弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 02月 25日 ( 2 )

《シャルパンティエ夫人とその子どもたち》

《シャルパンティエ夫人とその子どもたち》は,ピエール=オーギュスト・ルノワール氏の1878年の作品です.印象派からポスト印象派への転機となった作品です.
伝統的な肖像画では背景を暗くし人物を浮かび上がらせるのに,この画は明るく,母子の幸福と輝きを強く感じます.

富裕層では,当時,日本風のインテリアが流行していたのでしょう.
夫人の隣に座っているのは女の子のような髪と服装ですが,3歳の男の子です.
犬の上に座っているのは姉ジョルジェット嬢です.なお,京橋のアーティゾン美術館所蔵の《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》には,4歳のジョルジェット嬢が描かれています.

当時80フランが相場の肖像画でしたが,《シャルパンティエ夫人とその子どもたち》には1000フランが支払われました.
さらに,この肖像画が評判になって,富裕層からの依頼が増え,1880年に《可愛いイレーヌ》が製作されるようになるのです.
今日2月25日はルノワール氏の誕生日です.

解説は下記リンク先(メトロポリタン美術館)のAudioで



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-25 05:57 | 趣味

「梅花祭野点大茶湯」

多くのイベントが中止になっていますが,北野天満宮の「梅花祭野点大茶湯」は,屋外だからでしょうか,人数を大幅に減らし,時間を縮小して,開催するようです.
「感染予防対策と致しまして、今回の茶会では、舞妓・芸妓によるお茶のお運びは行いません。(但し、座礼・立礼のお点前は例年通り行います)」とのことです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-02-25 04:32 | 日常