弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1197 )

福岡県内の小児歯科医院で,2017年7月に虫歯治療後に低酸素脳症となり2歳女児が死亡(報道)

TBS「小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡」(2018年1月15日)は次のとおり報じました.

「去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。

 死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。

 関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

 大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。」


JCASTニュース「2歳女児「虫歯治療」直後に急死!麻酔で低酸素脳症・・・歯科医処置せず」(2018年1月17日)によると,「スッキリ」での御両親と医師の発言を次のとおり紹介しています.

「約1時間の治療を終えた直後に異変が起きた。付き添っていた両親は「顔を見たら青ざめ目の焦点が合わない。唇は紫色」(母親)、「抱きかかえたら固まった状態。間違いなくおかしいと思った」(父親)と話す。

小児歯科医院の院長に「おかしい」と訴えたが、院長は「よくあることです。泣き疲れたらよくなりますよ」と気にも留めなかったという。しかし、いっこうに回復しないため別の病院に連れて行ったが、その時にはすでに叶愛ちゃんは手足が冷たく、熱も42度もあった。心臓停止で蘇生措置を受けるまで悪化していた。

駒込デンタルオフィスの山本将弘院長は「幼児は鼻で呼吸する習慣がまだ身についていない。拘束されて息がしづらい状態で酸素が体に不足したのではないか」とみる。

呼吸器系に詳しい大谷クリニック(東京・池袋)の大谷義夫院長は「唇が紫色になっているのは、酸素が足りない状況で脳の活動ができなくなっている心不全の状態です。アナフィラキシーになってしまった可能性もあります。麻酔薬によるアレルギーの可能性もあり、全身管理ができる病院にすぐに搬送すべきだった」と話す。」


ご両親の説明からすると,「よくあること」ではないと思います.
2歳児が虫歯治療後に低酸素状態になった原因が究明されることを期待します.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-01-17 18:22 | 医療事故・医療裁判

神戸市立医療センター西市民病院,胸腔鏡下手術の血管損傷,大量出血事案で7000万円和解(報道)

神戸新聞「手術で後遺症女性 7千万円支払いで病院側と和解」(2018年1月9日)は,次のとおり報じました.

「神戸市立医療センター西市民病院(神戸市長田区)で手術を受け、高次脳機能障害を負ったとして、同市兵庫区の40代女性が慰謝料など約8800万円の損害賠償を求めた訴訟が9日までに、神戸地裁で和解した。同病院を運営する地方独立行政法人「神戸市民病院機構」(同市中央区)が女性に7千万円を支払う。

 和解は昨年12月25日付。同機構や主治医らが「医療事故の発生について遺憾の意を表明する」といった内容も盛り込まれた。

 訴状によると、女性は2012年8月、同病院で胸腔鏡による腫瘍の摘出手術を受けた際、医師が血管を損傷したため大量に出血。低酸素脳症となり、知的低下や記憶障害などを負った。女性は15年3月に提訴し、「医師が注意を怠って血管を損傷させた。大量の出血を止血し、輸血などをする体制を整えてもいなかった」などと主張していた。

 同病院は取材に対し、「今後も再発防止に努めていきたい」としている。」


報道の件は,私が担当したものではありません.
手術時の血管損傷,止血不成功による大量出血の事案は,私も複数担当しています.病院側が不可避の合併症を主張することも多いのですが,具体的に経過を検討すると病院に責任のあると考えられる事案も多いです.とくに,胸腔鏡下手術,腹腔鏡下手術における血管損傷,止血不成功による大量出血の事案ては,合併症の説明を鵜呑みにせず,弁護士に相談したほうがよいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-01-10 05:58 | 医療事故・医療裁判

診療記録をめぐる3つの課題

医療訴訟では,主に診療記録から事実が認定されます.
かつては,医療事件は,証拠保全によって診療記録を入手することから始まりました
今は,相談者が,カルテ開示の方法で入手した診療記録を持参されますので,相談の段階で,或る程度経過と状況が分かり,方向性を示すことができるようになりました.
しかし,その診療記録については,まだ多くの問題が残されています.

