弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

日弁連,「国会及び政府の事故調査報告書についての会長声明」

日本弁護士連合会(日弁連)は,2012年7月27日,国会及び政府の事故調査報告書についての会長声明」を発表しました.

7月5日の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」(国会事故調)の報告書と,7月23日の「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会」(政府事故調)の最終報告書について,次のとおり述べています.

「二つの報告書が一致して認定している点は、東京電力と国による事前の津波対策とシビアアクシデント対策が不適切であり、本件事故が東京電力と国による人災であるという点である。二つの公的な事故調査報告書の結論がこの点で一致したことは、今後の事故を巡る法的な責任を考える上でも決定的に重要な事実である。とりわけ国会事故調の報告書は、東京電力について「規制された以上の安全対策を行わず、常により高い安全を目指す姿勢に欠け」、「原子力を扱う事業者としての資格があるのか」との疑問を呈し、規制機関に対しては、「規制当局が事業者の虜(とりこ)となり、規制の先送りや事業者の自主対応を許すことで、事業者の利益を図り、同時に自らは直接的責任を回避してきた」とし、「規制する立場とされる立場が『逆転関係』となることによる原子力安全についての監視・監督機能の崩壊が起きた」として、何度も事前に対策を講じる機会があったことに鑑み、「今回の事故は『自然災害』ではなくあきらかに『人災』である」と断定している。当連合会も、この認識を共有するものである。

次に、二つの報告書が結論において食い違いを見せている二つの点についてコメントする。第1点は事故原因に津波だけでなく地震が関連しているかどうかである。国会事故調報告書の基本的な考えは、事故の推移と直接関係する重要な機器・配管類のほとんどが、この先何年も実際に立ち入ってつぶさに調査、検証することのできない原子炉格納容器内部にあることから、原因の特定が困難であるとしつつ、事故の主因を津波のみに限定すべきでないとして、具体的な根拠を挙げ、「特に1号機の地震による損傷の可能性は否定できない」としている。これに対して、政府事故調は最終報告書において、1号機について「地震発生直後から津波到達までの間、その閉じ込め機能を損なうような損傷を生じた可能性は否定される」としたが、「注」の中で、「閉じ込め機能を喪失するような損傷に至らないような軽微な亀裂、ひび割れ等が生じた可能性まで否定するものではない」として、国会事故調の見解を否定するものではないことを示した。国会事故調は津波に原因を限局していた昨年12月の中間報告における政府事故調の立場について「既設炉への影響を最小化しようという考えが東電の経営を支配してきたのであって、ここでもまた同じ動機が存在しているようにも見える」と厳しく指摘していたところであり、政府事故調が軽微とはいえ損傷を否定しなかったことには重大な意味がある。

もう一つの点は「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の情報公開の遅れをどのように評価するかについてである。本件事故では、原子炉が炉心溶融を起こしており、放射性物質が広範にまき散らされる危険性を持っているという基本的事実が秘密にされた。そして文部科学省などはSPEEDIにより、大気中の放射性物質の拡散予測を行っており、米軍には3日後に報告されていたが、これらは市民には速やかに公表されず、2011年3月23日に枝野官房長官が国会質問に答えて計算例を紹介し、原子力安全委員会も試算結果を公表した。この点について、国会事故調は原子炉の状況を予測する「緊急時対策支援システム」(ERSS)とSPEEDI は、「基本的に一定の計算モデルをもとに将来の事象の予測計算を行うシステムであり、特にERSS から放出源情報が得られない場合のSPEEDIの計算結果は、それ単独で避難区域の設定の根拠とすることができる正確性はなく、事象の進展が急速な本事故では、初動の避難指示に活用することは困難であった」としている。これに対して、政府事故調は放射性物質がサイトから北西方向に広がった2011年3月15日から16日にかけて計算結果が公表されていれば、住民は放射能濃度の濃い北西方向に逃げないで済み、被ばくは最小限に抑えられたと評価している。国会事故調の指摘するとおり、個別の地点での正確な被ばく量を積算できるだけのデータがもたらされなかったことは事実であるが、どの方角に逃げれば被ばくを低減できたかが問題となっていることからすれば、政府事故調の結論の方が放射性物質の降り注ぐ中を逃げまどった住民の疑問に正面から答えていると評価できる。

