弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 04月 16日 ( 3 )

新宿区新型コロナ検査スポット

厚生労働省は,4月15日,地域の医師会などが運営してPCR検査を実施する仕組みを導入する、とした事務連絡を発出しました.
新宿区は,同日、区医師会,国立国際医療研究センター病院と連携し,区民らがPCR検査を受けられる「区新型コロナ検査スポット」を設けると発表しました.区医師会の医師が各診療所で電話や対面で診断しPCR検査が必要と判断とした場合には検査スポットに連絡し,スポットは区の委託で同センター病院に設置され、区医師会所属の医師らが検査業務にあたるシステムです。これにより一部の医療機関に集中していた負担が分散されます.発熱があっても医師が検査を拒む,医師が検査を指示しても保健所の判断で検査が受けられない,そのために(本来は診断されなくても何らかの症状があれば外出せず自宅にいるべきなのですが実際上は難しいので)感染を診断されない人が感染を拡大している,という現状がすこしでも改善することを期待します.新宿区新型コロナ検査スポットは来週から開設されるそうです.

東京都で4月16日新たに10歳未満の子どもを含む149人の感染が確認されました.のうち103人が感染経路不明です.累計2595人になりました.
新たに60代から90代の男女3人の死亡が確認されました.都内で死亡者累計は56人となりました.
引き続き警戒が必要です.
私は,今日,郵便局へ行っただけで,それ以外人に会っていません.手洗いは頻繁に丁寧に行っています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-04-16 23:48 | 医療

《自画像》,《麦わら帽子を被った自画像》

《自画像》,《麦わら帽子を被った自画像》_b0206085_03554415.jpg
《自画像》,《麦わら帽子を被った自画像》_b0206085_03552155.jpg

三菱一号館美術館で2011年に開かれた「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展─華麗なる宮廷を描いた女性画家たち」展で,エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン氏に注目した人も多かったのではないでしょうか.

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン氏は,肖像画に本領を発揮し,「顔つきは整っていなかったが,肌は輝かんばかりで,すきとおって一点の曇りもなかった。」と述べる同い年のマリー・アントワネット氏の肖像画を30点以上描いています.

最も有名なのは,1790年の当時35歳の《自画像》です.
フランス革命のためイタリアのトスカーナ大公国(マリー・アントワネット氏の兄が君主)に逃亡中に描いたものです.明るく華やかで,美しい自画像です.フィレンツェにあるウフィツィ美術館に所蔵されています.
《麦わら帽子を被った自画像》は,《自画像》より若く,ルーベンス氏の《麦わら帽子(シュザンヌ・フールマンの肖像)》の影響を受けています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-04-16 03:57 | 趣味

予備試験,司法試験を季節のよいときに刑事施設のグラウンドで行ったら?

本年度の予備試験,司法試験の延期が4月8日に発表され,「延期後の実施時期等については,おって,可能な限り速やかに法務省のホームページ上において公表する予定です。」とのことでしたが,未だに実施時期が決まっていません.

新型コロナウイルス感染終息の目処がついていないので,法務省は実施時期を決められないのでしょう.治療薬,ワクチンが開発されるまで,新型コロナウイルス感染は続くと考えておいたほうがよいでしょう.
オリンピックと同じく1年延期しても終息している保障はないですし,1年延期は中止と同じで,裁判官,検察官の採用がない年ができてしまうのは困ります.

そこで,多少の感染リスクはありますが,寒くもなく暑くもない季節のよいときに,グラウンドに机と椅子をだして間隔をとって試験を実施したらいかがでしょうか.
試験会場までの公共交通機関で感染する危険もありますので,試験会場は全国に分散配置したほうがよいでしょう.
学校のグラウンドを使えせてもらえるかはわかりません.法務省は刑事施設(刑務所・少年刑務所・拘置所)をもっていますので,刑事施設のグラウンドを使い,監視のプロである刑事施設の職員に試験の実施監督をお願いするのがよいと思います.

それも危険なら,オンライン試験しかないでしょう.

ちなみに,4月15日、東京都で127人、大阪府74人、埼玉県61人など新たに計546人の新型コロナウイルス感染者が確認されました.累計感染者は,東京都で2446人,全国で8713人となりました.
東京都では新たに6人が死亡し,滋賀、奈良、高知各県で初めて死者が確認されるなど全国で計18人が亡くなり,クルーズ船乗船者を含む累計死亡者は192人となりました.
ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると,4月15日,世界の感染者は200万人を超えたとのことです.100万人を上回った今月2日から2週間で倍増したことになります.
きわめて深刻重大な事態です.
昨日は誰とも会いませんでした.ノースカロライナの女性が玄関に食料品を届けたボランティアの女性と会っただけで感染したと報じられていますので,気を緩めず引き続き感染予防に努めたいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-04-16 02:22 | 司法