弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

福井地判平成28年3月23日,肝損傷出血性ショック死亡事案で,福井厚生病院の過失認める(報道)

福井新聞「福井厚生病院に支払い命令、地裁 医療訴訟、原告の主張一部認める」(2016年3月24日)は,次のとおり報じました.
 
「2010年に福井市内での交通事故により負傷した女性=当時(78)=が、搬送先の福井厚生病院(同市)で死亡したのは、医師が転院など適切な措置を怠ったためとして、遺族が1650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、福井地裁であった。林潤裁判長は原告の主張を一部認め、病院側に220万円の支払いを命じた。

 判決理由で林裁判長は「シートベルトの圧迫があり、肝損傷を疑うことはできた。適切に状態を把握し転院などの措置を取るべきだった」と認定。一方で、適切に転院措置を取ったとしても死亡を防げたとまでは認められないとした。

 判決によると、女性は10年2月8日午前、夫が運転する車の助手席に同乗して福井市内を走行中、交差点でトラックと衝突し、同病院に搬送された。胸などの骨折により整形外科に入院。間もなく血圧が低下したため外科で再検査したが、同日午後、肝損傷による出血性ショックで死亡した。

 遺族の1人は「病院側の過失を認めてもらえた」と話した。病院側は「判決内容を重く受け止めている。判断を尊重したい」としている。」


これは,私が担当した事件ではありません.
因果関係について厳しい認定となっていますが,報道では事案の詳細が分かりませんので,,適否はなんとも言えません.
なお,林潤判事は,医療集中部で医療事件の経験を積んだ裁判官です.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-24 20:56 | 医療事故・医療裁判

熊本大学医学部附属病院,胃がんと誤診したとして提訴される(報道)

熊本県民テレビ「誤診で胃切除と熊大病院を提訴」(2016年3月22日)は,次のとおり報じました.

「胃がんと誤診され、手術の必要がないのに胃の3分の2を切除されたとして、益城町に住む40代の男性が熊本大学医学部附属病院に対し1500万円の損賠賠償を求める裁判を起こしていることが分かった。病院側は「訴状の内容を確認中のためコメントは控えたい」としている。」

これは,私が担当した事件ではありませんので,詳細は不明です.
昨年神戸地裁で兵庫県立加古川医療センターが胃がんではない70代男性の胃を誤って切除した医療事故について解決金2千万円を支払うことで和解が成立したと報じられていました.
本件もそれと同様に取り違えミスであったとしたら,病院は賠償責任を負うことになるでしょう.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-22 23:29 | 医療事故・医療裁判

厚労省,医師と歯科医師19人を行政処分

毎日新聞「厚労省 医師や歯科医師19人処分 医業停止3年〜3カ月」(2016年3月11日)は,次のとおり報じました.

「厚生労働省は11日、医師や歯科医師計19人を、刑事事件で有罪が確定したなどの理由で医業停止3年〜3カ月とする行政処分を発表した。免許の取り消しはなかった。処分は25日に発効する。【古関俊樹】

処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、処分理由。敬称・呼称略)

<医業停止3年>
勤務先なし、A(44)覚せい剤取締法違反など
▽大阪市、a診療所、B(61)詐欺
▽長崎県佐世保市、bクリニック、C(59)同
▽神奈川県大和市、c歯科クリニック、D(42)同
▽埼玉県富士見市、d歯科、E(63)強要未遂

<医業停止2年>
大阪市、e内科クリニック、F(56)覚せい剤取締法違反
▽東京都調布市、f病院、G(30)同
▽勤務先なし、H(58)同

<医業停止8カ月>
愛媛県西条市、g歯科診療所、I(60)道路交通法違反

<医業停止4カ月>
北九州市、h医科大学i病院、J(31)道路交通法違反
▽茨城県境町、j医療センター病院、K(32)同
▽長崎県諫早市、医療法人k会l病院、L(38)同

<医業停止3カ月>
愛知県安城市、社会医療法人財団m会n病院、M(36)迷惑行為防止条例違反
▽東京都江東区、公益財団法人o会p病院、N(38)同
▽札幌市、医療法人社団q会r歯科、O(47)診療報酬不正請求
▽北海道帯広市、s歯科クリニック、P(55)同
▽仙台市、t歯科医院、Q(64)同
▽岡山県倉敷市、医療法人u会v病院、R(93)同
▽仙台市、w整形外科、S(57)」


詐欺は,診療報酬関係の詐欺です.
強要は,裸写真を合成しての退職強要です.
業務上過失致死等の医療過誤がらみの処分は「ありません.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-21 08:45 | コンプライアンス

横浜弁護士会,依頼者に性的行為を繰り返した弁護士を業務停止2カ月の懲戒処分

横浜弁護士会は,2016年3月14日,「当会会員の業務停止処分発表にあたっての談話」を発表しました.

