弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:趣味( 276 )

「無用の人 Birthday Surprise」(『あなたは、誰かの大切な人』より)

b0206085_21390661.jpg
「一般的には何の価値もなく,無用扱いされているものであっても,自分にとっておもしろいものであれば,それはおもしろいものである。まさにアートとはそういうものなのだ。」

千葉県佐倉市内の美術館に勤務する学芸員羽島聡美のもとに,50歳の誕生日に,亡き父羽島正三からの封筒が届きます.
マーク・ロスコの抽象画《シーグラム壁画》が展示されていることから,これがDIC川村記念美術館であることが分かります.ロスコの窓枠ないしはドア枠のような抽象画(文庫本表紙はその画の部分)が伏線となっています.

正三は,無用扱いされ,疎んじられてきた人生をおくってきた人でした.
封筒には鍵が1つ入っているだけ.
聡美は西早稲田の老朽化したアパートの一室を開けます.
密かに,うつくしいものを愛でる心をもち,それを誰にも伝えず,静かに死んでいった人が残したものが明かされます.

原田マハさんの短編のなかでもとくに好きな1編です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-11 03:10 | 趣味

「上村松園・松篁・淳之展」最終日

東京新宿の伊勢丹新宿店アートギャラリーで,本日(2月6日)午後6時まで,「上村松園・松篁・淳之展」が開かれています.
松園は白拍子図(絹本彩色),「娘深雪」(版画),「若葉」(版画)が出展されています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-06 11:51 | 趣味

「月夜のアボカド A Gift from Ester's Kitchen」(『あなたは、誰かの大切な人』より)

b0206085_06552141.jpg

「月夜のアボカド A Gift from Ester's Kitchen」は,原田マハさんの『あなたは,誰かの大切な人』(講談社文庫)に収載されています.

フリーランスのアートコーディネーターの39歳のマナミは,どんな相手でも角を立てずにふんわりと人付き合いができる以外には際立った才能がない男性と,つかず離れずの交際を続けています.
このマナミの視点から,79歳の,ロサンゼルスのメキシカン・タウンに住む,明るく,快活で,おしゃべりで,気のいいおばさんエスタ-の料理と人生が語られます.

エスターは語ります.
「ねえ、マナミ。人生って、悪いもんじゃないわよ。」
「笑ってしまうほど単純で、かけがえのない、ささやかなこと。それこそが、ほんとうには、何にも勝る幸福なんだって思わない?」

人生の背景が見える言葉です.
一読をお薦めします.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-02-05 06:29 | 趣味

『紫のアリス』

b0206085_00100166.jpg

薄紫色のリボンが浮かぶプールで亡くなった江崎知美溺死事件の真相は?
柴田よしき氏のミステリー「紫のアリス」 (文春文庫)は,信用できない語り手(Unreliable narrator)池内紗季の視点から語られます.つまり読者は語られない事実を埋めなければなりません.しかも登場人物は全員怪しい.一筋縄ではいかない仕掛けがあります.
「紫のアリス」は,ルイス・キャロルとアガサ・クリスティへのオマージュのように思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-02-04 23:55 | 趣味

《ブロードウェイ・ブギウギ》

今日2月1日は,ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)氏の命日です.
最も有名な代表作は,《赤・青・黄のコンポジション》(1930年,チューリヒ美術館蔵)です
大きな面積を占め,目を奪う赤,その対角に小さな静かな青,そして画面右下にさらに小さな黄色.異なる太さの黒の線で分割されています.
これに対し,例えば,アンリ・マティスの《ジャズ》は青の面積が大きく,黄色があり,赤はほんの一部だけです.これだけ赤の面積が大きい絵画は異例ではないでしょうか.ところが,赤の面積を大きくしながらも,黒の線の異なる太さと下隅を占める青と黄色で均衡がとれています.

京都国立近代美術館は,ピエト・モンドリアン氏の作品《ヘイン河畔の樹》,《コンポジション(プラスとマイナスのための習作)》,《コンポジション No. 1》を所蔵しています.
同美術館蔵の《コンポジション No. 1》は,左側が2分割,右側が3分割のシンプルな作品です 左上に大きな黄色,その対角に青が配置され,赤はありません.抽象の美しさがわかる作品です.

ピエト・モンドリアン氏は,キュービズムの影響を受け,余計なものがないコンポジションに到達しました.コンポジションは,私には,日本の簡素で高貴な茶室のような感じがします.

ピエト・モンドリアン氏は,1940年に戦火を避けてニューヨークに移住しました.人は住む所により大きな影響を受け,作風は変わります.
《ニューヨーク・シティ》,《ブロードウェイ・ブギウギ》は,色数が多くなく,直線で構成されていますが,線に色が使われ,複雑で賑やかな作品となっています.
もちろん,これらの作品は,雑貨があふれかえる部屋のような無秩序なものではありません.
コンポジションが茶室だとすれば,賑やかな楽しい茶室になったような作品です.
この晩年の変化は大変興味深いです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-02-01 07:45 | 趣味

「はじまりは、伊藤若冲」展

b0206085_09191914.jpg

「開館20周年記念展Ⅰ 細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲」展が開かれています.2月25日までです.
混雑することなく,作品を見ることができました.何回見ても飽きません.とくに墨の多様な表現には感動します.

