弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2014年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2014年3月15日、札幌で、薬害オンブズパースン会議の水口真寿美氏がディオバン問題の背景を講演、

薬害オンブズパースン会議のサイトに、薬害オンブズパースンタイアップ札幌総会記念講演の案内が掲載されています.


「歪められる医薬品評価 ~臨床試験をめぐる不正問題が提起した課題~」

講師:水口真寿美氏 (薬害オンブズパースン会議事務局長、弁護士)

日時:2014年3月15日(土) 14:30~

場所:佐藤水産文化ホール(札幌市中央区北4条西3丁目 交洋ビル3階
    〈札幌駅南口駅前〉)

参加費:500円


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-11 02:04 | 医療

訃報,渥美東洋先生

中央大学名誉教授の渥美東洋先生が,2014年1月30日午後3時,虚血性心不全のため東京都内の病院で逝去しました.79歳でした.
一部のネットでは2月1日に流れていましたが,新聞各紙は昨日訃報を流しました.

渥美東洋先生の刑訴法は,英米法系で,言葉自体が別物でしたが,影響を受けた法曹は少なくありません.往年の中大には,渥美刑訴に魅せられた学生が多数いました,天才渥美先生の伝説は,先輩から後輩へ語り継がれていました.

別れと言えば 昔より この人の世の 常なるを
流るる水を 眺むれば 夢はずかしき 涙かな
(惜別の歌2番)

ご冥福をお祈り申し上げます.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-07 02:29

CVS、全米店舗でのたばこ販売を10月までに取り止め

WSJ「CVS、全米店舗でのたばこ販売を10月までに取り止め」(2014年2月6日)は,次のとおり報じました.

「米2位のドラッグストアチェーン、CVSケアマークは5日、全米の店舗で10月までに全てのたばこ製品の販売を中止すると発表した。健康サービスを提供する会社として、たばこ販売はふさわしくないと判断した結果としている。

初期治療医の不足が予想される中、ドラッグストア各社は、単に薬を販売するだけでなく、新たに健康保険に加入した人も含め米国人に基本的な健康サービスを総合的に提供することを目指している。こうした流れを反映したCVSの今回の決断は、同社に取って大胆かつ高くつくものだ。

一方、1000億ドル(約10兆円)市場であるたばこ業界は、販売不振や増税、拡大する禁煙区域と健康被害キャンペーンの新たな高まりに対峙しており、今回の動きは一段の打撃となる。

CVSは今回の決定による今年の減収額について、たばことその関連製品を合わせ約20億ドルに上ると推定している。これは1株あたり0.06〜0.09ドルの減収で、来年からは同0.17ドルとなる計算だ。CVSは年間売上高が1230億ドルを上回り、14年は1株当たり4.36〜4.50ドルの利益を予想している。

ただ、CVSは今回のたばこ販売中止戦略によって、病院や保険会社、医師グループなどとのさまざまな提携関係を構築する上で、同業他社に差を付けられると信じている。処方薬の歴史的な売り上げ減少が続く中で新たな企業像を模索するCVSやウォルグリーンなどのドラッグストアチェーンにとって、こうした提携は極めて重要だ。

CVSは、店舗内にクリニックを開設すれば、将来的には薬剤師の薬販売時のアドバイスとともに、待ち時間が長くなりがちな既存診療所の代わりになりうると期待している。CVS最高経営責任者(CEO)のラリー・マーロ氏はインタビューで、この戦略では店舗カウンターの後ろの棚にたばこや葉巻、噛みたばこ製品が陳列されているのは矛盾する、と説明した。

マーロ氏(58)はもともと薬剤師で2011年にCEOに就任したが、「ヘルスケアを提供する会社にたばこの存在余地はない」とし、「CVSが単なるドラッグストアからヘルスケア会社へ変貌を遂げようとしている中で、これは時宜にかなった正しい決断だ」と述べた。

 今回のCVSの決断は、同業のウォルグリーン、ライトエイド のみならず、小売りチェーン大手ウォルマートにも、同様な措置を迫る圧力となることが予想される。各社とも、より良い健康管理の提供を宣伝して顧客をつかもうとしているためだ。