「本日、当会は、平成28年2月18日付懲戒委員会の議決に基づき、当会のA会員に対し、業務停止2月の懲戒処分を言い渡し、同処分は即日効力を生じました。

同会員は、依頼者の女性に対し、多数回にわたって性的行為を繰り返し、依頼者に謝罪して節度ある行為を誓った後にも、同様の行為に及んでおり、女性が受けた心身のショックは大きなものがあります。
同会員に、当初は依頼者を元気づける気持があり、恋愛感情があったとしても、依頼者の心理の機微を慮ることなく、専門的で複雑な手続を必要とする医療訴訟に支障が生じることを案じる心理に乗じ、優越的な立場を利用した行為であるといわざるを得ません。
基本的人権の擁護と社会正義の実現の担い手である弁護士が、その使命に反して依頼者を傷つけたのみならず、依頼者と市民の弁護士に寄せる信頼をも損なったことは、誠に遺憾です。

被害を受けられた女性や市民の皆様に対し、会を代表して、深くお詫び申し上げます。
当会は、本処分を厳粛に受け止め、会員の一人一人が弁護士倫理について改めて自覚し、会と会員をあげて弁護士及び弁護士会に対する市民の皆様の信頼を回復すべく一層の努力をしていく所存です。」


産経新聞「弁護士を業務停止2カ月 依頼女性にわいせつ行為繰り返し「恋愛感情あった」 横浜」(2016年3月14日)は,次のとおり報じました.

「横浜弁護士会は14日、依頼者の女性に性的行為を繰り返したとして、所属するA弁護士(60)を業務停止2カ月の懲戒処分にした。2014年、女性から懲戒請求があった。

 同会によると、08年1月から女性の代理人として医療過誤に関する訴訟などに従事。13年11月~14年4月、胸をもんだり下半身を触ったりする性的行為を8回にわたって繰り返した。「恋愛感情があった」と話しているという。

 同会の竹森裕子会長は記者会見で「女性が受けた心身のショックは大きなもの。優越的な立場を利用した行為と言わざるを得ず、誠に遺憾だ。深くおわび申し上げる」と述べた。」


過去の同様の事案との均衡もあるのでしょうが,依頼者の人権を踏みにじる悪質な事案は退会命令でよいのではないでしょうか.この弁護士の言い訳は,恋愛感情の意味をまちがっていますし,いい年をして分別もなくこのような行為をするのはいかがなものでしょうか.このような弁護士が,平和・人権・護憲を口にし,真摯に取り組むべき医療訴訟を担当していたことは腹立たしいかぎりです.
ちなみに,第二東京弁護士会は,先日,否認していても退会命令をだしました.

もっとも,2か月の業務停止処分でも,依頼者が離れていきますので,また新規に依頼する人はほとんどいないでしょうから,通常の弁護士業務を続けるのは現実にはきわめて困難でしょう.
懲戒が誕生日の翌日というのは,偶然でしょうか.
定年ではないですが,自主的な廃業を示唆しているとみるのは深読みでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-18 22:49 | 弁護士会

米国最高裁判事候補3人に絞られる→メリック・ガーランド判事を指名

米国最高裁判事候補3人に絞られる→メリック・ガーランド判事を指名_b0206085_5453750.jpg2月13日に急死した保守派のアントニン・スカリア最高裁判事の後任がリベラル派になると,微妙な均衡のうえにあった米国最高裁の判決の流れが変わると予想されます.
ワシントン・ポスト誌は。オバマ大統領は。候補者を6人から3人に絞ったと伝えています.
メリック・ガーランド(Merrick Garland)判事,スリ・スリ二バサン(Sri Srinivasan)判事,
ポール・ワトフォード(Paul Watford)判事です.

President Obama reportedly is down to three finalists for Supreme Court vacancy


【追記】

オバマ大統領は,3月16日,メリック・ガーランド(Merrick Garland)判事を指名しました.
オバマ大統領は,この指名は保守とリベラルの妥協であることを強調しています.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-16 07:19 | 司法

カリフォルニア州の議会,喫煙可能年齢を21歳に引き上げる法案を可決

TBS「米加州議会、喫煙可能年齢を21歳に引き上げる法案可決」(2016年3月11日)は,次のとおり報じました.

