弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 01月 07日 ( 2 )

札幌の雪,京都の底冷え,諏訪湖の御神渡りが・・・

年末年始,東京は暖かい穏やかな日が続きました.
札幌は,今年は雪が少なく,大通公園への雪の搬入が3日早まったそうです.
京都でも,冬日が減り,底冷えが和らいでいるとのことです.

「気象庁の統計によると明治、大正時代は京都で冬日が年100日を超える年は珍しくなかった。1901年は113日と、1年の3分の1近くを占めた。しかし、長期的に減少傾向にあり、2019年までの10年間の年平均日数は20.1日。10年間当たり7.1日の割合で減っており、19年は3日だけ。1919年は65日で、この100年間で20分の1になった。京都地方気象台は「温暖化やヒートアイランド現象の影響が大きい」とみる。」(京都新聞「温暖化で「底冷え」消える? 京都で激減、21世紀末「冬日なくなるかも」2010年1月6日)

諏訪湖も十分凍結せず,御神渡りが見られなくなるかもしれません.

地球温暖化対策は急務でしょう.
「地球温暖化対策の推進に関する法律」はたびたび改正されていますが,さらに改正が必要になってくるかもしれません.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-07 05:08 | 日常

非感染性疾患(NCDs)

非感染性疾患(NCDs)_b0206085_02502640.jpg

WHOによれば,非感染性疾患(NCDs)のため,毎年4100万人が死亡しており,それは世界全体の全ての死亡の71%に当たる,とされています.
心疾患(年間1790万人死亡),がん(年間900万人死亡),慢性呼吸器疾患(年間390万人死亡),糖尿病(年間160万人死亡)の4疾患でNCDsによる早すぎる死亡の80%以上を占める,とされています.
喫煙,運動不足,有害飲酒,不健康な食事は,非感染性疾患(NCDs)による死亡のリスクを増大させるため,対策が必要とされています.集団検診と治療は重要な鍵とされています.

非感染性疾患(NCDs)の予防には,啓発が有用で,早期発見には検診が重要です.
非感染性疾患(NCDs)の実効的な予防と治療には,「患者と医師の協働」が不可欠と思います.

また,昨今がんの見落としが報じられていますが,「患者と医師の協働」の観点から読影報告書をを患者に渡すべきで,それにより患者に説明する必要が生じるので,主治医が読影報告書に目を通さないという事態は防止できると思います.

さらに,最高裁判所平成15年7月13日判決は,集団検診は非専門医が大量の画像を短時間にみるものであるから集団検診における医師の注意義務が低い,と認定しており,その判断が受け継がれています.しかし,この判決には問題があり,とくに近年においては,集団検診に求められる注意義務はそこまで低くないはずです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-01-07 02:38 | 医療