これら二つの報告書の公表に先立つ6月20日、原子力規制委員会設置法が成立し、既設炉に新たな審査基準を適用していくバックフィット制度が導入され、新たな基準に適合しなければ運転は認められないこととなった。国会事故調の調査を踏まえれば、新たに設置される原子力規制委員会において地震を含む事故原因に即した新たな安全審査基準を策定し、この基準に照らして安全性が確実に確保できるかどうかを真に独立した専門家の下で判断するという手続が最低限必要である。現在、大飯原発と志賀原発1、2号炉の敷地内に活断層が存在する疑いが指摘され、大飯原発3、4号機は既に政治判断によって運転が再開されているが、万が一にも深刻な事故を起こさせないという原発の安全審査の趣旨に照らせば、活断層調査は原子炉を停止させた上で実施することが正しい判断である。よって、政府はこの観点からも、大飯原発3、4号機の運転を停止し、原子力規制委員会が策定する新たな安全審査基準の下で審査を行うべきである。

最後に、国会事故調も政府事故調も事故原因の未解明な点についての調査の継続を求めている。国会事故調は、国会に原子力事業者及び行政機関から独立した、民間中心の専門家からなる第三者機関として「原子力臨時調査委員会(仮称)」を設置することなどを提言し、政府事故調は、「人間の被害」の全容について、総合的な調査を行ってこれらを記録にまとめ、被害者の救済・支援復興事業が十分かどうかを検証することを求めている。このような作業に着手することを、当連合会は国会と政府に強く求めるものである。」


同感です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-27 18:51 | 弁護士会

『たばこ病訴訟と裁判官の責任』

『たばこ病訴訟と裁判官の責任』_b0206085_18134163.jpg

伊佐山芳郎先生が,「日本の科学者47巻8号」に『たばこ病訴訟と裁判官の責任』を書いています.

伊佐山芳郎先生は,東京地方裁判所平成15年10月21日判決(浅香紀久夫,水野邦夫,内藤由佳)が国際的知見に明らかに反する判断を堂々と述べたのには驚かされた,と述べています.

横浜タバコ訴訟では,審理途中で裁判官が交代し,水野邦夫判事が裁判長となり,東京タバコ訴訟上告審の担当調査官であった宮坂昌利判事が右陪席となりました.
この横浜地方裁判所平成22年1月20日判決(水野邦夫,宮坂昌利,中島真希子)について,伊佐山芳郎先生は,司法が,日本たばこ産業と国のたばこ拡販政策の一翼を担う役割を果たし,問題の先送りをしただけの低レベルの判決であった,と総括しています.

さらに,判決を下した裁判官個人のレベルを超えて,司法のあり方自体が問われた裁判であった,とまとめています.

嫌煙権訴訟,東京タバコ訴訟,横浜タバコ訴訟に原告ら代理人として関与してきた弁護士伊佐山芳郎先生ならではの説得力ある論稿です.ご一読をお奨めいたします.

現在,浅香紀久夫判事はさいたま地方裁判所川越支部長兼さいたま家庭裁判所川越支部長に,水野邦夫判事は山形地方裁判所長兼山形家庭裁判所長に,宮坂昌利判事は東京地方裁判所民事23部総括判事に,内藤由佳判事補は退官し主婦に(幸せの感性を育てる「転ばぬ先のこそだて」の著者),中島真希子判事補は退官し弁護士(東京弁護士会・阿部記念法律事務所所属)に,それぞれなっています.このように,個々人をみれば,良識ある立派な方々ばかりなのですが,主観的には適切な事実認定を行い要件事実にそって判断し正しい判決を下したつもりが,客観的には疫学を無視し非科学的非常識な判決を下してしまったことにより,結果的に日本たばこ産業と国のたばこ拡販政策に荷担してしまったところに,この国の司法の問題があると思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-27 09:27 | タバコ

福岡県のガーゼ残置事故,大阪地裁で和解(報道)

毎日新聞「医療事故:体内にガーゼ28年間 旧県立柳川病院、胆のう手術で置き忘れ 男性と県、和解が成立 /福岡」(2012年7月26日)は,次のとおり報じています.
 