「アメリカ・カリフォルニア州の議会は、喫煙できる年齢を現行の18歳から21歳に引き上げる法案を可決しました。知事が署名して成立すれば、州レベルではハワイに次いで2番目になります。

 カリフォルニア州議会の上下両院は、現地10日までに、たばこの購入と使用が可能になる年齢を現行の18歳から21歳に引き上げる法案を可決しました。電子たばこへも適用されます。

 この法案は、民主党議員が「青少年のニコチン依存症を防ぐとともに、医療費を削減できる」として提出しましたが、たばこの利益団体などが廃案をめざし強力なロビー活動を展開するとともに、共和党議員を中心に「自己決定権を侵害する」などと反対していました。

 法案の支持団体によると、アメリカでは、ニューヨーク市など既に120以上の自治体が喫煙可能年齢を引き上げています。州レベルでは2番目ですが、カリフォルニア州は人口が全米最大だけに、他の州の議論へも影響を与えるとみられています。」


 日本では,成年年齢の引き下げに伴い喫煙可能年齢についても引き下げようとする動きがありますが,引き上げが正しい選択でしょう.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-14 05:10 | タバコ

日弁連臨時総会,イノシシに罠をしかける若手弁護士

日弁連臨時総会,イノシシに罠をしかける若手弁護士_b0206085_50373.jpg日弁連の臨時総会が3月11日霞が関の弁護士会館で開かれました.

岐阜では8000円の捕獲報奨金をもらうためにイノシシに罠をしかける講習を受けた若手弁護士がいた,とのことです.これは,弁護士を増やすとイノシシが減るという風桶話ではなく,弁護士供給過剰の傍証として述べられたようです.北尾 トロ氏著『猟師になりたい!』,千松信也氏著『ぼくは猟師になった』などを読んで,イノシシに罠をしかけてみたかったのでは,という気もしないでもないのですが...

弁護士が供給過剰かどうかは,議論が絶えません.
数が増えたことで質が低下したかもいつも議論されます.
(正確には,①弁護士の質が低下したか否か,②質の低下の原因が弁護士の数が増えたことによるのか,の2つの論点があります.)私の個人的な感覚ですが,弁護士の質には問題があると思います.
国民のためにどうすればよいのか,という視点が大事なように思います.

日弁連執行部案は可決されました.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-13 14:32 | 弁護士会

日本医療安全調査機構,2月の医療事故調査制度の現状報告

日本医療安全調査機構は,3月9日,2月の医療事故調査制度の現状報告を公表しました.

「医療事故報告受付件数25件,累計140件
相談件数142件,累計871件
医療調査報告(院内調査)18件,累計33件
センター調査の依頼件数0件,累計1件」


このまま推移すると医療事故報告受付件数は,年間で350件程度にとどまるでしょう.
医療事故調査制度が根付き,有用な原因究明と実効的な再発防止につながることを期待します.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-12 03:44 | 医療事故・医療裁判

医学部看護学科教授が論文の盗用・改ざんで懲戒解雇

国立大学法人○○大学は,平成28年3月9日,医学部看護学科教授が発表した原著論文に研究活動における不正行為である「盗用」及び「改ざん」が行われたものと認定し平成28年1月28日に懲戒解雇処分にしたことを公表しました.

◆ 盗用
「① 対象研究者が平成24年12月20日に単著で学会誌へ投稿した原著論文(調査対象論文)とその論文の基になったとされる修士論文を比較検証した結果、調査対象論文の論述や数値データが修士論文のものとほぼ同一(約95%)であり、修士論文から31ヵ所373行、及び対象研究者に提出された修士論文草稿から2ヵ所3行にわたって流用されている。
② 対象研究者は、単著の原著論文とした理由について、「修士論文作成者と連絡が取れなかったため、共同研究者としての立場で判断し、単著で投稿した」と説明しているが、対象研究者及び修士論文作成者からの意見聴取の結果、修士論文作成者が修士論文作成に当たって一人でデータの収集や解析を行ったと認められ、論文作成に必要な情報の共有はできていなかった。当該研究に実質的な関与がないにも関わらず、単著の原著論文として投稿している。
③ 対象研究者は、修士論文作成者に連絡が取れなかったと説明しているが、対象研究者及び修士論文作成者からの意見聴取の結果、修士論文作成者への連絡及び承諾を得る努力をしたとは認められず、修士論文を安易に無断使用している。」


