弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2020年 06月 06日 ( 6 )

新型コロナ関連の海外論文2点撤回

忽那賢志医師が「新型コロナ 英文誌での論文撤回 ここから私たちが学ぶべきこと」を書いています.
NEJMに掲載された,新型コロナと心血管疾患や薬剤との関係を検討した臨床研究とLancetに掲載された,クロロキン,ヒドロキシクロロキンによる新型コロナに対する治療に関する観察研究が取り消されたそうです.いずれの論文もサージスフィアが関与しています.
忽那賢志医師は「メジャージャーナルと言えども新型コロナ関連の論文は査読が不十分である可能性があり、結果をそのまま受け取るのではなく、これまで以上に批判的吟味が求められると言えるでしょう。」と述べています.
権威ある雑誌に掲載された論文でも信用することができないとすると,結構大変なことです

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-06 22:28 | 医療

「一生懸命勉強して、立派な弁護士となり、そこにいる人を必ず幸せにしてくださいよ。」

BSで,「男はつらいよ 寅次郎夢枕」(1972年)を放送していました.

「一生懸命勉強して、立派な弁護士となり、そこにいる人を必ず幸せにしてくださいよ。」


冒頭,寅次郎の夢の中の台詞です.
私が中央大学に入学したのが1972年です.この台詞は覚えています.
さらりと言うのですが,司法試験の合格率が2%の頃で普通の弁護士になるのも大変なのに,立派な弁護士になるのはさらに大変で,その先に誰かを幸せにするなんて,と思いました.今は,立派な弁護士のなかには生活を犠牲にしている人もいますので,ワークライフバランスは容易ではないと思います.

映画は今は故人となった方も多いのですが,出演者が本当に若いです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-06 21:33 | 趣味

本年度の新しい司法試験合格発表日程

法務省司法試験管理員解は,2020年6月5日,「令和2年司法試験の合格発表等の日程について」を発表しました.

1 短答式試験成績発表 令和2年9月8日(火)
2 短答式試験成績通知書発送 令和2年9月中旬
3 合格発表 令和3年1月20日(水)午後4時予定

試験日程が令和2年8月12日(水),13日(木),15日(土),16日(日)に延期されたことで,発表も遅くなりました.司法修習の日程にも影響がでるでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-06 20:21 | 司法

ジャスティン・トルドー首相が抗議デモに参加

カナダのジャスティン・トルドー首相が抗議デモに参加し,ひざまずいて「Black Lives Matter」に団結する意思を示した,と報じられています.
2015年の組閣の時,男女同数としたことでも知られています.
父親が元首相という点は,安倍晋三首相と共通なのですが.

命に格差があってよいわけはありません.
BLMは国際的な広がりをもってきました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-06 20:06 | 人権

法案「Say Their Name(彼らの名前を言おう)」

アンドリュー・クオモ知事が5日新たに提出された法案「Say Their Name(彼らの名前を言おう)」による改革を発表したと報じられています.
以下の内容が含まれます.
・警察の懲戒処分の記録を開示すること
・背後から腕で相手の首をしめる「チョークホールド」を禁止すること
・911への人種差別的な虚偽通報を「増悪犯罪」として取り締まること
・警察による殺人事件において、司法長官を「独立検察官」として任命すること

警察による暴行を阻止し,警察への信頼を取り戻す必要があるとのことです.
弁護士だけに,差別に対し鋭敏に反応しています.
社会のあり方そのものが問われています.
アンドリュー・クオモ知事とドナルド・トランプ大統領のめざす方向の違いは際立っています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-06 18:08 | 人権

《絞首台》

《絞首台》(Le gibet)は,モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel )氏のピアノ組曲《夜のガスパール》(Gaspard de la nuit 1908年)の第2曲です.
鐘の音を現すピアノがゆっくりと響き,重々しい曲です.無常感,寂寥感と不気味さがたまりません.

《夜のガスパール》は,ルイ・ベルトラン氏の詩に基づきます.
ルイ・ベルトラン氏の散文詩集『夜のガスパール~レンブラントあるいはカロの印象にもとづく幻想』を創りました.
「カロ」とは,17世紀の版画家ジャック・カロ氏のことです.
30年戦争でフランス軍がロレーヌ地方を侵略したとき,同地方出身のジャック・カロ氏は連作版画《戦争の惨禍》(1633年)を制作します.その一枚に大きな木に奇妙な果実のように兵士が吊るされた絵があります.傭兵隊長は,部下の兵士たちの残虐行為に歯止めを掛けるために時折処刑を行った,とのことです.

ベルトラン氏は,この版画からインスピレーションを受け,シュールな詩を書きました.
この散文詩集は,東方三博士の一人ガスパーにちなむ「夜のガスパール」という悪魔が創った詩という設定です.

同氏の死の翌年(1842年).に出版されましたが、全く注目されませんでした.ところが,やがて,シャルル=ピエール・ボードレール氏,マステファヌ・マラルメ氏らが絶賛し,再版されました.それがラヴェル氏の知るところとなります.

詩「絞首台」の末尾は次のとおりです.

C'est la cloche qui tinte aux murs d'une ville, sous l'horizon,
et la carcasse d'un pendu que rougit le soleil couchant.
かなたの城壁から鐘をうつ音が響き 罪びとの亡きがらは 夕日のなかで ゆらりと揺れた


ラヴェル氏がピアノ曲《絞首台》が描いたのはこの情景でしょう.
《夜のガスパール》は,マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)氏の演奏で知った曲です.ジャン=フィリップ・コラール(Jean-Philippe Collard)氏やアレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)氏のようなより若い演奏家の名演も大変素晴らしいのですが,私は未だにアルゲリッチ氏の演奏に戻ってしまいます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-06-06 02:25 | 趣味