弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1237 )

大阪拘置所,大阪医療刑務所のがんの見落としで500万円和解(報道)

読売新聞「元受刑者がん見落とし和解…国、遺族に見舞金」(2018年8月10日)は,次のとおり報じました.

「服役中にがんと診断され、出所後に死亡した男性(当時62歳)の遺族が、「拘置所や刑務所の医師が、がんを見落とし、治療が遅れた」などとして、国に計約7300万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁で和解した。国が遺族に見舞金計500万円を支払う。

 和解は7月27日付。和解条項に、国が過失を認める文言は含まれていない。

 訴状などによると、男性は窃盗などの罪で2008年、懲役3年8月の実刑判決を受けた。控訴中の09年1月、大阪拘置所で頭のしびれなどを訴え、大阪医療刑務所でCT検査を受診。左耳に腫瘍が疑われる所見があったが、医師は「異常なし」とした。

 男性は京都刑務所に服役した09年6月以降、約10回、耳の出血で鎮痛剤を処方されるなどし、12年1~3月に受けた再検査で耳のがんと、肺への転移が判明。東京都内の医療刑務所へ移送され、12年8月に出所したが、15年に死亡した。

 訴訟で国側は医師の過失を否定。地裁が今年2月、和解を勧告した。国側は「コメントできない」としている。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
実際にがんを発見したのは2012年ですが,2009年に耳のがんを発見できていれば,2年余の期間無治療でがんが進行することはなかったので,結果との因果関係は相当程度ある事案ではないでしょうか.
500万円という金額は,見舞金ではなく,過失があることを前提とし,相当程度の因果関係を認めた賠償金と解するのが適切だと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2018-08-14 08:24 | 医療事故・医療裁判

東京地裁平成30年8月9日判決,リスクの説明不足で100万円の賠償を認める(報道)

共同通信「レーシック手術で医師の過失認定」(2018年8月14日)は次のとおり報じました.

「近視を矯正するレーシック手術で網膜剥離になった長野県の女性(62)が、リスクの十分な説明がなかったとして、医療法人社団「翔友会」(東京)に約580万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(佐藤哲治裁判長)は9日、医師の過失を一部認め、約100万円を支払うよう命じた。

 判決によると、女性は2013年9月、翔友会が運営していた眼科クリニックで両目の手術を受けた。手術前の検査で左目の網膜に穴が開いていることが分かったが、医師は手術は可能と説明。女性は手術後に左目が見えづらくなり、長野県のクリニックで網膜剥離と診断された。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
網膜裂孔がある状態でレーシック手術を行うと網膜剥離を発症し不可逆的な視力低下を生じるリスクがあること等を説明しなかった説明義務違反を認め,説明義務違反と結果(網膜剥離)との因果関係も認めたようです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2018-08-14 08:05 | 医療事故・医療裁判

MDRA感染の静岡市立病院,職員による医療処置やケアのプロセスで感染予防策が完璧でなかった可能性があると謝罪(報道)

静岡市立静岡病院は,8月10日,」多剤耐性アシネトバクター検出事例に関するご報告」を発表しました.

「本年5月3日肺炎、敗血症等にて台湾の病院に入院、治療をうけておられた患者様が、本年5月31日に帰国、ただちに当院一般総合重症治療室(GHCU)に入院されましたが、入院初日の5月31日に提出した喀痰培養にて、感染症法で規定された多剤耐性アシネトバクター(multi-drug resistant Acinetobacter、以後MDRA と称します)が6月5日同定検出されました。
 このことについて、院内感染対策委員会を臨時・定時で開き、協議を行う一方、種々の対策を講じてまいりました。また8月2日には、国立感染症研究所、静岡市保健所から専門家を迎えて、事例検討会を開き、関係する病棟・病室・設備の視察を含め、これまでの対応方法、今後の対策等について検証、助言をいただきました。
 本日8月10日までに、最初の患者様のほかに、3名の患者様にMDRA感染が発生しました。この3名の患者様のうち、2名が発症され、残る1名は保菌状態であり、発症された2名のうちの1名と最初の患者様の計2名が亡くなられました。」


毎日新聞「市立静岡病院 アシネトバクター感染、2人死亡」(2018年8月10日)は,次のとおり報じました.
 
