弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2011年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

アレクサンドル・タロー~斬新なクープラン

アレクサンドル・タロー~斬新なクープラン_b0206085_21482234.jpg

今朝,テレビをつけると,アレクサンドル・タローAlexandre Tharaudという若いピアニストがクープランを演奏していました.

スタイリッシュな服装で,手の動きがユニークなのですが,演奏自体は表現が豊かでしかも繊細で大変素晴らしいものでした.気品があって冒険的なクープランでした.クープランをこのように解釈したピアニストはいままでいなかったと思います.見入ってしまいました.

ラモー,ラヴェル,プーランク,ショパンなどもレパートリーにしています.
CDジャケットの印象でいままで手にしなかったのですが,これからたっぷり聴いてみたいピアニストです.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-21 18:41 | 趣味

喫煙者は喫煙シーンを見るとどのような行動をとるか~ダートマス大学の調査

喫煙者は喫煙シーンを見るとどのような行動をとるか~ダートマス大学の調査_b0206085_9511886.jpg

アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ダートマス大学の調査で,映画の喫煙シーンを見ると,喫煙者の手はタバコを吸うときの動作をすることがわかったそうです.
1月19日発行のNeuroscience誌を紹介しているスゴモリの記事から引用します.

「実験は17人の喫煙者と17人の非喫煙者に喫煙シーンを含む映像を30分見せ、脳の反応を見るというもので、実験に参加した人には喫煙に関する実験という事を伏せて実験した。
すると喫煙シーンになった時、喫煙者の脳は頭頂間溝と頭頂葉に活性を示し、手は喫煙するときの動作を真似た事がわかった。頭頂間溝は頭頂葉にある溝のことで、知覚の調整に関係している。」

禁煙に失敗する人が多いのは,タバコの依存性のためです.
タバコの依存性は強固ですね.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-21 09:51 | タバコ

初めての映画

初めての映画_b0206085_10405321.jpg

高橋智先生のブログに 上町の銭湯玉ノ湯で映画007のポスターをみた小学生時代のエピソードが書かれていました.私は,小3の3学期から中2の1学期まで,上町の団地に住み銭湯に行っていたので,懐かしく読みました.当時の団地には風呂はなく,冬の帰り道は寒かったです.

当時,小学校では,ときどき映画を見させられる時間がありました.初めて見た映画は「にあんちゃん」です.炭鉱町の在日の子どもたちで,バイタリティがあり,テンポがよく飽きなかったです.高度成長前で閉山,離農が身近でしたので,リアリティがありました.今村昌平監督の作品であること,保健婦のおばちゃんを演じたのが吉行和子さんであることを知ったのは後になりますが.

自分でお金をだして初めて見た映画は「レット・イット・ビー」です.最高でした.

東京に来て初めて見た映画はゴダールの4本でした.「東風」「中国女」「ウイークエンド」「女と男のいる舗道」を新宿紀ノ国屋ホールの通路に座り込んで見ました.映画は,時代を反映しますね.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-19 10:41 | 趣味

1月19日薬害イレッサ問題の全面解決をめざす院内集会

1月19日薬害イレッサ問題の全面解決をめざす院内集会_b0206085_8595635.jpg

1月19日(水) 薬害イレッサ問題の全面解決をめざす院内集会が開かれるそうです.

時間・・午後12時30分~13時30分
場所・・参議院議員会館地下一階・第4会議室
集合・・12時15分までに参議院議員会館一階ロビー

私自身は,19日から地方出張なので参加できないのですが,正しい情報をえるために有用な集会と思います.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-18 09:00 | 医療事故・医療裁判

ムカイくん

ムカイくん_b0206085_1028899.jpg

事務局Hです.
クリスマスに,先生から「賢者の贈り物」というお話をうかがったので,
「プレゼントは相殺すれば良い」という愚者の考えを改めて,クリスマスプレゼントにカメラを買ってもらいました.

新しいカメラは,RICOHのCX4です.
RICHOのCXシリーズを使っている人が周りに多く,画質の良さが羨ましかったことと,
カメラに詳しい方にも,一眼レフ並みのクオリティだとお勧めしてもらったのでCX4に決めました.
小さすぎず,少しレトロな雰囲気が漂う見た目もお気に入りです.
また,手ぶれに強く,トイカメラモードや斜め補正機能もあるので色々と遊べそうです.

問題は持ち主の技術のなさだけだと思うので,皆さまに早く綺麗な写真をお届けできるよう,精進してまいります.

向井理さんがCMをしているカメラなので,カメラの名前は「ムカイくん」にしました.

事務局H
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-17 10:30 | 趣味

オランダで,禁煙法実施以来,赤ちゃんの肺機能改善

オランダで,禁煙法実施以来,赤ちゃんの肺機能改善_b0206085_19211496.jpg

「ポートフォリオ」は,「禁煙法実施以来、赤ちゃんの肺機能改善」と以下のとおり伝えています.

