弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 05月 23日 ( 4 )

ヒドロキシクロロキンとクロロキンはCOVIC-19の入院患者に対する治療効果がなく死亡率が増加したと報告

AFP「新型コロナ、抗マラリア薬で死亡率増加 治療効果みられず」(2020年5月23日)は次のとおり報じました.

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」と「クロロキン」の効能について、患者10万人近くを対象に調査したところ、治療効果がみられなかったばかりか、入院中の死亡率が増加したことが分かったとする論文が22日、英医学誌ランセット(The Lancet)に発表された。

 ヒドロキシクロロキンは通常、関節リウマチの治療に使われているが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領をはじめとする政治家らがCOVID-19治療薬として言及したことから、各国政府が大量購入するようになった。トランプ氏は今週、自身がヒドロキシクロロキンを服用していると明かしていた。

 ヒドロキシクロロキンとクロロキンはいずれも、不整脈などの深刻な副作用を引き起こす可能性があるが、論文では数百の病院から集めた患者9万6000人のデータを分析した結果として、COVIC-19の入院患者に対する治療効果がなく、投与によりむしろ死亡率が増加したと結論付けている。

 研究チームは、ヒドロキシクロロキンのみを投与された患者、クロロキンのみを投与された患者、さらにそれぞれの薬と抗生剤を併用した患者の計4グループと、これらの投与を受けていない制御グループの治療結果を比較した。

 対象期間内の死亡率は、制御グループで約9%だった一方で、ヒドロキシクロロキンとクロロキンを単剤投与された患者ではそれぞれ18%と16.4%だった。死亡率は抗生剤併用時にさらに増加し、クロロキンでは22.8%、ヒドロキシクロロキンでは23.8%だった。」

Hydroxychloroquine or chloroquine with or without a macrolide for treatment of COVID-19: a multinational registry analysis

Findings
96 032 patients (mean age 53·8 years, 46·3% women) with COVID-19 were hospitalised during the study period and met the inclusion criteria. Of these, 14 888 patients were in the treatment groups (1868 received chloroquine, 3783 received chloroquine with a macrolide, 3016 received hydroxychloroquine, and 6221 received hydroxychloroquine with a macrolide) and 81 144 patients were in the control group. 10 698 (11·1%) patients died in hospital. After controlling for multiple confounding factors (age, sex, race or ethnicity, body-mass index, underlying cardiovascular disease and its risk factors, diabetes, underlying lung disease, smoking, immunosuppressed condition, and baseline disease severity), when compared with mortality in the control group (9·3%), hydroxychloroquine (18·0%; hazard ratio 1·335, 95% CI 1·223–1·457), hydroxychloroquine with a macrolide (23·8%; 1·447, 1·368–1·531), chloroquine (16·4%; 1·365, 1·218–1·531), and chloroquine with a macrolide (22·2%; 1·368, 1·273–1·469) were each independently associated with an increased risk of in-hospital mortality. Compared with the control group (0·3%), hydroxychloroquine (6·1%; 2·369, 1·935–2·900), hydroxychloroquine with a macrolide (8·1%; 5·106, 4·106–5·983), chloroquine (4·3%; 3·561, 2·760–4·596), and chloroquine with a macrolide (6·5%; 4·011, 3·344–4·812) were independently associated with an increased risk of de-novo ventricular arrhythmia during hospitalisation.

Interpretation
We were unable to confirm a benefit of hydroxychloroquine or chloroquine, when used alone or with a macrolide, on in-hospital outcomes for COVID-19. Each of these drug regimens was associated with decreased in-hospital survival and an increased frequency of ventricular arrhythmias when used for treatment of COVID-19.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-05-23 23:42

世論調査,新型コロナウイルス問題への対応で評価する政治家は,吉村洋文氏,小池百合子氏,安倍晋三氏,鈴木直道氏の順

毎日新聞「新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査」(2020年5月23日)は,毎日新聞と社会調査研究センターによる23日の全国世論調査の結果を次のとおり報じています.


          今回 (前回)
①吉村洋文大阪府知事  168人(188人)

②小池百合子東京都知事  44人 (59人)

③安倍晋三首相      30人 (34人)

④鈴木直道北海道知事   19人 (26人)

⑤山口那津男公明党代表  9人 (10人)

⑥西村康稔経済再生担当相 8人 (1人)

⑦河野太郎防衛相     6人 (6人)

⑧枝野幸男立憲民主党代表 5人 (1人)

⑧志位和夫共産党委員長  5人 (5人)

⑧熊谷俊人千葉市長    5人 (0人)

 携帯回答者は505人(前回575人)。吉村氏を挙げた率は前回と同じ33%で引き続き断トツ。2位以下は回答者の1割に満たない。評価する政治家はいないという趣旨の回答は39人(前回76人)。海外の政治家からドイツのメルケル首相と台湾の蔡英文総統を挙げた人がそれぞれ3人、ニュージーランドのアーダン首相が2人だった。【大隈慎吾、佐藤航】」


回答者が同じ人数ではないので,前回と今回の人数を見比べたときにわかりにくいのですが,安倍晋三首相の新型コロナウイルス問題への対応を評価する人が多く,しかも減っていないのは,意外でした.

また,安倍内閣の支持率は下がったとは言え27%もあり,意外に高いと思いました.
昨年7月の参議院議員通常選挙の投票率は48.80%ですから,この27%の支持者が投票に行くと,投票者の過半数が安倍内閣支持となるわけです.そして,現行選挙制度は得票差以上の議席差が開くようにできています.
ところで,長期政権となった安倍内閣ですが,安倍氏自身の出口戦略はどうなっているのでしょうか.

【追記】
朝日新聞社の23、24日の全国世論調査(電話)でも,安倍内閣の支持率は29%(前回5月16、17日は33%)と高いです.この状況でもこの数字ですから,岩盤支持者が多数いると思います.安倍氏に代わる人がいないと思う人が多いのでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-05-23 22:38 | 医療

《2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 (375a)》

《2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 (375a)》は,アマウス・モーツアルト氏が完成した唯一の2台のピアノのためのソナタです.弟子と演奏する目的で作曲したそうです.
名ピアニストによる名演奏が多くありますが,ここしばらくはマレイ・ペライア氏がラドゥ・ルプ氏と組んだ演奏が最も好きです.
吉田秀和氏は,ペライア氏について,「音楽のつくり方の高雅,繊細,クリアで知的な味わい,軽くて浸透力のある音質をもったタッチ,滑らかで快いレガート,躍動的で弾力的なスタッカート」と述べています.これらは,ルプ氏にもあてまります.2人の演奏は本当に素晴らしいです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-05-23 09:03 | 趣味

《ピアノ協奏曲イ短調 Op16》

エドヴァルド・グリーグ氏の《ピアノ協奏曲イ短調 Op16》をまた聞いています.
前にも書きましたが,何度聞いても何時聞いても魅了されます..
ディヌ・リパッティ氏の名盤もありましたが,今は「リパッティの再来」「千人に一人のリリシスト」と言われているラドゥ・ルプ氏が28歳のとき,アンドレ・プレヴィン氏指揮ロンドン交響楽団のサポートを得た1973年の名演奏があります.
抒情的で美しいピアノの音に浸ることができます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-05-23 00:48 | 趣味