弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

東京地裁平成24年5月9日判決(国保旭中央病院のタオル残置事案)報道を読んで

時事通信「体内にタオル25年=医療ミスで賠償命令-東京地裁」(2012年5月9日)は,次のとおり報じています.

「手術時のミスで25年間にわたり体内にタオルを残され、脾臓(ひぞう)の摘出を強いられたとして、千葉県香取市の男性(53)が、病院を運営する同県旭市に約1億2300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(森冨義明裁判長)は9日、医療ミスを認め約1100万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は1983年、国保旭中央病院で胃の切除手術を受けた。2008年に別の病院で診察を受けた際、腹部に長さ約36センチのタオルがあることが判明。既に複数の臓器と癒着しており、脾臓を摘出せざるをえなかった。」


脾臓を摘出すると,感染防御機能力が低下したり,疲れやすくなる,ので,8級相当程度の賠償が認められます.森冨義明判事は,常識的な判決を下す判事で,本件も常識的な判決です.
それにしても,約36センチのタオルを残置するとは,驚きます。

【追記】
2006(平成18)年4月1日以降の事故からは,脾臓の摘出は13級11号となっています.本件事故は1983年なので旧基準という考え方が自然ですが,脾臓の摘出が2008年なので新基準という考え方もありえないではないです.ただ,いずれにしも,逸失利益の評価等で,裁判所は結論的にほぼ同じ常識的な金額を導くことができます.

なお,請求額をどのようにするかは原告の判断ですが,高額の請求をしますと印紙代が高くなります.
私は,ご依頼者様に160万円の一部請求を奨めています.
160万円の一部請求ですと1万3000円の印紙代ですむからです.
裁判上の和解は請求額に限定されることはありませんし,判決になるときは予想される判決にそって請求を拡張すればよいのです.時効にさえ気をつければ,一部請求は印紙代を節約でき,合理的な方法です.

【追記】

読売新聞「手術後、体内にタオル置き忘れ25年…和解成立」(2012年10月30日)は,次のとおり報じました.

「千葉県旭市の国保旭中央病院で手術を受け、約25年にわたって体内にタオルを置き忘れられた香取市の男性(53)が、病院を運営する同市を相手取り、慰謝料などを求めた訴訟は29日、東京高裁(高世三郎裁判長)で和解が成立した。

 和解内容などは明らかになっていない。病院は「取材にはお答えできない」としている。

 1審・東京地裁は今年5月、医師らの注意義務違反を認め、市側に計約1100万円の支払いを命じる判決を言い渡していた。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-09 20:23 | 医療事故・医療裁判

ロシュ社が「JTT-705(dalcetrapib)」の全ての開発を中止

日本たばこ産業株式会社(JT)は,2012年5月7日,ロシュ社が「JTT-705(dalcetrapib)」の全ての開発を中止したことを発表しました.

脂質異常症治療薬「JTT-705(dalcetrapib)」に関する導出先の発表についてのお知らせ」は,次のとおりです.
「当社が創製した脂質異常症治療薬(CETPモジュレーター)「JTT-705(dalcetrapib)」につきましては、2004年10月にスイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社(以下ロシュ社)と導出に関するライセンス契約を締結し、日本を除く海外においては同社が開発を行っていたところですが、本日、ロシュ社が本剤の全ての開発を中止することを発表しましたのでお知らせいたします。
「JTT-705(dalcetrapib)」はHDL*1中のコレステロールをLDL*2に転送する蛋白質であるCETP*3(コレステリルエステル転送蛋白)の活性を調節することにより血中のHDLコレステロールを増加させて抗動脈硬化作用を示す薬剤で、導出に関するライセンス契約締結以降、同社が海外における臨床試験を行っており、海外において第Ⅲ相臨床試験の段階にありました。

