弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 02月 ( 62 )   > この月の画像一覧

愛媛県立中央病院,永久気管孔を塞いだ事故で調査報告書

b0206085_13225437.jpg愛媛県立中央病院で,看護師が患者の永久気管孔を塞ぎ患者が窒息死した事故について,同病院は,2012年2月7日,看護教育や情報共有の強化などの再発防止策を盛り込んだ報告書をまとめ,市保健所に提出しました.

◆ 事故原因

「報告書は、事故原因について、担当看護師に首の切開口が「永久気管孔」との認識がなく、フィルムシートで塞いだこと、と結論。臨床現場での看護教育が不十分で、カルテに依存し看護師間や医師との情報共有が不足していたとした。」(毎日新聞「県立中央病院の医療事故:再発防止策まとめる 報告書提出 /愛媛」(2012年2月8日))

「報告書によると、患者のカルテに「咽頭癌(がん)」「気切孔あり」との記述があったが、「永久気管孔」とは書かれておらず、看護師が口と鼻からも息ができると思い込んでいたことなどが事故原因と断定。」(読売新聞「患者情報の共有不十分」(2012年2月8日)


毎日新聞は,看護教育不十分,カルテ依存を主眼に報じていますが,読売新聞は,カルテに「永久気管孔」と記載がなかったことを指摘しています.

◆ 再発防止

毎日新聞の報じる再発防止は次のとおりです.
(1)医師が講師を務める研修の実施
(2)カルテに加え、対面・口頭での再確認の徹底
(3)全業務の見直しを進める改善推進本部設置

読売新聞の報じる再発防止策は次のとおりです.
(1)カルテに依存し過ぎず、医師や看護師間で申し送りを行う際などに口頭で患者情報を再確認する
(2)カルテの記載法指導や看護教育の強化

◆ 感想

私は,「愛媛県立中央病院,患者の永久気管孔を塞ぎ窒息死」で次のとおり書きました.

「喉頭を摘出し永久気管孔を開けている患者は,稀ではありません.ただ,脳神経外科では,あまりみなかったのでしょう.
たしかにこの20代の担当看護師の思いこみは軽率ですが,永久気管孔を開けている患者であることは,医師・看護師で共有すべき情報です.医師は,看護師に伝えるべきと思います.」

医師が看護師に伝えていないことに問題があると思います.

事故調査報告書は,プライバシーにかかわる部分を除いて,病院のサイトなどで公表していただくと,他の病院でも事故防止に役立てることができます.愛媛県立病院のサイトに未だ調査報告書が掲載されていないようですが,掲載いついてご検討いただきたくお願いいたします.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-09 04:23 | 医療事故・医療裁判

富山刑務所で,搬送が遅れ受刑者死亡

b0206085_13205100.jpg◆ 事実の経過

受刑者(70代男性)は,2011年6月上旬に入所し,高血圧や糖尿病などのため定期的に治療を受けていました.
2012年2月5日午後8時35分,受刑者は,呼吸はしているものの,意識もうろうとした状態で,刑務官の呼びかけにこたえない状態でした.
刑務官は,体温を測り,低かったことを確認しました.
まばたきをしていたため,当直責任者は「意識があり,緊急性はない」と判断し,受刑者の体を湯たんぽや毛布で温めて経過をみました.

午後9時30分に看護師に連絡し,看護師が午後9時50分に到着しましたが,受刑者の脈が弱く,低体温で,血圧も測れない状態でした.
午後10時半過ぎに,消防に救急出動を依頼しました.
午後11時10分頃,受刑者は富山市内の病院に運ばれましたが,「救急車から引き渡しを受けてまもなく,男性は蘇生処置が必要な状態になった」とのことです.
受刑者は,午後11時52分,死亡が確認されました.

読売新聞「まばたきしたと搬送まで2時間余、受刑者死亡」(2012年2月8日)

◆ 感想

刑務官は,意識レベルの測定法を知らなくても,午後8時35分の時点で意識もうろうとした状態で呼びかけにこたえない状態で,体温が低いのですから,通常,重大な異変があると判断できるでしょう.その時点で,消防に救急出動を依頼すべき義務があったと思います.

本件は,死因が未だわかりませんので,死亡についての因果関係は未だ不明ですが,刑務所の対応に問題がある事案と思います.