「病院によると、死亡した男性は5月3日に旅行先の台湾で発熱して入院し、31日に転院した。転院時の検査で男性のたんから同菌が検出された。
 この男性と死亡した女性、他に感染した2人はいずれも同じ治療室に入院し、男性が感染源になったとみられる。残り2人のうち、1人は感染による肺炎を発症、もう1人は感染したが発症はしていないという。
 病室を検査したところ、たんを吸い取る吸引器具のスイッチから同菌が検出されており、病院は「職員による医療処置やケアの過程の感染予防策が完璧ではなかった可能性がある」としている。記者会見した宮下正院長は「院内で感染が生じたと考えられる患者におわびする」と陳謝した。」


報道の件は私が担当したものではありません.
8人が死亡した鹿児島大学病院のMDRA感染が先日報じられたばかりです.
吸引器具を介して感染が広がった可能性は否定できないでしょう.
ICU内の感染ですから,MDRA感染がなければ亡くならなかったという因果関係が認められるか,については,具体的な病態にもよるでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2018-08-11 18:11 | 医療事故・医療裁判

国立病院機構関門医療センター,5日間連続で投与後23日間休薬期間を設けることになっている抗癌剤を39日間連続投与し死亡

読売新聞「抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡」(2018年8月10日)は,次のとおり報じました.

 「国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)は10日、70歳代の男性患者に対して抗がん剤を過剰に投与する医療ミスがあり、男性が副作用の影響で死亡したと発表した。

 同センターによると、男性は2月中旬、土手から転落して足を骨折するなどして入院。男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、親族がセンターに持参した。

 センターによると、この抗がん剤は5日間連続で投与後、23日間投薬期間を空けることになっている。しかし、医師は3月下旬まで39日間連続で投与した。

 男性が口の中から出血したことから血液検査を実施。白血球や赤血球が減るなどしており、過剰投与が判明した。男性は感染症が悪化して6月上旬、多臓器不全などで死亡した。

 センターは、医師や薬剤師らが抗がん剤の処方について認識が不足していたとしている。この日、記者会見したセンターの林弘人院長は「ご遺族に心からおわび申し上げ、再発防止に努めます」と陳謝した。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
持参薬にテモダールがあったようですが,あり得ない投与方法です.持参薬の確認が不十分で患者の治療に影響がでた例は過去にも報告されており,医療安全情報でも注意喚起されています.その病院では使っていない薬を患者が持参してくることもありますので.「持参薬に要注意!」は常識です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-08-10 23:36 | 医療事故・医療裁判

群馬大学病院事件,詳細な再発防止策を盛り込み9遺族(遺族会)と示談

毎日新聞「群馬大医療訴訟 遺族会と病院で和解成立」(2018年8月10日)は,次のとおり報じました.

「群馬大医学部付属病院(前橋市)で同一医師の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、遺族会(9遺族)と病院の間で和解が10日、成立した。遺族会によると、病院が体制の不備と医療ミスがあったことを認めて謝罪し、再発防止策を「約束条項」に盛り込む内容で、損害賠償金額は非公表。

 一方、執刀医と診療科長の責任については引き続き追及できるとした。遺族会の弁護団によると、厚生労働省に2人の行政処分を要望しているという。

 合意書には、再発防止策として、遺族が出席して医師らと意見交換する「患者参加型医療推進委員会」の継続的な開催▽治療方針について患者や家族が説明を受けるインフォームドコンセントの様子の録画・録音--などを盛り込んだ。

 遺族代表の木村豊さんは「合意ができて一区切りがつき、安心した」と述べた。弁護団の梶浦明裕事務局長は「詳細な再発防止策を盛り込んだ点は画期的だ」と評価した。【鈴木敦子】」 <
/span>


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
長い年月がかかりましたが,きちんとした解決ができてよかったと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-08-10 23:25 | 医療事故・医療裁判

大牟田市立病院,輸血の指示と血液の凝固能力検査が遅れたことを認め1000万円で遺族と和解(報道)

朝日新聞「出産後に出血性ショック死 大牟田市立病院、遺族と和解」(2018年8月8日)は,次のとおり報じました.

