弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 01月 02日 ( 4 )

あたらしき年のはじめに

あたらしき年のはじめに_b0206085_21534105.jpg

古今和歌集の年の始の歌というと,次の歌でしょう.

おほなほびのうた
                       よみびとしらず
 あたらしき年のはじめにかくしこそ千歳をかねてたのしきをつめ

「をへめ」とする写本もあります.

おほなほびのかみ(大直毘神)の立場からの明るい歌です.
災いをなす大禍津日神とそれを直す大直毘神らはともにイザナギの子です.
古来より,人は災いを受け,それを修復してきました.
病気は災いで,医師はそれを修復してきました.
医師が過ちを犯し損害を生じさせた場合は,法律家がそれを修復してきました.
病気を災いとすれば,医師の修復は分かりやすいでしょう.
それに対し,患者にとっては医療過誤は災いですが,医師は災いを意図したわけではないので(災いは過失によって生じたのです),法律家の修復はわかりにくいかもしれません.損害賠償のためとはいえ,医師の過失を主張し立証することは,医師を非難していると誤解されがちです.もちろん,修復は必要な仕事ですし,さらに再発防止につなげることで医療を改善し将来の災いの防止を期待できますが,どうしても誤解されやすい仕事です.

世の中は災いと修復ででいています.
災いと修復の二つの側面を独立した神の所作とみたのが,この大禍津日神・大直毘神らの二項対立構造でしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-02 18:11 | 趣味

須賀神社へ初詣

須賀神社へ初詣_b0206085_09490856.jpg

須賀神社へ初詣_b0206085_09490413.jpg

近くの須賀神社へ初詣に行きました.朝でしたのでまだ混雑していませんでした.
境内に36歌仙絵がありました.これは,大岡雲峰氏によって天保7年(1836年)に画かれ,御内陣金庫の中に納められていたために戦火を免がれ,残った貴重なものです.
大岡雲峰氏は,谷文晁氏,酒井抱一氏と並ぶ大御所で,歌川広重氏は大岡雲峰氏に南画を学んでいます、


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-02 09:55 | 日常

おせち料理

おせち料理_b0206085_09485825.jpg

おせち料理は近所の「坂本」のものです.美味しいです.ただ,田作りがありませんでした.関西流なんですね.
12月31日に当事務所に来た弁護士は,帰り際に,今日これからおせち料理を作る,と言っていました.私より忙しい弁護士なのに.
毎年12月は仕事が忙しいので,あきらめていたのですが,12月31日の夜なら私も作ることもできたかもしれない,と思いました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-02 09:52 | 日常

《夜警》

昨年はレンブラントイヤーで,アムステルダム国立美術館で《夜警》の公開修復作業が始まりました.修復完成まで数年かかるそうです.これは昼の情景なんですけど,明るく描かれたら名作にはならなかったでしょう.《夜警》都呼ばれていますが,火縄銃組合の人々を描いたもので,警備とは無関係であることは周知のとおりです.




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-02 07:03 | 趣味