弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

法務省訟務局内に新組織設置

時事通信「TPP訴訟対応で新組織=法務省が4月にも」(2016年2月8日)は,次のとおり報じました.

「法務省は、環太平洋連携協定(TPP)発効後に想定される訴訟に対応するため、訟務局内に新組織を設置する方針を固めた。岩城光英法相が8日の衆院予算委員会で明らかにした。新組織は、民事や行政訴訟で国の代理人を務める訴訟検事の経験者らで構成、4月にも発足する。」

水俣病訴訟など国を被告とする訴訟が敗訴に終わったことから,また安保,TPPなどの訴訟が予測されることから,平成27年4月10日,訟務局が新設され,優秀な人材が集められ,人的にも強化されました.法務省によれば,「訟務局新設に伴い関係機関の協力を得て,応援要員として訟務検事,任期付弁護士を併せて9名を本省訟務企画課に新たに配置した。これらの者が,新たに行う業務を主として担当している。」とのことです.
訟務局には,訟務企画課,民事訟務課,行政訟務課,租税訟務課,そして訟務支援管理官がおかれています.訟務支援管理官は,各府省庁担当者と連携し,予防法務も含め新たな法的支援を行うものです.

この訟務局新設から1年たった今般,訟務局内に設置される新組織に注目したいと思います.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-09 00:29 | 司法

伊藤若冲氏生誕300年

伊藤若冲氏生誕300年_b0206085_065661.jpg


伊藤若冲氏は,正徳6年2月8日(1716年3月1日)に,京都錦小路にあった青物問屋の長男として生まれました.

「若冲」は,老子45章に由来します.
大成若缺 其用不弊
大盈若冲 其用不窮

大成は欠くるがごとく その用はすたれず
大盈はむなしきがごとく その用はきわまらず

「若冲」は,「冲(むな)しきが若(ごと)く」という意味で,真の充実は一見むなしくみえるが窮することがないものである,という老子の思想を背景にしています.
生涯独身で,世間の雑事には全く興味を示さず,一見むなしい人生のようにもみえますが,ひたすら画業に集中し,高く評価される作品を残しました.
鳥獣花木図屏風, 象と鯨図屏風,樹花鳥獣図屏風,虎図,老松白鳳図,芍薬群蝶図, 芦雁図, 普賢菩薩像、,牡丹小禽図,紅葉小禽図,南天雄鶏図,雪中鴛鴦図,紫陽花双鶏図等真の充実です.

五条通の青物問屋が奉行所に働きかけ錦市場が閉鎖されそうになったときは,活躍し,錦市場を守りました.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-08 00:07 | 趣味

平成28年度同29年度日本弁護士連合会会長に大阪弁護士会の中本和洋先生が選ばれました

平成28年度同29年度日本弁護士連合会会長選挙の結果,大阪弁護士会の中本和洋先生が会長に選ばれました。(正式な開票結果の確定及び当選者の決定は平成28年2月12日です.)

2月5日18:00現在の投票率は47.18%で,埼玉弁護士会,千葉県弁護士会,茨城弁護士会,岩手弁護士会以外はすべて中本和洋候補が獲得しました.
日弁連のサイトに仮集計結果が載っています.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-06 08:53 | 弁護士会

日付なしの死亡診断書を用意した医師と日付けを記入した看護師らを医師法違反容疑で書類送検(報道)

NHK「日付なしの死亡診断書用意 医師法違反容疑で書類送検」(2016年2月5日)は,次のとおり報じました.

「三重県名張市の特別養護老人ホームの嘱託の医師が、日付を入れていない死亡診断書をあらかじめ作って施設側に渡し、死亡確認をせずに遺族に交付したとして、警察はこの医師など3人を医師法違反の疑いで書類送検しました。
書類送検されたのは名張市の特別養護老人ホーム「名張もみじ山荘」に嘱託で勤務するA医師(73)と、施設の職員で36歳と48歳の看護師2人の合わせて3人です。
警察によりますと、3人は去年、入居していた90代の女性と80代の男性が亡くなった際、死亡確認をせずに死亡診断書を交付したなどとして、医師法違反の疑いがもたれています。日付を入れていない死亡診断書を、医師があらかじめ作って施設側に渡し、亡くなったあとに看護師が日付を記入していたということです。去年11月に三重県が刑事告発したのを受けて警察が捜査していました。
調べに対し、医師は「夜間に往診をしたくなかったし、遺族に早く遺体を引き渡してあげたかった」と、容疑を認める供述をしているということです。警察によりますと、5年前の施設の開設以降、書類送検された分を含めて合わせて19人の死亡診断書について同じような不正が確認されたということです。」


死亡診断書(死体検案書)は,人の死亡に関する厳粛な医学的・法律的証明であり,死亡者本人の死亡に至るまでの過程を可能な限り詳細に論理的に表すものとされています.
医師法第20 条は,「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら
出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。」と定めています.なお,通知で「医師法第20条ただし書は、診療中の患者が診察後24時間以内に当該診療に関連した傷病で死亡した場合には、改めて診察をすることなく死亡診断書を交付し得ることを認めるものである。このため、医師が死亡の際に立ち会っておらず、生前の診察後24時間を経過した場合であっても、死亡後改めて診察を行い、生前に診療していた傷病に関連する死亡であると判定できる場合には、死亡診断書を交付することができる」とされています.

