弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2018年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

国立がん研究センター,部位別5年相対生存率、10年相対生存率を公表

国立がん研究センターは,2月28日,部位別5年相対生存率、10年相対生存率を集計し、全がん協ホームページで一般公開しました。

部位別5年相対生存率
90%以上
前立腺(100%)、乳(93.5%)、甲状腺(92.1%)
70%以上90%未満
子宮体(85.6%)、大腸(76.0%)、子宮頸(74.8%)、胃(74.5%)など
50%以上70%未満
卵巣(62.2%)
30%以上50%未満
肺(42.7%)、食道(43.3%)、肝(35.3%)
30%未満
胆のう胆道(26.4%)、膵(9.3%)


部位別10年相対生存率
90%以上
前立腺(92.4%)
70%以上90%未満
甲状腺(86.0%)、子宮体(79.0%)、乳82.8%)、子宮頸(69.8%)など
50%以上70%未満
大腸(65.9%)、胃(64.3%)、腎(62.4%)など
30%以上50%未満
卵巣(44.5%)、肺(30.4%)など
30%未満
食道(28.4%)、胆のう胆道(15.2%)、肝(14.6%)、膵(5.0%)など


部位によって生存率が大きく異なりますが,改善傾向にあることがみてとれます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2018-02-28 23:27

三浦守最高裁判所裁判官の抱負

小貫芳信氏の後任として最高裁判所裁判官に就任した三浦守氏が2月26日に会見し,抱負を語りました.

産経新聞は「当事者の主張に耳傾ける」,毎日新聞は「質の高い審理追求」と見出しをつけています.

産経新聞

法務省勤務が長く、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法にも携わった。当時を振り返り、「被告人や弁護人、裁判所、検察官がそれぞれの視点でいろいろな議論をした」と三浦氏。「最高裁は法律審だが、当事者の主張に耳を傾けるということは大事にしていきたい」と話した。

毎日新聞

「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と抱負を語った。
法務省時代に記憶に残る仕事として、2008年に始まった被害者参加制度創設に関わったことを挙げて「刑事司法の中で位置づけられていなかった被害者の参加を認めたもので、大変意義深く感じた」と振り返った。


医療事故の被害者についても,医療過誤訴訟のなかで適正な判断が下されているか,当事者の主張に耳を傾けて,質の高い判断を下していただきたく思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 08:39 | 司法

三浦守最高裁判所裁判官の抱負

小貫芳信氏の後任として最高裁判所裁判官に就任した三浦守氏が2月26日に会見し,抱負を語りました.

産経新聞は「当事者の主張に耳傾ける」,毎日新聞は「質の高い審理追求」と見出しをつけています.

産経新聞

法務省勤務が長く、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法にも携わった。当時を振り返り、「被告人や弁護人、裁判所、検察官がそれぞれの視点でいろいろな議論をした」と三浦氏。「最高裁は法律審だが、当事者の主張に耳を傾けるということは大事にしていきたい」と話した。

毎日新聞

「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と抱負を語った。
法務省時代に記憶に残る仕事として、2008年に始まった被害者参加制度創設に関わったことを挙げて「刑事司法の中で位置づけられていなかった被害者の参加を認めたもので、大変意義深く感じた」と振り返った。



医療事故の被害者についても,医療過誤訴訟のなかで適正な判断が下されているか,当事者の主張に耳を傾けて,質の高い判断を下していただきたく思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 08:39 | 司法

花粉症オンライン診療サービス(スマ診)

2018年は花粉飛散量が非常に多い年です.

ネクストイノベーション株式会社は,病院に行かないで,スマートフォンで花粉症のオンライン診察が受けられるサービスの会員数が1000名を超えたと発表しました.
医師とのチャット形式でオンライン診察を受け,ネットで支払いをして薬が届くシステムのようです.
保険診療ではありませんが,7割安いので患者の負担金額はほぼ同じとのことです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-27 05:14 | 医療

『楽園のカンヴァス』

b0206085_05304628.jpg

『楽園のカンヴァス』は,2000年大原美術館で始まり同年ニューヨーク近代美術館で終わる,原田マハ氏の小説です.
第一章と最終章は早川織絵の視点から,第二章から第十章まではティム・ブラウンの視点から,それぞれ語られます.
第二章から第十章は,1983年のバーゼルが舞台で,早川織絵とティム・ブラウンがニューヨーク近代美術館に所蔵されている,アンリ・ルソーーの「夢」とそっくりの「夢をみた」の真贋を争います.
真贋判定の方法は,革表紙の古書に書かれている「物語」(夢をみた)を一日一章読むこと.
犯人を探す小説ではないのですが,スリリングな心理展開のミステリーです.
ちなみに,弁護士は悪役です.

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-26 05:31 | 趣味

「皿の上の孤独 Barragan´s Solitude 」(『あなたは、誰かの大切な人』より)

離婚した48歳の都市開発建築事務所の社長野中咲子は,ルイス・バラガンの家を見学します.
それは,元共同経営者の青柳透の 「『生きているうちにこれだけは見ておきたい建築リスト』の筆頭」だから.
野中は乳がんで手術を受け,青柳は緑内障で失明寸前です.