「福岡県の大牟田市立病院(野口和典院長)は7日、記者会見を開き、出産後の出血性ショックで死亡した当時30代の女性の遺族との間で、福岡地裁で係争中だった民事訴訟の和解が成立したと発表した。病院側が遺族の主張を一部受け入れ、1千万円を支払う。

 病院によると、この女性は2012年7月に大牟田市内の産婦人科で出産後、出血が止まらず、市立病院に搬送された。輸血や子宮摘出手術を受けたが、約3時間後に出血性ショックのため死亡した。これに対し、女性の夫と3人の子どもが、死亡したのは市立病院の止血や子宮摘出手術が遅れたためだとして、16年に約7千万円の損害賠償を求めて提訴していた。

 和解は、市立病院側が死亡との因果関係は低いものの、輸血の指示と血液の凝固能力検査が遅れたことを認め、母親の死亡という実情も踏まえて、和解金1千万円を支払うという内容。」


報道の件は私が担当したものではありません.
搬送された後医の責任が問われるのは,ケ-スしては少ないので,輸血の指示と血液の凝固能力検査がかなり遅れた事案なのでしょう. 


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2018-08-08 20:16 | 医療事故・医療裁判

群馬大学病院事件の遺族,医療推進委員会の会議の一般公開を求める追加要望書提出

東京新聞「遺族が会議公開求める 群大病院手術死で追加要望書」(2018年8月7日)は,次のとおり報じました.

「前橋市の群馬大病院で肝臓の腹腔(ふくくう)鏡手術などを受けた患者が相次いで死亡した問題で、遺族会代表の二人が六日、六月に問題を受けて開かれた初回の医療推進委員会に出席した際、群大へ提出した要望書に追加する要望書を提出した。その後の協議で群大が委員会の会議を報道機関へ公開することに後ろ向きなため「公開を再度強く要望する」と記している。

 追加の要望書を提出後、県庁で記者会見した遺族と弁護士によると、弁護士と群大が七月に東京都内で協議したが、最初の要望書で求めた一般公開に群大は難色を示したという。

 このため、追加の要望書で「委員会の議論を目の当たりにし、同じ立場の遺族、患者その他一般の方々にも知ってもらう必要性を強く感じた」と指摘した。

 記者会見で、妹の小野里美早(みさ)さん=当時(25)=を奪われた市内の会社員、和孝さん(38)は「今回の問題で病院の閉鎖的な組織が明るみとなり、公開によって脱することになる。患者参加型の医療にしてほしい」と強調した。

 父の木村貞治さん=当時(80)=を亡くした市内の会社員、豊さん(49)は「他の遺族などに委員会の内容を説明しなければならない。問題を起こしたのだから、病院はオープンな組織を目指してほしい」と求めた。

 追加の要望書では新たに、病院長が委員長から受けた報告や提言に対する対応状況を公開し、委員会の正副委員長のうち一人を医療事故に遭った患者や家族らにすることも要請した。

 群大は追加の要望書について「ご遺族の皆さまと十分協議しながら対応したい」とのコメントを出した。 (菅原洋)


解決までまだ時間がかかりそうですね.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-08-07 08:38 | 医療事故・医療裁判

滋賀医科大学附属病院が,医師がその手術について未経験であることを説明しなかったとして提訴される(報道)

毎日放送「『未経験医師の練習台にされようとしていた』がん患者らが医師を提訴」(2018年8月1日)は,次のとおり報じました.

「滋賀医科大学附属病院で前立腺がんの特殊な放射線治療をめぐって、担当医師が未経験の治療だったにもかかわらず、医師から説明がなく精神的な苦痛を被ったとして患者ら4人が担当医師らを提訴しました。

 訴えを起こしたのは、滋賀医科大学附属病院で前立腺がんの治療を受けていた男性患者ら4人です。訴状によりますと、患者らは2015年から泌尿器科に通院し、前立腺がんの「小線源治療」とよばれる特殊な放射線治療を受けることになっていました。

 この病院では「小線源治療」専門の研究が行われていて、ベテランの特任教授が年間140件ほどの治療を行っています。しかし、今回担当したのは特任教授ではなく治療経験がない医師でしたが、患者らへの説明はなかったといいます。

 「素人同然の未経験医師の練習台にされようとしていたのです。それを知って私は驚愕しました」(原告)

 治療をめぐっては、特任教授が「治療経験のない医師では危険」だと学長に直訴し担当が変わりましたが、患者らは「熟練した医師に手術をしてほしいと考えるのは患者として当然の願いで、担当医師らは説明義務に違反し精神的苦痛を被った」として、あわせて440万円の損害賠償を求めています。病院側は「現時点では訴状を確認できていないのでコメントできない」としています。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.

