弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1344 )

大阪府警,心臓カテーテルのワイヤ抜き忘れ死亡事故で医師2名を書類送検(報道)

産経新聞「体内にワイヤ残し手術せず手で抜き死なす 医師2人を書類送検」(2019年8月1日) は次のとおり報じました.

「大阪府寝屋川市の病院で平成29年11月、カテーテルのワイヤを抜き忘れる医療ミスにより同市の無職、鈴木博さん=当時(69)=が死亡した事故で、大阪府警は1日、業務上過失致死容疑で、ワイヤを抜き忘れた「寝屋川生野病院」(同市)の男性医師(71)を書類送検。適切な措置を取らないままワイヤを抜いて死なせたとして、同容疑で「明生病院」(大阪市都島区)の男性医師(47)も書類送検した。

 寝屋川生野病院の医師の書類送検容疑は29年11月、鈴木さんの体内にカテーテルを挿入した際にステンレス製のワイヤを抜き忘れたとしている。

 明生病院の医師の書類送検容疑は30年2月、手術などの適切な措置を取らずにワイヤを手で抜いた際、鈴木さんの心臓を傷つけて死亡させたとしている。府警は2人の認否を明らかにしていない。

 捜査1課によると、鈴木さんは寝屋川生野病院で肺炎と診断され、脚の付け根からカテーテルを誘導するためのワイヤを挿入。カテーテルの挿入完了後、ワイヤをすぐに抜き取る必要があるが、書類送検された同病院の医師は「(鈴木さんの)容体が悪化し、その処置をしている間にワイヤを抜いたと思い込んだ」と説明している。

 また医師は、カテーテル挿入後に撮った胸部のレントゲンにワイヤのようなものが写っていたにもかかわらず、別の治療で使った医療チューブが体内にあると思い込んで詳しい検査をしなかったという。

 鈴木さんはその後、明生病院に転院。明生病院の医師は、レントゲンで体内のワイヤを発見し、手で抜き出したが、鈴木さんは容体が急変して死亡した。

 府警は2人の医師の過失が重なり、鈴木さんを死亡させたと結論付けた。」


産経新聞「病床でも気遣い 医療ミスで死亡の鈴木さん 大阪・寝屋川」(2019年8月1日) は次のとおり報じました.

  「仕事忙しいんか。がんばり過ぎないように」

 大阪府寝屋川市の病院で平成29年11月、カテーテルのワイヤを抜き忘れる医療ミスで医師2人が書類送検された事件。死亡した鈴木博さんは、体調を崩して病院や介護施設へ頻繁に通うようになってからも、見舞いに来る人にそんな声をかける優しい人柄だった。

 めいの女性(46)は「体調が優れないときは周囲にきつくあたることもあったけど、すぐに『あの時はごめん』と謝る素直な一面があった」と振り返る。

 食べることが大好きだった鈴木さん。体調面から食事を満足にとれない時期もあったが、リハビリを積極的に行い、死亡する数日前にはスイートポテト味のゼリーを食べ、「もっと食べたい。おいしかった」と笑っていたという。

 鈴木さんの突然の死に、女性は「二度とこんな悲しいことが起きないよう、病院には再発防止を求めたい」と悔しさをにじませる。大阪府警が書類送検した男性医師2人については「なぜ、こんな形で死亡しなければならなかったのか。本当のことを話してほしい」と訴える。

 今後は捜査の進展を見守りながら、病院側に損害賠償を求める民事訴訟も検討しているといい、「真相が知りたい。それだけなんです」と話した。」


毎日新聞「カテーテルのワイヤ放置、引っ張り男性患者死亡 大阪の医師2人を書類送検」(2019年8月1日)は
次のとおり報じました.