この医師は,生きているうちに,死因などを記入し,死亡日時を空欄にした死亡診断書を特別養護老人ホーム「名張もみじ山荘」側に渡していたというのですから,医師法違反にあたります.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-05 23:51 | 医療

高知地裁平成28年2月2日判決,高知刑務所の転送義務違反で880万円の賠償を命じる(報道)

朝日新聞「高知刑務所で勾留中の男性死亡、国に880万円賠償命令」(2016年2月2日)は次のとおり報じました.

「高知市の高知刑務所で2009年、殺人罪で起訴勾留中の男性被告(当時55)が死亡したのは刑務所が早く病院に転送しなかったためだとして、男性の遺族が国に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、高知地裁であった。石丸将利裁判長は刑務所側の転送義務違反を認め880万円の賠償を命じた。

 判決によると、男性は09年7月8日午後に嘔吐(おうと)やけいれんを繰り返して意識を失った。午後7時45分ごろ、刑務所の医師の指示で監視カメラ付きの一室に移し経過を観察した。男性は午後9時5分ごろに心肺停止状態で救急搬送されたが、翌日未明に死亡した。司法解剖で死因は胃の入り口付近からの出血によるショック死とされた。

 判決は、男性の症状から「刑務所内での医療的対応は困難で、転送すべきだった」と指摘。一方で救急搬送先の医師も出血を見つけられず「早晩、死亡した可能性を排斥できない」とした。男性は高知県香南市で知人男性を刺殺したとして09年6月に殺人罪で起訴されていた。」


 本件は私が担当したものではありませんが,転送義務と救命の相当程度の可能性について参考になる判決です.死亡した可能性を排斥できないとのことですが,死亡しなかった相当程度の可能性を認めたものだと思います.

これに対し,東京拘置所の転送義務違反について,後遺症が残らなかった相当程度の可能性を否定し,国家賠償請求を認めなかった最判(1小)平成17年12月8日があります.
  「適時に転送されていたなら後遺症が残らなかった相当程度の可能性」より,「適時に転送されていたなら死亡しなかった相当程度の可能性」のほうが緩やかですので,いずれの判決も適切と思います.

  相当程度の可能性で認められる慰謝料は,400万円が多いのですが,400万円と決まっているわけではなく,本来慰謝料は諸般の事情を総合考慮して決めるべきものですので,慰謝料800万円は合理的な数字と思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-04 23:55 | 医療事故・医療裁判

雪池忌

2月3日は,福澤諭吉氏の命日(雪池忌)です.

福澤諭吉氏は,『民情一新』でイギリスの憲法を手本とする憲法を提案していました.
同じ考えの大隈重信氏が「密奏」を行い,イギリス型の議院内閣制の方向に進みかけたときに,これに反対する伊藤博文氏と井上馨氏が,18881年,大隈重信氏と慶應義塾門下生を政府から追放し,憲法案は白紙になりました(1881年の政変).
もし,この政変がなければ,大日本帝国憲法は,イギリス型の議院内閣制となり,その後の歴史は変わったでしょう.
憲法は,国と歴史を左右する大事なものです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-03 08:17 | 日常

NHKあさイチに岡本光樹先生が出演しました

2月1日のNHK「あさイチ」の<悩ましい!近隣トラブル>に、ベランダ等の喫煙問題に詳しい弁護士の岡本光樹(おかもとこうき)先生が出演しました.

「あさイチ」のサイトに、「ベランダ喫煙など、近隣住民とのトラブルに悩む人の相談窓口」として次の二つが紹介されています.

「東京の三つの弁護士会共催による「公害・環境何でも110番」」
公害や環境に関する相談、身近な生活環境に関わるトラブルなどについて弁護士が電話で行う無料法律相談です。
ホームページ:http://niben.jp/soudan/service/110ban.html

「無煙社会をめざす会」東京定例会
ベランダ喫煙などのタバコに関する問題を解決するための勉強会です。
(原則として)第3金曜日 午後6時30分~午後8時45分


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-02 01:42 | タバコ

WHO、喫煙シーンのある映画を成人指定に

WHO(世界保健機関)は、2016年2月1日、映画の喫煙シーンが若者を喫煙に誘導しているとして、タバコを吸うシーンがある映画を成人向けに指定するよう勧告しました.

「WHOによりますと、アメリカでは2014年のハリウッド映画のうち喫煙シーンがある作品が40%余りに上ったほか、喫煙を始めた未成年のうち37%が映画などをきっかけにタバコを吸い始めたという調査結果もあるということです。」(NHK「喫煙場面ある映画は成人指定を WHOが勧告」)

これで、映画の喫煙シーンは減り,喫煙が減少することを期待します.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-02-02 01:21 | タバコ