弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2019年 12月 03日 ( 2 )

SDGs

『ハル ~総合商社の女~』で,SDGsを取り上げたストーリーが展開されていました.
『不毛地帯』では,石油,自動車などを取り上げていましたが,商社ドラマも変わりました.
SDGsもよく知られるようになりましたが,どこか固い感じもあります.こういうドラマで扱われると身近に感じますね.
17のゴール・169のターゲットは2030年までの目標です.

ちなみに,「3.すべての人に健康と福祉を」のターゲットは次のとおりです.

3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を出生10万人当たり70人未満に削減する。

3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、 2030年までに、新生児及び5歳未満児の予防可能な死亡を根絶する。

3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリア及び顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症及びその他の感染症に対処する。

3.4 2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

3.5 薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。

3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。

3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育及び性と生殖に関する健康の国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関する保健サービスを全ての人々が利用できるようにする。

3.8 全ての人々に対する財政リスクからの保護、質の高い基礎的な保健サービスへのアクセス及び安全で効果的かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。

3.9 2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

3.a 全ての国々において、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の実施を適宜強化する。

3.b 主に開発途上国に影響を及ぼす感染性及び非感染性疾患のワクチン及び医薬品の研究開発を支援する。また、知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)及び公衆の健康に関するドーハ宣言に従い、安価な必須医薬品及びワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護及び、特に全ての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を最大限に行使する開発途上国の権利を確約したものである。

3.c 開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において保健財政及び保健人材の採用、能力開発・訓練及び定着を大幅に拡大させる。

3.d 全ての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康危険因子の早期警告、危険因子緩和及び危険因子管理のための能力を強化する。



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

 

by medical-law | 2019-12-03 02:12

骨密度測定機器の不具合で再検査


NHK「骨密度検診 ミス疑いで再検査」(2019年12月2日)は次のとおり報じました.

「海津市が行った骨の検診で、測定機器の不具合で結果が誤っている疑いのあることがわかり、市は検診を受けた760人あまりに無料の再検査を行うことにしています。

結果が誤っている疑いがあるのは、海津市が海津市医師会病院に委託して、30歳以上の市民を対象に行っている骨の密度を調べる検診です。
市によりますと、検診を受けた50代の女性から「数値が低いと診断され精密検査を受けたが正常値だった。検査に誤りがあるのではないか」と、ことし10月に連絡がありました。
病院が骨密度の測定機器メーカーに点検を依頼したところ不具合が見つかり、この機器を使っていたことし5月9日から11月12日までに検診を受けた763人に、正しい数値とは異なる結果が出ていた疑いのあることがわかったということです。
市と病院は、全員におわびの文書を送るとともに、無料の再検査を行うことにしています。」


測定機器の点検は必要です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

 

by medical-law | 2019-12-03 01:57 | 医療