弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:趣味( 283 )

フェルメール展

ヨハネス・フェルメール氏は,1632年10月31日に生まれたとされています.
今日が誕生日です.

上野の森美術館のフェルメール展で,次の9点を見ることができます.
1. 牛乳を注ぐ女
2. マルタとマリアの家のキリスト
3. 手紙を書く婦人と召使い
4. ワイングラス 
5. 手紙を書く女
6. 赤い帽子の娘 ※10/5(金)〜12/20(木)
7. リュートを調弦する女
8. 真珠の首飾りの女
9. 取り持ち女 ※1/9(水)〜2/3(日

会期は2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)ですが,入れ替えがあるので,少なくとも2回は行きましょう.
日時指定入場制です.入場券は事前購入が必要です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-10-31 00:44 | 趣味

「ホッと一息 本と一息」

読書週間は、今日から2週間です.
今年の標語は、「ホッと一息 本と一息」です.
本屋さんでいろいろな本を見て回るのも楽しい時間です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-10-27 13:50 | 趣味

岡倉覚三『茶の本』

岡倉覚三(天心)氏の『茶の本』は奥の深い本です.

利休が,露地の掃除を徹底的に行った紹安を「ばか者」と叱り,庭におり立ち,一樹を揺すって,庭一面に秋の錦を片々と黄金,紅の木の葉を散りしかせた,という話を紹介しています.

「茶道の要義は『不完全なもの』を崇拝するにある。いわゆる人生というこの不可解なもののうちに、何か可能なものを成就しようとするやさしい企てであるから。」

「真の美はただ『不完全』を心の中に完成する人によってのみ見いだされる。」


法律家は完全を求める職業ですので,日常生活においても「不完全」に対しストレスを感じやすいのですが,『茶の本』は,人生が不可解なものであること,「不完全」を崇拝すること,不完全を心の中で完成することを述べており,このように考えるとすこし楽になります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2018-09-02 08:34 | 趣味

《黒船屋》

竹久夢二氏は,1934年(昭和9年)9月1日に亡くなりました.今日は命日です.
代表作《黒船屋》は,竹久夢二伊香保記念館で,9月10日~9月23日午前11時と午後2時の1日2回,特別公開されます.
黒猫は夢二自身なのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2018-09-01 14:36 | 趣味

《築地明石町》

今日は,「西の松園,東の清方」と称された,鏑木(かぶらき)清方氏の誕生日です.
代表作に《築地明石町》があります.

居留地なる異人館の垣に絡みて
まだ咲き誇る蕣のいと小さき花をつけたり


明石町は, 明治2年に築地居留地が設けられたところです.今も宣教師が開いた聖路加(るか)国際病院があり,なごりが感じられます.
《築地明石町》は,そのおしゃれな街の最先端の女性を描いた完璧に美しい風俗画です.素足は明治後期にはおしゃれとされていたそうです.地味な着物に派手な鼻緒もおしゃれだったのでしょう.季節は鏑木清方氏が得意な初秋です.

また,一葉の『たけくらべ』は龍華寺の信如と大黒屋の美登利の物語ですが,美登利は鏑木清方氏の画以外のイメージが思い浮かびません.

明日9月1日から,鎌倉雪ノ下の鏑木清方記念美術館で,企画展「色づく秋、色めく秋-清方の美」が開催されます.《桜もみぢ》《虫の音》などを見ることができます.
もう秋ですね.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2018-08-31 09:00 | 趣味

C. Debussy , Preludes, Book

今日8月22日は,クロード・ドビュッシーの誕生日です.
前奏曲集はとくに好きな作品です.第1集と第2集の趣向が全く違うのも面白いです.
名盤,名演奏が多く,いろいろなピアニストで聞いています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-08-22 19:42 | 趣味

訃報,森田童子さん

森田童子さんが4月24日に亡くなっていたことが報じられました.

