弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:タバコ( 262 )

日本禁煙学会がドトールコーヒーに全面禁煙,従業員の健康診断を要望

日本禁煙学会は,2018年4月23日,ドトールコーヒーに

1.分煙店をやめ、ただちに全席禁煙店にしてください。
2.今後健康被害が出る恐れがあり、従業員の少なくとも三十年間にわたる健康診断を続けてください。


と要望しました.

分煙店舗のアルバイトからのメールをきっかけに,日本禁煙学会ドトールの19店を調査したところ、喫煙区画のPM2.5は平均216マイクログラム/m3で,.アメリカ環境保護庁の分類でもっとも危険なHazardous(心臓や肺の悪い人、お年寄り病状がいちじるしく重くなり、死亡率も著しく高まる。一般の人に重い呼吸器症状が現れる恐れあり。)で、全死亡増加率=150%でした.
禁煙区画では平均28.5マイクログラム/m3で,近隣のスターバックス店に比較すると高く,禁煙区画にもタバコの煙が漏れていると考えられました.
労働安全衛生法から,雇用主には従業員が受動喫煙を浴びないようにする義務がありますので,日本禁煙学会は,上記の要望を行いました.

http://www.jstc.or.jp/uploads/uploads/files/journal/2018423DC.pdf

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-04-27 04:35 | タバコ

東京都受動喫煙防止条例(仮称)の骨子案

東京都は,東京都受動喫煙防止条例(仮称)の骨子案をとりまとめ,2018年4月20日,公表しました.
2018年6月に都議会に条例案を提出し,可決されれば,段階的に施行し,2020年に全面施行となる予定です.

岡本光樹都議会議員・弁護士が受動喫煙防止条例案のポイントを解説しています.
アゴラご参照


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-04-27 04:10 | タバコ

国会,裁判所を敷地内禁煙としない健康増進法改正案

産経新聞「国会議員にモクモク特権、いつの間にか規制緩和」(2018年4月27日)は,次のとおり報じました.

「国会で受動喫煙の対策強化が議論されようとしている中、当の国会議事堂での対策の遅れを問題視する声が議員の間で強まっている。政府の健康増進法改正案が、最も厳しい規制の対象から国会議事堂を除外したことに「不公平で、筋が通らない」との批判が噴出。自らは“特権”を享受しつつ、民間に厳しい規制を強いることにどこまで理解が得られるか。」

「今年3月9日に国会に提出された改正案では「官公庁」の分類が消え、「行政機関」なる言葉が登場した。「行政機関」は中央省庁や都道府県庁、市役所など。「学校」「病院」「児童福祉施設」とともに「敷地内禁煙」に指定され、それ以外の事務所やホテルといった施設は、一段規制が緩い「原則屋内禁煙(喫煙専用室内でのみ喫煙可)」となった。

 立法機関である国会は後者に分類され、最も厳しい規制を免れることになる。厳しい規制を課す法案を審議、可決しようとする国会自身の規制が甘いのは道理が通らないのではないか。」


法案は,三権分立に配慮したということなのでしょうが,当然,国会,裁判所も敷地内禁煙とすべきでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-04-27 03:52 | タバコ

禁煙実践病院 長崎大学病院

西日本新聞「長崎大学病院が禁煙強化 タバコ持ち込みも禁止 20年目標、看板を設置」(2018年03月23日)は,次のとおり報じました.

「敷地内禁煙だけでなくタバコの持ち込みまで禁じる「タバコフリーホスピタル」に2020年の移行を目指す長崎大病院(長崎市)は22日、病院入り口に「禁煙実践病院」の大型看板を設置した。医療従事者や入院患者だけでなく、外来者にも“タバコフリー”を浸透させる狙いがある。

 病院によると、2008年から敷地内禁煙を実施して職員の喫煙率は下がっているが、中には敷地外でタバコを吸う職員や外来者がいるという。院内には全利用者に対し、敷地内での喫煙が発覚した場合の対応として「損害賠償請求を行う場合がある」と記した注意書きを掲示。音声でのアナウンスもしている。

 喫煙直後の呼気には発がん性物質などが多く残っていることが分かっているがタバコフリーを掲げる病院は全国的にもまだ少ないという。増崎英明病院長は看板除幕式で「タバコを手放すことの重要性を改めてPRしていきたい」と言葉に力を込めた。」


看護師の喫煙率が依然として高いなど障害はありますが,そのような現状を改めていくためにも,禁煙方向への強い舵取りが必要と思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-23 07:40 | タバコ

日本禁煙学会,加熱式タバコには有害物質もほとんど含まれていないという週刊新潮の「有害報道」を駁す

日本禁煙学会は,2018年3月7日,緊急声明「加熱式タバコには有害物質もほとんど含まれていないという週刊新潮の「有害報道」を駁す」を発表しました.

