弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2014年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

武田薬品の降圧剤カンデサルタン(ブロプレス),グラフが論文と宣伝で異なる

毎日新聞「降圧剤:武田薬品の宣伝に論文と別グラフ…京大病院調査へ」(2014年2月28日)は,次のとおり報じました.

 
「武田薬品工業の降圧剤カンデサルタン(商品名ブロプレス)の効果を調べた京都大、大阪大などのチームによる臨床試験について、論文のグラフと同社が宣伝に引用した際のグラフが異なっているとの専門家の指摘があり、京都大病院が調査することが分かった。

 田村憲久厚生労働相は28日の閣議後の記者会見で「状況を確認し、適切に対応したい」と話した。

 疑問点を指摘する京都大病院の由井芳樹医師の意見が、25日付の米医学誌ハイパーテンション(電子版)に掲載された。この試験は、患者約4700人を2グループに分け、カンデサルタンと別の降圧剤とで脳卒中発症などの影響を比較し、「発症抑制効果に差はなかった」などと結論付けた。2006年に学会発表し、08年に同誌で発表された。

 由井医師によると、この試験が同社の薬の宣伝に使われた際、論文にあるグラフとは異なるグラフが引用されていた。由井医師は「試験は一つなのにグラフが複数あるのは不自然。宣伝に使ったグラフの方が、持続して病気を抑える効果があるように見える」と話す。

 武田薬品は「研究チームから提供されたグラフをそのまま使った」と説明している。同社は試験の中心となった京都大EBM研究センターに07年度以降、計約6億円を提供していた。【河内敏康、八田浩輔】」


由井芳樹医師は,2012年4月,ランセット誌に,バルサルタン投与群の血圧の平均値・標準偏差と比較対照群の血圧の平均値・標準偏差が試験終了時に奇妙に一致していることを指摘した医師です.
カンデサルタンについても,バルサルタン問題と同様の展開をみせる可能性があります.

【追記】
NHK「武田薬品 薬品宣伝問題で謝罪」(2014年3月3日)は,次のとおり報じました.

「大手製薬会社「武田薬品工業」が、高血圧治療薬の臨床研究の結果を宣伝広告に使った際、データが一部書き換わり、臨床研究の結果と異なる内容の宣伝が行われていた問題で、3日、「武田薬品工業」が会見し、誤解を与える宣伝だったとして謝罪しました。

この問題は、「武田薬品工業」の高血圧の治療薬「ブロプレス」が、狭心症や脳卒中をどのくらい抑えられるかを調べた臨床研究の結果を、平成18年ごろ薬の宣伝広告に使った際、一部データが書き換わっていたほか、複数の専門家が解説する形で「ブロプレス」をより長期に使うと狭心症などになる割合が減っていくなどと、臨床研究の結果と異なる宣伝をしていたものです。
「武田薬品工業」の長谷川閑史社長らは3日会見し、臨床研究の結果と異なる宣伝をしていたことについて事実を認め、誤解を与える内容だったとして謝罪しました。
一方、データが書き換わっていた点については、会社としてはデータにはアクセスできないため、改ざんしたりねつ造したりしたことはないと述べました。
武田薬品工業は、さらに第三者機関による調査を行い、詳しい事実関係を公表したいとしています。
長谷川社長は「不適切な点があったことを深く反省しおわび申し上げます」と述べました。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-28 23:28 | 医療

東京高裁で因果関係を立証し逆転勝訴判決

昨日(平成26年2月26日),東京高等裁判所で,請求認容(勝訴)の判決をもらいました.
私と馬場望弁護士が控訴審(東京高裁)から担当した事件です。

医療訴訟は,過失(注意義務違反)・因果関係・損害の3点を患者側が立証する必要があります.
原審の東京地裁判決は,過失を肯定し,因果関係を否定し,原告(患者)の請求を棄却しました.
私と馬場望弁護士は,東京高裁から代理人となり,医学意見書と医学文献を裁判所に提出し,因果関係を立証しました.その結果,原審判決は取り消され,控訴人(患者)の請求が認容されました.いわゆる逆転勝訴判決です.
因果関係立証の重要性を改めて実感しました.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-27 02:43 | 医療事故・医療裁判

山形県立河北病院,ガーゼを置き忘れ,300万円で和解(報道)

共同通信「病院、体内にガーゼ放置25年 山形、患者と和解」(2014年2月26日)は,次のとおり報じました.