 「大阪府内の病院で患者の体内に放置されたカテーテル(管)のワイヤを抜く際、心臓を傷つけて死亡させた事故を巡り、大阪府警は1日、放置した寝屋川生野病院(同府寝屋川市)の男性医師(71)と、抜いた明生病院(大阪市都島区)の男性医師(47)を業務上過失致死容疑で書類送検した。起訴を求める意見を付けた。

 府警捜査1課によると、亡くなったのは寝屋川市の無職、鈴木博さん(当時69歳)。2017年11月に肺炎などの治療で寝屋川生野病院に入院し、体内に栄養分を送るカテーテルを脚の付け根から入れた。明生病院に転院し、18年2月5日にワイヤを抜く手術を受けたが、心臓の周囲に血液がたまって圧迫する「心タンポナーデ」で同日死亡した。

 送検容疑は、寝屋川生野病院の医師はカテーテルの誘導に使った約1メートルのワイヤを抜き忘れて体内に放置。明生病院の医師はワイヤを抜く際に心臓を傷つけないための開胸手術などをせず、そのまま力を加えて引っ張るなどした結果、死亡させたとされる。

 寝屋川生野病院の医師は「容体が悪化した処置の間にワイヤを失念した」と供述し、明生病院の医師は開胸手術なしで対応できると考えたという。府警は2人が手術で必要な注意を怠ったと判断した。2人の認否を明らかにしていない。

 寝屋川生野病院は「事案の重大性を痛感している」、明生病院は「医療事故防止態勢の強化についてなお一層の努力を行う」とのコメントを出した。

 鈴木さんの親族の女性(46)は取材に対し、「一つの節目を迎えたが、心の整理ができず、まだ死を受け入れられていない。2人の医師が反省しているのか知りたい」と声を落とした。【伊藤遥、土田暁彦】」



報道の件は私が担当したものではありません.
医療過誤事案がすべて起訴相当とは思いませんが,一般的な医療から逸脱が著しい事案では起訴が相当と考えます.
大阪検察庁の厳正な対応を期待したいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2019-08-01 23:50 | 医療事故・医療裁判

神戸市民病院機構,医療ミス公表

神戸新聞「患者の肺画像に影、フォロー怠る 神戸・中央市民病院」(2019年7月30日)はつぎのとおり報じました.


 「神戸市民病院機構は30日、中央市民病院(神戸市中央区)と西神戸医療センター(同市西区)でそれぞれ医療ミスがあったと発表した。

 2016年9月、中央市民を肺の病気以外で受診した患者が胸部レントゲン撮影をした際、担当医は肺の画像に影があるのを認識しながら、その後のフォローを怠った。18年9月に患者が呼吸器系の診療科を受診し、リンパ節にも転移した肺がんと診断された。10月、適切な対応をせず、がん治療が遅れたことが分かったという。同病院は患者に謝罪し、患者は現在、通院で治療を続けている。

 また、西神戸では昨年9月、患者がベッドから離れるとナースステーションに通知されるセンサーが作動せず、入院していた市内の80代男性が看護師の目の届かないところで転倒し、足を骨折した。センサーの配線が一部抜けていたという。(上杉順子)」

上記報道の件は私が担当したものではありません.
私は,現在,関西で3件の裁判を担当していますし,神戸市内の病院の事件を担当したことも複数回あります.関西は医療過誤が少なくないように思えますし,医療事故が起きたときの病院の患者に対する対応に誠意が感じられないこともあると感じることもあります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2019-07-31 01:24 | 医療事故・医療裁判

千葉県病院局経営管理課,大動脈弁置換の患者死亡についての調査報告書公表

千葉県病院局経営管理課は,令和元年7月10日。医療上の事故等に対する調査の実施状況について,公表しました.

【術後12日目の死亡事案】
70歳代女性
大動脈弁狭窄症の患者が大動脈弁置換術を受けた結果術中の逆行性心筋保護に起因すると考えられる冠状静脈洞の損傷、出血から、術後12日目に死亡するに至った。定型的な予定手術の大動脈弁の人工弁置換術であったが、術中の損傷が原因となり、縫合操作を加えても完全な止血が得られず、心機能が低下したため補助循環を導入し回復を図ったが、死亡に至った。

【調査報告書の概要】
冠状静脈洞の損傷、出血については、術中の逆行性心筋保護用のカニューレ挿入の際に、心外膜側からは見えにくい冠状静脈の内側の血管壁をカニューレの先端が傷つけ、出血し血腫を形成していた可能性が高い。このため、出血点を正確に特定するのが難しかったと思われる。

心臓後面からの出血が認められた時点で逆行性心筋保護注入を中止し、順行性心筋保護に切り替えたこと、そのまま大動脈弁置換を続行し終了したことは妥当な判断である。

当初、カニューレが突き破った部分から出血していると考えて縫合し、そのことが亀裂の増大に繋がっていったが、その時点で、出血場所が特定できていなかったため、やむを得ない判断である。