ところで,昨年,赤須孝之氏の「伊藤若冲製動植綵絵研究」が刊行されました.
医師らしいユニークな研究です.
もし赤須孝之氏の立場(宮内庁病院院長事務代理)で宮内庁が所蔵する「動植綵絵」を見ることができるとすれば,うらやましい限りです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-30 09:19 | 趣味

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

b0206085_01401372.jpg

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は,札幌,東京,京都と巡回しています.混雑する東京を避けて,岡崎の京都国立近代美術館でゆっくり見てきました.閑散ではありませんが,予想以上に空いていました.

ファン・ゴッホ美術館をはじめ多くの美術館,個人の協力を得て傑作を集め,浮世絵などのジャポニスムがファン・ゴッホへ与えた影響と日本人のファン・ゴッホ巡礼に焦点をあてた展覧会です.
約40点のファン・ゴッホ作品と,約50点の日本の作品が展示されています.
個人的には「ファン・ゴッホ展」と命名してほしかったですが,それにしてもよく集めたものです.

《花咲くアーモンドの木》(1888年,ファン・ゴッホ美術館蔵)など,浮世絵の影響がみてとれるものがいくつもあります

次の4作品が日本初公開です.
《夾竹桃と本のある静物》(1888年,メトロポリタン美術館蔵)
《タラスコンの乗合馬車》(1888年,プリンストン大学美術館寄託)
《雪景色》(1888年,個人蔵)
《ポプラ林の中の二人》(1890年,ファン・ゴッホ美術館蔵) 

《サント=マリーの道》 (1888年,個人蔵)

《サント=マリーの海》(1888年,プーシキン美術館蔵)
が展示されています.

《寝室》(1888年,シナティ美術館蔵)はとくに有名ですね.
明るい色の歪んだ空間の遠近法が人を惹き付けます

《麦畑》(1888年,デ・ブール財団蔵),《糸杉の見える花咲く果樹園》(1888年,クレラー=ミュラー美術館)などはいかにもファン・ゴッホです.

3月4日(日)まで開催しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-29 01:40 | 趣味

「八月のコースター」(『活版印刷三日月堂 星たちの栞』より)

b0206085_03200710.jpg

「八月のコースター」は,亡き伯父から受け継いだ珈琲店〈桐一葉〉の経営者岡野さんの視点から語られます.
碧梧桐の句「赤い椿白い椿と落ちにけり」の10年後の虚子の句が「桐一葉日当たりながら落ちにけり」です.この句が,店名の由来です.
ちなみに,検察事務官のバッジは五三の桐紋です.

岡野さんは,ハルさんに勧められて,活版印刷三日月堂にショップカードを依頼します.
弓子さんは,「だれも,だれかの代わりになんて,なれませんよ。」と言います
そこで,悩み多き岡野さんは気づきました.

ちなみに,弁護士は人それぞれで,その仕事は「同じようなもの」に見えるかもしれませんが,決して「同じ」ではありません.医事事件ではどの弁護士に依頼するかにより得られる結果が違うことすらあります.

一瞬が永遠になるなるような,普段と違う時間が流れる珈琲店〈桐一葉〉にふさわしい,すてきなコースターができます.
そして,岡野さんの助言で活版印刷三日月堂もすこしだけ変わります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-22 03:20 | 趣味

「世界は森」(『活版印刷三日月堂 星たちの栞』より)

b0206085_09181403.jpg

「世界は森」は,『活版印刷三日月堂』シリーズのプロローグにあたる作品です.

川越運送店一番街営業所の市倉ハルさんの視点から語られます.
ハルさんには,森太郎という息子がいます.

ハルさんの亡き夫は,「人生は道、世界は森、結婚は橋。」と言い,世界に出て世界に向き合う子になってほしい,と願い,「森太郎」という名前を思いついたのでした.
名前には親の願いがこめられています.
名前は大事です.
私は,先日,原告の名前の誤記を指摘し裁判所に調書異議を提出しました.

-これね、宝物なの。
-むかし、プラネタリウムでお母さんが買ってくれたの。そのときは、まだお母さんがいたんだ。
-そのときは・・・・・・?
-お母さん,死んじゃったから。
-え・・・・・・?
-だからね、お祖父ちゃんちにいるの。それで、保育園に行ってるの。


小学校にあがる前の弓子さんが,大学を卒業し川越運送店で働き出したハルさんと交わした会話です.

ハルさんは,森太郎君が北海道大学に入学したお祝いを考え,28歳の弓子さんがハルさんのために亡き祖父の活版印刷三日月堂を再開することになります.

ほしのさなえ氏の『活版印刷三日月堂』シリーズは,静かな感動をあたえてくれます.

「テキン」や活字が付録についた『大人の科学マガジン 小さな活版印刷機』(3,500円(税別))が昨年12月に発売されましたが,初版はあっという間に売り切れたそうです.これから注文すると届くまで1か月くらいかかるようです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-21 09:18 | 趣味

猫に名前をつける権利

オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)氏は,1993年1月20日に虫垂癌で亡くなりました.今日が命日です.

美しい女優でした.私は,とくに帽子を被ったときの姿が好きで,学生時代は部屋にポスターを飾っていました.
「ローマの休日」,「ティファニーで朝食を」,「パリで一緒に」,「マイ・フェア・レディ」,「おしゃれ泥棒」,「暗くなるまで待って」な深く心に残っています.
軽めのストーリーなのに台詞に深い意味が込められていて,美しいスクリーンに魅せられました.

「ティファニーで朝食を」(Breakfast at Tiffany's)で,ホリーは,私はこの猫に名前をつける権利はない,お互いに誰のものでもないから.と言います.
私は当時「命名権」を知りませんでしたが,猫(他者)の自由を尊重する生き方,帰属しないことの清々しさを教えられた気がしました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-01-20 21:37 | 趣味