「①加熱式タバコの方が紙巻きタバコより多くのニコチンが体に入る。ニコチンは、血管を収縮させ、心筋梗塞や脳梗塞、末梢動脈閉そく症の原因となる。
②加熱式タバコに替えても、体に入るタールの量は3割しか減らない。タールにはがんを起こす様々な化学物質が含まれている。
③加熱式タバコを吸っている人のそばにいた人々の4割近くが、のどの痛みや気分不良を訴えていた。

つまり、紙巻きタバコから加熱式タバコに替えても、基本的にがんや循環器疾患などの健康被害は避けられないと考えるほうが理性的判断と言えよう。したがって、社会的責任を果たすべき報道機関が、アイコスやプルームテックのような加熱式タバコが、その使用者にとっても周囲の人々にとっても「安全、安心」であるような「印象操作」的記事を、先に述べた科学的事実に反して掲載することは極めて不適切である。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



by medical-law | 2018-03-15 07:34 | タバコ

「タバコ会社「JT」とはいったい何か─その手段と影響─」

石田雅彦氏が「タバコ会社「JT」とはいったい何か─その手段と影響─」を書いています.
飯田香穂里准教授と岡本光樹弁護士・都議会議員のコメントも掲載されています.

JTという不思議な会社
タバコ会社の欺瞞
JTと喫煙科学研究財団の関係とは
進まないタバコ産業の分析
日本の司法は弱者を守るか


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-06 10:07 | タバコ

厚労省調査,装飾品による皮膚障害,タバコによる小児の誤飲事故,洗浄剤による吸入事故が多かった

厚生労働省は,平成30年2月6日,「2016年度 家庭用品等に係る健康被害 病院モニター報告」を公表しました.
報告のポイントは以下の通りです.

皮膚障害は,装飾品によるものが24.5%と最も多かった.
小児の誤飲事故は,タバコによるものが20.2%と最も多かった.
吸入事故は,洗浄剤によるものが23.4%と最も多かった .

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-07 12:40 | タバコ

アントーニ・ファン・レーウヴェンフック病院がタバコ会社4社を告訴

https://www.portfolio.nl/bazaar/home/show/2145
オランダでは,先月,患者が医師会のバックアップを得て,タバコ会社を告訴しましたが,今度は,癌専門病院がタバコ会社を告訴しました.
オランダでは,タバコを店舗から見えない場所へ2020年までに移す法律が制定されています.
また,大手のABN Amro銀行がタバコ産業への融資を中止しました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-02-01 23:54 | タバコ

英国医師会雑誌(BMJ)に加熱式非燃焼(HNB)タバコの日本での使用実態に関する論文掲載

権威ある英国医師会雑誌(BMJ)に,田渕貴大先生らのHeat-not-burn tobacco product use in Japan: its prevalence, predictors and perceived symptoms from exposure to secondhand heat-not-burn tobacco aerosolが掲載されました.

日本ではテレビによりIQOS普及が引き起こされ,推計約310万人がIQOSを使用している,との報告です(テレビを見た人が10.3%に対し見ない人が2.7%).間接的なHNBタバコエアロゾル曝露により,ほぼ半数以上の人に急性症状が現れたと報告されています.タバコ規制機関と政府は,加熱式非燃焼(heat not burn:HNB)タバコを厳重に監視し,規制する方法を検討する必要があると結論付けています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-31 14:48 | タバコ

厚生労働省, 「望まない受動喫煙」対策の基本的考え方

厚生労働省が1月30日日「『望まない受動喫煙』対策の基本的考え方」を発表しました.はっきり言って後退です.この後退はきわめて残念です.

これをうけて,東京都知事は,「本日発表された考え方では、これまで示された案と比べ、規制対象となる施設区分を3区分から2区分とするなど、根幹となる部分が大きく変更されており、詳細な内容は法案に盛り込むこととされています。」ということから,この新しい国の方針との整合性を図るため「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の提案は、平成30年第1回定例会には行わない」と発表しました.東京都も後退なのでしょうか.
「望まない受動喫煙」対策の基本的考え方に関する知事コメント

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-31 08:12 | タバコ