手術適応の判断に問題はなかった。手術の詳細やリスクが執刀医から説明されたのは手術の2日前であり、患者が手術以外の選択肢とメリットデメリットを比較する熟慮期間が十分ではなかった。

再発防止のため、心筋保護カニューレ挿入の安全性を確保するための体制整備とマニュアルの明文化、チーム診療体制の構築、インフォームド・コンセントの保証と熟慮期間の確保等を推奨する。




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2019-07-29 23:37 | 医療事故・医療裁判

ニール・アームストロング氏の死の真相

AFP「ニール・アームストロング氏の死、医療ミスが原因か 新聞社に匿名文書」(2019年7月26日)は,宇宙飛行士ニール・アームストロング氏の死亡が医療過誤だった可能性があることを報じました.

アームストロング氏が,オハイオ州フェアフィールドにある病院で、冠状動脈バイパス手術を受けてから数日後に急な内出血の症状がみられたにもかかわらず,病院側が直ちに外科に移すのを見送ったことから,医療過誤の問題がおき,病院側が600万ドル(約6億5000万円)を支払って和解したとのことです.
ちなみに,アームストロング氏の配偶者は弁護士です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-26 16:47 | 医療事故・医療裁判

医原性疾患

医療行為が原因の疾患を「医原性疾患」と言います.
医原性疾患の医療過誤は,(1)発症責任,(2)診断治療責任が考えられます.
(1)発症責任については,標準的な注意をはらえば回避可能なものか,標準的な注意をはらっても回避不可能なものか,が問題になります.
(2)診断治療責任については,医原性でない疾患と基本的に同様です.医師は,治療行為とその危険性を認識していますので,医原性疾患を疑うことは容易なことが多いと思います.
医原性疾患は,医療過誤の相談の多くの部分を占めます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2019-07-23 16:34 | 医療事故・医療裁判

名大の医療事故研究報告,過失があるものは薬剤投与32%,術中損傷10・7%,検査データ取得ミス9・6%の順

朝日新聞「医療事故、手術の安全対策で減少 病院コスト削減効果も」(2019年07月18日)は次のとおり報じました.

「医療事故が起きた時、患者の治療に必要な費用は手術に関連する事故が最も多いが、安全対策に力を入れれば減らすことができる――。名古屋大学の研究チームがこんな分析結果をまとめた。

 分析したのは、名古屋大病院で2011~17年度の7年間に発生した医療事故のうち、病院側が「過失」があると判断した197件。これらの事故に伴って必要になった手術や、入院の延長を余儀なくされたために発生した医療費について、病院は医療保険や患者に請求せず、自ら負担している。その総額は約3055万円に上った。

 病院が負担した費用は、部署別では手術室の事故が最も多く、1949万円で全体の63・8%を占めた。次いで病棟が660万円(21・6%)だった。原因別では、患者の体内に医療器具が残って摘出が必要になる「遺残」が977万円(32%)、手術で目的外の臓器を傷つけるなどした「術中損傷」の598万円(19・6%)と続いた。

 特に高額になったのは、血管内にカテーテルを入れる治療に使う針金状のガイドワイヤや、血管内の治療や手術に用いるカテーテルの一部が切れてしまうなどして、摘出が必要になる事故だった。

 過失があると病院が判断した事故の発生件数では、投与すべき量や患者、タイミングなどを間違えた「薬剤投与」が63件(32%)で最も多く、「術中損傷」の21件(10・7%)、画像検査で必要な部位が写っていないなどの「検査データ取得ミス」の19件(9・6%)と続いた。」


一般に,医療事故・医療過誤についての研究は少なく,そのために有効な対策が遅れています.
その意味で,貴重な研究報告です.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-19 08:54 | 医療事故・医療裁判

がん検診,入力ミスで誤った内容を通知,患者死亡(報道)

岐阜新聞「がん検診「異常なし」誤通知 岐阜市の50代女性死亡」(2019年7月17日)は次のとおり報じました.