「ユトレヒト大学病院の調査によれば、公共の場での禁煙法が実施されてから赤ちゃんの肺機能が改善されてきていることがわかった。
妊娠中の女性も公共の場所でタバコの煙を吸わなくなったため子宮内の赤ちゃんにも好影響を与えている。
同病院では2000年から10年間、1700人の生後3ヶ月の乳児を追跡調査してきた。公共の場での禁煙法後4年目の2008年の調査結果では乳児の肺機能は10%上昇している。さらに2年前に飲食店での禁煙法が実施されてから、肺機能はさらに10%上昇という結果が出ている。生まれたばかりの赤ちゃんの肺機能は将来の肺疾患に大きく影響するという。」

ユトレヒト大学病院」ということからおわかりのように,これはオランダの話です.
オランダはEU最大のタバコ製造国で,16歳から喫煙が許され,喫煙率もEU内では高い方です.

EU全体が禁煙に向かうなかで,オランダも2002年から,公共の建物内や職場での禁煙となっていました。そして,2008年7月1日からレストラン,ホテル,劇場,ショッピングセンターなどでの喫煙が全面的に禁止されました.2400ユーロの罰金も定められました.
その結果,このように,健康への良い影響が現れたということです.

◆ 日本では

日本では,健康増進法が2003年5月1日から施行され,25条で施設管理者に受動喫煙防止のための措置を取ることが義務付けられました.

第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

ところが,25条は罰則規定がないため,レストランや飲食店などの禁煙はあまりすすんでいないのが実情です.
罰則付きの喫煙規制法が必要でしょう.

◆ タバコ訴訟次回期日

なお,タバコ訴訟次回期日は,3月23日(水)14時,東京高等裁判所822号法廷です.担当だった一宮なほみ判事は1月11日付けで仙台高裁長官に転出しました.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-16 19:21 | タバコ

運動は風邪,インフルエンザの予防に効果があるらしい

運動は風邪,インフルエンザの予防に効果があるらしい_b0206085_1750316.jpg

糖尿病ネットワークに1月12日「運動の血糖を下げる効果 風邪やインフルエンザの予防にも有用」と載っていました.

「米アパラチアン州立大学人間行動研究所のデビッド・ニーマン教授が行ったいくつかの無作為化比較試験によると、45分のウォーキングを週5回、12~15週間行った人では、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくいことが示された。運動をしている人では、しなかった人に比べ罹病日数が25~50%少なく、病気による欠勤も半分になった。
 運動をすることで免疫に関わる働きをする細胞が活発に血液に流れ込み、ウイルスや細菌を撃退する。この免疫システムは数時間を経ると通常の状態に戻るが、運動を繰り返し行うことで効果が長続きし、病気の発症を減少させるという。
 『発症を減らすために、軽めの運動を習慣的に行うことが、どんな薬やサプリメントの服用よりも効果がある』とニーマン教授は話す。」

また,AFPは,昨年11月2日.「運動しない人は運動する人より2倍もかぜをひきやすい 米研究」と報じました.

「カウチポテト族は定期的に運動する人よりかぜを約2倍ひきやすく、こじらせる確率も30%ほど高いという調査結果が、2日の英医学誌『British Journal of Sports Medicine』に掲載された。
米ノースカロライナ(North Carolina)州のアパラチアン州立大(Appalachian State University)の研究チームは、ウィスコンシン(Wisconsin)州に住む18~85歳の1002人を対象に、2008年秋冬の12週間について呼吸器疾患の罹患状況と体重の推移を調べた。さらに、食生活、ライフスタイル、有酸素運度の習慣について尋ねた。
 かぜをひいた平均日数は、1週間の運動日数が5日以上の人は4.4~4.9日、運動日数が1~4日の人は4.9~5.5日、1日以下の人は8.2~8.6日だった。」

この時期,うがい,手洗い,マスクは必須ですが,それでも風邪を引くきやすい人は,習慣的な運動を考えた方がよいようです.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-15 17:50 | 日常

成人の日の思い出

成人の日の思い出_b0206085_12464375.jpg

事務局Hです.
先週末は,各地で成人式が開かれ,四谷でもちらほらと晴れ着姿の新成人を見かけました.近年は,不況の
あおりなのか,野心に溢れるというよりは,将来への不安から堅実な将来設計をする若者が多いそうです.

3年前,私は成人式には参加しませんでしたが,姉の振り袖を借りて写真を撮りました.
姉の振り袖は,白地に黒の絞りが入り,金の糸が縫い込まれたとても上等な振り袖だったので,それに袖を通せるということがとても嬉しく,それだけで大人になったような気がしていました.

しかし,撮影中にスタジオに入ってこられたカメラマンさんのお母様が,
「あらまぁ,とっても素敵ねぇ・・・お着物が。」とおっしゃったのです.
お母様は純粋に着物を褒めてくださったと思うのですが,家族がひそひそと「着物“も”じゃなくて,着物“が”だって。」と言っていたせいで,
その後,カメラマンさんが「こっち向いて笑って。・・・うん,良いですよ!」等というおっしゃる度に,語尾に「着物が」と付いているように聞こえてしまい,
笑いをこらえる家族を目の隅で見ながら,大変やりづらい空気の中撮影が進んだことを覚えています.