なお,神戸地裁平成23年9月8日判決は,神戸拘置所で医師の診察を受けさせず凍死した事案で,国に賠償を命じています.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-08 12:08 | 医療

『薬害肝炎裁判史』

b0206085_1312857.jpg『薬害肝炎裁判史』が刊行となりました.

私も所属する,薬害肝炎全国弁護団は,先行するHIV訴訟の記録『薬害エイズ裁判史』などに学んできました.

本書は,弁護団の思い出の書ではなく,これからの集団訴訟に活用できる内容になっています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

以下,弁護団からの本書の紹介です.


私共薬害肝炎全国弁護団(鈴木利廣代表)は、この度日本評論社より『薬害肝炎裁判史』を上梓致しました。

薬害肝炎全国弁護団は、汚染された血液製剤によるC型肝炎感染被害と向き合い、2002年から2007で約5年の闘いで薬害肝炎救済法の成立・国との基本合意という解決を得ました。その後も、患者会とともに闘い肝炎対策基本法を成立させるとともに、カルテなき被害を含む個別救済、薬害の再発防止、恒久対策の推進、企業交渉などに現在も取り組んでいます。

以上の弁護団活動の足跡をまとめた1冊です。

この訴訟の特徴の一つは、全国5地域(東京、大阪、名古屋、東北、九州)の120名の実働弁護士が、「一つの弁護団」として活動した点です(現在は24支部弁護団含む504名)。集団訴訟において各地弁護団が緩やかな連携をとることは通例です。薬害肝炎全国弁護団はさらに進んで当初から一つの弁護団としての意思決定を行って活動してきました。その具体的な内容について書き記しています。

また裁判史を編纂するにあたり、全国弁護団代表・事務局長による「座談会」も行いました。弁護団運営や立証の工夫から始まり、政治折衝の裏側、判決と和解を選択するポイント、若手弁護士へのエールに及ぶまで様々な論点につき掘り下げた意見交換を行っています。5年間の闘いの裏側でどのような議論が行われていたか、本音レベルのやりとりを残しました。

従いまして、今後に集団訴訟を手がける、また手がけている若手・中堅の法律家、集団訴訟に興味を持つ修習生、法律家を目指す方々に、本書が何らかのヒントになるのではないかと思います。

そのほか活動の足跡をまとめたDVDを添付しているほか、訴訟上の重要な資料も付けていますので、研究者や医療問題に興味をお持ちの方、一般の方にも手に取っていただける内容になっているかと存じます。

機会がありましたら手に取って頂ければ幸いです。


 ⇒アマゾンの案内 
 ⇒日本評論社の案内 

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-08 11:14 | 医療事故・医療裁判

京都新聞の調査で,京都市の「市医」への公金支出問題が浮上

b0206085_12135042.jpg京都新聞は,自社の調査に基づき,2012年2月7日,京都市が感染症対策のために委嘱している開業医「市医」の親睦団体「京都市市医会」に,業務実態が伴わないのに,謝礼名目で約4400万円を支出している疑いがあることを報じました.

◆ 「緊急対応ゼロで謝礼4400万円 京都市の委嘱医師

「京都市が感染症対策のために委嘱した開業医「市医」に対し、緊急時の対応などへの謝礼名目で2011年度までの10年間に計約4400万円を支出しながら、緊急対応が一度もないことが、京都新聞社の調査で分かった。」

◆ 「謝礼、医師に直接渡さず

「市は、集団予防接種の報酬を市医指定の金融機関へ振り込む一方、緊急対応名目の謝礼は市医に直接渡していないことが、京都新聞社の調査で分かった。」


◆ 「ワイン講座、旅行に支出

「市医でつくる親睦団体「京都市市医会」が、懇親会や、感染症とは無関係な文化講演などの費用に、謝礼を原資とした会費を充てていたことが、京都新聞社の調査で分かった。」

「京都・市民・オンブズパースン委員会」の折田泰宏共同代表(弁護士)の以下のコメントを紹介しています.