岐阜市は16日、市の胃がん検診を1月に受診した50代の女性に「要精密検査」の検診結果を誤って「異常認めず」と通知し、女性が同日、市内の病院で死亡したと発表した。死因は胃がん。さらに2017、18年度に市のがん検診を受けた50~70代の女性4人にも「異常認めず」と誤った内容を通知していた。4人にがんの症状は見られないが、市は直接面会して謝罪した。

 市は、通知ミスで、死亡した女性のがんを進行させてしまった可能性は「否定できない」としている。

 市によると、死亡した女性は今年1月10日に胃がん検診を受診した。検診の結果、「要精密検査」と判定されたが、市は28日に「異常認めず」と誤った内容の通知を発送した。女性は4月に医療機関を受診し、肺がんと胃がんが見つかった。「がん検診「異常なし」誤通知 岐阜市の50代女性死亡」

肺がんは胃がんが転移したもので、女性の家族から今月10日に検診結果の説明を求められ、職員が確認して間違いが判明した。

 誤通知の判明を受けて市は、データが残る14~18年度に4種類(大腸がん、肺がん、乳がん、胃がん)の検診を受けた延べ16万人について、検診委託機関の検診結果と、市が入力した通知内容を照合。死亡した女性を含め5人の入力ミスを見つけた。

 誤った内容を通知した他の4人は、50代が2人、60代と70代が各1人。17年度は肺がんと乳がんの受診者、18年度は胃がんの受診者。正しい内容は、乳がんの1人が「要精密検査」、肺がんの1人と胃がんの2人が「要注意」だった。

 検診結果と通知内容を職員2人で読み合わせる手順を踏んでいなかったことなどがミスの原因。上司による確認も不十分だった。

 柴橋正直市長は「ご冥福をお祈り申し上げる。市民のがん検診への信用を損なったことは誠に遺憾であり、再発防止策を徹底させる」とコメントを出した。



上記報道の件は私が担当したものではありません.
このようなことで命を失うなんてさぞ無念でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-17 20:58 | 医療事故・医療裁判

現在担当中の訴訟事件は8裁判所11件

患者側の弁護士が1件の医療訴訟にかける労力と時間は莫大なものですので,示談交渉で適正な解決に達することができればそれにこしたことはないのですが,なかには訴訟提起に至る事案もあります.

現在担当中の訴訟事件は8裁判所11件です.
札幌地裁、千葉地裁、東京地裁、東京高裁、福井地裁、京都地裁、大阪地裁、福岡地裁の8裁判所で,医療裁判を担当しています.
診療科は,産科(4件),消化器科(2件),脳神経外科(2件),外科(1件),看護(2件)です.
さらに,あと2件の提訴を予定しています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-13 03:59 | 医療事故・医療裁判

大学病院で発生したドレーン遺残事故

秋田大学医学部附属病院は,令和元年7月11日,「秋田大学医学部附属病院において発生したドレーン遺残事故と再発防止について 」を発表しました.

「【経緯】
患者様は、平成30年9月に腹部疾患のため本院に入院、手術を施行し、術後の経過も問題なく同月に退院なさいました。 その後本院外来において経過観察を行っておりましたが、令和元年 5 月、外来受診時にCT 検査を行った際に、体内に異物の遺残が疑われたため、手術動画及びレントゲンを見直したところ、ドレーンの遺残が判明いたしました。 検査結果を踏まえ、直ちに患者様及び患者様のご家族に対し、ドレーン遺残の事実及び術後のレントゲンでその所見を見逃していたこと、遺残しているドレーンの摘出手術の施行についてご説明し、謝罪いたしました。 同月ドレーンの摘出手術を行い、患者様は術後の経過良好で退院なさいました。

【原因】
開頭・開胸・開腹手術患者の場合、手術室内でレントゲン撮影し、異物遺残のないことを確認することとしておりますが、術直後及び外来でのレントゲンでも見逃されており、手術以外でもチェックが働いておりませんでした。

【再発防止策】
今回の事故を踏まえ、病院長の指示の元で策定した以下の再発防止策を講じます。
①手術中の確認の徹底
ドレーンを使用した際は、手術に参加している医師が他職種からの質問(1)(2)を受けて手術終了前に確認して返答する。
(1)長さ調節などのためにドレーンを切断したか。
(2)切断した場合は、切断端が体内に遺残していないか。
また取り出されたドレーン切断端の現物を他職種が目視することにより確認し、チェックリストに記載する。

②術後経過チェック機構の強化
手術終了時のレントゲンは手術チームに属する複数の医師で確認し、異物の有無を確認したことを電子カルテに記載する。

③ 医師への教育
「手術の遺残物」をテーマとして安全管理講習を開催し、医師に対して教育を行う。 」


上記の件は私が担当したものではありません.
医原性の遺残事故の発生,見逃しのダブルミスの事案です.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-12 04:27 | 医療事故・医療裁判

診断の過誤

「診断の過誤」は多く、相談件数も多いです.
類型は4つあります.或る疾患を別の疾患と誤診する、疾患を見逃す、疾患の診断が遅れる、重篤性の評価を誤る、の4つです.

