弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 02月 24日 ( 1 )

《松林図屏風》

長谷川等伯氏の《松林図屏風》は,左隻右隻それぞれ縦156.8cm 横356.06cmの巨大な屏風絵です.写実的でありながら幻想的です.霞の中に松林が広がり,異空間への入り口のようです.シンプルですが,峻厳ではなく,人を招き入れる柔らかさがあります.
安土桃山時代は,狩野派の金箔を多用した壮麗な画で知られており,等伯氏にも智積院の《楓図》があります.
その時代に製作された《松林図屏風》は,桃山文化らしからぬ墨一色で,静寂な作品です.心が落ち着きます.
今日2月24日は長谷川等伯氏の誕生日です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-24 02:49 | 趣味