弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2017年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

就職に強い米法科大学院ランキング

Forbes JAPAN 「就職に強い米法科大学院ランキング 首位は新卒年収2000万円超」(2017年11月8日)によると,ランキングは次のとおりです.

1位 ニューヨーク大学
2位 シカゴ大学
3位 ハーバード大学
4位 ペンシルベニア大学
5位 コロンビア大学
6位 バージニア大学
7位 スタンフォード大学
8位 ノースウェスタン大学
9位 ミシガン大学
10位 カリフォルニア大学バークレー校

上位3校は,年間授業料その他の費用を合わせると年間9万2000~9万3000ドル(約1050~1060万円)ほどで,卒業後1年目の給与中央値は18万ドル(約2050万円)とのことです.3年分の費用は2年で回収できるわけです.

米国の弁護士と日本の弁護士とでは収入が違います.日本は大法律事務所でも初任給は2000万円に達しません.日本でも初任給2000万円を保障できる制度設計なら優秀な人材が法曹界に集まったはずなのですが.
日本では,法科大学院に行っていない若年の予備試験経由の人のほうが就職がよいです.日本では法科大学院に行ったことが負の経歴になるという事態が生じています.日本は制度設計を誤ったようです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-16 10:12

FHI(Future Health Index)が13か国意識調査で日本最下位の理由

ロイヤルフィリップスが,オーストラリア,ブラジル,中国,フランス,ドイツ,日本,オランダ,シンガポール,南アフリカ,スウェーデン,アラブ首長国連邦,イギリス,米国について,2016年に,①医療アクセス,②「医療の統合」に向けた現状,③「コネクテッド ケア技術」の導入状況に対する患者医療従事者の意識調査を行った調査で,日本が最下位だったのは,とくにコネクテッドケア技術導入についての意識が低かったからです.
コネクテッドケア技術が,日本の患者,医療従事者にあまり知られていないからでしょう.

遠隔診療は,巨額の市場が期待されています.反面,営利中心に進むと,情報が漏洩しないか,プライバシーが守られないのではないか,等の懸念があります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-16 09:59

平成29年12月2日~12月10日,紅葉の乾通り一般公開

宮内庁は,平成29年11月15日,秋季皇居乾通り一般公開実施を発表しました.

平成29年12月2日(土)から12月10日(日)までの9日間,午前10時から午後2時30分まで
皇居坂下門から参入,皇居乾門から退出,又は皇居東御苑の大手門,平川門若しくは北桔橋門から退出とのことです.
仕事がありますので午前8時からにしてほしかったですが,時間をつくって行ってきましょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-16 06:53 | 日常

心温まる行事,七五三

今日平成29年11月15日は大安で,七五三詣でに行かれた人も多かったのはないでしょうか
3歳の髪置の儀,5歳の袴儀,7歳の帯解の儀は一生に1回しかありません.
七五三は,「七つまでは神のうち」と言われ,乳幼児の死亡率が高かった時代に子どもの成長を祝い感謝のお参りをする行事が根付いたのでしょう.

5歳未満の死亡率は年々減少しており,最近では出生1000人比3.0人を切っています.平成28年簡易生命表によると,0歳男子の平均余命は80.98年、0歳女子の平均余命は87、14年です.
それでも,子どもの成長を祝う親の気持ちに変わりはなく,七五三は心温まる行事です.
ところで,西陣織りの袋に入った金箔の千歳飴は祖父母が購入するのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-15 19:59 | 日常

ブルーライトアップ,世界糖尿病デー

今日11月14日は,インスリンを発見したフレデリック・バンティング医師の誕生日にちなみ,世界糖尿病デーとされています.
糖尿病予防運動のシンボルカラーがブルーなので,全国各地でブルーライトアップが実施されます.

早い時期から糖尿病連携手帳の普及等の対策をとってきて,糖尿病患者が最も少ない神奈川県では,神奈川県庁,横浜マリンタワー,大船観音,長谷観音等がブルーライトアップされます.
糖尿病患者が5番目に少ない京都府では,京都府庁,京都市役所,東寺五重塔,二条城等がブルーライトアップされます.京野菜が美味しいので京都人は野菜をよく食べるので,糖尿病が少ないのではないかと思います.
糖尿病患者が6番目に少ない東京都では,東京都庁,東京芸術劇場,駒沢オリンピック公園,東京ゲートブリッジ,東京ビッグサイト等がブルーライトアップされます.東京人に糖尿病が少ないのは,車での移動は少なく,階段も多く,よく歩くからではないかと思います.
糖尿病患者が最も多い徳島県では,阿波おどり会館がブルーライトアップされます.糖尿病患者が多いのは,鳴門金時など,炭水化物,糖分の多い食事が影響しているのではないでしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-14 07:49 | 医療

『医療基本法 ―患者の権利を見据えた医療制度へ』

『医療基本法 ―患者の権利を見据えた医療制度へ』_b0206085_08532405.jpg

『医療基本法 ―患者の権利を見据えた医療制度へ』(エイデル研究所)を購入しました.