◆ 改ざん
「調査対象論文は、修士論文作成者が収集した調査データをそのまま用いて作成されたにも関わらず、当該論文の調査期間に示されている年月と実際のデータ収集期間が食い違っており、対象研究者への意見聴取の結果、この調査期間に実際にデータ収集が行われた事実はなく、調査期間の年月を真正でないものに変更している。」

◆ 重大な懸念事項
「① 調査対象論文と修士論文は研究協力施設から収集した同じデータを解析した結果から導き出されたものであり、二つの論文に示されている結論もほぼ同じである。しかし、調査対象論文と修士論文に記載されている統計解析図には顕著な相違がみられる。対象研究者への意見聴取の結果、調査対象論文の統計解析図は、修士論文の最も重要となる回帰分析の結果を本文中から削除し、相関関係の解析結果に基づいた図が作成され、本来の重回帰分析の結果を踏まえた結論との間に齟齬が生じたものと認められた。図が不適切に変更されたことは、科学論文として非常に問題である。
② 対象研究者の本件行為は、修士論文作成者の努力に敬意を払うことなく、研究成果を公表する上でのオーサーシップ・ルールを無視し、かつ、研究成果公表の公益性を理由として教え子の論文を盗用し自らの原著として発表している。対象研究者の本件行為は、研究倫理規範を逸脱する不適切なものであっただけでなく、大学院生の研究指導にあたる教育者として、信義にもとる倫理違反があったものと認められた。」


論文は研究者の業績です.これらのことは,研究者として最も行っていけないことです.この教授は,本件以外にも,後輩・若手研究者の研究を自分のものとして発表していたことはなかったのでしょうか.

◆ 再発防止策
再発防止策については,次のとおり述べています.
「本学では、本事が起きる前から研究活動の不正行為に対する対応方針を定めて取組を行ってきたが、対象研究者は、指導教員でありながら指導学生の著作権に関する認識を欠いていたばかりでなく、研究活動の不正行為に関する学内規程をはじめ、研究活動上の基本的なルールを理解していたとは言えず、コンプライアンス意識が低かったと言うほかない。
本件を受けて、平成27年度から、修士論文を院生の希望により、機関リポジトリにおいて全文公開や第三者への文献複写も可能とし、広く社会に向け研究論文として公開することとしている。
また、現在、新たに策定された「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日、文部科学大臣決定)を踏まえ、研究活動の不正行為を防止するための全学的な統括組織を構築し、研究不正防止計画を策定して、着実に対応を進めており、本年度は、従前から実施している定期的な研究倫理教育研修会に加えて、研究者全員に文部科学省が指定した研究倫理教材「科学の健全な発展のために」の通読を義務化し、併せて通読レポートの提出を課した。今後、本教材の通読レポート(①通読しての評価、②所属の専攻にとっての過不足または改定案、③本学のオリジナルな研究倫理教材・教育として必要なこと)から得られた意見や要望を不正防止計画に反映させ、研究倫理教育の更なる充実と改善を図ることとしている。」


研究活動における不正行為の事案が後を絶ちません.ガイドラインは,研究者個人のモラルに委ねるのではなく,大学等の研究機関が責任を持って不正行為の防止に関わることを求めています.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-11 06:54 | コンプライアンス

大津地裁平成28年3月9日決定,高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定

NHK「高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定」(2016年3月9日)は, 次のとおり報じました.

