弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2017年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

原因分析報告書要約版(事例番号290397~290403)公表

公益財団法人日本医療機能評価機構は,産科医療補償制度の原因分析報告書要約版(事例番号290397~290403)を公表 しました.
以下のとおり問題点を指摘しています.

事例番号:290398は蘇生(胸骨圧迫)の遅れの問題,事例番号:290402は急速遂娩決定時期の問題を指摘しています.事例番号:290401は,子宮収縮薬使用に関する説明と同意,キシトシン注射液の投与の開始時投与量と増量量,回旋異常(後方後頭位)に子宮底圧迫法を併用した吸引分娩を実施したこと等の問題点を指摘しています.当然記載すべき重要な事項について記載がないことも指摘されています.

要約版の重要な指摘を抜粋します.

事例番号:290403
□ 学会・職能団体に対して
原因不明の脳性麻痺の事例集積を行い、その病態についての研究を推進することが望まれる。

事例番号:290402
〇 妊娠 39 週 0 日 9 時 27 分以降、胎児心拍数陣痛図で胎児心拍数基線頻脈、基線細変動減少、変動一過性徐脈および高度遅発一過性徐脈を認める状況で急速遂娩を実行せずに経過観察としたことは一般的ではない。

事例番号:290401
〇 分娩誘発に関する妊産婦への説明と同意について、「原因分析にかかる質問事項および回答書」によると口頭で行ったが診療録に記載しなかったとされており、メトロイリンテルの使用については基準内であるが、子宮収縮薬使用に関する説明と同意については一般的ではない。
〇 ジノプロスト注射液の投与量について診療録に記載がないことは一般的ではない。
〇 オキシトシン注射液の投与の開始時投与量(5%ブドウ糖注射液 500mL+オキシトシン注射液 5 単位を溶解し 30mL/時間で投与開始)、増量法(15mL/30-48 分で増量)は基準から逸脱している。
〇 回旋異常(後方後頭位)のため、子宮底圧迫法を併用した吸引分娩を実施したことは一般的ではない。
〇 分娩誘発の適応、吸引分娩の要約と実施時刻について、診療録の記載がないことは一般的ではない。
〇 出生後の新生児の処置は一般的であるが、9時に頻脈(心拍数170回/分)と多呼吸(102回/分)を認め、9時50分に筋緊張低下を認めており13時35分に高次医療機関NICUに新生児搬送したことは賛否両論がある。
〇 吸引分娩で出生し、頻脈、多呼吸を認める新生児の状況とその判断について診療録に医師の記載が乏しいことは一般的ではない。

事例番号:290400
□ 学会・職能団体に対して
妊娠後半期における異常な腹痛は、常位胎盤早期剥離や(切迫)子宮破裂などの際に起こるため、異常な腹痛を感じた際の医療機関への連絡等の対応について、妊産婦に周知することが望まれる。
□ 常位胎盤早期剥離は、最近の周産期管理においても予知が極めて困難であるため、周産期死亡や妊産婦死亡に密接に関与する。常位胎盤早期剥離の発生機序の解明、予防法、早期診断に関する研究を推進することが望まれる。

事例番号:290399
□ 学会・職能団体に対して
胎児心拍数陣痛図の劣化に関する対応についての指針を検討することが望まれる。
※ 本事例では、胎児心拍数陣痛図の劣化に伴い波形が読みにくかった。胎児心拍数陣痛図は、原因分析にあたりきわめて重要な資料であるため、劣化に関する対応についての指針を検討することが望まれる。

事例番号:290398
〇 生後 5 分にアプガースコア 3 点となってからの新生児蘇生(バッグ・マスクによる人工呼吸、気管挿管)は概ね一般的であるが、生後 10 分に心拍数 40 回/分であったが、生後 20 分に胸骨圧迫を開始したことは一般的ではない。