「公金の不透明な支出は問題。市医謝礼はそもそも対価性を伴っておらず、支出の流れと使途をみれば、親睦団体の運営費に充てられることを目的とした違法なものだ。」

つまり,京都新聞の調査によると,京都市は,緊急対応の実態がないのに,緊急対応の謝礼を「京都市市医会」に振り込み,「京都市市医会」は,それを会費として,懇親会やワイン講座や旅行にあてていたという疑いがあるようなのです.

【追記】

msn産経「「市医」報償費を廃止 予防接種報酬と一本化へ 京都市」(2012年3月30日)は,次のとおり報じています.

「京都市が感染症対策で開業医70人に委嘱している「市医」をめぐる問題で、市は、集団予防接種の従事報酬とは別に支出してきた報償費を4月から廃止する方針を決めた。従事報酬を現行の1万9400円から政令指定都市の平均額にあたる2万2千円に引き上げ、支払いを一本化する。

 市は市医に対し、予防接種ごとの従事報酬とは別に、予防接種の医師が不足した場合の応援などの職務への謝礼として1人あたり年間5万6800円の報償費を支払ってきた。市民団体が2月、「違法な公金支出だ」として約400万円を市に返還させるよう求める住民監査を請求。今月23日付で「業務実態がない市医を特定していない」として却下されていた。

 市は「適正な支出であるという認識は変わらないが、支払いが2種類になっていると市民に誤解を与える可能性がある。より分かりやすい形でやるべきだと判断した」としている。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-08 02:48 | 医療

東京女子医科大学附属八千代医療センター,患者個人情報が記録されたノートパソコン紛失

b0206085_13432175.jpg
東京女子医科大学附属八千代医療センターの医師は,平成 20 年5 月~平成22 年7 月までの期間における入院患者104 名分の,氏名,患者番号,生年月日,住所(○○市まで)と転院先医療機関が記録されていたノートパソコン(医師個人の所有)を紛失しました.
紛失に気づいたのは2012年1月27日とのことです.
ノートパソコンにはパスワードが設定されているそうです.

当院医師による個人情報の紛失について」ご参照

Security NEXT 「患者情報含む医師の私用PCが所在不明 - 東京女子医科大」(2012年2月7日)ご参照

昨年6月以降,患者個人情報の入った,USBメモリーや外付けハードディスク,ノートパソコンの紛失事故は,以下の施設で起きています.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

8月
筑波メディカルセンター病院

9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院

11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-07 23:48 | 医療

独立行政法人国立病院機構宇多野病院でも,個人情報の入ったUSBメモリーを紛失

b0206085_1346442.jpgNHK「京都 国立病院で患者情報紛失」(2012年2月6日)は,次のとおり報じています.

「国立病院機構宇多野病院によりますと、先月17日の夜、病院の事務室で使われていたUSBメモリーがなくなっているのに、職員が気付きました。紛失したUSBメモリーには、患者の住所や電話番号は含まれていませんが、患者1671人分の名前や生年月日、それに病名や手術の内容などが記録されていたということです。」

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

全国の病院で,同様の紛失事故が続いています.
これは,日本の病院の情報管理に問題があることを示唆していると思います.

米国では,Health Insurance Portability and Accountability Actがあり,最高150万ドルの民事制裁金が課せられます.
個人情報の紛失による実害発生が確認されたか否かを問わず,制裁金や補償金を負担するシステムのほうが,緊張感をもって個人情報を取り扱っていただけるように思います.

また,暗号化した状態でなければコピーできないようにするなど,根本的な再発防止策が必要と思います.

ちなみに,昨年6月以降,USBメモリーや外付けハードディスクの紛失事故は,以下の施設で起きています.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

8月
筑波メディカルセンター病院

9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院

11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)

【追記】
毎日新聞「行政ファイル:宇多野病院で患者データを紛失 /京都」(2012年2月7日)は,次のとおり報じています.

「国立病院機構宇多野病院(京都市右京区)は6日、患者1671人分の名前や生年月日、病名などの情報データが入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。

 同病院管理課によると、メモリーはリハビリテーション科の理学療法士長(54)が自分の机の引き出しに鍵をかけて管理し、必要に応じ職員に貸していた。1月17日夜、借りていた女性職員(45)が紛失に気付いた。警察に遺失物届を出し、患者にも謝罪したという。事務室は同科職員約20人が利用しているが部外者の出入りはほとんどなく、夜も入り口に鍵をかけている。今のところ情報流出は確認していないという。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-07 01:43 | 医療

2012年4月29日,日本病理医フィルハーモニー第1回演奏会

b0206085_3215069.jpg
東日本大震災のため,昨年4月の日本病理学会創立100周年祝賀コンサートは自粛中止となりましたが,改めて,2012年4月29日(日),「横浜みなとみらいホール」大ホール(2,000人収容)で,単独コンサートを開催されます.