「山形県立河北病院(同県河北町)は26日、同病院で手術した50代の女性患者(同県在住)の体内にガーゼを25年間にわたり放置する医療事故があり、患者に賠償金300万円を支払うことで和解が成立したと発表した。

 同病院によると、1985年8月に女性患者に盲腸の手術をした際、ガーゼを置き忘れた。2010年に患者が腹部に痛みを感じたため別の病院で検査を受けたところ腫瘍が見つかり、県立中央病院での摘出手術で腫瘍の中にガーゼが見つかった。

 河北病院は同年12月に医療事故として公表。病院と患者の示談交渉が難航したため、患者側は13年1月に山形簡裁に調停を申し立てた。」


ガーゼの置き忘れ事案については,医療機関の過失が認められます.
通常は,示談で終わりますが,病院の提案が低額で納得できないときは,第3者が加わる解決システムに持ち込むべきでしょう.調停もそのシステムの一つです.
本件は,ガーゼ置き忘れと腫瘍とがまったく無関係とも思えませんが,因果関係が立証されたわけではありませんので,諸般の事情を考慮して300万円で和解したのでしょう.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-27 02:01 | 医療事故・医療裁判

藤沢市民病院、食べ物を誤って喉に詰まらせた窒息死事案について400万円で和解(報道)

神奈川新聞「藤沢市民病院訴訟 市と和解成立、遺族へ400万円/神奈川」(2014年2月25日)は、次のとおり報じました.

「藤沢市民病院(同市藤沢2丁目)は24日、2009年6月に発生した女性患者=当時(67)=の死亡について遺族から提起されていた損害賠償請求について市が遺族側へ400万円を支払うことで和解が成立した、と発表した。

 同病院によると、09年6月、入院中の女性患者が食事中に容体が急変し亡くなった。遺族は12年2月、「死因は食べ物を誤って、喉に詰まらせたことによる窒息死で、病院がこれを回避する診療上の注意義務を怠った」として、損害金約3620万円を求める訴えを東京地裁に起こしていた。

 同病院は「今後このような事故が発生しないよう努力していく」としている。」


入院患者が食事中に食べ物を詰まらせて亡くなった事故の和解金は、事案に応じてさまざまです.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-26 02:16 | 医療事故・医療裁判

透析中に異常を知らせるブザーが鳴ったのに確認を怠った看護師を業務上過失致死罪で書類送検(報道)

時事通信「患者死亡で看護師書類送検=人工透析中に大量出血-業過致死容疑で・警視庁」(2014年2月24日)は、次のとおり報じました.

「東京都町田市の「あけぼの第二クリニック」で2010年6月、人工透析を受けていた女性患者が大量出血で死亡した事故で、警視庁が業務上過失致死容疑で、当時同クリニックの看護師だった40代の男性を書類送検したことが24日、捜査関係者への取材で分かった。
 送検容疑は10年6月14日午後、人工透析を受けていた同市の無職女性=当時(73)=の左足に挿入されていたチューブが外れたことに気付かず、透析を続けて大量出血させ、翌15日に出血性ショックによる低酸素脳症で死亡させた疑い。チューブは透析機器を通った血液を体内に戻すためのものだった。
 捜査関係者によると、元看護師の男性は、女性の透析開始から約3時間後、異常を知らせるブザーが鳴って機器が停止したのに、原因を特定しないまま透析を再開。数分後に再びブザーが鳴ったため、他の看護師と改めて確認したところ、チューブが外れて血液が漏れていたことが分かった」


異常を知らせるブザーが鳴ったのに、確認を怠り、チューブが外れて血液が漏れていたことに気づかず、そのため患者を出血性ショックで死亡させたのですから、本来は略式起訴が相当な事案ではないでしょうか.ただ、本件は遺族との間で示談が成立し、遺族は積極的に処罰を求めていないため、警察が「処分相当」で送っていますので、不起訴となる可能性が大きいでしょう.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-26 01:50 | 医療事故・医療裁判

青森県立中央病院、急性動脈閉塞症による右腕切断事案で7600万円で裁判上の和解(報道)

共同通信「病院側7600万円支払いで和解 医療ミスで女児の腕切断」(2014年2月25日)は、次のとおり報じました.