手嶋豊氏(神戸大学大学院法学研究科教授),古城隆雄氏(自治医科大学地域医療学センター 地域医療学部門講師),山口斉昭氏(早稲田大学法学学術院教授),鈴木利廣氏(弁護士、明治大学名誉教授),一家綱邦氏(国立がん研究センター 生命倫理・医事法室長),上杉奈々氏(獨協医科大学教育支援センター 医事法制研究室講師),中村好一氏(自治医科大学公衆衛生学教室教授) が執筆しています.

現在の医療と患者の権利について概観できる,タイムリーな出版です.
鈴木利廣氏は,本書で,(1)医療制度における理念の欠如を指摘しています.
(2)医療現場の混乱も指摘しています.具体的に,①医療事故紛争の増加,②患者・家族と医療者の信頼関係の希薄化,③医療機関の機能連携不足,地域格差,④医療者不足と労働過重,⑤医療の質と量と財政のコントロール問題,⑥医療と介護と生活の分断,⑦終末期医療の混乱,⑧医薬品評価や臨床研究をめぐる問題も指摘しています.
(3)医療における患者の権利侵害対策の未確立も指摘しています.
そして,あるべき医療法構想として,(1)医療制度の目的としての患者の権利保障,(2)医療制度の理念としての高い公共性,(3)基本的施策の方向性,推進体制のあり方としての公共コントロール性,(4)患者の権利保障システムの確立を示唆しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-13 08:50 | 医療

『ケーキ王子の名推理』

『ケーキ王子の名推理』_b0206085_09472232.jpg

七月隆文氏は,大阪府出身,京都精華大学美術学部卒業,『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の作家です.
新幹線の中で七月隆文氏の『ケーキ王子の名推理』(2015年)を読みました.
名推理にスペシャリテとルビが振ってあります.得意,専門という意味ですね.

prologue
un ショートケーキ
deux コンベルサシオン
trois オペラ
quatre ティラミス
épilogue

苺のショートケーキは,最も日本的なケーキで,これが美味しい店は間違いありません.
コンベルサシオンは,フランスの焼き菓子で,表面の模様が特徴です.
オペラは,パリのオペラ座に由来するケーキです.
ティラミスは,イタリア生まれで,バブル期の日本で流行ったデザートです.
いずれもおなじみの定番のケーキです.

ケーキ好きの未羽は,偶然入った自由が丘のケーキ屋さんで同じ高校の人気ナンバーワン男子「王子」と出会います.
それが颯人です 颯人は,パティシエを目指しアルバイトをしていました.
ライトノベルらしい展開に,ケーキにまつわる蘊蓄と謎解きが加わります.
楽しい作品です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-12 09:48 | 趣味

中津市の病院が新生児の低血糖を見逃した事案で賠償へ(報道)

大分放送「中津市民病院が医療ミスで賠償へ」(2017年11月11日)は次のとおり報じました.

「市民病院で、医療ミスが原因で生まれた子どもが脳性まひになっていたことがわかり、市が母親側に約1億4,000万円の賠償金を支払う方針を決めました。関係者によりますと、2011年、中津市民病院で女性が出産した際、生まれた子どもが低血糖の状態が続き脳性まひになりました。女性から医療ミスを指摘され病院が調査した結果、医師が低血糖を見過ごしていたことがわかりました。病院側は適切な検査や処置をしていれば子どもに障害は残らなかったとして女性におよそ1億4,000万円を支払うことで和解したということです。市は12月の定例市議会で関連議案を提案する方針です。」

上記報道の件は私が担当したものではありません.
低血糖を見過ごすミスは,報道の件以外にも起きています.
例えば,広島地裁平成27年5月12日判決は記憶に新しいものです.,  
各病院はこれを他山の石として再発防止につとめていただきたく思います.

もし2011年市民病院で生まれ脳性麻痺になった子ども,というだけで特定が容易であれば,プライバシーが守られていないと受け取られこともあるかもしれません.
再発防止に役立つ情報はできるだけ具体的に,個人の特定につながる情報はできるだけ抽象的に,というのが発表の基本原則でしょう.


【追記】
NHK「 新生児に処置せず障害残る 市民病院 1億円余の賠償金」(11月13日)は次のとおり報じました.

「生まれたばかりの赤ちゃんの血糖値が低かったのに適切な処置をせず重い障害が残ったとして、大分県中津市が運営する市民病院は1億4000万円の賠償金を支払うことを決めました。
中津市民病院によりますと、6年前に生まれた男の赤ちゃんは、出産直後の検査で血糖値が低いことがわかりましたが、心拍数や呼吸数などは正常の範囲だとして適切な処置を行わなかったということです。
赤ちゃんは生後12時間余りがたっておう吐やショック症状を起こし、改めて検査した結果、低酸素脳症が原因と見られる脳性まひと診断され、その後、手足のまひなどの重い障害が残ったということです。
両親はおととし、病院に損害賠償を求め、病院は「適切な管理を行わなかったことが脳性まひを引き起こした」として1億4000万円の賠償金を支払うことを決めました。
市は関連する議案を市議会に提案することにしています。
是永大輔院長は、「患者や家族の皆様に心よりおわび申し上げます。今回の事例を教訓に適切な診療を行っていきたい」と話しています。
一方、両親は、「一般の産院でもありえない対応により、生まれたばかりの子どもが重度の障害を被り、医療的な対応や療養を中心とした生活を送らざるを得なくなりました。市民病院には今後ともこのようなミスを起こさないとともに、公正適切な医療の提供を望みます」とするコメントを出しました。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-11 20:25 | 医療事故・医療裁判