未経験医師が実際に手術を行って健康被害が発生したわけではありませんので,医療行為自体の過誤にはあたりません.

医師の説明義務は,最判平13・11・27(民集55巻6号1154頁),最判平14・ 9 ・24(集民207号175頁), 最判平17・9・8(集民217号681頁), 最判平18・10・27(集民221号705頁)等で認められています.

厚生労働省医政局長通知 「診療情報の提供等に関する指針」は,次のとおりです.
「医療従事者は、原則として、診療中の患者に対して、次に掲げる事項等について丁寧に説明しなければならない。
(1) 現在の症状及び診断病名
(2) 予後
(3) 処置及び治療の方針
(4) 処方する薬剤について、薬剤名、服用方法、効能及び特に注意を要する副作用
(5) 代替的治療法がある場合には、その内容及び利害得失(患者が負担すべき費用が大きく異なる場合には、それぞれの場合の費用を含む。)
(6) 手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要(執刀者及び助手の氏名を含む。)、危険性、実施しない場合の危険性及び合併症の有無
(7) 治療目的以外に、臨床試験や研究などの他の目的も有する場合には、その旨及び目的の内容」

担当医師がその手術に未経験であることを説明する義務があるか否か,裁判所の判断に注目したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-08-02 08:07 | 医療事故・医療裁判

広島高裁岡山支部平成30年7月26日判決,帝王切開の遅れを認め,地裁判決を破棄し約1億3000万円の支払いを命じる

読売新聞「出産時の対応遅れで障害、1億3千万円賠償命令」(2018年7月28日 )は,次のとおり報じました.

「出産時に適切な措置が取られなかったため、女児(6)に脳性マヒなどの障害が残ったとして、岡山市の両親が岡山中央病院(岡山市北区)を運営する社会医療法人「鴻仁会」を相手取り、慰謝料など約2億円を求めた損害賠償請求訴訟の控訴審判決が26日、広島高裁岡山支部であった。松本清隆裁判長は、原告側の請求を棄却した1審・地裁判決を取り消し、病院側に約1億3000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 母親(37)は2011年8月に破水。女児は帝王切開で生まれたが、首にへその緒が巻き付き、仮死状態だった。病院は蘇生を試みたものの、別の病院から来た小児科医が気管挿管を行うまで低酸素状態が続き、女児に障害が残った。

 1審判決は、気管挿管の遅れについて病院側の過失を認めたが、障害との因果関係は否定し、原告の請求を棄却した。高裁判決では、病院側は日本産科婦人科学会のガイドラインに沿った対応をしておらず、医師や助産師が母親の監視を怠ったために帝王切開の判断が遅れたとし、障害との因果関係も認めた。

 判決を受け、母親は「娘に障害がなかったらどんなふうに育ったのかな、と時々考える。病院には同じような被害者がでないよう対策をとってほしい」と話した。鴻仁会は上告する方針といい、「コメントを控える」と述べた。」


この報道の件は,私が担当したものではありません.
気管挿管も遅れ障害との間に因果関係がないとすれば,出生前に原因があることになり,母児の監視を怠り帝王切開が遅れたすれば,それが「因果関係のある過失」となります.
患者側の請求を棄却した地裁判決が高裁で覆ることが時々あります.
判例雑誌などに掲載されたら,判決を熟読したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-07-30 05:18 | 医療事故・医療裁判

産科医療補償の審査基準緩和


読売新聞「出産事故で脳性まひの子ども対象「産科医療補償」、運営委が基準緩和要請へ」(2018年7月21日)は,次のとおり報じました.

「出産事故で重い脳性まひになった子どもに補償金を支給する「産科医療補償制度」の運営委員会が20日開かれ、今月中にも厚生労働省に審査基準の緩和を求めることを決めた。

 同制度は2009年1月に国が創設。医療機関の過失の有無にかかわらず、基準を満たせば3000万円を補償する。15年1月以降に生まれた子どもの場合、〈1〉妊娠32週以上で体重1400グラム以上〈2〉「妊娠28週以上で出産時に低酸素状態だったことを示す所見がある」のいずれかを満たせば対象となる。低酸素状態は9項目で審査する。09~12年の4年間に生まれた子どもでは計555件を審査したが、認められたのは半数を切る264件。」


当事務所への相談等をみると,審査基準の緩和は必要と思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-07-24 08:21 | 医療事故・医療裁判