高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定
福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機について、大津地方裁判所は、「住民の生命や財産が脅かされるおそれが高いのに、関西電力は安全性の確保について説明を尽くしていない」として稼働中の原発に対して初めて、運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。関西電力は、異議を申し立てることにしていますが今回の決定によってすみやかに原子炉を止めなければならなくなりました。
福井県にある関西電力・高浜原発3号機と4号機について、滋賀県内の住民29人は、再稼働前の去年1月、運転の停止を求める仮処分を申し立てていました。これについて、大津地方裁判所の山本善彦裁判長は9日、3号機と4号機の運転の停止を命じる決定を出しました。
決定では「関西電力が原発の周辺で行った断層の調査は、周辺のすべてで徹底的に行われたわけではないうえ、地震の最大の揺れを評価する方法はサンプルが少なく科学的に異論のない方法と考えることはできない」と指摘しました。そのうえで、「福島の原発事故を踏まえた事故対策や津波対策、避難計画についても疑問が残る。住民の生命や財産が脅かされるおそれが高いにもかかわらず、関西電力は安全性の確保について説明を尽くしていない」として、3号機と4号機の運転の停止を命じる決定を出しました。
決定はさらに、「福島の事故の大きさに真摯(しんし)に向き合って同じような事故を防ぐためには、原因の究明を徹底的に行うことが不可欠だが、この点についての会社の説明は不十分だ。もし会社などが原因究明を重視しないという姿勢であれば非常に不安を覚える」と指摘しました。
関西電力は、9日の決定の取り消しを求めて異議を申し立てる方針ですが、仮処分は直ちに効力が生じるため、稼働中の3号機の原子炉を速やかに止めなければならなくなりました。稼働中の原発の運転の停止を命じる仮処分の決定は初めてです。
高浜原発は、ことし1月に3号機が、先月に4号機が、新しい規制基準のもとで再稼働しましたが、4号機では、再稼働の3日後の先月29日に原子炉が自動停止するトラブルが起きています。また、高浜原発3号機と4号機を巡っては、福井地方裁判所が去年4月、再稼働を認めない仮処分の決定をしましたが、去年12月に福井地裁の別の裁判長がこの決定を取り消し、再稼働を認める判断をしています。
原子力発電所を運転させないよう求める裁判所への申し立ては5年前の原発事故をきっかけに全国で相次いでいて、稼働中の原発にストップを命じた今回の決定は、各地の今後の審理に影響を与えることも予想されます。

関西電力 10日午後8時ごろ運転停止へ
関西電力は9日午後6時から大阪・北区の本店で記者会見を開きました。この中で会社側は、稼働中の3号機の原子炉について、10日午前10時ごろから停止作業に入り、午後8時ごろに停止させる方針を明らかにしました。
そのうえで、仮処分の決定は到底承認できないとして、運転の停止を命じる決定の取り消しを求めて裁判所に異議申し立てを行う方針を明らかにしました。
一方、関西電力は、先月、原発の再稼働にともなって、ことし5月から電気料金を値下げする方針を表明していましたが、9日の記者会見で会社側は仮処分の決定で5月からの値下げは困難になったという認識を示しました。」

「運転停止に複雑な反応
高浜原子力発電所3号機と4号機の運転停止を命じる仮処分の決定が出されたことについて、福井県高浜町の住民からは今後の影響を懸念する声が聞かれました。
このうち、60代の男性は「決定の内容をニュースで知りびっくりしたが、動いている原発を止めることは立地自治体の住民としては理解できない。今後、ほかの原発も運転が難しくなるのではないか」と話していました。また、60代の女性は「原発は危険だという意見も分かるが、高浜原発がようやく再稼働し地域が活性化に向けて動きだしたところだったので、複雑な気持ちだ」と話していました。
一方、20代の女性は、「きょうの決定を聞くと原発の安全性について心配に思うので、いったん運転を止めて調査を行い対策を取ったうえで、安全に再稼働してもらいたい」と話していました。

住民と弁護団が報告会「鳥肌立つほど感動」
今回の仮処分を申し立てていた滋賀県内の住民と弁護団は、大津市内で報告会を開きました。この中で、住民の代表の辻義則さん(69)は、「高浜原発3・4号機を運転してはならないという決定の主文を目にしたときは、鳥肌が立つほど感動した。裁判所が県民の願いに応えてくれた。3月11日を前にこのような決定を出していただき、裁判長の思いも伝わってきた」と述べました。
また、弁護団長を務める井戸謙一弁護士は「これまでの裁判では、国の基準を満たしてさえいれば原発は安全だと立証できた。電力会社にとってはその立証は簡単なことだったが、今回の決定では規制基準に合格したかどうかだけでなく、福島第一原発の事故を踏まえていかに具体的な安全策を取ってきたかが検討された」と指摘し、「冷静な判断を示した裁判所に深い敬意を表したい」と述べました。」


本決定が指摘するとおり,関電が再稼働の根拠に据えた原子力規制委員会の新規制基準は,福島第1原発事故の原因を解明し教訓を十分に反映したものではありません.
「過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、十二分の余裕を持つことを念頭に置き、見落としがあっても致命的な事態に陥らない思想で基準を策定すべき」とした本決定は,正当です.
裁判所が行政に屈したいことを示した正しい決定です.

なお,これは,私が担当した裁判ではありません.
住民側の代理人は,井戸謙一先生らです.井戸先生は,元裁判官です.金沢地裁で,2006年3月24日に裁判官として志賀原子力発電所2号炉の運転差止決定をだしています.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-03-10 01:27 | 脱原発