立証の要点は次の3つです.
1 客観的にその当時その疾患に罹患していたこと或いは重篤な状態であったことを立証することが必要です.
2 その当時その疾患に罹患していることを認識すべきことを立証することが必要です.
3 その当時別の疾患と誤診したこと、その疾患を見逃したこと、その疾患を後の時点まで診断しなかったこと、或いは重篤性の評価を誤ったことを立証することが必要です.

1が立証できないと、そのそも「診断の過誤」になりません.

2は、症状、検査所見、既往等の患者背景が重要です.症状、検査所見だけから疾患を絞り込みのが難しい場合でも、既往等の患者背景を考慮すると真の疾患が浮かび上がってくることも少なくないように思います.「診断の過誤」の原因の1つは、既往等の患者背景を軽視ないし無視することによるものです.医療裁判では、「診断の過誤」は症状を中心に争われることが多いのですが、それだけでは十分ではないと思います.同じ症状を訴えても患者背景が違うと診断に至る思考は大きくことなるからです.裁判では争いのある事実がクローズアップされますが、争いのない事実から認定される事実も大きいと思います.
重篤な疾患、緊急性を要する疾患は基本的に鑑別の対象になります.
最高裁平成18年4月18日判決(集民220号111頁)は、汎発性腹膜炎の事案ですが、筋性防御など腹部症状に乏しかったこと、開心術後にしばしばアシドーシスを認めることは腸管壊死を否定する理由とならないとし、腸管壊死が発生している可能性が高いと診断すべき注意義務の違反を認めました.この最高裁判決は、その後の裁判例に影響を与えており、その判断手法は参考になります.
同判決は,「レントゲン写真によれば,腸閉そく像が認められ,ガスが多い状態であった。」「①Aは23日夕刻ころから強い腹痛を訴えるようになり,24日午前0時ころからは頻繁に強い腹痛を訴えるようになった,②同日午前2時30分ころ鎮痛剤が投与されたものの,腹痛が改善せず,午前3時50分にはより強力な鎮痛剤が投与されたにもかかわらず,腹痛は強くなっ-7-た,③BE値は,同日午前0時には許容値を超え,午前2時46分には高度のアシドーシスを示すようになり,午前5時30分からは補正のために断続的にメイロンが投与されたにもかかわらず,改善されなかった,④同日午前8時ころ撮影のレントゲン写真によれば,腸閉そく像が認められ,ガスが多い状態であった,⑤同日午前8時までの間に腸管のぜん動こう進薬が投与されたにもかかわらず,腸管ぜん動音はなかったなどというのである。そうすると,Aの術後を管理する医師としては,腸管え死が発生している可能性を否定できるような特段の事情が認められる場合でない限り,同日午前8時ころまでには,腸管え死が発生している可能性が高いと診断すべきで」「D医師は,24日午前8時ころまでに,Aについて,腸管え死が発生している可能性が高いと診断した上で,直ちに開腹手術を実施し,腸管にえ死部分があればこれを切除すべき注意義務があったのにこれを怠り,対症療法を行っただけで,経過観察を続けたのであるから,同医師の術後管理には過失があるというべきである。」と判示しました.

「診断の過誤」は医師の能力に左右されると考えがちですが、多くの事案を見ていると、そうではないように思います.「知らなかった」ではなく、「気づかなかった」によるものが多いからです.認知のゆがみがあることがほとんどです.その理由はさまざまですが、医師個人の問題というより病院の体制の問題であることも少なくないように思います.患者家族の訴えを良く聞くこと,コミュニケーションを密にすることが「診断の過誤」を減らします.

いずれの診断の過誤も、治療の遅れにつながり、結果に影響した場合は、因果関係が肯定され、賠償責任が生じます.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-07-10 04:54 | 医療事故・医療裁判