県は25日、旧県立柳川病院(07年に民間移譲)で82年に手術した男性患者の体内にガーゼを置き忘れたとみられる医療事故があり、男性側に250万円を支払うことで和解が成立したと発表した。ガーゼは28年経過した10年8月に摘出され、男性側が県に損害賠償を求めて昨年10月、大阪地裁に訴えていた。

 県によると、カルテなど証拠書類はないものの、当時の病院関係者の証言から、ガーゼは現在50代の男性が同病院で胆のう結石手術を受けた際に置き忘れた可能性が高いという。男性は01年ごろから腰や背中の痛みを訴え、在住する大阪府の病院で検査し、胃の付近に異物があるとして10年に手術。その結果、直径約6センチの固まりになっていたガーゼが摘出された。

 県側は「時効ではないか」と争ったが、裁判所の勧告を受け和解に応じた。県医療指導課は「男性には大変申し訳なく思っている」としている。【林田雅浩】」


1982年に手術した際に残置されたガーゼが,2010年に取り出されたわけで,2001年頃から腰や背中の痛みを訴えていても,それがガーゼ残置に起因するものとはわからなかったのです.時効を主張すべき事案ではありません.
このガーゼが旧県立柳川病院での1982年の手術の際に置き忘れた高度の蓋然性が認定できるなら,福岡県の責任を認めることができます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-26 19:27 | 医療事故・医療裁判

川崎市,病院名確認のマニュアル守られず,病院間違え救急搬送遅れる

東京新聞「病院間違え救急搬送遅れ 宮前消防署 男性重体」(2012年7月26日 10時)は,次のとおり報じています.

「神奈川県川崎市は二十五日、宮前消防署の救急隊が、脳出血の無職男性(70)の患者の搬送先を誤り、本来運ぶべき病院へ搬送し直すミスがあったと発表した。患者は意識不明の重体で集中治療室(ICU)で現在治療中。同市によると、搬送先の病院長から「搬送の遅れで病状が大きく変化したことはない」との説明を受けたとしているが、今後、医師らでつくる「市メディカルコントロール協議会」で搬送ミスの影響を検証するという。

 宮前消防署の庄司茂署長らによると、一一九番通報を受けた救急隊は二十四日午後七時四十分ごろ、男性の自宅に到着。酸素投与などをした上、午後八時ごろ、隊長(37)が車載の携帯電話で搬送先の病院を探し、連絡を取って受け入れの了解を取った。ところが、十五分後に到着した横浜市内のA病院で「連絡を受けていない」と聞かされてミスに気付き、約十分かけて本来搬送するべきB病院に向かったという。

 隊長がA病院に連絡を取ったと思い込んでいた電話は、実は名前の一部が類似するB病院とつながっていた。発信履歴を使って電話をかけた際、ボタンを押し間違えたとみられる。A病院とB病院は三キロメートルしか離れていなかった。治療のための準備など時間がかかるため、B病院に搬送し直した方が早く治療に取りかかれると判断したという。

 同署では三年前にも携帯で連絡先を間違える搬送ミスがあり、再発を防ぐため、電話口で必ず病院名を再確認し、複数の隊員が電話の発信履歴をチェックするとのマニュアルをつくっていたが、生かせなかった。同署は、隊長らの厳正な処分を検討するという。庄司署長は「基本行動を怠り、搬送が遅れた。男性と家族には大変申し訳ないことをしました」と頭を下げた。」


救急の搬送間違い事故がときどき報道されています.
ほとんどが確認ミスで,確認するだけで防止できる事故なのです.
川崎市で確認が行われなかったのはおそらく今回だけではないかもしれませんし,そもそも確認ミスは川崎市だけではないのかもしれません.
今回のことを教訓として,マニュアル遵守の重要性を再確認いただくことを願います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-26 19:04 | 医療事故・医療裁判

医療問題弁護団・35周年記念シンポジウム

医療問題弁護団・35周年記念シンポジウム_b0206085_105873.jpg

すこし先の話ですが,ご紹介いたします.充実した内容になりそうです.