その後,お母様が一生懸命「中身が素敵なのはもちろんだから」とフォローしてくれたことが余計申し訳なく感じ,
その日一日は振り袖のマネキンのつもりで過ごしました.

来月の姉の結婚式で、その振り袖を着るのですが,また「着物“が”」と言われないかとドキドキしています.

事務局H
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-15 12:46 | 日常

イレッサ訴訟,「和解勧告及び所見」の正確な内容

イレッサ訴訟,「和解勧告及び所見」の正確な内容_b0206085_19312932.jpg

東京地裁と大阪地裁の「和解勧告及び所見」は,決して,承認後に副作用による多数の死亡が発生した事実に基づき事後的に承認を違法と判断するものではありません.
承認前から,個人輸入などによる副作用情報等から,間質性肺炎で死にいたる危険性が分からなかったわけではないこと,承認前に分かっていた危険性を的確に伝えなかったことを問題にしています.

朝日新聞は,1月14日,「イレッサ和解勧告『治験以外の副作用、検討必要だった』」と報じました.

「朝日新聞が入手した『和解勧告及び所見』では、薬として販売承認を得るための国内臨床試験(治験)以外で発生した副作用情報の扱いについて、見解を示していた。治験以外の、個人輸入などによる副作用情報も、国が慎重に検討していれば、間質性肺炎で死にいたる危険性も『読み取ることができなかったとはいえない』と指摘。医師向けの薬の説明文(添付文書)で、注意喚起に不備があったとした。

 イレッサ承認時の添付文書の『重大な副作用』欄では、間質性肺炎は重度の下痢、肝機能障害などに続いて、最後の4番目に記されていた。この点について『重要でないと読まれる可能性があった』と記述。最初に記した上で『致死的になりうることを記載するよう行政指導するべきだった』と指摘、国の責任に言及している。

 大阪地裁が東京地裁と同時に示した和解勧告でも、国は、治験以外でも間質性肺炎の情報が複数あったことなどから、『重大な副作用』欄への記載を指導するだけでなく、「より慎重な対応をとり得たのではないか」としている。」


国は,これで承認が遅れるとか,承認後に承認前には分からなかったことまで責任をとらされることになる,という趣旨のコメントを行っていましたが,このコメントは,裁判所の『和解勧告及び所見』を曲解するものだと言えます.
裁判所の『和解勧告及び所見』は正当であり,国は和解勧告を受け入れるべきと思います.

なお,全国保険医団体連合会もホームページに「薬害根絶のための検証と対策を――薬害イレッサ訴訟の和解勧告を歓迎する」 と載せ,「重大な副作用である間質性肺炎についての十分な注意喚起を行わず、薬害イレッサ事件を起こした国と製薬企業は、勧告を真摯に受け止め和解協議に応じるとともに、薬害根絶のための検証と対策に取り組むべきである。」としています.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-14 19:31 | 医療事故・医療裁判

患者の心得7か条

患者の心得7か条_b0206085_1737337.jpg

患者の権利オンブズマン東京は,「医療安全・患者の心得7か条の提言」を行っています.
「医療安全・患者の心得7か条」をご紹介します.

◆ (1)わからないこと、不審なことはすべてよく聴きましょう

初めて病院を訪れたときなどはわからないことだらけです。医師の説明も専門用語で話されては理解できません。そんなときは遠慮しないで納得できるまでよく聴きましょう。

◆ (2)自分の不安・悩み・希望と意思をはっきり伝えましょう

患者が症状や希望をはっきり言わなければ医師は的確な診療ができません。また患者は自分の体ですから自己決定権があり、診療方針に同意する、しないを明確にすべきです。

◆ (3)容態の変化は黙っていないで早く知らせましょう

医療者は常に患者についているわけではないので、具合が悪いときはすぐに知らせましょう。

◆ (4)医療者には自分から名前を名乗りましょう
 
患者の取り違えを防ぐにはこれも有効な方法です。

◆ (5)お薬・注射はできればその都度自分でも確かめましょう

医療事故の多くは薬・注射の間違いなので、患者も確認することが大切です。    

◆ (6)体や意識が弱った状態でベッドから離れるときは転ばないよう気をつけ、僅かな不安で も必ず看護師を呼びましょう

転倒・転落の事故も多いのです。特にお年寄りの場合は絶対に気をつけましょう。  

◆ (7)意識がなくなったときの治療の要望をわかるようにしておきましょう
 
治療は本人の意思を最大限尊重して行われます。いわゆる植物状態になったときは本人の意思を確認できず、家族も本人の意思を正しく代弁できるとは限らないのですから。


もちろん.これらは患者の義務ではありませんが,医療安全のためには,このようなことに気をつけるほうがよいように思います.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-14 17:37 | オンブズマン