弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

或る芸能人の強姦致傷被疑事件の弁護人コメントについて

或る芸能人の強姦致傷被疑事件の弁護人コメントが話題になっています.
この弁護人は,日本最大の法律事務所に就職し,今は刑事弁護で高名な先生の事務所に所属している弁護士ですから,とても優秀であることが分かります.
しかも,迅速に示談をとりまとめ,不起訴を勝ち取ったのですから,刑事弁護としては満点です

しかし,あのコメントは何だったのでしょうか.

強姦罪は,被害者の告訴がないと起訴できない犯罪ですが,強姦致傷罪は,そうではありません.強姦致傷罪では,示談が成立しても起訴することも一般論としてはあり得ることです.ここまでは,そのとおりです.

しかし,不起訴になったのだから,悪質性が低いとか,犯罪の成立が疑わしいなどの事情がある,というのは論理の飛躍と思います.
示談とひきかえに,被害者の宥恕の上申書が提出されていたかもしれません.社会的に非難を浴びたこと,反省の念を述べていること,監督する母親がいること,再犯の可能性が低いことなど諸般の事情を総合的に考慮した結果なのではないしょうか.

弁護人は,被疑者のほうでは「合意があるものと思っていた可能性が高く(中略)違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。」とコメントしています.
合意がなかったのは,事件後の被害者の行動からも明らかでしょう.
弁護人のコメントは,被疑者が合意がないのに合意があるものと誤信していたので,仮に起訴されていたら,故意がなく,無罪であるという主張を行っていた,という趣旨に読めます.

故意は,刑法の各条文の構成要件事実を認識(認容)することです.
強姦致傷罪において「合意がないこと」は明示されていませんが,構成要件事実です.
行為者が「合意がないこと」を認識(認容)していない場合,違法性の錯誤ではなく,事実の錯誤で,故意がない,という理屈です.
法学部の学生ならそれでよいのでしょうが,弁護士は,被疑者が合意があるものと誤信していたことを客観的事実を積み重ねて立証することが本当に難しいことを知っているはずです.傷害を生じるほどの強烈な暴行を加えたという客観的事実と,合意があるものと誤信していたことは,通常,整合し難いものとみられると思います.

弁護人は,「他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません。」と書いています.事実関係を解明することができなかった以上,被疑者の話だけではコメントしない,のが普通でしょう.

弁護人は,「男性の方に女性の拒否の意思が伝わったかどうかという問題があります。」と書いています.被害者の側にも問題がなくはないようにも読め,そうであれば,被害者を貶しめるものではないでしょうか.
被害者は,不起訴となったとたんにこのようなコメントをされるとは思いもしなかったでしょう.

私は,医療過誤だけを取り扱う弁護士で,いつも医療事件で被害者側(患者側)の代理人をしていますが,これまで,示談したあとに,加害者側(病院側)から,これは医療過誤ではない,提訴されたら争うつもりだった,などと発表されたことはありません.

私はこの或る芸能人の強姦致傷被疑事件について報道以上のことを知りませんし,弁護士にもいろいろな考え方があるでしょうし,この弁護人は被疑者の話を信じ被疑者の言い分を代わりに伝えようとしただけなのかもしれませんが,弁護人には示談の意味を重く受けとめ被害者のことをもっとよく考えたコメントをしてほしかった,と思います.

【追記】

被害者が相談した知人男性=弁護士の対応について

私は,この知人男性=弁護士が誰かは知りませんが,被害者が弁護士を知っていたら,被害に遭った直後に弁護士に電話するのは自然な流れだと思います.
この弁護士が医師を受診して診断書を書いてもらうよう指示し,警察に電話したことについて,手際よすぎるなどの疑問が一部ででていますが,弁護士としては当然の対応です.
また,午前2時という時間ですが,弁護士は午前2時まで仕事をしていても当然な職業です.日中は裁判期日などがあり,夜は打ち合わせがあり,集中して書面を作成するのは深夜になるからです.ちなみに,私は,起案の妨げになるので深夜の電話はとりませんが,いつも午前2時まで仕事をしています.
その弁護士が仮に午前2時に寝ていたとしても,発信元が知人と分かる電話のコールが執拗であったとしたら,電話をとったことは不思議ではありません.
弁護士がハニートラップを仕掛けることはあり得ないことです.





谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2016-09-11 14:03 | 司法

リストランテ ラ・リサータのランチ

リストランテ ラ・リサータのランチ_b0206085_1216468.jpgリストランテ ラ・リサータは。京都駅の上(ホテルグランヴィア京都の15階)なので,とても便利です.
先日も,大津地裁の裁判期日があり,京都での乗換の際に利用しました.
味も間違いなく美味しいですし,サービスもきちんとしています.
パスタが美味なのは当然ですが,フィレ肉も美味しかったです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2016-09-10 12:16 | 日常

オレンジジュースとクルミパン

オレンジジュースとクルミパン_b0206085_7483169.jpg

食欲がなくても朝食抜きにはしないでおこう,ということで,オレンジジュースとクルミのミルクパンです.
一瞬で決めていますが,数ある飲物のなかからオレンジジュースを選び,多くのパンのなかからクルミのミルクパンを選ぶ,日常生活も選択の連続です.血糖値を考えると別な選択のほうがよかったのですが.







谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2016-09-10 07:56 | 日常

千葉県の病院,右胆管を誤って切除した件で提訴される(報道)

千葉日報「胆管を誤って切断 習志野の病院提訴 千葉地裁」(2016年9月6日)は,次のとおり報じました.

「胆嚢(のう)の摘出手術で誤って右胆管を切除され胆汁が漏れていたのに腹水と説明されたため死亡の危険があったなどとして、女性会社員(34)が習志野市の津田沼中央総合病院を相手取り、慰謝料など計約1130万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こした。提訴は8月16日付。

 訴状によると、女性は昨年6月に多発胆嚢結石と診断され、9月から同病院に通院、12月に単孔式腹鏡下胆嚢摘出手術を受けた。その2日後に、主治医男性から「手術中に副胆管を切除してしまった」などと説明を受けた。その後、女性の腹部はふくれあがり、痛みが続いたが、「腹水がたまっているだけ」と説明され、治療はされなかった。

 不審に思った女性は、今年1月、国立千葉医療センター(千葉市)に転院。同院の検査では、誤って切除した部位は「副胆管」でなく「右胆管」で、腹部にたまっていたのは「腹水」でなく「胆汁」で、放置していれば死に至っていたと判明した。

 原告側は「女性は肝機能が低下してしまい、当初説明を受けていた手術後5日の退院の予定が2カ月に延長し、その間収入を得られなかった」と主張。」


これは,私が担当したものではありません.
このような過失・因果関係が明らかと思われる事案が,示談で解決できず,訴訟になってしまうのは,どうしてでしょうか.
幸い亡くならずにすんだので,入通院慰謝料と休業損害等が損害となり,比較的少額なので示談できそうなように思うのですが.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 
by medical-law | 2016-09-06 19:23 | 医療事故・医療裁判

最高裁判所裁判官菅野博之氏の就任会見

朝日新聞「菅野博之氏が最高裁判事に就任 「裁判所の質をアップ」」(2016年9月5日)は,つぎのとおり報じました.

 「最高裁判事に5日付で就任した前大阪高裁長官の菅野博之氏(64)が、最高裁で記者会見した。「事件一つひとつに、人の人生や会社の命運がかかっている。それぞれの立場に共感を持ってものを見ないといけない。それは最終審であっても同じだと思う」と抱負を語った。

 印象に残った最近の裁判を問われると、認知症の男性が列車にはねられて死亡した事故で、介護していた家族に損害賠償責任はないと判断した今年3月の最高裁判決を挙げた。菅野判事は「国民の間でも議論が成熟していない、難しい課題が裁判所に持ち込まれる時代になってきている。期待、ニーズに負けないように裁判所も質をアップしていかなければならない」と述べた。

 菅野判事は、同じく裁判官出身で8月24日に定年退官した千葉勝美氏の後任。北海道出身で東北大卒。1980年に裁判官に任官し、水戸地裁所長や東京高裁部総括判事などを務めた。」


産経新聞「「国民目線で裁判の質アップを」 菅野最高裁判事が就任会見」(2016年9月5日)は,つぎのとおり報じました.

 「「国民の間で議論が煮詰まっていない案件も裁判になるなど、世の中が(裁判に)求める質がどんどん上がっている。国民目線で質のアップを日々考えていかなければならない」と抱負を語った。
 さらに、「1人の経験、知識には限度がある。世の中のいろんな意見を吸収し、ベターな結論を導き出したい」と述べ、複雑化する訴訟に対応するとした。」


裁判官のレベルアップが課題という認識は,最高裁判所長官,最高裁判所裁判官共通の認識のようです.ちなみに菅野博之氏は札幌南高校で同学年でした.高校の先輩には香城敏麿氏(司法修習12期)がいますが,福岡高裁長官で退任しています.札幌南高校で最高裁判所裁判官に登りつめたのは菅野博之氏がはじめてです.




谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 
by medical-law | 2016-09-05 23:46 | 司法

横浜市の病院、未破裂脳動脈瘤の手術中にマイクロ剪刀によって内頸動脈を損傷した医療ミスを公表

横浜市民病院は、9月2日、「横浜市立市民病院における内頸動脈損傷事故について」を公表しました.