 また、オバマ大統領も今回のCVSの決定について「影響力の強い前例となる」と指摘、「ガンや心臓疾患などのたばこ関連の病死を減らす現政権の試みを前進させるもので、医療費の節減にもつながる」と称賛した。」


タバコ販売を止めることで,企業イメージがアップし,顧客をつかむことが出来るでしょう.
日本の企業も,タバコの自動販売機を撤去したり,コンビニでのタバコ販売を中止することを考えてもよいと思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-06 21:17 | タバコ

村上春樹氏の「ドライブ・マイ・カー」に中頓別町町議が質問状

北海道新聞「村上春樹氏の小説「事実でない」 北海道・中頓別町議が「たばこポイ捨て」で質問状」(2014年2月5日)は,次のとおり報じました.

「月刊誌「文芸春秋」が昨年12月号に掲載した作家村上春樹氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」に、宗谷管内中頓別町ではたばこのポイ捨てを「普通にやっていることなのだろう」という記述があり、同町の町議有志が「町民には屈辱的だ」などとして文芸春秋に質問状を送ることを決めた。

 小説は、主人公の俳優が同町出身の24歳の女性を専属運転手として雇う内容。女性が火の付いたたばこを車の窓から投げ捨てる場面で、主人公の感想として「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と記されている。

 この記述に宮崎泰宗(やすひろ)町議(30)らが反発。質問状で、町の9割を森林が占める中頓別では山火事防止や環境美化の意識が高く、たばこのポイ捨てが少ない現状を説明。町名を載せた理由をただし、「実在の町名を使うなら、住民の暮らしぶりや環境整備の取り組みを取材していただきたかった」と要望した。

 2月中の回答を求め、7日までに内容証明郵便で発送する。」


村上春樹氏の小説「ドライブ・マイ・カー」に,中頓別町出身の運転手渡利みさきが,タバコを窓から捨てた際,(渡利みさきが中頓別町町について一年の半分近く道路は凍結していますと述べたことから)俳優が「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」という感想をもった,という趣旨の描写があります.
これについて,中頓別の町議が問題にしたわけです.
中頓別町でタバコポイ捨てがみんなが普通にやっっていることというのは,作中の俳優の感想にすぎません.
この町議の対応はいかがなものでしょうか.

北海道新聞「村上春樹氏「ポイ捨て」修正 北海道・中頓別の有志が納得 「町に足運んで」と返信」(2014年2月19日) は、次のとおり報じました.

「【中頓別】月刊誌「文芸春秋」が昨年12月号に載せた村上春樹氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」の中の、宗谷管内中頓別町ではたばこのポイ捨てを「普通にやっていることなのだろう」とした記述に同町の町議有志が反発し、文芸春秋に質問状を送った件で、同社から回答書が届いた。有志はこれに納得し18日、「回答書のお礼」と題した文書を同社に送り、決着した。

 村上氏は既に7日、この件を「心苦しく、残念」とし、単行本収録の際は「町名を変える」などとする見解を発表。10日付の同社からの回答書は、この見解全文を記した上で「付け加えることはありません」とした。

 これに対し、町議有志は、回答に感謝し「(村上氏に)迅速かつ誠意あるご対応をいただいた」「(中頓別に)足を運んでいただけたら幸いです」などとする文書を発送した。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-06 08:26

西海市の診療所の投薬ミスで示談成立(報道)

毎日新聞「投薬ミス:平島診療所患者に 西海市が示談金 /長崎」(2014年2月5日)は,次のとおり報じました.

「西海市は4日、平島診療所(同市崎戸町)で昨年9月、患者(80代女性)に渡す薬の量を通常の2倍にするミスがあったことを議会に報告した。患者に健康被害はなかったが、市は患者側に慰謝料など23万円を支払うことで示談した。」


報道の件は私が担当したものではありません.
報道の件は,投薬量を間違えたが健康被害はないというケースでの示談です.
医療過誤は,(1)「過失(注意義務違反)」と(2)「損害」と(3)「過失(注意義務違反)と損害との間の因果関係」の3要件が認められることが必要です.
ただし,「過失(注意義務違反)」だけでも,期待されたあるべき医療が受けられなかったことを損害として若干の賠償はなされるべき場合があります.
健康被害が生じない投薬ミスの事例で23万円の示談が成立したことは,同様の事案での示談において参考となるでしょう.



