いがあると診断され、摘出手術を受けることになりました。しかし、手術中に行われた検査で、腫瘍は良性でがんではないことがわかりました。それにもかかわらず手術が続けられ、男性は胆のうをすべて摘出されたほか、肝臓や胆管、リンパ節、小腸の一部を摘出されました。男性は、手術後にがんではなかったことを聞いたということです。男性はその後、便通異常や著しい体力の低下など、日常生活に支障が出たとして、県に対し、慰謝料や損害賠償およそ712万円を求めています。
これを受け、県の病院事業局は「訴状を受け取ったばかりこれから内容を検討し、裁判ですべてをあきらかにしていきたい」とコメントしています。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
胆のうの腫瘍は,一般に,超音波,CT,MRIで診断します.コレステロールポリープであるかがんであるかを術前に判断するのは困難なこともあり,10mmを超えると手術が検討されます.固有筋層に達していた場合などは,画像診断が難しいことがあります.
報道の件は具体的にどのような画像だったのでしょうか.
また,術中迅速病理診断は,リンパ節郭清などの手術範囲を決めるために役立ちます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2019-11-12 23:56

厚労省、看護師ら23人行政処分

共同通信「厚労省、看護師ら23人行政処分」(2019年11月12日)は,次のとおり報じました.

 「厚生労働省は12日、保健師助産師看護師法に基づき、刑事事件で有罪が確定した看護師ら23人の行政処分を決めた。免許取り消しが6人、業務停止3年~1月が16人、戒告が1人。26日発効する。

 厚労省によると、免許取り消しは、勤務先の京都府福知山市役所で昨年4月、ガソリンでアルミ製ラックの紙などを燃やしたとして、建造物等以外放火の罪で有罪が確定した保健師。

 東京都内の学校法人が開設準備していた看護学校に就職しようと、14年8月、偽造された保健師の免許証の写しを提出したなどとして、偽造有印公文書行使の罪で有罪が確定した看護師ら計5人も免許取り消しとなる。」


厚労省は,基本的に刑事事件で有罪が確定したときに行政処分を行っています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2019-11-12 23:28 | 医療

北海道立病院半年で121件の医療事故

北海道新聞「道立6病院 医療事故121件に」(11月10日)は,次のとおり報じました.

「ことし4月からの半年間で道立病院で起きた医療事故は去年の同じ時期より35件多い121件で、このうち医療ミスは2件あったことが道のまとめで分かりました。

道は病院運営の透明化と職員の意識の向上につなげようと、6か所の道立病院で起きた医療事故の件数を半年ごとにまとめて公表しています。
それによりますと、ことし4月からの半年間の医療事故は去年の同じ時期より35件多い121件でした。
このうち患者が死亡したケースは1件あったほか、病院側に過失があった医療ミスは▼血液透析後の患者の止血ベルトをはずし忘れたため狭くなった血管を広げる手術をせざる得なくなったケースや、▼手術後の傷を保護するフィルムを使用したものの、経過観察が不十分で皮膚の炎症に気付かず移植をせざるを得なくなったケースの2件あったということです。
このほか医療事故につながりかねないケースも1648件ありました。
道立病院局は「具体的な事例を共有し、再発防止に努めていきたい」と話しています。」


道立6病院とは,道立江差病院,道立北見病院,道立羽幌病院,道立緑ヶ丘病院,道立向陽ヶ丘病院,道立子ども総合医療・療育センターです.
過失のある医療過誤が2件,過失のない医療事故が119件,ヒヤリハットが1648件あったことになります。立場によって見方が違ってくるため,過失の有無の判断は簡単ではありません.
具体的な事例を共有することも必要ですが,再発防止のためには,事例を分析検討して事故の起きる背景事情の改善に努める必要があると思います.具体的な再発防止策を立て,最厚防止策のの効果をを調べ,より実効的なものに改めることにより,確実に医療事故を減らすことができると思います.私は,医療事故を減らしたい,減らせる,と考えています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2019-11-12 03:44 | 医療事故・医療裁判