大阪出張で美味しかった粉もの

大阪出張で美味しかった粉もの_b0206085_10143627.jpg
大阪出張で美味しかった粉もの_b0206085_10142745.jpg

今週,大阪に出張しました.
大阪駅で降りて裁判所まで歩いたのですが,大阪駅から梅田のあたりは昔と随分変わりました.
大阪府は,京都府や兵庫県より喫煙率が高いところです.
御堂筋と大阪市役所周辺は路上禁煙となりましたが,今でも,飲食店では喫煙可の所も多く注意が必要です.パンケーキの店に入りかけたのですが,入り口に灰皿が置いてあり,たばこ臭かったので,やめました.
足を踏み入れにくい新世界や道頓堀の店も新大阪駅構内にあり,駅構内は禁煙で,安心です.
新大阪駅構内の「くくる」で明石焼きと蛸ずしを食べました
「くくる」は東京阿佐ヶ谷にもありますが,粉ものの本場で食べた明石焼きはふわふわで格別に美味でした.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-11 09:59

患者の遺族が大学病院に情報公開の徹底等を求める

NHK「群大病院問題 患者の一部の家族が再発防止の申し入れ」(2017年11月9日)は,次のとおり報じました.

「群馬大学附属病院で、腹くう鏡などの手術を受けた患者18人が相次いで死亡した問題で、死亡した患者の一部の家族が病院側との和解に臨む条件として、家族の意見を聞きながら再発防止を進め、情報公開を徹底するよう申し入れたことがわかりました。

群馬大学附属病院では、平成26年までの5年間に40代の男性医師の腹くう鏡の手術を受けた患者8人が相次いで死亡したほか、同じ医師の開腹手術を受けた患者10人も死亡し、外部の調査委員会は、病院の診療体制の不備が背景にあったなどとする報告書をまとめています。
この問題を受けて、死亡した患者の一部の家族が9日、病院側に対し、再発防止に関する申し入れ書を送ったことがわかりました。

この中で、まずは家族の意見を聞きながら改革に向けた取り組みを進めるべきだとしています。そして病院で年に1度、「患者安全の日」を設けて改革の進捗(しんちょく)状況を公表し、再発防止策を打ち出すことや、病院のすべての医師について、手術による死亡率や障害の発生率などを公表するよう求めています。

家族側はこうした内容を病院側との和解に臨む条件としていて、代理人の梶浦明裕弁護士は「これまでの病院側の対応では遺族が置き去りにされかねない。病院には遺族参加型の取り組みを期待したい」と話しています。

申し入れ書について、群馬大学附属病院は「中身を見ていないのでコメントできない」としています。
問題の経緯と調査報告書
群馬大学附属病院では、平成26年までの5年間に、肝細胞がんを患うなどして腹くう鏡の手術を受けた60代から80代の患者の男女8人が相次いで死亡したほか、開腹手術を受けた60代から80代の男女10人も死亡し、いずれも同じ40代の男性医師が手術を担当していたことが明らかになりました。

この問題について、外部の専門家からなる調査委員会は去年7月、当時の診療科の体制や医療倫理を審査する体制など、病院の組織的な体制の不備が死亡例の続発につながったなどとする報告書をまとめました。

この中で調査委員会は、問題の背景として、手術のメリットやデメリットなどを事前に説明する「インフォームド・コンセント」が不十分だったことなど、患者中心の医療とはかけ離れた現場の実態があったとしています。そのうえで、事故の教訓を風化させないために少なくとも10年は再発防止に向けた取り組みを続け、改革の進捗状況を家族にも報告することなどを提言しています。

調査結果をまとめた報告書を受けて、群馬大学の平塚浩士学長は「再発防止に向けた提言を真摯(しんし)に受け止め、改善、改革に取り組みたい。ご家族の皆様には大変なご心痛とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と述べました。

この問題では、患者の死亡が相次いだ際に適切な対応を取らなかったとして、18人の手術を担当した男性医師や男性医師の元上司、それに当時の大学の理事ら合わせて9人が処分されています。

男性医師と上司だった元教授は、ことし8月までに一部の家族の求めに応じて面会し手術の経緯などを説明しましたが、家族側は、男性医師らが手術や患者への事前の説明などには問題はなかったという認識を示し、「反省の色が見られない」として、国に行政処分を求めています。」



群馬大学附属病院事件は未だ解決していません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-11-09 22:40 | 医療事故・医療裁判