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-21 23:52 | 医療事故・医療裁判

4大法律事務所大手町に集中

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は,2018年5月に大手町パークビルディング(大手門タワーの北隣)に移転すると発表しました.
大手町パークビルディングには,フィットネス,シャワールーム,仮眠室,カフェ,サラダ専門店,保育所があります.
これで,北から順に,アンダーソン・毛利・友常法律事務所,大手門タワーの西村あさひ法律事務所,JPタワーの長島・大野・常松法律事務所,丸の内パークビルディングの森・濱田松本法律事務所が,(大手町温泉のせいではないでしょうが)大手町に集中することになりました.
司法修習同期のクラス会の場所が赤坂から大手町,銀座界隈に変わりそうです.私への影響はこの程度ですが.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
ます.
by medical-law | 2017-11-20 22:13 | 司法

11月27日,ワンヘルスに関する連携シンポジウム-薬剤耐性(AMR)対策-

畜産業では発育促進等を目的に抗菌剤が飼料に混ぜて多用されています.
その結果,耐性菌に置き換わり,家畜の排泄物の薬剤耐性菌が環境を汚染し,またヒトが食肉を摂取することにより薬剤耐性菌が広がことが世界的に深刻な問題となっています
ワンヘルス(一つの健康)は,ヒトの健康を守るため動物や環境にも目を配って取り組もうという考え方です.
薬剤耐性(AMR)の現状と抗微生物剤の適正使用等の対策の重要性について,広く普及・啓発するとともに,分野間の連携を推進するために,11月27日,日本医師会大講堂で,「ワンヘルスに関する連携シンポジウム-薬剤耐性(AMR)対策-」が,厚生労働省の主催,農林水産省,日本医師会,日本獣医師会の共催で開かれます.

詳しくは,厚労省のサイトをご覧ください.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
ます.
by medical-law | 2017-11-20 07:27 | 医療

研究班,抗菌剤の適正処方検討のために診療所の抗菌剤処方を府中市で調査

安易な抗菌剤処方が耐性菌を作り出している可能性が指摘されています.

NHK「耐性菌対策 診療所での抗菌剤の処方を調査」(2017年11月20日)は,次のとおり報じました.

「抗生物質などの抗菌剤が効きにくい耐性菌による感染症が世界的に問題になっていることから、国立成育医療研究センターが中心となる研究班が東京・府中市にあるおよそ100の薬局のデータを調べて行います。

調査では、市内にある25の内科や小児科などの診療所ごとに集計して、ことし1月以降、診療した患者1人当たりどれくらい抗菌剤を処方したかを各診療所に通知し、ほかの診療所と比べることで、抗菌剤が適正に処方されているか考える材料にしてもらいたいとしています。

研究班によりますと、抗菌剤は一般的なかぜには効果がないものの、患者が求めると処方されるケースが多く、結果的に耐性菌が増えることにつながっているということです。

調査を担当する東京都立小児総合医療センターの堀越裕歩医長は「抗菌剤で治さなくてはいけない重大な病気にかかったときに、効果のある薬を残すためにも、薬の使用量を見直すきっかけにしてほしい」と話しています。」


調査が安易な抗菌剤処方の見直し,ひいては耐性菌の抑制につながることを期待し

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
ます.
by medical-law | 2017-11-20 06:55 | 医療

『九月の恋と出会うまで』

『九月の恋と出会うまで』_b0206085_19202224.jpg

松尾由美氏の「九月の恋と出会うまで」 (双葉文庫)を読みました.

松尾由美氏は,推理作家であり,SF作家でもあります.
「九月の恋と出会うまで」は,ミステリー(コナンドイル以来の古典的なもの),SF(タイムパラドックスもの),恋愛(青い鳥もの)の3要素に,東京,神奈川(茅ヶ崎,藤沢,横浜)の風景をとりいれた作品です.時代設定はプロ野球のストが行われ表参道ヒルズができていない2004年です.最判平16・ 9 ・7(判夕1169号158頁,アナフィラキシーショック事件)の判決がでた頃です.

或る人が過去を変えると,新バージョンが発生します.
新バージョンでは,過去が変わっていますから,今度は,その人には過去を変える動機・目的がありません.
そこで,その人は過去を変えようとしません .
新バージョンのその人が旧バージョンの過去に働きかけないと,過去は変わりません.
その結果,新バージョンが発生しません.
つまり,過去を変えたはずが過去は変わらず,元に戻ってしまいます.
ちょうど6の字型の運行をしている大江戸線が都庁前駅に戻ってくるように,ということなのです.
(実際の大江戸線は蚊遣り豚の口から煙が出ている形に似ていますが,都営地下鉄のオフィシャル路線図で6の字のイメージが定着しています.)
このタイムパラドックス(「大江戸線問題」)から逃れるために,作戦が検討されます.

