弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1404 )

京都地裁令和2年6月24日判決,舌がんの事案で歯科医院の転医義務認める(報道)

京都新聞「舌がんを口内炎と診断、病院転送せず歯科医院の過失認定 死亡した女性の遺族勝訴」(2020年6月25日)は,次のとおり報じました.

「京都府宇治市の60代女性が舌がんで死亡したのは、受診した歯科医院が病気に気付かず、早期に別の医療機関へ転送しなかったのが原因として、遺族が同市の歯科医院に対して2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(久留島群一裁判長)は25日までに、歯科医院の過失を認めて300万円の支払いを命じた。判決は24日付。

 判決によると、女性は舌の異常を訴えて2013年1月に歯科医院を受診し、口内炎と診断された。3月まで治療を続けたが改善せず、その後、別の病院で舌がんと診断されて手術を受けた。しかし、肺に転移するなどして12月に亡くなった。
 久留島裁判長は判決理由で、舌の異常が長期間続き、治療に効果が見られなかったことから、歯科医院は重い病気の可能性を認識できたと指摘。別の医療機関に転送する義務を負っていたと認定した。義務違反と死亡の因果関係は認められないとしたものの、早い段階で適切な治療を受けていれば、もっと長く生きられた可能性があったとした。」


報道の件は私が担当したものではりません.
口腔癌の中では舌癌が最も多いので,歯科医は舌の異常を訴える患者を抱え込むことは普通ないと思います.判例雑誌に判決が掲載されたら熟読したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-07-01 16:37 | 医療事故・医療裁判

手術道具の一部が体内に残ったまま一度閉腹し再び開腹した事案で患者が大学病院を提訴(報道)


長崎新聞社「「出産時の手術で苦痛」 長崎大学病院を提訴」(2020年7月1日 )は次のとおり報じました.

「長崎大学病院であった出産時の手術の不手際により苦痛を受けたとして、患者の女性らが長崎大に損害賠償を求める訴訟を起こし、第1回口頭弁論が30日、長崎地裁(天川博義裁判長)で開かれた。病院側は請求の棄却を求めて争う姿勢を示している。
 原告らによると、女性は2019年4月、同病院で帝王切開手術を受けた。その際、手術道具の一部が体内に残ったまま一度閉腹。これを取り出すために再び開腹された。女性は術後、細菌感染症によるとみられる高熱を発症し、数日間にわたって苦しんだという。病院側からの正式な謝罪はないとしている。
 訴状では、病院は手術で体内に残留物がないように十分注意する義務があったとし、その後の発熱とそれに対する治療を含め「ひどい苦痛」を受けたと主張。約410万円を請求した。女性は取材に「手術後は体も心も本当につらかった」と話し、謝罪を求めた。
 病院側は取材に2度開腹したことを認め、原告との間で民事調停が不成立になっていたことを明らかにした。一方、手術の予定時間は延びたが医療ミスには当たらないとの見解を示し、「調停が不成立だったことは残念だ」とコメントした。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
2回目の開腹と細菌感染,疼痛との間の因果関係は立証されていないとしても,一度閉腹して医療器具を残置したことに気づいて開腹したとすれば,本来2回目の開腹は診療契約に照らし不要だったはずです.不要な侵襲行為についての精神的苦という損害はないとは言えないように思います.債務不履行として医療過誤にあたる可能性があるのではないでしょうか.訴訟の帰趨に注目したいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-07-01 16:00 | 医療事故・医療裁判

横浜第3検察審査会,肝生検後に適切な処置を怠り女児を死亡させた医師について不起訴不当の決定(報道)

神奈川新聞「担当医1人「不起訴不当」、横浜 女児死亡の医療過誤事件で検審」(2020年6月30日)は,次のとおり報じました.

「「肝生検」後に適切な処置を怠り、生後11カ月の女児を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で書類送検され、横浜地検が不起訴処分とした済生会横浜市東部病院(鶴見区)当時の担当医師2人のうち1人について、横浜第3検察審査会は30日までに、「不起訴不当」と議決した。25日付。」

上記報道の件は私が担当した事件ではありません.
検察は,検察審査会の決定を尊重し,起訴の方向でしっかり再捜査することを期待します.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-07-01 06:42 | 医療事故・医療裁判

大学病院,当直時間帯の医師や看護師の情報共有体制などに問題があり,蘇生後脳症となった事案で和解(報道)

中日新聞「名市大病院、家族に賠償 心停止後寝たきり、過失認める」(2020年6月27日 )は次のとおり報じました.
 