医療問題弁護団・35周年記念シンポジウム
「医療事故対策の現状と課題~医療問題弁護団の政策形成への関わり~」


日時:2012年10月20日(土)14:00~17:00(開場13:30)
場所:中大駿河台記念館2階 281号室
   JR御茶ノ水駅下車徒歩3分
参加費:無料

第1部:弁護団からの報告「医療事故対策の現状と課題」14:00~
① 医療事故調査(院内事故調査・第三者機関)
② 医療被害救済・紛争解決制度(無過失補償、ADR、訴訟)
③ 行政処分・刑事責任

第2部:パネルディスカッション「事故調創設に向けて何が必要か」15:00~
<パネリスト>
川田綾子 氏(医療事故被害者遺族)
矢作直樹 氏(東京大学医学部救急医学分野教授。同附属病院救急部・集中治療部部長)


鳥集 徹 氏(ジャーナリスト)
甲斐克則 氏(早稲田大学大学院法務研究科教授。刑法・医事法学者)
宮澤 潤 氏(弁護士。全日本病院協会顧問)
細川大輔 氏(弁護士。医療問題弁護団副幹事長)
<コーディネーター>
木下正一郎氏(弁護士。医療問題弁護団副幹事長)

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-26 09:51 | 医療事故・医療裁判

『病院ほっとライン』

鳥飼総合法律事務所は,企業法務の事務所というイメージが強い中規模の法律事務所(代表弁護士のほかにパートナー弁護士が11人)ですが,そのサイトに『病院ほっとライン』がのっていました.

「『病院ほっとライン』は、事業承継から医療訴訟、不正請求、院内でのセクハラ・パワハラなどの様々な法律問題に対する相談を気軽にできる、医療機関向け会員制簡易法律相談サービスです。」(鳥飼総合法律事務所)

これをみると,事業承継のみならず,病院側での医療訴訟にも対応するようです.
これまでは,医療機関側で医療訴訟を担当する法律事務所はほぼ決まっていたのですが(東京では,新星総合法律事務所,小西貞行法律事務所,仁邦法律事務所,平沼高明法律事務所,西内・加々美法律事務所,虎ノ門南法律事務所,シリウス総合法律事務所,棚瀬法律事務所,木ノ元総合法律事務所など),弁護士が増えて仕事が減っているため,中規模あるいは大規模の法律事務所も医療機関側で医療訴訟を担当するようになってくるのかもしれません.
病院の意向,医師の意向,保険会社の意向が必ずしも一致しないことがあるので,その場合どのように対処するのかで,新規参入事務所の真価が問われることになるでしょう.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-26 01:03 | 司法

日本海総合病院,2人の看護師が同じ日に同じ患者のカルテに不正アクセス(報道)

スポーツニッポン「「知り合いなので興味あった」看護師がカルテ不正閲覧」(2012年7月24日)は,次のとおり報じています.

「山形県酒田市の日本海総合病院(栗谷義樹病院長、646床)で、看護師2人が患者の電子カルテを不正に閲覧したとして3月に訓告処分されていたことが24日、情報公開請求に基づき開示された文書などで分かった。

 病院を運営する山形県・酒田市病院機構によると、外部への情報漏れなどは確認されていない。カルテには病名をはじめ患者の個人情報が含まれているため、ほとんどの病院で閲覧は厳しく制限されている。

 同病院によると、2人は40代の男女で、別の部署に所属。2月14日、同じ患者の電子カルテをそれぞれ閲覧していた。女性看護師は「患者が知り合いだったので、興味があった」とし、男性看護師は「前の職場にいた時から閲覧の習慣があった」と話しているという。病院が実施した不正閲覧の調査で2人の閲覧履歴が見つかった。

 酒田市病院機構の脇川清道法人管理部長は「再発防止のため職員への指導を徹底したい」としている。」


医療者が知り合いだからという個人的関心でカルテ(個人情報)を閲覧するのは,不正アクセスです.
別の部署に属する2人の看護師が同じ日に同じ患者のカルテに不正アクセスしたのは,偶然ではなさそうです.
本件で,不正アクセスが発覚したのは,電子カルテで閲覧履歴が残っていたからです.紙カルテですと,不正閲覧の発見は難しいでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-24 19:11 | 医療

討論会『産科医療補償制度の本質を議論する』

NPO法人医療制度研究会が主催する,討論会『産科医療補償制度の本質を議論する』が,2012年7月22日,北里大学薬学部で開かれました.

キャリアブレイン「産科補償、原因分析の在り方めぐり討論会- 訴訟リスクなどが論点に」(2012年7月23日)は,次のとおり報じています.

