弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 04月 07日 ( 3 )

大学病院,CT検査を受け肺がんの所見がみられれたが説明や精密検査を行わず経過観察しステージ4なった例で提訴(報道)

関テレ「『がんを放置し、悪化させた』女性が大阪大学病院に損害賠償を求める」(2020年4月7 日)は次のとおり報じました.

「訴えによると女性(50)は3年前、阪大病院でCT検査を受け肺がんの所見がみられましたが、担当医は説明や精密検査を行わず経過観察をすることにしました。
約1年後、女性は咳が止まらなくなり、阪大病院の別の医師から肺がんの疑いがあると初めて説明を受け、腫瘍を切除しましたがステージ4の末期の肺がんと診断されました。

女性は、担当医が漫然と経過観察をしている間にがんが進行したと訴え、担当医と阪大病院にあわせて約9000万円の損害賠償を求めています。
一方、阪大病院側は「標準的な診療レベルから逸脱するものではない」として医療ミスではなかったと主張しています。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
CT検査では肺癌の疑いを過剰に拾いあげることもありますので,とくに大きくなれば,精密検査(気管支鏡検査)を行うことなく,3~6か月後に再度CT検査を行い,比較して大きさや濃度に変化しないかをみるのが一般的だと思います.1年間をおいている間にステージ4になるのは普通ではないででしょう.
裁判の帰趨に注目したいと思います.
なお,肺癌患者は新型コロナウイルスに感染したら重篤化するリスクが高いでしょう.見ていてこちらが不安になる映像でした.相当強い気持ちで会見に臨まれたものと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-04-07 23:46

東京で新たに80人の感染確認

東京都で新たに80人(男性53人、女性27人)の感染が確認されました.
20代12人、30代19人、40代17人、50代15人、60代7人、70代5人でした.都庁の30代男性も含まれています.
うち7割超の57人の感染経路は不明です.
累計1195人となりました.
入院中の無症状、軽症の感染者のホテルなどへの移動がはじまりました.病床数逼迫が現実のものとなっています.

大阪府では新たに53人の感染が確認され,そのうち40人が感染経路不明で,20代14人で、30代12人,40代12人と働き盛りの世代で患者が増えています.

安倍晋三首相は7日緊急事態宣言を7都府県に発令しました.首相は,住民に外出自粛を徹底し,人との接触を7~8割削減するよう呼びかけました.コ宣言後のロナ休業は,休業手当の支払い義務の対象にならないというのが政府の解釈です.たしかに使用者側に責めに帰すべき事由はなさそうです.tだ,それなら別に7~8割を補償する枠組みをつくるべきでしょう.人との接触を7~8割削減するのは自粛の呼びかけだけでは足りません.補償の枠組みが必要です.

首相は,オンライン診療について,初診を含めて解禁すると述べました.
オンライン診療は,日本医師会が消極的でしたが,無診察医療の禁止は患者の安全のためのもので,オンライン診療は患者の安全を害さないように行うことができますので,解禁は正しい途です.ただ,在宅死が増えているイタリアでは「『遠隔診療』への切り替えは世界的な流れでもあるが、そのために医師が往診できない、あるいはしようとしないことが、コロナ問題を深刻にしている」との指摘もあります(ロイター「イタリア医療崩壊、カウントされないコロナ「在宅死」」).

医療以上に司法はIT化が遅れています.
セキュリティを高めるには当然それなりに莫大な費用がかかります.ところが,裁判所のIT化のための予算は微々たる金額で,IT化は進んでいません.
e法廷ができていないため,東京地裁は緊急事態宣言の5月6日までの民事の期日指定を取り消さざるをえません.

司法試験と予備試験は延期の方向で調整中だそうです.

緊急事態宣言で若者の東京脱出(コロナ疎開)が増えました.ターミナルが大混雑だそうです.東京には多くの大学がありますが,少なくても文系はオンライン授業で十分と思います.

【追記】
東京都は,7日の感染確認数を80人から79人に訂正しました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2020-04-07 22:29 | 医療

《病気の女》

《病気の女》_b0206085_09045562.jpg

《水腫症の女》と呼ばれてきた絵画について,ルーブル美術館は,水腫症を否定しています.
医師が患者の尿を太陽の光にかざし,おそらく妊娠しているかどうかを調べ,女性は,幼い娘と侍女に励まされながら検査結果を待っています.ルーブル美術館は,《病気の女》としています.正確には「検査結果を待つ女」ですけど.
細密画で知られるヘラルト・ダウ氏1663年の作品です.
今日4月7日は,ダウ氏の誕生日です.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-04-07 00:43 | 趣味