「名古屋市立大病院は26日、入院中に一時心停止となり、後遺症で寝たきりの状態になった60代の女性について、女性の家族に賠償金を支払うことで和解が成立したと発表した。女性の家族は損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴していたが、病院側が対応に過失があったと認めた。
 賠償額は家族の意向により非公表としている。病院によると、女性は2015年8月、強い腹痛や吐き気を訴えて時間外に救急外来を受診した。低血糖などの症状があり入院したが、翌朝になって看護師が心停止を確認。蘇生処置で一命を取り留めたが、脳などに後遺症が残り、意識が戻らない状態になった。
 心停止の2日後、詳しい検査で「急性副腎不全症」が原因だったと診断されたが、女性の家族は、早期に必要な検査や治療をしていれば後遺症を避けられたとして、17年9月に提訴。病院側は「当直時間帯の医師や看護師の情報共有体制などに問題があり、血糖値や心電図の確認を適切にしていれば急変時の早期対応が可能だった」などとして、過失を認めた。
 和解成立は25日付。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
当直時間帯の医師や看護師の情報共有体制などに問題がある例は,他の病院でもありそうです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-06-30 04:18 | 医療事故・医療裁判

群馬大学医学部附属病院に「誓いの碑」

前橋市の群馬大医学部附属病院内に「誓いの碑」が設置され、6月18日に除幕式が開かれました.

上毛新聞「腹腔鏡手術死問題の教訓継承を 群馬大医学部附属病院の敷地内に「誓いの碑」 遺族や職員らが除幕」(2020年6月19日)は,「碑は医療事故を決して風化させないと刻まれ、「再び生じることのないように大学病院としての責任を自覚し医療の質・安全の向上のために最善を尽くす」と誓っている。病院中心部の広場に設置した碑は高さ約1.2メートル、幅約2メートル。病棟と講堂にも同文のプレートを掲げた。」と報じました.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-06-20 02:43 | 医療事故・医療裁判

大学病院,生後4カ月の男児が病棟から手術室に移動した後心室細動がおき死亡した事故の調査結果を公表(報道)

弘前大学医学部附属病院は,2020年6月0日,下記の医療事故を公表しました.同病院のサイトに詳細な経過が掲載されています.

「1 事故の概要
当院に入院されていた単心室・単心房・共通房室弁・肺動脈狭窄等の重症心疾患及び気管軟化症を有する気管挿管中の患児について、ペースメーカー埋め込み術を実施するため、気管挿管状態でバキング(バックバルブマスクを利用して空気を送る方法)による呼吸補助のもと、病棟から手術室へ移動し、手術室へ入室後、麻酔が開始されました。しかし、間もなく心室細動となり、心臓マッサージを行いながら気管チューブを確認したところ、食道挿管となっていることが判明したため、予定されていた手術を実施せずに気管チューブの入れ替え等の医療措置を行いましたが、心機能が回復しなかったため、補助人工装置を装着し、ICUへ入室の上で厳重に管理を行ったものの、逝去されるに至りました。

2 事故の背景
今回の事故は、気管軟化症に対する気管切開術が行われていない状況であったことから気管トラブルを起こしやすい状態であり、気管軟化症の重症度及び気道トラブルを起こしやすいことについて関連診療科間での情報共有が十分ではなかったことが主たる背景要因の一つとしてあげられました。これに加えて、病棟から手術室への移動距離が長く、廊下とエレベーターの段差があること、移動用ベッドから手術台への移乗を要することから、移動中や移乗の際に気管チューブのトラブルが生ずる可能性があるなか、医療スタッフが気管チューブのトラブルの可能性に関する十分な認識を有していなかったことなども背景要因として考えられました。

3 改善策
本事例については、病院長に報告を行い、外部委員を含む事故調査委員会を開催し、上記のような事故発生要因を調査するとともに、同委員会の検討結果を踏まえ、改善策として、1)重症心疾患患児の手術においては関係診療科間の情報共有を密にするため、手術前に多職種カンファレンスを行うこと、2)気管挿管されている患児の場合、移動中・移乗の際に気管チューブが抜管するなどの気道トラブルが起こりやすいという認識を常に持ち、移動中の気道確保の確認及び万が一気道トラブルが発生した場合への備えを十分に行うこと、3)重症心疾患患児の手術の場合、手術室へ入室してからバイタルサインを確認する専用のスタッフを配置することを決定いたしました。

4 病院長の見解
このたびの事故により、亡くなられたお子様に対して衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、大切なお子様を亡くされたご家族の皆様に対して心よりお悔やみ申し上げますとともにご心労をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。
弘前大学医学部附属病院の医療従事者一同、このたびのことを真摯に受け止め、医療の質の更なる改善を図るため、たゆまず努力して参ります。」


上記医療事故は,私が担当したものではありません.
気管軟化症に対する気管切開術が行われていなかったことから気管トラブルを起こしやすい状態であったこと,病棟から手術室への移動距離が長く、廊下とエレベーターの段差があること、移動用ベッドから手術台への移乗を要することがありながら,医療スタッフが移動中にチューブがずれて食道に入るなどのトラブルお可能性を予見しなかったことが事故原因のようです.
大学病院での医療スタッフ間の情報共有は以前から言われている課題です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-06-16 23:38 | 医療事故・医療裁判

神戸地裁令和2年6月10日判決,点滴漏れで1200万円余の支払いを命じる(報道)

NHK「治療ミスで病院側に賠償命令」(2020年6月11日)は次のとおり報じました.