なお、本件による当社の当年度連結業績への影響は軽微です。

*1 HDL (High Density Lipoprotein):高比重リポ蛋白。動脈壁などのコレステロールの蓄積を防ぐ動脈硬化症の防御因子。HDLコレステロールは善玉コレステロールとも言われる。
*2 LDL(Low Density Lipoprotein):低比重リポ蛋白。血中コレステロールの主な運搬体。高脂血症になるとLDLが増加し、血管壁にコレステロールを蓄積させ、動脈硬化を引起す。LDLコレステロールは悪玉コレステロールとも言われる。
*3 CETP:Cholesteryl Ester Transfer Proteinの略。」


JTは,タバコの製造販売で主な利益をあげていますので,たしかに影響は軽微でしょう.
JTは,中止になった理由(不都合なこと)は説明しません.JTらしい対応といえばそれまでですが.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-08 22:25 | 医療

千葉県がんセンターの不正を指摘した麻酔科医が不当な対応を受け退職を余儀なくされたとして提訴

日刊スポーツ「がん麻酔科医、千葉県をパワハラ提訴」(2012年5月7日)は次のとおり報じています.

「千葉県がんセンター(千葉市)で麻酔科医として勤務していた同市の志村福子さん(40)が7日、違法な医療行為の改善を上司に求めたことでパワハラを受けたなどとして、県に200万円の損害賠償を求めて千葉地裁に提訴した。

 訴状によると、志村さんは2010年夏ごろ、同センターで歯科医が資格のない麻酔をしているとしてセンター長に改善を求めた。しかし事態は変わらず、上司の手術管理部長(47)から仕事を減らされるなどの不当な対応を受け、同年9月に退職を余儀なくされたとしている。

 志村さんは同日、市内で記者会見し「不正を訴えたのに仕事を奪われ、憤っている」と訴えた。

 千葉県警は11年7月、歯科医が外科手術の際に資格のない麻酔をしたとして、医師法違反(無資格医業)の疑いで手術管理部長と歯科医(38)を書類送検。千葉地検は今年3月に起訴猶予処分とした。

 県の担当者は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。(共同)」


これが事実なら,間違いなくパワハラです.

msn産経「不正指摘の医師、パワハラ受難 千葉県がんセンターを提訴」(2012年5月7日)は,次のとおり報じています.

「上司らによる医療行為中の不正を見つけ是正を求めたところ、嫌がらせを受けて退職を余儀なくされたとして、千葉県がんセンター(千葉市)に勤務していた医師、志村福子さん(40)が同センターを経営する県を相手取り、慰謝料200万円の損害賠償を求める訴訟を7日、千葉地裁に起こした。

 訴状によると、志村さんは平成22年4月から同センター手術管理部麻酔科に勤務して以降、同部長らが歯科研修医に全身麻酔を行わせたり、研修医による医療事故を隠蔽したりしたことなど不正を指摘し、センター長に改善を求めた。その後に全ての職務から外され、昨年9月に辞職を余儀なくされたとしている。

 同部長らは、歯科研修医に全身麻酔を行わせたとして、昨年7月に医師法違反容疑で書類送検され、今年3月に起訴猶予の不起訴処分となっている。

 同センターは「訴状を見てから対応を考える」とし、訴状で指摘された医療事故3件については「1件は責任を認め、示談が成立している。ほか2件は問題はなかった」としている。」


医療事故隠ぺいについても争点になるようです.
過失・因果関係・損害の3要件が揃った医療過誤ではなくても(過失がない単なる医療事故であっても),医療事故を問題ないとして隠ぺいしたら,それ自体が問題でしょう,

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-07 20:04 | 医療事故・医療裁判

2012年5月6日,NPO法人水俣フォーラム第12回水俣病記念講演会~人間存在の極限に~

毎日新聞は,太っ腹です.
毎日新聞「水俣病:教訓を当事者らが語る 有楽町で6日 /東京」(2012年5月2日)は,次のとおり伝えました.

「水俣病事件の教訓を語り継ぐ「水俣病記念講演会」(水俣フォーラム主催)が6日午後1時から、千代田区の有楽町マリオン朝日ホールで開催される。」ことを伝えました.