ルイス・バラガンの家は,ユネスコの世界遺産になっています.ワタリウム美術館『ルイス・バラガンの家』(新潮社)等で紹介されています.ネットでルイス・バラガンの家の写真を見ておくと,描写がよく理解できます.

「中庭のある家づくり」参照


ルイス・バラガン氏は生涯独身でした.
「この家の空間は、どこを切り取っても、やわらかく包み込むような孤独の臭いがしていた。」

野中は,壁の皿に「Solediad」(孤独) と書かれているのを見つけます.
「しんとして、味わい深く、さびしく、うつくしい言葉だった。」

この短編では,「孤独」は否定的なものとはされていません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-02-22 08:15 | 趣味

小牧市民病院,祝日の救急外来の医師帰宅させた女児が劇症型心筋炎で死亡した事案で300万円和解

中日新聞「医療過誤で女児死亡の遺族と300万円で和解 小牧市民病院」(2018年2月20日)は,次のとおり報じました.

「愛知県小牧市は二十日、小牧市民病院を受診した翌日に劇症型心筋炎で死亡した市内の女児に対する過失を認め、遺族に損害賠償金三百万円を支払うことで和解したと発表した。

 市によると、女児は体調が悪く、ぐったりしていたため二〇一六年二月十一日夕、市民病院の祝日の救急外来を受診。当直だった研修医は翌日の一般外来受診を指示して帰宅させた。翌十二日未明、女児は心肺停止となり、市民病院に救急搬送されたが死亡した。

 市民病院は、研修医は診察内容を先輩医師に相談して判断するというルールを怠り、相談しなかったことに問題があったと認定した。再発防止のため、救急外来が混雑する時間帯に医師を一人増員するなど措置を取り、研修医が先輩医師に相談しやすいようにした。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
心筋炎は,症状症候から疑い,トロポニンT,心電図,心エコーを実施し,劇症型 である可能性を常に考え心臓救急施設に送ります.急場を凌げば予後がよい疾患です.
休日救急の宿直医の役目は,今診るべき緊急の患者を見逃さないことです.
その意味で残念な事件です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 20:34 | 医療事故・医療裁判

高知医療センター,医師が胃全摘と勘違いし血管を切断し胃全摘(報道)

共同通信「勘違いで患者の胃を全摘、高知 医療センター、賠償支払いへ」(2018年2月19日)は次のとおり報じました.

「高知医療センター(高知市)で昨年末、50代女性の食道がんの手術中に医師が勘違いし、摘出する必要がなかった胃を全摘していたことが19日、分かった。センターは過失を認め、女性に賠償金を支払う方針。

 がんの摘出自体は成功し、女性は現在退院して自宅療養中。胃全摘の影響については今後慎重に経過を観察する。

 センターによると、手術は消化器外科の医師5人が担当。本来は胃の一部のみを切り取る予定だったが、うち1人の医師が施術過程で胃は全て切除するものと勘違いし、切る必要のない血管を切断。すぐにミスに気付いたものの、胃は全摘せざるを得ない状況になったという。(共同通信)」


報道の件は私が担当したものではありません.
過失は当然です。
後遺症等級損害が問題になることがあります.
胃全摘により生じ得る症状は,消化吸収障害,ダンピング症候群及び逆流性食道炎です
基本的に3症状で7級,2症状で9級,1症状で11級と考えられますが,具体的に労働に及ぼす影響を検討して後遺症等級を決める必要があります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 15:40 | 医療事故・医療裁判

北海道とうきび茶

b0206085_08524904.jpg

札幌地裁の期日があり出張しました.
千歳空港のフードコートには「松尾」があるのですが,今回も時間がなくジンギスカンを食べることができませんでした.東京赤坂ではなく,北海道の「松尾」で食べたいのですが.
千歳空港で「北海道限定とうきび茶」を飲みました.とうきび(とうもろこし),黒豆,小豆の香りと味がしました.手軽に北海道の味を満喫することができました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-02-20 08:56 | 日常

「波打ち際の二人 A Day on the Spring Beach」(『あなたは、誰かの大切な人』より)

「波打ち際の二人 A Day on the Spring Beach」は,原田マハ氏の短編小説です.

波口喜美は,東京で大手広告代理店を辞めフリーランスの広告ディレクターをしている.
認知症の母は,姫路で一人で暮らしている. 
「私だって、いずれひとりになる。頼れる夫も子供もなく、ひとりになって、さびしい思いをするはずなのだ。」と思う.
波口は,姫路と東京の往復に疲れ,限界にきている.

大学時代の同級生長良妙子は,大阪の証券会社の総務課課長で,うず潮に放り込まれたみたいな激務をこなしている.
長良の母は,脳溢血で倒れたが,リハビリの甲斐あって淡路島で元気に暮らしている.

この46歳の独身女性二人は,播磨赤穂にほど近い温泉宿に泊まり,波打ち際を歩く.
「ああ、ほんまにえーえ天気やなあ」

小津安二郎氏の映画の1シーンみたいです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-19 06:53 | 趣味