シラノの意図が読者に簡単にわかってしまうので(伏線の張り方はフェアです),ミステリー要素は減殺されていますが,各駅停車の電車のように,一つ一つ順に進み,わかりやすい話です.

倉さんに,お尻がちょっと大きいけどまあまあ見苦しからぬ顔とスタイルととりなされる「わたし」(北村志織)は,平野さんを,両端の下がったくちびる,細く存在感のないあご,姿勢が悪く,上半身の薄っぺらな感じ,美意識が欠落している服装,リズム感が徹底的に欠けている歩き姿,寝癖のある後頭部,愚痴が多く情けなく,それでいて理屈っぽく,時々ひどく強情になる,ハンサムなのに女性にもてない人,と酷評しています.
さらに読む進むと,平野さんは,夏は暑さに負け,冬は風邪をひき,春は花粉症で,秋は運動神経が鈍いので気が重い,ということが分かります.

ほのぼのしていて楽しい作品です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-19 19:21 | 趣味

第10回日中韓三国保健大臣会合共同声明

第10回日中韓三国保健大臣会合共同声明(Joint Statement of The Tenth China-Japan-KoreaTripartite Health Ministers'Meeting )の仮訳が発表されました.

新興・再興感染症の予防・対策,健康な高齢化、非感染性疾患(NCDs)の予防・対策、保健医療及び伝統医療分野におけるICT技術の活用が議題でした

非感染性疾患(NCDs)は,不健康な食事や運動不足,喫煙,過度の飲酒などの原因が共通しており,生活習慣の改善により予防可能な疾患です.主要な非感染性疾患(NCDs)は,がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患です
共同声明は,「我らは、主要なNCDsに対する早期検査、早期診断、早期治療の促進を継続し、我らの地域の人口におけるNCDsの発症・進行の効果的な制御を確かなものにするため、情報共有及び技術の交流を強化すべきである。」としています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-19 09:53

映画『雨あがる』

『雨あがる』(2000年)は,黒澤明監督亡きあと,黒澤組の面々が完成させた映画です.
冒頭の雨のシーンは,いかにも日本の雨で,いつまでも見ていたくなります.
有能なのにどの藩にも長く勤めることができない,お人好しの貧しい侍を寺尾聰さんが,その妻を宮崎美子さんが,それぞれ演じています.

侍は,長雨で大井川を渡れず宿に足止めされ苛立ちギスギスしている人たちのために,酒と食べ物を購入し,宴を開きます.レンブラントを見るように美しい場面です.松村達雄さん,原田美枝子さんらが出ています.

今は昔の話ですが,私を含む司法修習生数人に,左陪席の若い判事補がおごってくださったことを思い出しました.かなり無理していたように思います.この左陪席は誠実で優秀な人でしたが,まもなく裁判所を辞めました.裁判官や検察官になっても辞める人は或る程度の数います.有能なのにどの法律事務所にも長く勤めることができない弁護士も結構います.

侍は,ひょんなことから殿様に気に入られ,剣術指南役に採用されそうになります.三船史郎さん,井川比佐志さん,吉岡秀隆さん,檀ふみさんが登場します.回想シーンには仲代達矢さんが登場します.
侍の仕官がかなうか,はらはらしますが,気持ちのよい映画です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-18 10:34 | 趣味

貴ノ岩関の2つの診断書

11月5日から5日間福岡市内の病院に入院した貴ノ岩側が日本相撲協会と鳥取県警に提出した2の診断書の内容が異なることが報じられています.
日本相撲協会に提出された,入院した病院の11月9日付の診断書は「脳振盪(しんとう),左前頭部裂傷,右外耳道炎,右中頭蓋(ずがい)底骨折,髄液漏の疑い」と記載されているが,鳥取県警に提出された,事件直後に作成された診断書では,けがの程度は軽く,骨折などはなかった,とのことです.

