弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 03月 27日 ( 4 )

兵庫県の病院,チューブが誤って肺に入り、低酸素状態になって3歳未満の小児が死亡した医療事故公表(報道)

NHK「手術で肺にチューブ 子ども死亡」(2020年3月27日)は,次のとおり報じました.

「神戸市の「兵庫県立こども病院」で、2月、3歳未満の子どもが鼻からチューブを挿入する手術を受けた際チューブが誤って肺に入り、低酸素状態になって死亡していたことがわかりました。
病院は重大な医療事故として経緯を調べています。

神戸市中央区の兵庫県立こども病院によりますと2月3日、生まれつき気管が狭い3歳未満の子どもが気管を切開して首から挿入しているチューブを抜いて鼻からチューブを入れ直す手術を受けました。
この際、チューブが誤って片方の肺まで至り低酸素状態となったということです。
その後子どもは血圧が低下して脳死状態となり、3月17日に死亡したということです。
病院は、何らかの医療ミスによる重大な事故として経緯を調査しています。
県立こども病院の中尾秀人院長は記者会見で「患者とご家族の皆様におわび申し上げます」と謝罪しました。」



神戸新聞「県立こども病院が医療ミス 気管手術の男児が死亡」(2020年3月27日)は次のとおり報じました.

「兵庫県立こども病院(神戸市中央区)は27日、心臓と呼吸器に先天的な疾患のある3歳未満の男児が、肺に空気を送るチューブの入れ替え手術を受けた際のミスで、17日に死亡したと発表した。チューブを誤って片方の肺のみに挿入したため、肺機能が低下したことが原因とみられる。同病院の中尾秀人院長らが会見し、謝罪した。

 同病院によると死亡した男児は、いずれも先天性の気管が狭くなる「狭窄症」と心疾患を患っており、昨年2月に治療のため同病院に入院。心臓の手術に備えるため、気管を切開して呼吸チューブを挿入し、同年4月に一度退院していた。

 問題があった手術は今年2月3日、50代の小児外科医と麻酔医ら4人が中心となって実施した。気管から挿入するチューブを、鼻から入れるものに変更する内容だった。チューブは本来、左右の肺の中間に挿入するが、誤って左肺のみに差し込んでしまったため、右肺の機能が弱まり、血圧と血中の酸素濃度が低下したという。

 医師らは手術中にこの事態を把握したが、対応が間に合わなかったという。男児は手術7日後の2月10日に脳死状態となり、3月17日に死亡した。

 中尾院長は医療ミスを認めた上で「死亡した患者と家族に深くおわびする」と謝罪。外部委員を含む医療事故調査委員会を設置し、原因を究明するとしている。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
原因究明と実効的な再発防止を期待します.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-27 23:15 | 医療事故・医療裁判

東京で新たに40人の感染確認

東京都で新たに40人の感染が確認されました.
昨日よりは減りましたが,依然多いです.
しかも18人は感染経路が分かっていません.

ところで13人の仲間と桜を見るのはどうなのでしょう.
もし夫人が感染したら,首相にも感染する危険があります.
パレートの法則からすると,2割の人が自粛せず,8割の感染を作り出していることになりそうです.本当にこの週末は自粛自重しましょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-27 17:10 | 医療

大津地裁令和2年3月26日判決,より早期に集中治療室(ICU)がある医療機関に転院させる義務を認め330万円の支払いを命じる(報道)

京都新聞「転院処置遅れ死亡、330万円賠償命令 滋賀・守山市民病院に地裁判決」 (2020年3月26日)は次のとおり報じました.

「守山市民病院(滋賀県守山市)の女性患者=当時(73)=が、2013年に多臓器不全で亡くなったのは、転院処置が遅れたためなどとして、遺族が、当時病院を経営していた守山市に約2700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は病院側の過失を認め、330万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は糖尿病などで同年10月30日から同病院に入院していたが、容体が悪化し、11月18日に転院。12月16日に多臓器不全で死亡した。

 西岡裁判長は、少なくとも11月13日の時点で、血圧低下や消化管の出血などの症状が明確になり、命に深刻な影響を及ぼしうることが予見可能だった、と指摘。医師はより早期に集中治療室(ICU)がある医療機関に転院させる義務があった、とした。一方、病院側の過失と死亡に因果関係があったとする原告側の主張は退けた。

 市側の代理人弁護士は「判決の内容を精査した上で対応を検討する」とコメントした。」
上記報道の件は,私が担当したものではありません.
転医義務違反を認め,因果関係を否定した裁判の認容金額として参考になります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-27 15:34 | 医療事故・医療裁判

《チェロソナタ第3番 イ長調 Op 69》

1808年の《チェロソナタ第3番 イ長調 Op 69》は,ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン氏の中期の作品です.
グライヒェンシュタイン男爵にささげられています.
第1楽章の冒頭から惹き付けられます.ヨハン・ゼバスティアン・バッハ氏の無伴奏チェロ組曲が旧約聖書,ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン氏のチェロソナタが新約聖書と言われるだけのことはあります.
古くは,パブロ・カザルス氏とルドルフ・ゼルキン氏の名演奏があります.
ピエール・フルニエ氏とフリードリヒ・グルダ氏の名演奏もあります.
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ氏とスヴャトスラフ・リヒテル氏の演奏は,私は耳になじんでいます.
最近では,ゴーティエ・カプソン氏とフランク・ブラレイ氏の演奏もよいです.
最新では,ニコラ・アルトシュテット氏とアレクサンダー・ロンクヴィヒ氏のピリオド楽器による演奏も興味深いです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-27 07:12 | 趣味