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-05 23:40 | 医療事故・医療裁判

「子宮頸がんワクチン」定期接種の積極推奨再開に反対する院内緊急集会

薬害オンブズパースン会議のサイトに,以下のとおり,2月6日の院内集会の案内が載っていますので,ご紹介します.


「厚労省の審議会は、1月20日の会合で、子宮頸がんワクチン接種後に多数発生している広範な疼痛や運動障害は針を刺した疼痛の刺激や不安が惹起した「心身の反応」であるとし、接種後1か月以上経過して発症した症例は接種との因果関係が乏しいなどとする結論をまとめ、次回会合では積極推奨再開に向けた議論が進められようとしています。

 しかし、審議会の結論に科学的根拠はなく、積極推奨再開という結論ありきで被害者を切り捨てようとする審議会及び厚労省の姿勢に、被害者たちは怒りの声を上げています。

 薬害オンブズパースン会議は、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会ほかとの共催により院内緊急集会を開催します。集会では、子宮頸がんワクチンの問題点及び審議会の不当性を明らかにするとともに、被害者たちが被害の実情を訴えます。

 ぜひ多くの方のご参加をお願い致します。

  日時: 2014年2月6日(木) 13時~14時30分

  会場: 参議院議員会館101(講堂から変更になりました)

      有楽町線・南北線・半蔵門線永田町駅 1番出口から徒歩2分
      丸ノ内線・千代田線国会議事堂前駅 1番出口から徒歩7分
      南北線・銀座線溜池山王駅 5番出口から徒歩9分
   
      ※出口までに時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

  主催: 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会
      日本消費者連盟
      ワクチントーク全国
      薬害対策弁護士連絡会
      薬害オンブズパースン会議」


【追記】

朝日新聞「「痛みは心身の反応」結論に抗議 子宮頸がんワクチン」(2014年2月6日)は、次のとおり報じました.

「子宮頸(けい)がんワクチン接種後に長期的な痛みを訴える人が相次ぎ、国が接種の推奨を中止している問題で、厚生労働省の検討会が痛みの原因を「心身の反応」と結論づけたことに全国の被害者や支援者が6日、抗議した。約200人が参議院議員会館で「接種推奨の再開ありきの結論だ」と声を上げた。

 「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」などが主催し、茨城県の中学2年の生徒は「医者になる夢を捨てずにがんばっているが、身体が言うことをきかない。気のせいだと言われ、とても悔しい」と訴えた。「薬害オンブズパースン会議」の水口真寿美弁護士は「スモンやサリドマイド薬害でも未知なる疾患が起きた。新しいワクチンには未知の副反応が起こりうるという理解がない」と批判した。

 被害者を支援する神奈川県大和、鎌倉、愛知県碧南、熊本県合志の各市議も参加。各市で全接種者にアンケートしたところ、いずれも4割前後の人に体調異常が起きていることが報告された。「全国調査をすべきだ」と訴えた。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-04 03:43 | 医療

抗凝固薬イグザレルトで間質性肺炎、死亡例も

抗凝固薬イグザレルトは、国内2番目の経口FXa阻害薬です.(一番目はドキサバン(リクシアナ)です.)

バイエル薬品株式会社は. 2014 年 1 月30日、イグザレルト®錠 10mg,15mg. ― 適正使用についてのお願い ーを公表し、間質性肺炎について注意を呼びかけました.

2012年4月から2014年1月までに間質性肺炎があらわれた症例が13例あり、なかには死亡に至った症例もあった、とのことです.なお、死亡例が何例あったかは公表されていません.

「咳嗽、息切れ、呼吸困難、発熱、肺音の異常が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT、血清マーカーなどの検査を行い、間質性肺炎が疑われた場合には、投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等適切な処置を行ってください」とのことです.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-02 01:43 | 医療

愛知県が心身障害者コロニー中央病院の医師を民間病院でのアルバイトを理由に1か月の停職処分(報道)

毎日新聞「兼業禁止規定:アルバイト医師を停職1カ月 愛知県」)2014年1月31日)は,次のとおり報じました.