「討論会では、開業医の立場から.池下レディースチャイルドクリニック(東京都江戸川区)の池下久弥院長が、原因分析報告書で医療行為が「誤っている」「劣っている」などの言葉で表現されることで、医療従事者が精神的に追い詰められたり、刑事責任を追及されたりするとの懸念を示した。
 また、原因分析報告書の分析内容について、日本産科婦人科学会や日本産婦人科医会の診療ガイドラインを守らなければ「有責」と判断される「ガイドライン至上主義」だと批判。「医師は一瞬、一瞬の判断を求められる。その判断がベストと思っても、予想外のことが起こることがあるのが医療行為であり、医師を責められない」と訴えた。さらに、原因分析委員会が医師以外も含めて構成されることに疑問を呈した。

 これに対し岡井氏は、昨年末までに原因分析報告書を送付した87例のうち、送付後に損害賠償が請求されたのは2例だけだと説明。「(脳性まひを発症すれば)かつては、半分くらいは何らかの行動が取られていた印象。これを下回ることは確実だ」と述べた。減少の理由については、原因分析委員会が医師に肩入れせずに原因を分析していることが、原因を知りたいと考える保護者の納得につながっているとの見方を示した。
 また、診療ガイドラインについて、「学会・医会の会員が、みんなで検討して『これは守りましょう』と自分たちが決めたこと。守っていないと指摘を受けるのは仕方ない」と述べた。原因分析委員会が医師以外も含めて構成されることについては、「一般の人が入っていることが、信頼を得る上で非常に大事」と強調した。【高崎慎也】」


過失があり真に回避できた被害については賠償されるべきです.そのような事案について訴訟リスクを回避しようとすれば,訴訟前の交渉の過程で相応の賠償に応じるべきでしょう.
例えば,その医師がそのとき主観的にベストと思って,分娩監視装置を装着せずに陣痛促進剤を投与し,その後医師にとって予想外のことが起きたとしたら,本当にその診療行為について責任を問われるのはおかしいのでしょうか.
池下氏の主張は,訴訟が過失がなく回避することも不可能な事案について起こされている(濫訴)という,誤った認識を前提にしているのではないでしょうか.

小林洋二先生は,「原因分析報告書で紛争が誘発され、裁判が頻発するという危惧には何の根拠もないことが明らかになりました。」と述べています.(「九州合同法律事務所のブログ」参照,「九州・山口医療問題研究会福岡県弁護団のブログ」ご参照)


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-23 15:54 | 医療事故・医療裁判

日弁連,滋賀県大津市の公立中学2年生の自殺事件に関する会長声明

日本弁護士連合会(日弁連)は,2012年7月20日,以下の「滋賀県大津市の公立中学2年生の自殺事件に関する会長声明」を発表しました.

「2011年10月、滋賀県大津市の公立中学校2年生の男子生徒が自殺した事件及びそれを巡る社会の反応は、子どもの人権が守られない我が国社会の実情を露呈している。

1986年に発生した東京中野富士見中学校のいじめ自殺事件以来、いじめによる深刻な人権侵害の克服が社会問題として焦眉の課題となってきたにもかかわらず、未だ有効な対策がとられていないことを示していると言わなければならない。

第一は、子どもたちのSOSに対して教師を始めとする学校関係者が耳を傾けなかった問題である。

報道によれば、男子生徒が継続的にいじめを受けていたことを多くの生徒が知り、教師に対応を求めていた生徒や、さらには、いじめに当たるような事実を認識していた教師がいたにもかかわらず、中学校は、いじめとは判断しなかったとされている。
文部科学省は、2009年3月に『教師が知っておきたい子どもの自殺予防』と題する冊子を発表し、子どものSOSを的確に捉えること、校内対策チームによる適切なアセスメントや医師等の専門家との連携をとることなどを求めてきていたが、今回の事態は、文部科学省の指針が徹底されていなかっただけではなく、これらの対策の前提ともなる学校関係者の子どもの声に耳を傾ける姿勢、さらにいじめを発見し止めさせる体制に大きな問題があったことを示している。

第二は、自殺が起きた後の中学校と教育委員会の調査の体制・方法に問題があったことである。

文部科学省は、2011年3月に「平成22年度児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議審議のまとめ」を発表し、正確な自殺の実態把握のための報告書統一フォーマットを提案し、また、自殺が起きた場合に中立的な立場の専門家を交えた調査委員会を設置して調査を行う指針を示し、2011年6月1日、「児童生徒の自殺が起きたときの背景調査のあり方について(通知)」を都道府県教育委員会等に発している。