原昌平読売新聞大阪本社編集委員が,「診療記録をめぐる課題」で,カルテの保存義務期間と改ざんの問題を指摘しています

1 保存義務期間
「診療記録に関する法制度には不備が多いのです。法律によって保存義務期間がまちまちなうえ、その期間が短すぎます。早急に法律を見直す必要があると思います。すべての診療記録の法律上の保存義務を、改正民法の内容を踏まえて、少なくとも20年間にできないでしょうか。」と述べています

2 診療記録改ざん
「事実をゆがめる行為がまかり通っていたら、被害者は救われず、社会正義は実現しません。改ざん・隠蔽をなくすには、刑事処罰の明確化に加え、やった側が民事訴訟で不利になる運用を強めること、かかわった医療従事者への行政処分をきっちり行うことが重要です。」
「裁判所の自由裁量にゆだねるのではなく、記録に改ざん・隠蔽の疑いがあれば、それだけで医療側に義務違反や過失があったと推定する(反証がなければ認定する)ルールを導入するべきでしょう。」
文書偽造の罪,電磁的記録不正作出罪では,改ざんの一部しか処罰されません.
「法律を改正するか新法をつくり、改ざんに対する罰則を明文で設けるのがスッキリした解決策です。」
なお,改ざんが認定された判例を紹介していますが,そのなかには私が担当した事件もあります.
私が現在担当している事件には,検査記録が事故直後に破棄された事案もあります.このような改ざん,破棄のために患者側が立証できず敗訴することは本来あってはならないことと思います.

3 診療記録の不記載
原昌平さんの上記2点の問題の指摘と提案は,そのとおりだと思います
さらに,診療記録の問題をもう一点あげるなら,通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていないことがまかりとっていることでしょう.診療に集中するあまり記録を書く時間がない,というより,診療していないので書いていない,ということのほうが多いように思います.診療記録に最低限記載すべき事項ことを医師会が示すことが必要なのではないでしょうか.

医療事故が問題になっている事案なのに,診療記録にほとんど何も記載されていないために,診療記録からは診療経過が分からないこともあります.
観察が行われていないために診療記録に記載がないのに,医療裁判では,異常がなかったから記載しなかった,という弁明が行われることもあります.

通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていない場合は,観察が行われていないと推定すべきと思います.また,通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていないために病態が不明で,そのため因果関係立証に困難をきたす例もあります.これはいかにも不合理なパラドックスです.立証責任の転換を考えるべきと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-31 12:19 | 医療事故・医療裁判

2015年10月~2017年11月の医療事故報告は東北6県でわずか48件

河北新報「医療事故調査制度 活用進まず 報告48件、東北低調」(2017年12月30日)は,次のとおり報じました.

 医療法に基づく医療事故調査制度の活用が進んでいない。制度が義務付けている「患者の予期せぬ死亡や死産」が起きた際の第三者機関への報告件数が、当初想定の半数以下にとどまり低調だ。制度の未活用は遺族から真相究明の機会を奪いかねず、医療機関の姿勢と患者側への周知が大きな課題となっている。(報道部・横山勲)

 国指定の第三者機関である日本医療安全調査機構(東京)によると、制度が始まった2015年10月~今年11月末の事故報告は全国で計824件で、当初想定の年間1300~2000件を大きく下回る。東北6県では計48件にとどまる。」

「十河弘弁護士(仙台弁護士会)は「制度の本来の目的は予期しない死亡事故の再発防止だ。法的責任が問われる事態になっても医療機関側の真相究明への覚悟や姿勢を示すことで、遺族や他の患者からの信頼獲得につながるはずだ」と指摘する。」


2年余で,東北6件の医療事故計が48件ということはないはずです.
報告されていない医療事故が相当数あるものと考えます.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-30 11:16 | 医療事故・医療裁判

吹田徳洲会病院 輸血ミス10月以降2件,マニュアル改める

毎日新聞「吹田徳洲会病院 輸血ミス2件、10月から相次ぐ」(2017年12月30日)は,つぎのとおり報じました

吹田徳洲会病院(大阪府吹田市)は29日、誤った血液型で輸血するミスが10月以降、2件発生していたと明らかにした。うち1件で患者は3日後に死亡。同病院は「輸血ミスと死亡の因果関係はない」としている。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-30 11:00 | 医療事故・医療裁判

岡山県医療労働組合連合会調査,この3年間にミス・ニアミスをしたことがある看護職82・0%

岡山県医療労働組合連合会が5月に行った調査(回答762人)によれば,「この3年間にミス・ニアミスをしたことがある」82・0%,「患者への十分な看護の提供ができていない」50・7%と答えたとのことです.ミス・ニアミスをした理由として79・3%が「慢性的な人手不足による医療現場の忙しさ」を挙げたとのことです.悪い結果が発生する前に回避できたのがニアミス,悪い結果が発生したのがミスです.

「看護職8割がミス・ニアミス経験 県医労連調査、慢性的な人手不足」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-28 09:51 | 医療事故・医療裁判

週刊現代,千葉の有力病院で、院長の手術後に「患者が連続死」の怪

日本の医療過誤の件数は把握されていませんが,医療過誤に基づく損害賠償が行われるのは,その中のごく一部だけ(氷山の一角)と考えられています.多くは,患者或いは遺族が,そもそも医療過誤の疑いをもつことなく,したがって医療専門の弁護士に相談することなく埋もれたまま終わっているからです.