診断書は,医師により,患者の傷病,その治癒の状況や健康状態等の事実を証明する文書です.診察・診断した時期,病院が違えば,検査内容等も異なり,その結果診断書の内容が異なることもあります.とくに,骨折は診断が難しく見逃されることもあります.

【追記】
「♯1脳振盪,♯2左前頭部裂傷,♯3右外耳道炎,♯4右中頭蓋底骨折,髄液漏の疑い」と記載されていて,病院によると,疑いは右中頭蓋底骨折,髄液漏の両方にかかるとのことです.
病院は、「頭蓋底骨折などの疑いで受診したが、診察の結果、骨折や髄液漏などはなかった」と説明し,誤解を生む表現だった点を謝罪したとのことです.
診断結果がでているなら,「右中頭蓋底骨折なし,髄液漏なし」と記載すべきだったことになるでしょう.
全治2週間という診断は,先月26日から今月8日までの2週間という意味だったとのことです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-17 12:49 | 医療

11月10日に開催された「第55回 社会保障審議会 医療部会」での議論

11月10日に開催された「第55回 社会保障審議会 医療部会」での議論について,メディ・ウオッチ「地域枠の医師、「理由なき公立病院への派遣」を委員がけん制―社保審・医療部会」(2017年11月17日)が報じています.

○ 地域医療支援センターが調整した医師の派遣先
「厚労省医政局の武田俊彦局長は、機能に着目した場合、公的病院と民間病院は「変わらない」との考えを提示。また厚労省医政局地域医療計画課の佐々木健課長も、病院の果たす役割に応じた派遣が望ましいとの見解を示しました。」

○ 地域偏在対策
「武田局長は、「県の中でもだいぶ温度差があるので、二次医療圏単位で医師不足を考えていった方がよい」との考えを示しましたが、相澤孝夫委員(日本病院会会長)は都道府県単位での検討を支持しました。」

○ 地域医療を担う有床診療所の在り方
「「地域医療を担う有床診療所」については、医療ニーズの減少を見越して【医療モデル】から【医療・介護の併用モデル】へと転換することも選択肢として考えられると指摘しています。」

詳細は,メディ・ウオッチ「地域枠の医師、「理由なき公立病院への派遣」をご覧ください.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-17 07:43

国連人権理事会、218項目の対日勧告発表

共同通信「国連人権理、218項目の対日勧告発表」(2017年11月16日)は,「国連人権理事会の対日人権審査作業部会は、日本に対し218項目からなる勧告を発表した。」と報じました.

朝日新聞「日本の人権状況、各国から218の勧告 国連人権理事会」(2017年11月17日)は,次のとおり報じました.

「今回で3回目となる定期審査では、日本政府が前回からの成果として挙げた2015年12月の日韓慰安婦合意について、韓国政府から否定的な意見が出た。報告書では、「いわゆる慰安婦の問題を含む歴史の真実を将来の世代が学ぶことを確実にする努力をせよ」(韓国)、「慰安婦問題について心から謝罪し、被害者に補償せよ」(中国)、「性奴隷を含む過去の人道に対する罪の法的な国家責任を受け入れ、誠実に対処せよ」(北朝鮮)という三つの関連する勧告の記載があった。

 報告書で目立ったのが人種差別や性差別、外国人差別、性的少数者差別などをなくす取り組みに関する勧告だった。国連人権理で積極的に発言を続けているNGO「反差別国際運動」は、オランダなど多くの国が「反差別法」の制定を勧告した点を評価し、「定期審査の勧告に基づいて人種差別と戦うように求める」との声明を出した。

 報道関係では、当局側が行政指導の根拠として持ち出す可能性がある「政治的公平性」を求める放送法第4条について、米国の「廃止」を求める勧告が含まれた。

 死刑の廃止や一時停止、死刑囚の待遇改善を求める勧告も多く盛り込まれた。

 勧告内容は16日の会合で正式に採択されており、日本政府は来年3月までにこれら勧告の受け入れの可否について態度表明しなければならない。(ジュネーブ=松尾一郎)」


勧告に法的拘束力はありませんが,指摘された日本の人権状況については改善が必要でしょう.
谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-16 22:28 | 人権