ところが、報道によれば、中学校は、自殺の後、比較的短期間に2回にわたる全校生徒を対象とするアンケート調査を行い、いじめが存在しそれが男子生徒の自殺につながったことを示唆する複数の事実を把握していた。それを受けた大津市は、2011年11月、アンケート結果をもとに「複数の生徒のいじめがあった」と発表したものの、部内での検討のみで、自殺との因果関係については確認できないとしていた。
専門家を交えた調査委員会は、本年7月になるまで設置されておらず、文部科学省の提案・指針が学校や教育委員会に徹底されていないことを示している。

第三は、学校や教育委員会の対応のまずさが加害者とされている生徒に対する社会の過剰なバッシングを引き起こし、加害者とされている生徒の人権が侵害される事態が起きていることである。

生徒とその家族の実名や顔写真の公表をはじめとして生徒とその家族に対するバッシングは日を追うごとに激しさを増し、少年の健全な成長はおろかその生活の基盤そのものをも奪いつつある。

このような事態は少年の健全育成を目的とする少年法1条、そしてこの目的に基づき少年の更生・社会復帰を阻害することになる実名報道を禁止している少年法61条の精神に反するものである。
また、罪を犯したとされる子どもに対する手続の全ての段階における子どものプライバシーの尊重を保障した子どもの権利条約40条2項や、少年のプライバシーの権利はあらゆる段階で尊重されなければならず、原則として少年の特定に結びつき得るいかなる情報も公表してはならないとしている少年司法運営に関する国連最低基準規則(いわゆる北京ルールズ)8条にも抵触する事態が発生している。

第四に、教育現場におけるいじめに対する社会全体の理解の問題がある。

そもそも、文部科学省が指摘しているように、教育の現場におけるいじめは、子ども同志の葛藤、軋轢などを背景にして、いつでもどの子どもにも起き得る現象である。
これに加えて、国連子どもの権利委員会が指摘する我が国の競争主義的教育環境によるストレスの増大等の要因が加わり、いじめが深刻化していくのである。
いじめている子どもたちを加害者として責任追及するだけではなく、周囲の大人が子どもたちのSOSを見逃さず、早期発見と早期対策をとり、それを克服する道筋を見出す努力をすることこそが求められている。

そのためには、我が国が批准している国連子どもの権利条約の精神に立ち返る必要がある。

以上のような問題点があることを踏まえ、当連合会は関係者及び関係機関に対し、早急に適切な対策を講ずるよう求める。

当連合会は、従前より子どもの権利委員会を設けて、子どもの人権の救済と援助活動を行ってきた者として、いじめ自殺が未だ発生してしまう現状を心から憂うとともに、子どもの相談窓口の全国設置、強化などのこれまでの取組に加えて、子どもの権利に関する包括的な法律(子どもの権利基本法)の制定、子どもの権利の救済機関の設置などの活動に全力を尽くすことを誓うものである。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-23 00:25 | 弁護士会

第13回産科医療補償制度運営委員会,第4回制度見直しの検討

2012年7月20日の産科医療補償制度運営委員会に,2009年1月から2012年6月末までの審査件数が357件で,補償対象が327件と報告され,またヒアリングなどで出された意見をまとめた資料を提出されました.

現行制度は,「分娩に関連して重度脳性まひを発症した児」を要件の一つとしていますが,「関連」の判断が難しいため,周産期の要因で発症した場合に対象を広げるよう求める意見があります.
現行制度は,生後6か月未満で死亡した児は対象となりませんが,生後6か月未満で死亡した児と,6か月を過ぎて死亡した児の格差が大きい,との指摘もあります.
児の生死や重症度などによって補償金額に差をつけるべきとの意見もあります.

9月以降,1)補償の対象範囲,2)補償金,3)調整の在り方,4)原因分析の在り方,5)運営組織の機能分割などについて検討されます.

キャリアブレイン「産科補償見直しの議論、9月から本格化- 補償金支払い方法などが焦点」参照

なお,前回の「第12回産科医療補償制度運営委員会 議事録」が日本医療機能評価機構産科医療補償制度運営部のサイトにアップされました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-07-22 17:32 | 医療