「市民病院において、平成28年2月16日(火)未破裂脳動脈瘤の手術中に脳血管(内頸動脈)を損傷し、止血処置を行ったものの、2週間後にくも膜下出血を発症する事案が発生しました。 
 この件について、外部の有識者に加わっていただいた調査委員会を設置し、原因を分析するとともに、再発防止に向けた対策について検討を行い、報告書をまとめました。
 今回、患者ご家族にも報告書の内容をご説明し、公表に関しても同意をいただきましたので、お知らせいたします。 
 患者さん及びご家族の皆様に深くお詫びを申し上げますとともに、病院として引き続き全力で治療にあたります。また今後、再発防止を徹底し、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。」


内頸動脈損傷事故にかかる調査報告書(PDF:914KB)は、次のよおり評価しています.

「一般に脳動脈瘤の手術において脳動脈瘤や正常血管の損傷は起こり得ることで、合併症として術前にインフォームドコンセントがなされているべきことである。ただし、一般的な脳動脈瘤手術時の血管損傷の合併症として想定されうるものに、脳動脈瘤の頸部剥離やクリッピング中の脳動脈瘤頸部の損傷、脳動脈瘤の近傍の穿通枝などの正常血管の損傷などが考えられるが、今回の損傷部位は脳動脈瘤から少し離れており、想定されうる損傷部位としては稀なものであると考えられる。
・ A医師は過去の脳動脈瘤に対する手術実績(資料6)や過去の手術ビデオ(3例)の確認から、本手術を施行するに十分な技術があるものと判断される。ただし今回の手術に関しては、「マイクロ剪刀で損傷した」と術者の手術記録にもあるとおり、これは単純なミスと考える。
・ 今回の術中血管損傷が術者の不注意や未然に防ぎうるものであったかどうかであるが、脳神経外科医はわずかな手術操作の違いが場合により重篤な合併症や後遺症につながりうることを常に念頭に置き、全神経を術野に集中して顕微鏡下でのミリ単位での手術操作を行っており、通常、不注意で今回のようなことが起こるとは考えられない。また未然に防ぐことができたかどうかに関しては、もし今回の損傷部位の術中所見が正常であれば術者自身もこの部位から出血することは全く想定していなかったと考えられるため、あらかじめ対策を取っていれば未然に今回の事故が防げたとは考えにくい。
・ 右内頸動脈にマイクロ剪刀による損傷があっても仮性脳動脈瘤を形成しない症例や仮性脳動脈瘤を形成しても、くも膜下出血を起こさない症例もある。
本事案は開頭クリッピング手術時に内頸動脈のマイクロ剪刀による損傷があったことが、その後の患者の予後を決定する要因となったと考える。」

「・ くも膜下出血の原因については、これまでの状況を鑑みると、明確に断定できないが、右内頸動脈損傷に起因する仮性脳動脈瘤からの出血が最も高い可能性として考えられる。」


調査報告書は、再発防止として次の点をあげています.

1 教育の充実
A医師は十分な実績を持つ医師であるが、患者の生命を預かる者として、常に医療技術の向上を目に見える形で実行することが必要であると考える。
技術認定講習会の受講や技術研修の実施などを病院として取り入れていく必要がある。

2 安全管理の徹底
手術実施日からオカレンス報告が上がるまで9日間を要していることから、患者の状態が良好であったことや院内の医師に相談していたなどの事情を考慮してもなお早期の報告を徹底する必要がある。
また、今回の事案を安全管理研修の事例として取り上げ、インシデント・オカレンス報告について、病院全体で対応する体制を改めて確認するべきである。

3 手術映像の活用
手術時のビデオ撮影について、統一した市民病院のルールはなく、診療科ごとの判断で実施している。脳神経外科のビデオ撮影の目的は、自己研鑚症例の確認、学会発表などのための記録用であり、クリッピングの手技を撮影することを目的としていた。そのため、本事案においては損傷部位の止血処置後から未破裂脳動脈瘤のクリッピング、止血確認までの撮影にとどまった。
手術ビデオについては設備等の課題があり、病院で実施される手術を全件撮影するかどうかは病院の判断、ルール作りなどに委ねるべきところもあるが、少なくとも脳神経外科領域の手術に関しては手術開始から終了まですべての撮影が医療従事者のスキルアップや今後の事例検証のために必須である。」

これは、私が担当した事件ではありません.
ビデオに出血した際の記録がないのですが、手術記録やビデオの止血後の状況から、マイクロ剪刀による右内頸動脈を損傷したことが出血の原因と推定し、右内頸動脈損傷に起因する仮性脳動脈瘤からの出血がくも膜下出血の原因となったと可能性が最も高いとしています.
医療事故についって、真摯に原因を解明した調査だと思います.
このような調査が、再発防止策につながると思います.




谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 
by medical-law | 2016-09-03 01:13 | 医療事故・医療裁判

最高裁平成28年9月1日判決,訴訟委任状が偽造された件で破棄差戻し

朝日新聞「知らぬ間に敗訴し賠償命令」 最高裁、審理差し戻し」(2016年9月1日)は,次のとおり報じました.
 
「東京都内の夫婦が「知らない間に民事裁判の被告になって敗訴した」と訴えていた裁判の上告審で、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は1日、夫婦の訴えを認めたうえ、損害賠償を命じた一、二審判決を破棄し、審理を東京地裁に差し戻す判決を言い渡した。」
「第一小法廷は弁護士の委任状が夫婦の意思で作成されたものではないことを認め、「訴訟に関与する機会が与えられなかった」として、審理のやり直しが必要と判断した。」


時事通信 「知らぬ間に被告」敗訴破棄か=賠償命令の夫婦主張-最高裁」(2016年8月30日)は,次のとおり報じました.

 「訴訟は、都内に住む80代女性が2014年、競走馬への出資をめぐりだまされたとして、出資先の会社と代表者(68)らに約1300万円の賠償を求めて提訴。夫婦も登記上は会社の役員に名を連ねており、被告とされた。
 一審東京地裁は、被告側が出廷せず、主張を記した書面も提出しないことから原告側の請求を全て認めた。被告側は控訴し、代理人も就任して争ったが、二審東京高裁は一審を支持した。
 夫婦側は「高裁判決後に原告側代理人から電話を受け、初めて裁判のことを知った。会社代表と面識はあるが、知らぬ間に役員として登記された」と主張して上告した。
 会社代表は取材に対し、「会社に送達された訴状や判決文は夫婦に渡さなかった。二審の代理人への(夫婦の)委任状は偽造した」と話し、夫婦に訴訟について知らせなかったことを認めた。
 代表は「提訴されたことは個人的な不祥事で、表沙汰にしたくなかった」と理由を説明。ただ、夫婦の役員登記については「合意があった」と主張した。二審の代理人弁護士も夫婦に全く連絡を取らなかったことを認め、「意思を確認すべきだった。委任状があったので大丈夫だと思った」と話した。
 上告審の弁論で夫婦の代理人は「民事訴訟制度の根幹に関わる裁判で、一、二審を破棄しなければ正義に反する」と強調した。」


これは,私が担当したものではありません.
上記報道から判断する限り,二審の代理人弁護士が委任者である夫婦に全く連絡を取らなかったことが問題と思います.また,原告代理人弁護士が,提訴のときこの夫婦を被告とするときに,住所地を登記簿に掲載されている住所地としなかったことにも問題があります.さらに、それを許してしまった1審裁判所の扱いにも問題があります.




谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

 
by medical-law | 2016-09-02 07:53 | 司法

日本医療安全学会役員の「遺賊」発言

一般社団法人日本医療安全学会理事会は,2016年8月26日,「学会発表における不適切発言について」を公表しました.

「最近、本学会の役員が「医療事故に遭われた遺族(賊)が求めているものは金と、医師・看護師への処罰であって、原因究明や再発防止は関係ない」との趣旨の問題発言を学術集会などの公衆の場で行っている、との指摘が学会の内外から届けられました。
本学会の理事会として、この発言はごく一部の活動事例を極端に全体へ歪曲したものでありであり、社会へ貢献する民主的な良識の学術団体としては不適切であり、容認しない、との結論に至りました。」


読売新聞 医療事故遺族を「遺賊」…医療安全学会の講演で」(2016年8月27日)は,次のとおり報じました.

「関係者によると、問題の発言があったのは、同学会が今年3月に東京都内で開いた学術集会の講演。登壇した男性は「遺賊が求めているのは金と、医師・看護師への処罰であって、原因究明や再発防止は関係ない」などと話し、スライドにも同様の表現があったという。」「発言したとされる男性は取材に対し、「いわゆるモンスターペイシェント(理不尽な要求を繰り返す患者)を指したもので、現実にそういう人はいる。不適切な発言とは思っていない」と話した。学会のサイトによると、男性は代議員として名を連ねている。」

医療事故で亡くなった方の遺族が医療事故の原因究明・再発防止のために医療事故調査制度をより良いものにしようとして活動しています.
ところが,それをなぜか不愉快に感じる人が一部にいるようで,誹謗中傷を聞くことがあります.

「遺賊」発言が,「理不尽な要求を繰り返す患者」を指すものではなく,医療安全のために活動している遺族を指すことは,「いぞく」という発音からも明らかです.

なお,医療事故の中には,医療過誤として賠償責任を負うものが含まれています.そのようなものについて,賠償を求めるのは理不尽なことではsなく,正当な権利の行使です.




谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2016-09-01 09:29 | 医療事故・医療裁判