「6年前、神戸市内の病院に入院していた50代の男性が、正しい点滴の処置を受けることができず、指に後遺症が残ったとして、病院側を訴えた裁判で、神戸地方裁判所はミスを認め、1290万円余りの賠償を命じました。

判決によりますと、平成26年、神戸市兵庫区の「○○病院」に、のどの手術のため入院中していた県内の50代の男性が、受けていた点滴の液が血管の外に漏れ出し、左手の皮膚の下の組織が強く圧迫されて指にしびれが残り、無理に動かそうとすると痛むなどの後遺症が出ました。
男性は、看護師が確認を怠ったためなどと訴え、運営する医療法人社団「○○会」に6380万円余りの賠償を求めていました。
10日の判決で、神戸地方裁判所の久保井恵子裁判長は、「点滴の際には注入している部位の確認が必要で、病院が作成したマニュアルにも点滴を行う際の注意点が書いている。看護師が確認を怠らなければこれほど大量の点滴の液が漏れ出すことはない」と指摘し、病院の処置と後遺症には因果関係が認められるとして、1290万円余りの賠償を命じました。
病院側は、「6年前のことなのですぐにはコメントできません」としています。」


神戸新聞「点滴の確認怠る 病院側に1290万円賠償命令 神戸地裁判決」(2020年6月10日)は次のとおり報じました.

「点滴液が血管外に漏れていたのに確認を怠ったとして、神戸市内の男性(52)が、神戸百年記念病院(同市兵庫区)を運営する医療法人社団「顕鐘会」に約6390万円の損害賠償を求めた訴訟で、神戸地裁は10日、刺した部分を定期的に観察する注意義務違反があったとして約1290万円の支払いを命じた。

 判決によると2014年7月、同病院では点滴を刺した場所の観察を「最低2時間ごと」としていたが、当直看護師が怠り、最後の確認から約4時間後、男性のナースコールで漏出を確認。男性には左手の指に痛みやしびれが残った。

 被告側は「確認には眠る男性を起こす必要があった」と主張したが、判決は「睡眠中でも適切な頻度で確認する義務を負う」とした。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.
点滴漏れの確認義務について参考になります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ<

by medical-law | 2020-06-11 23:58 | 医療事故・医療裁判

週刊現代,「息が苦しい…」無痛分娩で異常を訴え、亡くなった31歳女性の無念

週刊現代2020年6月8日号に,長谷川 学氏が「「息が苦しい…」無痛分娩で異常を訴え、亡くなった31歳女性の無念 なぜ医師はいったん不起訴になったのか」を書いています.

「「初めまして」とわが子を抱き寄せるはずだった女性は、その顔を見ることすらできずに、無念にもこの世を去らねばならなかった。

アメリカやフランスでは一般的になりつつある「無痛分娩」で起きた医療事故による悲劇。業務上過失致死容疑で書類送検された医師は、いったん不起訴になったが、検察審査会の「不起訴不当」議決を受けて検察が再捜査を実施。検察は近く、起訴するかどうかの最終判断を下す見込みだ。・・・」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2020-06-09 16:40 | 医療事故・医療裁判

腹腔鏡下腎摘出手術で腹腔動脈と上腸間膜動脈を切断し死亡させた事案で賠市が償金2400万円を支払う(報道)

共同通信「手術で動脈を誤切断、女性死亡」(2020年6月8日)は次のとおり報じました.

「北海道旭川市の市立旭川病院で2018年7月、慢性腎不全の70代女性の腎臓摘出手術で、執刀医が動脈を誤って切断し、女性が死亡していたことが8日、分かった。市は過失を認め、遺族に賠償金2400万円を支払う。
 同病院によると、執刀医は腹腔鏡を使って女性の左腎臓を摘出する際、腎動脈と誤って、腹腔動脈と上腸間膜動脈を切断。その後、女性は容体が急変し、2日後に急性肝不全で死亡した。

 また、18年9月には同病院に入院していた統合失調症の40代女性が、病室で電動ベッドのコードを首に巻き付け自殺していたことも判明。同病院は過失を認め、遺族に1600万円を賠償する。」


報道の件は私が担当したものではありません.
腹腔鏡下腎摘出手術で腹腔動脈と上腸間膜動脈を切断した事案ですので,過失はあるでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ<


by medical-law | 2020-06-08 15:15 | 医療事故・医療裁判

県立病院で椎間板ヘルニアの手術をした際医療器具を体内に入れすぎ神経根を損傷させた医療事故を項公表(報道)

読売新聞「ヘルニア手術初めての医師「器具入れすぎた」…患者に後遺症」(2020年6月2日)は,次のとおり報じました.

 「茨城県病院局経営管理課は1日、笠間市の県立中央病院で2017年11月、県内に住む患者に対し、椎間板ヘルニアの手術をした際、神経根を損傷させる医療事故があったと公表した。患者は歩行障害などの後遺症が残ったという。

 手術をしたのは当時30代の男性勤務医。ヘルニアの手術は初めてで、医療器具を体内に入れすぎたという。

 県立中央病院は昨年9月、再発防止基準を設け、手術前に十分な訓練を行うことなどを盛り込んだ。」

上記報道の件は私が担当したものではありません.
詳細は不明ですが,おそらく手技ミスの事案ではないかと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-06-05 13:25 | 医療事故・医療裁判