 テーマは「人間存在の極限に」。当事者の側から杉本雄さん(72)が発言する。妻栄子さん(故人)も発症し、夫婦で患者救済運動に力を注いできた。

 他に作家の高橋源一郎さん、法政大教授の田中優子さんが、東京電力福島第1原発事故など現在の状況に触れながら水俣病について語る。長年、患者を診てきた医師の原田正純さんも参加予定。」


主催が「水俣フォーラム・朝日新聞社」のイベントでも,朝日新聞の名前をださなければOKなわけで,記事にしています.

日時
2012年5月6日(日)、午後1時~4時30分(12時30分開場)

会場
有楽町マリオン朝日ホール

講師
杉本雄(漁師・水俣病患者) 「私と家族の水俣病」
原田正純(医師) 「核時代のなかで」
高橋源一郎(作家・明治学院大学教授) 「3.11と水俣」
田中優子(日本近世文化・法政大学教授) 「水俣病にまなぶ旅」

主催
水俣フォーラム・朝日新聞社

後援
東京都教育委員会・NHK・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京・共同通信社・時事通信社・西日本新聞社・熊本日日新聞社

協賛
東京都生活協同組合連合会、パルシステム生活協同組合連合会、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生活協同組合・東京、自治労東京都本部、創価学会平和委員会、日本キリスト教協議会、ジーピーエス、グリーン・サーマル、ノーリン、九州ウッドマテリアル、環境構想研究所

入場料
一般=当日2200円、前売1600円/学生=当日1500円、前売1000円/全席自由
一般4枚つづり前売券=5000円

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-06 07:13 | 医療

大阪弁護士会,ゲームで裁判員!

パソコンゲーム作りが趣味の飯田幸子先生が言いだし,大阪弁護士会法教育委員会が企画・製作した裁判員裁判を疑似体験できるゲーム「スイートホーム炎上事件」が,5月中旬から,大阪弁護士会のホームページ上で無料公開される,とのことです.
真犯人探しに傾きがちな市販品とはちがって,裁判手続きをリアルに再現した,というものですので,学習効果が期待できそうです.

デモムービーがyou tubeで公開されています.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-06 06:37 | 弁護士会

タバコ会社の禁煙CMに喫煙をうながす効果あり

タバコ会社がスポンサーとなっている禁煙CMには,喫煙をうながす効果があることが報告されました.
一見禁煙をよびかけながら,喫煙をうながすCMができるとは! 
FCTC(WHO Framework Convention on Tobacco Control,タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約)13条とガイドラインは,タバコの広告・販売促進・スポンサーシップの制限・禁止しています.
そこであみだされた手法なのでしょうが,巧妙です.
そういえば,JTのマナー広告も,喫煙をうながす効果があるでしょう.

HealthDay「Anti-Smoking TV Ads From Tobacco Industry Don't Help」 
However, study found media campaigns from other sponsors were effective

THURSDAY, April 26 (HealthDay News) -- While anti-tobacco TV ads help reduce adult smoking, some ads work better than others, a new study says.

Researchers compared adults' smoking behaviors and their exposure to anti-tobacco TV ads in the top 75 U.S. media markets from 1999 to 2007. The ads were sponsored by states, private foundations, drug companies that were marketing smoking-cessation products and the tobacco industry.

The results showed that smoking rates were lower and more smokers said they intended to quit in markets where there was higher exposure to state-sponsored anti-tobacco ads, said study lead author Sherry Emery, a senior scientist at the Institute for Health Research and Policy of the University of Illinois at Chicago.

Higher exposure to state-sponsored, private-foundation and drug-company ads was associated with less smoking. Higher exposure to tobacco-industry ads was associated with more smoking.

"On the surface, the tobacco-industry ads were mostly anti-smoking and a little corporate promotion, but they weren't promoting the act of smoking," Emery said in a university news release. "But the effect of the ads is that they are associated with more smoking."

Emery and her colleagues were surprised by the finding that smokers in areas with more ads for smoking-cessation products were less likely to make an attempt to quit.