楽器を演奏する医師は多いのですが,病理医がオーケストラを組織するのは,世界でもこれが初めてでしょう.病理医からのご招待として無料になっています.

18:30開場
19:00開演
21:00終演

プログラム
第一部:指揮 秋山隆
☆ビゼー/『カルメン』組曲より
闘牛士、前奏曲~アラゴネーズ、ハバネラ、ジプシーの踊り
☆シベリウス/交響詩『フィンランディア』
☆バッハ/G線上のアリア
☆エルガー/『威風堂々』第1番

第二部:指揮 岡輝明
☆プッチーニ/誰も寝てはならぬ(トゥーランドット) 歌 米澤傑
☆マスカーニ/カバレリア・ルスティカーナ間奏曲
☆プッチーニ/妙なる調和(トスカ) 歌 米澤傑
☆ディ・カプア/オーソレミオ 歌 米澤傑
☆レハール/金と銀
☆レハール/メリーウィドウ・ワルツ 歌 米澤傑・米澤悦子
☆ワーグナー/『ニュールンベルグのマイスタージンガー』前奏

※ 米澤傑氏は,病理医(鹿児島大学医学部病理学)であって同時にテノール歌手でもあります.

詳細は,「日本病理医フィルハーモニー Japan Pathologists Philharmonic (JPP)」へ

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-06 03:16 | 趣味

長野県立須坂病院の医師,道路交通法違反(酒気帯び運転)と自動車運転過失傷害の容疑で現行犯逮捕

b0206085_3321919.jpg

地方独立行政法人長野県立病院機構長野県立須坂病院の眼科部長(50歳,男性)が,2月2日午後6時40分ごろ,安曇野市豊科田沢の県道で,乗用車を酒気帯び運転を行い,信号待ちをしていた乗用車に追突し,乗用車の男性(41歳)と女性2人に軽傷を負わせたとして,道路交通法違反(酒気帯び運転)と自動車運転過失傷害の容疑で現行犯逮捕されました.眼科部長は,同日午後1時半まで手術をしていたとのことです.

毎日新聞「酒気帯び運転:乗用車に追突、容疑の医師逮捕--安曇野署 /長野」(2012年2月5日)ご参照

私は,酒気帯び運転でも,人身事故を起こさず悪質性も高くない事案では,懲戒免職とすべきではない,と書きました(「佐世保市総合病院,酒気帯び運転で衝突事故の医師を懲戒免職とせず」).

しかし,本件は,軽傷とはいえ,被害者側には落ち度が全くない状況で人身事故を起こしています.しかも,午後6時40分という時点で飲酒し運転していたということも,よくない情状でしょう.
本件は,おそらく,県立病院機構から厳しい処分が下されることになるでしょう.

医師が懲戒解雇になれば,患者も迷惑を被りますので,とくに医師は酒気帯び運転を厳にしないでいただきたいと思います.

【追記】
毎日新聞「飲酒運転事故:県立病院機構、医師を諭旨解雇 /長野」(2012年5月30日)は,次のとおり報じています.

「飲酒運転で人身事故を起こしたとして2月に県立須坂病院の眼科部長、○○○○医師2件(51)が現行犯逮捕された事件で、県立病院機構は29日、○○医師を諭旨解雇処分とした。退職金の支払いは差し止め、刑事処分の結果を待って判断する。

 機構によると、医師は2月2日夜、安曇野市の県道を酒気帯び状態で乗用車を運転中、前方で信号待ちをしていた軽乗用車に衝突、男女3人に軽傷を負わせたとしている。医師は同日、県警に自動車運転過失傷害などの容疑で現行犯逮捕され、翌日に釈放された。刑事処分は未決定。

 医師2件は「責任を痛感し、深く反省している」と容疑を認めているという。機構は「患者や被害者に大変ご迷惑をお掛けしました」と陳謝した。【小田中大】」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-05 23:30 | 医療

福岡拘置所の医師法違反問題

b0206085_3385036.jpg◆ 報道

朝日新聞「福岡拘置所、診察せず薬与える 医師法違反の恐れ」(2012年2月4日)は,以下のとおり報じています.