「青森市の女児(6)が右腕を切断することになったのは、青森県立中央病院(青森市)の医療ミスが原因として、女児と両親が病院を管理する県に約9400万円の損害賠償を求めた訴訟は、25日までに青森地裁(浦野真美子裁判長)で和解が成立した。病院側が7600万円を支払う。1月17日付。

 訴状などによると、2008年1月に未熟児として生まれた女児は、中央病院に入院していた同2月、右腕にカテーテルを挿入する処置を受けた際、誤って動脈を傷つけられ、動脈閉塞を発症。その後の処置も不十分で右腕が壊死し、切断されたとしていた。

 女児側が13年1月に提訴していた。」


 未熟児として1か月前に生まれた児の右腕の血管へのカテーテル挿入は難度が高い手技でしょうが,動脈閉塞症発症は避けられない合併症であるとは言えないと思います.動脈合併症さらに腕切断という悪しき結果を回避すべき注意義務が医師に課せられていて,本件はその注意義務に違反した事案である,と考えられます.

 0歳の児の腕切断という結果はきわめて重大です.
 病院側は、5000万円弱の示談による解決を提案していましたが,患者側が金額に納得せず提訴した事案です.請求金額には届きませんでしたが,7600万円は和解としては適切な金額といえるのではないでしょうか.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-26 00:31 | 医療事故・医療裁判

東京地裁平成26年2月20日判決,補助人工心臓エヴァハートの被験者死亡で東京女子医大に賠償命じる(報道)

msn産経「東京女子医大に賠償命令 治験参加の女性死亡 東京地裁」(2014年2月20日)は,次のとおり報じました.

「東京女子医大病院(新宿区)で治験中の補助人工心臓を装着した女性=当時(41)=が死亡した問題で、遺族が大学側に約3100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、東京地裁で言い渡された。菅野雅之裁判長は「体格が基準を満たしていないのに治験を実施した」として、約850万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は平成19年3月、治験に参加し、補助人工心臓「エバハート」の埋め込み手術を受けた。いったん退院したが約1年半後、脳出血のため死亡した。

 菅野裁判長は、手術と死亡の因果関係を認めたうえで、女性は治験対象の基準より小柄だったと指摘、「被験者保護のため基準は厳格に扱われるべきで、医師の裁量を安易に認めることはできない」とした。

 東京女子医大は「判決を詳細に見ていないので、現時点ではコメントできない」としている。」


被験者保護のためのプロトコール(protocol)に違反したことにより,民法上も違法と認定し,損害賠償を認めた判決です.
「プロトコルの内容は,現実には被験者において治験に参加するか否かを判断するに際して,唯一の客観的な資料になるものと考えられ,被験者は,治験に参加するに当たって,当然にプロトコルの内容が遵守されることを前提にしているものと考えられる。したがって,両当事者の合意内容という意味合いにおいても,プロトコルの内容は,合意の一部を形成するものというべきであるから,その違反は民事法上の違法性を有するものと認められるべきである。」と判断しました.治験におけるプロトコール(protocol)の重要性を正しく評価した判決です.
原告代理人弁護士は,医療問題弁護団の安東宏三先生,細川大輔先生,高梨滋雄先生ほかです.
東京女子医大はおそらく控訴するでしょうが,東京高裁がこの東京地裁判決を覆すのはかなり難しいのではないでしょうか.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-21 09:51 | 医療事故・医療裁判

喫煙者とは交際したくない→89%、喫煙者とは絶対に交際したくない→57%

マイナビニュース「米国人の9割が喫煙者とは交際したくないと回答。絶対に交際しないは6割弱」は、次のとおり伝えています.

「喫煙が恋人を遠ざける!?

Match.com(マッチ・ドットコム)とファイザー社はこのほど、21歳以上の米国人1,020人を対象に実施した「禁煙と交際」に関する調査結果を発表した。

初デートで許せないことは「喫煙休憩」

同調査は2013年11月30日~12月6日にかけて実施。まず、喫煙者との交際についての調査では、89%が交際したくないと答え、57%が喫煙者とは絶対に交際しないと考えていることが明らかとなった。また、最初のデート時の許せない行為についても、携帯電話のチェック(45%)や遅刻(40%)をおさえて喫煙休憩が最も多く、51%だった。

次に、喫煙者と交際する時に心配なことについて尋ねたところ、喫煙者の長期的な健康(78%)、喫煙者本人のたばこの臭い(75%)、自宅や車のたばこの臭い(80%)、自分の健康(62%)が上位となった。また、気分の良いキスについて聞いてみると、78%がきれいな息を上位に挙げ、同じく78%がたばこ件を吸った後の喫煙者とはキスしたくないと考えていることが分かった。

米国では、喫煙は予防可能な病気および早期死亡の原因の第1位を占めており、18歳以上の米国人のうち4,530万人(19.3%)が喫煙者となっている。また米国では、毎年40万人以上(毎日1,200人以上)が喫煙に関連した病気のために死亡している。」


そういえば、印象ですが、喫煙者同士、非喫煙者同士の結婚が多いように思います.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-21 02:18 | タバコ

米公衆衛生局長官報告The Health Consequences of Smoking - 50 Years of Progress

健康百科「いくつ当てられる? 最近分かったたばこ関連の病気 米当局が発表」(2014年2月5日)は、次のとおり、米公衆衛生局長官報告"The Health Consequences of Smoking - 50 Years of Progress")の内容を伝えています.