"Since we looked at the total amount of exposure to anti-smoking campaigns -- and the campaigns are very different -- our data suggests that it may not matter what you say to people, just that you're saying it a lot," Emery said.

The study was published in the April issue of the American Journal of Public Health.

More information

The American Cancer Society offers a guide to quitting smoking.

-- Robert Preidt

SOURCE: University of Illinois at Chicago, news release, April 19, 2012


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-05 00:32 | タバコ

髄液検査で血腫が神経を圧迫し両足麻痺,松山城東病院提訴の報道を読んで

日刊スポーツ「「検査ミスで両脚まひ」松山市の病院提訴」(2012年5月2日)は,次のとおり報じています.

 「松山市の松山城東病院で医師が誤った検査をした結果、両脚がまひするなどの症状が残ったとして、松山市の男性(51)が2日までに、同病院を運営する医療法人社団慈生会に、介護費や慰謝料など計約2億2700万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴した。

 訴状によると、髄膜炎などで治療中だった男性は出血しやすい体質で、腰から針を刺して髄液を抜き取る検査をすると血腫ができる危険性があった。それにもかかわらず、医師は2007年7月、2回にわたって男性に検査を実施。

 男性は直後から背中や腰の痛み、脚のしびれを訴えたが、適切な治療を受けられず、両脚がまひするなどの症状が出た。

 男性はその後、別の病院へ転院し、脊髄に針を刺したことによりできた血腫が胸から腰にかけて広がり、神経を圧迫していることが判明。男性は介護が必要な状態になったとしている。

 男性は「医師が誤診し、適切な検査と手術をしなかった結果、血腫を拡大させ後遺症を負った」と主張。慈生会は「弁護士に任せており、こちらから申し上げることはない」としている。(共同)」


愛媛新聞「「検査ミスで脊髄損傷」医療法人を損賠提訴 松山」(2012年5月2日)は,次のとおり報じています.

「脊髄に腰から針を刺して髄液を抜き取る髄液検査で、医師のミスにより脊髄が損傷し、その後の不適切な対応で両足や右腕に回復不可能な重度の後遺症が残って寝たきりになったとして、松山市の男性(51)が1日までに、病院を開設する同市の医療法人に対し、介護費や慰謝料など計約2億2708万円の損害賠償を求め松山地裁に提訴した。

 訴状によると、出血傾向がある人には血腫の危険性があるため用いてはならないとされているのに、医師は必要性を説明せず、2007年7月11日午前、出血傾向のある男性から「腰椎穿刺(ようついせんし)」の検査で2回にわたり少量の髄液を採取。男性は背中の痛みや足のしびれなどを繰り返し訴え、12日午後には足の知覚を失ったが、医師は適切な治療や検査をしなかった。14日昼に磁気共鳴画像装置(MRI)とコンピューター断層撮影(CT)の両検査で血腫が判明。その後、09年12月末まで二つの別の病院に入院したが、両足の機能を失うなど寝たきりで介護が必要な状態になったとしている。」


易出血傾向が認められる患者では脊髄硬膜外血腫のリスクが高まります.検査前の説明が紛争課を避けるためにも重要と思います.
易出血傾向が認められる患者が,検査後,背中の痛みや足のしびれなどを繰り返し訴えたときは,普通,血腫を疑い,画像検査を実施すると思います.
私は,現在,カテーテルによる血腫の事故を取り扱っていますので,興味深く読ませていただきました.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-03 03:50 | 医療事故・医療裁判

チッソ水俣病患者連盟事務局長,最後の一人が救われるまで自分は動き続ける

チッソ水俣病患者連盟事務局長の高倉史朗さんの写真と記事が読売新聞に掲載されていました.