週刊現代は,匿名の茶封筒が本年9月に届いたことから,取材を行い,成田富里徳洲会病院の院長(取材当時)の手術について報じました.

週刊現代「千葉の有力病院で、院長の手術後に「患者が連続死」の怪」2017年12月23日号は,「このケースが恐ろしいのは、遺族は術前の見立ての甘さや手術が原因で患者の死期が早められたことをいまに至るまで知らない点だ。心ある医師が病院に無断でカルテをコピーし、本誌に送りつけなかったら、表沙汰にならなかった話である。そしておそらく、日本各地の病院で、手術の失敗、拙さが原因で亡くなっている患者は無数にいる。」と伝えています.

院長(取材当時)は,「Xさんの件では、術前診断の誤りによって手術が失敗した、死期が早まったという事実はないと考えています」と述べています.
今の段階で医療過誤と決め付けるのは早計でしょう.
結果として手術しなければ良かった,医師の技術が下手だった,というだけでは法的な「過失」があることにはなりませんし,過失と因果関係を証拠で立証しなければ医療過誤裁判は勝訴できませんが,辞めた医師の発言等に鑑みると,この件は手術の適応,適否について,第三者委員を含む事故調査委員会を設け,調査したほうが良いのではないでしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-27 08:44 | 医療事故・医療裁判

東京都立神経病院インスリン殺人事件の被害者永眠する

多摩川の河岸段丘は高位面(武蔵野面)と低位面(立川面)の2段になっており,国分寺崖線は高位面と低位面のへりです.そこは,湧水が豊富で,古来より人々が住み,石器時代の遺跡も発掘されています.
そのような場所(武蔵台)に,東京都立神経病院はあります

東京都立神経病院に入院していた患者が、平成23年6月,急変し,意思疎通のできない状態になりました.この患者の血液から,通常の2500倍のインスリンが検出されました.この患者は,難治性側頭葉てんかん手術後の後遺症のために入院していましたが,インスリン治療などを行う必要はありません.
検証委員会は,第三者によりインスリンが投与された可能性が高い,と認定し,病院の管理ミスを指摘しました.
「都立神経病院高インスリン値検出事案検証委員会報告書」はコチラ

この東京都立神経病院インスリン事件の被害者は,平成29年12月15日に永眠されました.ご冥福をお祈り申し上げます

捜査は,殺人未遂事件から殺人事件に切り換えられます.
このインスリン殺人事件の犯人が逮捕,処罰され,罪を償う日が来ることを願ってやみません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-21 23:26 | 医療事故・医療裁判

名古屋大学医学部附属病院,1970年の産婦人科異物遺残事故の損害賠償の協議成立し公表

名古屋大学医学部附属病院は,1970年の産婦人科の不妊治手術でガーゼなどの異物を遺残した事故について,損害賠償の協議が成立し,公表しました.なお,これは,私が担当したものではありません。
ガーゼ遺残事故は,過失は明らかですが,症状との因果関係立証に問題がありますが,示談で解決ことが多いように思います.


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-20 19:20 | 医療事故・医療裁判

歯科のカンファレンス鑑定

昨日は,歯科(インプラント)のカンファレンス鑑定でした.
私は,医科のカンファレンス鑑定は随分行っていますが,歯科の官ファンス鑑定ははじめてです.

東京地裁としては,これが2件目の歯科のカンファレンス鑑定です.
まず,裁判所から質問し,次に鑑定申請人である原告から,その次に被告から,それぞれ質問がなされました.東京地裁なので,代理人の質問を制限するようなことはありませんでした.

この件は,適切な教育を受け豊富な経験と高い技術力を備えた熟練した臨床医にとっては適応があり,そうでない臨床医には適応がない,と考えられる事案なのですが,鑑定人の意見は以下のように分かれました.

A鑑定人; 適応症例ではなかった。しかし、本症例に適応してはならないわけではない。
B鑑定人;不適応であったと考える。
C鑑定人; 適応があったと考えられる。

抜歯即時埋入の適応についても,次のとおり分かれました.

A鑑定人;抜歯即時埋入の適応があったかについては不明である。抜歯即時埋入は大きく予後に影響を与える。
B鑑定人;不適応であったと考える。
C鑑定人;適応があったと考えられる。予後に影響を与えたとは考えない。

各鑑定人の「適応」の意味が違うのですが.
裁判所と原告,被告の質問で,鑑定人の真意はおおよそ明らかになったと思います.裁判所に判決を書いてもらうためには,鑑定結果について丁寧な準備書面を書く必要がある,と思いました.

なお,受任件数を適正な数に調整するために,今は歯科事件の新規受任は止めています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-19 09:51 | 医療事故・医療裁判