『さよなら ぼくの ともだち』は,「やさしい君はそれから変わってしまったね」がささりました.
『ぼくたちの失敗』の「ストーブ代わりの電熱器」,「ジャズ喫茶」は,高校時代を思い出します.
『孤立無援の唄』は,「どうして生きていいのか解らぬぼく」の「新しい背広を着た真面目な君」への思いが切ないです.
『G線上にひとり』『たとえばぼくが死んだら』『みんな夢でありました』など,忘れられない曲です.

謹んでご冥福をお祈りいたします.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-06-12 23:37 | 趣味

リリ・ブーランジェ氏の命日

リリ・ブーランジェ(Lili Boulanger)氏は,フォーレとドビュッシーとラヴェルの影響を受け,透明感のある独特の作品をつくった作曲家です.ちょうど100年前の1918年3月15日に24歳でクローン病のために亡くなりました.
次のような作品があります.

D'un matin de printemps  春の朝に

Nocturne pour violon et piano ヴァイオリンとピアノのための夜想曲

D'un Vieux Jardin 古い庭で

D'un Jardin Clair 明るい庭で

Cortège 行列

Prélude en Ré♭ 前奏曲 変ニ長調

このようなメジャーとは言えない曲も簡単に聴けるようになったのは有り難いことです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-15 06:03 | 趣味

「ひとつだけの活字」(『活版印刷三日月堂 星たちの栞』より)

b0206085_08015241.jpg

図書館司書佐伯雪乃の祖母の家は戦前は活字屋を営んでいました.
ひらかなの活字セットだけが残り,祖母はお年玉袋に孫の名前を活字で押していました.
結婚し司書をやめ夫の海外勤務についていく迷いと不安のなか,雪乃は,その活字を使って結婚式の招待状を作ろうと思いたちます.
ひらかなの活字にあう漢字を用意してもらったけれど,同じひらかなは使えない.
二人で招待状の文章を考えるなか,互いの気持ちがわかってきます.雪乃は次のように考えます.

「いつだって大事なものはわたしのなかにある。だから、大丈夫。どこに行ったって、わたしはわたしだ。だから、大丈夫。」

細やかな短編です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-13 08:02 | 趣味

「星たちの栞」(『活版印刷三日月堂 星たちの栞』より)

b0206085_14552679.jpg

『活版印刷三日月堂 星たちの栞』の登場人物は,みんな失ったものをかかえながら生きています

桐林泉はカンパネルラを,遠田真帆をジョバンニを高校時代に演じました
泉は,真帆に問いかけました.

-ね、,遠田。『ほんとうのさいわい』ってなんだと思う?
-カムパネルラがザネリの代わりに死んだのは、正しいことだったと思う?


真帆は,わたしにはまだわからない,と答えました.

その真帆は,今は,私立鈴懸学園に勤め,文芸部顧問をしています.
ひとつひとつ星のような,コースターの文字に心打たれ,鈴懸学園で活版印刷の出張ワークショップが行われるよう働きかけます.
真帆が刷った栞は,「カムパネルラ、僕たちいっしょに行こうねえ。」です.
その栞を,真帆は泉に渡そうと思うのです.

「銀河鉄道の夜」のこの場面の喪失感は,誰もが感じる人生そのものでしょう.

「「カムパネルラ、僕たち一緒に行かうねえ。」ジヨバンニが斯う云ひながらふりかへつて見ましたら、そのいままでカムパネルラの坐つてゐた席に、もうカムパネルラの形は見えず黒いびろうどばかりひかつてゐました。」(宮澤賢治「銀河鉄道の夜」より)

「星たちの栞」では,喪失感だけではなく,希望を見いだします.次のように.

「カムパネルラは、ザネリを救うために、とっさに川に入ったのですよね? そうやってだれかを救いたいという衝動が人のなかにある、そのこと自体が、希望のように思えます。」

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-12 14:44 | 趣味