「95年の「政治決着」では約1万人に一時金などが支給されたが、救済法ではさらに5万人以上が一時金や医療費が無料になる被害者手帳の支給・交付を申請した。民間医師団による集団検診ではこの1年余で1000人以上に水俣病にみられる症状が確認された。

 「日を追うごとに相談を受ける被害者の地域が広がっている」。その広がりに問題の根深さを思う。

 集団検診は6月にも1500人規模で予定されており、高倉さんも実行委員に名を連ねる。

 見直しを訴えてきた国の患者認定基準を巡っては、福岡高裁判決が2月、「十分とは言い難い」と否定したが、4月の大阪高裁判決は「医学的見解から相当」として判断が割れ、最高裁に決着が持ち越された。福岡高裁の裁判で原告の溝口秋生さん(80)を支援した高倉さんは言う。

 「半世紀以上たっても決着しないのは被害実態が直視されてこなかったから。最後の一人が救われるまで自分は動き続ける」


読売新聞「「最後の一人まで救う」 高倉・患者連盟事務局長」(2012年5月2日)ご参照

 認定基準を見直して,救済すべき被害者をもれなく救済する.それ以外に水俣病事件解決の途はないでしょう.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-02 06:03 | 医療

水俣病認定訴訟,最高裁で2訴訟とも勝訴しないと正義は残らない

南日本新聞「「被害者切り捨てだ」水俣病7団体が集会」(2012年4月30日)は,次のとおり報じています.

「国の対応などを相次ぎ批判する水俣病被害者団体の集会=30日、水俣市公民館 水俣病公式確認から56年を迎える5月1日を前に、被害者互助会など7団体が30日、熊本県の水俣市公民館で集会を開いた。関係者ら約150人が参加。逆転敗訴した認定義務付け訴訟大阪高裁判決や、特別措置法による救済申請を7月末で締め切る行政の対応に、「被害者切り捨てだ」などと批判が相次いだ。

 福岡高裁の認定義務付け訴訟で逆転勝訴した「溝口訴訟」原告側代理人の山口紀洋弁護士は、「同じ問題で高裁の判断が分かれた。最高裁では溝口訴訟の勝訴も危うくなる」と指摘。「両方とも勝たなければ、水俣病被害者は一生浮かばれず、正義は残らない」と呼び掛けた。

 熊本学園大の花田昌宣教授は「住民を守るべき行政が幕引きを図ろうとしている。水俣病の問題は終わらせてはいけない」と述べ、「負の教訓を未来に生かし、誇りを持てる水俣にするべきだ」と話した。」


逆転勝訴した福岡高裁判決(担当弁護士山口紀洋先生)と逆転敗訴した大阪高裁判決が,ともに最高裁にあがっています.
最高裁判決に期待いたします.

ちなみに,南日本新聞に,山口紀洋先生の写真が載っています.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-01 02:22 | 医療事故・医療裁判

米国皮膚病学会,ネイルサロンの「UVライト」と皮膚癌との関連性

There is some evidence that UV nail lights could be a risk factor for skin cancer.

IBTimes 「ネイルサロンの「UVライト」、皮膚癌につながると判明」(2012年5月1日)は,The New York Timesの記事から, ネイルサロンの「UVライト」照射と非メラノーマ性の皮膚がんとの関連性を報じています.

 「UV-A紫外線の影響については、昨年、皮膚がん家系ではない健康的な中年女性の手のひらに、非メラノーマ性の皮膚がんが現れた症例ふたつを、皮膚病学会が取り上げました。

 このふたつの例は、爪へ月2回のUVライトの照射を15年間継続した場合と、1年間に8回照射した場合でした。

 この調査により、皮膚癌とUVライトとの間に関係があることがわかったのです。」

「ニューヨーク大学の医学部助教授ロッシーニ・ラジ氏によると、毎週もしくは隔週でUVライトを当てた場合、紫外線照射線量はかなり多くなってしまうとのこと。

 ラジ教授は、紫外線の影響を考え、UVライトは控えめに使うよう、推奨しています。

 また、教授は「照射回数や時間を短くすることは、施術の時間は長くかかってしまうかもしれませんが、肌を守るうえでは非常に効果的です」と話しています。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-05-01 01:48 | 医療