弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 02月 20日 ( 4 )

市が,腰部脊柱管狭窄症の手術過誤で2300万円,骨盤部の腫瘍の手術過誤で880万円をそれぞれ支払へい(報道)

朝日新聞「愛知・稲沢市民病院、手術事故2件 損害賠償支払いへ」(2020年2月20日)によると,稲沢市は,市民病院の2件の医療事故で計3180万円の支払うため関連議案を議会に提出するとのことでした.
1件目は腰部脊柱管狭窄症の手術です.

「2017年1月、腰部脊柱管(せきちゅうかん)狭窄(きょうさく)症などを患った70代女性(当時)を手術した。脊椎の固定具(ケージ)を体に挿入した際、脊髄(せきずい)の周りの硬膜を巻き込んで神経を損傷し、両足がまひし、立てなくなった。リハビリ治療をしても自力では歩けないままで、2300万円の損害賠償を払うことで示談するという。」


もう一件は,骨盤部の腫瘍手術です.

「13年10月には、30代男性(当時)の骨盤部の腫瘍(しゅよう)を手術。頭部の位置が低く傾いた手術台で腫瘍を摘出したものの、手術時間が長引いたことで首から腕にかけての神経を損傷し、男性は両手に力が入らないなどの症状を訴えた。症状は改善したが、両手指にしびれなどの後遺障害が残り、市が880万円を払うことで男性と合意したという。」

報道の件は私が担当したものではありません.
手術ミスについて合意で解決できるのは,双方にとって良いことだと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-20 16:54 | 医療事故・医療裁判

第 6 回日本医療安全学会学術総会・ 市民公開講座は中止

このブログを書いた時点では,予定通り開催でしたが,その後中止になりました.

「新型コロナウイルス感染の起き始めですが、激甚災害ではないので、通常通り開催いたします。必要であればマスク・手拭きなどをご持参ください。消毒液が不足しており、手洗いはしっかりされてください。政府指針では、指定感染症であるコロナ患者は隔離され、集会参加は禁止されていますから、熱・咳などの風邪症状のある方は入場禁止です。」とのことです.

市民公開講座(1)
2020 年 3 月 7 日(土) 東京大学医学部 2 号館 3 階大講堂
12:10 受付開始
13:00~14:50
テーマ: 患者側から見た「医療事故調査制度」5年目の課題と提言
コーディネーター: 勝村久司(日本医療安全学会 理事)
・「医療事故調査制度」5年目の現状と課題(約 30 分)
   村井清人(厚生労働省医政局総務課医療安全推進室 室長補佐)
・医療事故調査制度のユーザーの声を元にした制度に必要な改革(約 20 分)
宮脇正和(医療過誤原告の会 会長)
・医療事故の体験から医療者に伝えたい医療事故調査のあり方(約 20 分)
   川田綾子(医療の良心を守る会 事務局長)
・患者側弁護士として求める医療事故調査制度の改革への提言(約 20 分)
   木下正一郎(医療版事故調推進フォーラム事務局 弁護士)
・質疑応答、ディスカッション(約 20 分)

市民公開講座(2)
2020 年 3 月 7 日(土) 東京大学医学部 2 号館 3 階大講堂
15:00~16:50
テーマ: 群大病院で進められている「患者参加型医療」の意義と課題
コーディネーター: 勝村久司(日本医療安全学会 理事)
・取材を通して見た「群大病院の医療事故」と「その後の改革」(約 40 分)
   高梨ゆき子(「大学病院の奈落(講談社)」著者、読売新聞社編集委員)
・事故調報告書から始まった群大病院の「患者参加型医療」とは何か(約 25 分)    勝村久司(群馬大学付属病院医療事故調査委員)
・遺族の立場から見た「群大病院の医療事故」と「患者安全」(約 25 分)
   梶浦明裕(群大病院被害対策弁護団事務局長、弁護士)
・質疑応答、ディスカッション(約 20 分)

市民公開講座(3) 2020 年 3 月 8 日(日) 東京大学法文 1 号館 1 階 21 番講堂
14:50 受付開始
15:30~17:20
テーマ: 在宅における医薬品の安全な使用と事故対応はどうすれば良いのか?
     座長 橋田 亨 (神戸市立医療センター中央市民病院・院長補佐兼薬剤部長)
15:30-16:00
     橋田 亨 (神戸市立医療センター中央市民病院・院長補佐兼薬剤部長)
16:00-16:30 自宅で行うくすりの管理
     鷲山厚司 (福岡大学病院 医療安全管理部医療安全管理者(専従薬剤師))
16:30-17:00 在宅における医薬品の安全使用に際して現場の薬剤師ができること
     生島五郎 (松戸市立総合医療センター 薬局)
17:00-17:20 総合討論


【追記】
市民公開講座は中止になりました。


下記の理由によって、開催は3月27日(金)~30日(月)のインターネット会議に変更となりました。
1. 指定感染症である新型コロナウイルス感染では、無症状のウィルス保有者からの他の人への感染の危惧がある。
2. 発生初期のため、病原体の実態がよくわかっていない。
3. 学術総会は多数の参加者が多数の密室で討論をするため、ウィルス感染が極めて危険である。


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-20 07:09 | 医療事故・医療裁判

患者の権利オンブズマン東京,新型コロナウイルス感染防止のために相談会を休止

患者の権利オンブズマン東京は,すでに予約を受けた相談は行いますが,厚労省が要不急の外出を控えるよう呼びかけていることに鑑み,新型コロナウイルス感染防止のために当面の間相談予約を受けず,相談会を休止することにしました。ウイルス感染が終息すれば,相談会を再開します.
なお,3月25日午後の第18回定期総会は予定通り開催します.正会員のかたには3月12日に議案書と委任状用紙をお送りしますので,委任状での総会参加もご検討ください.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-20 06:00 | オンブズマン

医療安全情報No.159「誤った接続による気管・気管切開チューブ挿入中の呼気の妨げ」

医療安全情報No.159(2020年2月) 「誤った接続による気管・気管切開チューブ挿入中の呼気の妨げ」によると,「気管・気管切開チューブ挿入中、物品の接続を誤り、呼気を妨げた事例が報告されています。気管・気管切開チューブ挿入中、酸素投与や吸入を行うために物品を変更した際に接続を誤り、呼気を妨げた事例が5件報告されています(集計期間:2013年1月1日~2019年12月31日)。」とのことです.

「看護師は、気管チューブ挿入中の患者へ酸素を投与した経験がなく、酸素チューブ、カテーテルマウント、気管チューブの順に接続したが、呼気ができないことに気付かなかった。」という事案が掲載されています.

再発防止策は次の点があげられています.
・気管・気管切開チューブ挿入中の患者の吸気と呼気の流れを 理解する。
・気管・気管切開チューブに接続する物品を変更する際は、呼気 ができるか考えて接続する。
・接続後は、呼吸ができていることを胸郭の動きで確認する。
・上記の内容について手順を定め、確実に実施できるように 教育・研修を行う。


誤接続は致命的な結果につながる場合がありますので,取扱には注意が必要です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-20 05:20 | 医療事故・医療裁判