「愛知県は31日、地方公務員法の兼業禁止規定に違反し、許可を得ずに民間診療所でアルバイトの診察をしたとして、あいち小児保健医療総合センター(同県大府市)に勤務する男性外科医師(60)を停職1カ月の懲戒処分にした。医師は26年間にわたって約700回の診療を行い、報酬約3500万円を受け取っていた。

 県病院事業庁などによると、医師は県心身障害者コロニー中央病院(同県春日井市)で勤務していた1984〜2009年に、同県豊橋市の民間診療所で、年休を利用し毎月1〜4回の診療をしていた。医師は「(当時の)先輩医師の依頼で手伝うようになった。自覚が足りなかった」と話しているという。

 医師は13年12月、部下から指摘を受けて報告した。県はほかの医師についても、アルバイトの有無を調査している。【高橋昌紀】」


朝日新聞「県立病院医師、26年間兼業で3500万円 停職処分へ」(2014年1月31日)は,次のとおり報じました.

「愛知県あいち小児保健医療総合センター(同県大府市)の部次長級の男性医師(60)が26年間にわたり民間病院でも診療し、計3500万円の報酬を得ていた。県の調べに医師はアルバイト行為を認めており、県は31日付で地方公務員法違反(兼業禁止)で停職1カ月の懲戒処分にした。

 県の発表によると、男性医師は2009年度まで所属した県心身障害者コロニー中央病院(同県春日井市)に勤務当時、09年3月まで26年間、勤務時間外に同県豊橋市の民間病院で手術や診療を繰り返した。報酬は1回5万円だった。

 医師はコロニー中央病院の先輩医師から紹介されてこの兼業を始め、勤務先には一切伝えなかった。兼業は「病院内でそれなりの地位になり多忙になった」として辞めたという。

 コロニー中央病院は、全国有数の心身障害者の専門病院。染色体異常などを診療する小児内科や脳性麻痺(まひ)などをみる小児神経科などを持つ。

 愛知県では04年にも県立病院で別の男性医師の兼業が発覚。民間病院で手術を繰り返し報酬約478万円を受け取ったとして減給の懲戒処分を受けた。県は直後に県立病院で兼業の有無を調査したが、今回の処分の件は確認できなかった。」


地方公務員法第38条は,次のとおり定めています. 
「職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。」

公務員が,休みの日に,無償のボランティアを行ったり,無償で実家の田植えを手伝ったりするのはよいのですが,報酬を得てアルバイトをするには許可がいるわけです.

福岡県職員(運転手)が声優の仕事をしていたことがわかり,処分が検討されている,というニュースもありました.

しかし,公務員の仕事に影響しなければ,兼業を禁止する必要はなく,処分する必要はないように思います.

公務員の兼業禁止については,職務への影響がなければ原則として許可する,という取り扱いが合理的と思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-01 09:42 | コンプライアンス

金沢地裁輪島支部平成26年1月30日判決,ガーゼ残置で約318万円の賠償命令(報道)

読売新聞「女性の体にガーゼ残され体調悪化、市に賠償命令」(2014年1月31日)は,次のとおり報じました.

「石川県輪島市の市立輪島病院で手術を受けた際に、体内にガーゼを残され体調が悪化したとして、同市の40歳代女性が、病院を経営する市と執刀した男性医師を相手取り、約1980万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、金沢地裁輪島支部であった。後藤誠裁判官は医療ミスを認め、輪島市と医師に計約318万円の支払いを命じた。

判決によると、女性は1997年9月、右卵巣腫瘍の摘出手術を受けた際、使用したガーゼを体内に残された。その後、女性は動悸どうきや息切れが生じるなど体調が悪化し、2011年6月に同病院で卵巣腫瘍と診断された。同年7月に別の医師が手術したところ、卵巣腫瘍ではなく直径約9センチの腫瘤しゅりゅうとガーゼが発見された。

後藤裁判官はガーゼが体内に残されたことにより、腸と癒着して腫瘤ができ、女性の体調が悪化したと認定。手術の影響により今後、女性には腸閉塞発症の危険があるとした。一方、依然として家事労働が制限され、後遺障害があるとした女性の主張は退けた。

市立輪島病院は読売新聞の取材に対し、「原告の方につらい思いをさせたことは誠に申し訳ない。判決については真摯しんしに受けとめ、今後も再発防止に努める」としている。」


ガーゼ残置事故も絶えません.本件判決は,同種事案の賠償額の参考になると思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-01 00:27 | 医療事故・医療裁判