「1965年~2014年に喫煙や受動喫煙で2,083万人が寿命より早く死んでいると報告。この中には、喫煙に関連するがんや呼吸器疾患、心臓病のほか、喫煙による住宅の火災による死者(8万6,000人)も含まれている。」

喫煙・受動喫煙に関連する病気は次のとおりです.、

◆喫煙と関連する病気
口腔咽頭がん、
喉頭がん、
食道がん、
気道・気管支・肺がん、
急性骨髄性白血病、
胃がん、
肝臓がん、
膵臓がん、
腎臓・尿管がん、
子宮がん、
膀胱がん、
大腸がん

脳卒中、
失明、
白内障、
加齢黄斑変性、
妊娠中の喫煙による先天性口唇・口蓋裂
歯周病、
大動脈瘤、
若年成人期からの腹部大動脈の硬化、
冠動脈疾患、
肺炎、
動脈硬化性末梢動脈疾患、
慢性閉塞性肺疾患、
結核、
喘息、
その他の呼吸器疾患、
糖尿病、
女性の生殖機能の低下(妊孕性=にんようせい、妊娠しやすさ=の低下など)、
大腿骨近位部骨折、
異所性妊娠(子宮外妊娠)、
男性の性機能低下(勃起不全=ED)、
関節リウマチ、
免疫機能への影響、
健康状態全般の悪化

◆受動喫煙と関連する病気
◾子供:
中耳の病気、
呼吸器症状、
肺機能の悪化、
下部呼吸器疾患、
SIDS
◾大人:
脳卒中、
鼻の刺激症状、
肺がん、
冠動脈疾患、
女性の生殖機能の低下(低出生体重)」



今回の公衆衛生局長官報告で,新た関連性が明記された病気は,次のとおりです.

◆喫煙と関連する病気
肝臓がん、
大腸がん
加齢黄斑変性、
妊娠中の喫煙による先天性口唇・口蓋裂
糖尿病、
異所性妊娠(子宮外妊娠)、
男性の性機能低下(勃起不全=ED)、
関節リウマチ、
免疫機能への影響

◆受動喫煙と関連する病気
脳卒中

(出典:U.S. Department of Health and Human Services"The Health Consequences of Smoking - 50 Years of Progress")」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-21 01:49 | タバコ

八戸市立市民病院,試験に合格したが免許登録しない臨時職員がリハビリを実施していた

読売新聞「免許無登録で医療行為 臨時職員を免職」(2014年2月20日)は,次のとおり報じました.

「国家試験には合格したものの、国に免許登録をしないで理学療法士として医療行為を行っていたとして、八戸市立市民病院は19日、男性臨時職員(26)を18日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 同病院によると、昨年5月に男性を臨時職員として採用した際、国家試験の合格通知は確認したが、免許証の写しの提出がなかった。これまでに6回催促したが、「見つからない」「再交付申請をしたが、まだ届かない」などと繰り返していたという。今年1月中旬に病院が直接厚労省に確認したところ、試験には合格していたが免許登録をしていない事がわかった。

 男性は約8か月間、患者に歩行訓練や筋力訓練などのリハビリを行ってきたが、勤務態度は良好で、患者の評判もよかった。男性は「試験に合格すれば、申請は遅れても問題ないと思っていた」と説明したという。

 同病院の工藤朗事務局長は「信頼を大きく損なう行為で、深くおわびする」とし、今後は採用時に免許証原本の提示を求め、確実な資格確認を行うという。」


理学療法士及び作業療法士法第3条は「理学療法士又は作業療法士になろうとする者は、理学療法士国家試験又は作業療法士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。」と定めています.
病院は,採用時に資格を確認すべきでしょう.

患者は,理学療法士だと思ってリハビリを受け,病院から請求された診療費用を病院に支払っていたわけですが,無資格者の行為ですから本来請求すべき性格のものではありません.診療費用の返還が問題になるのではないか,と思います.また,病院のこの臨時職員に対する損害賠償も検討されるべきではないか,と思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-20 07:48 | 医療