福岡拘置所(福岡市早良区)が収容者に対し医師の診察のないまま薬を与えていたことが、わかった。医師が自ら診察しないで処方箋(せん)を出すことを禁じた医師法違反の恐れがある。拘置所側は「医師法違反だという認識がなかった」と話している。

福岡拘置所によると、高血圧や糖尿病など慢性疾患のある収容者に対し、看護師から相談を受けた医師が、直接診察することなく薬を処方していたという。いつから続いていたかは明らかにしていない。」


◆ 医師法第20条

医師法第20条は,次のとおり,定めています.

「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。」

このように,医師が診察をしないで,治療等を行うことは禁止されています.
なお,家族が患者本人に代わって受診し,投薬指示を受け,処方箋をもらうことは,実際に行われていますが,これは医師法違反ではありません.

本件で看護師を家族と同様に考えることはできませんし,看護師は医師の診療を補助する立場にありますから,「看護師から相談を受けた医師が、直接診察することなく薬を処方していた」というのが事実であれば,医師法20条に違反します.

◆ 処罰

医師法第33条の2は,
「次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金に処する。
1.第6条第3項、第18条、第20条から第22条まで又は第24条の規定に違反した者
(以下略)」
と定めていますので,
無診察で薬を処方した医師は,50万円以下の罰金となります.

刑法第65条1項は,「犯人の身分によって構成すべき犯罪行為に加功したときは、身分のない者であっても、共犯とする。」と定めています.

医師という身分のない者も,医師という身分のある者を介して犯罪結果に影響を与えた者は共犯として罰することを規定したものです.
したがって,拘置所の職員,看護師などは,医師法第20条違反の行為の共犯者として犯罪が成立します.

「医師法違反だという認識がなかった」とのことですが,法の不知は抗弁とはなりません.
刑法第38条3項は,「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。」と定めています.

実際にはどこまで起訴するかは検察の判断となりますが,実定法上は上記のとおり犯罪が成立します.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-05 02:24 | 医療

水俣病被害者救済特別措置法の救済申請7月末で締め切り

b0206085_3414365.jpg細野豪志環境相は,2月3日,水俣病被害者救済特別措置法の救済申請を7月末で締め切ると発表しました.
被害者団体の声を聞いたのは,形だけだったのでしょうか.

被害者4団体のコメントが,朝日新聞「患者「法踏みにじる」」(2012年2月4日)に,以下のとおり載っています.

◆ 大石利生・水俣病不知火患者会会長 

「あたう限りすべての被害者を救済する」という水俣病被害者救済法の精神を踏みにじるものだ。不知火海沿岸地域の住民健康調査が先決であり、期限を切って幕引きをするべきでない。今週、水俣に来た細野環境相は「熟慮する」と言ったが、1週間足らずで何を議論したのか。必ず被害者は取り残される。6月をめどに更に集団検診をしたい。

◆ 佐藤英樹・水俣病被害者互助会会長 

まだ手を挙げられない被害者がいるのにこの結論とは、水俣病がわかっていない。責任意識のなさがよくわかる。被害者互助会はあくまで裁判で闘っていく。

◆ 高倉史朗・チッソ水俣病患者連盟事務局長 

被害の実態調査なしで終わらせるのは許されない。(第一の政治決着があった)1995年当時、申請の呼びかけに力を尽くして被害者はもう残っていないと思ったが、関西訴訟の最高裁判決でさらに被害者が名乗り出た。それが水俣病事件史の教訓。締め切った後、今も続いている訴訟の決着がつき、再び被害者が名乗り出たらどうするのか。

◆ 中山裕二・水俣病被害者の会全国連絡会事務局長 

水俣病の解決に向けて何をするのか全体像を示さないまま、締め切りだけを議論していかにも拙速だ。出生年や居住歴で救済対象者を区切ることが正しいのか検証されていない。7月末締め切りの根拠はなく、法律にあるように「3年以内」はめどでしかない。

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-05 01:35 | 司法