弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2019年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

内頸静脈透析用カテーテルを座らせたまま抜き,空気塞栓による脳梗塞を起こし,障害を残した事案で約476万円の賠償(報道)

共同通信「透析の男性患者に障害 名古屋市が損害賠償へ」(2019年2月20日)は,次のとおり報じました.

「名古屋市は20日、市立東部医療センター(同市千種区)で昨年2月、市内に住む70代男性の静脈から透析用カテーテルを誤って座位のまま抜いたため、血管内に空気が入り、身体に障害を負わせたと発表した。和解に向け、損害賠償金約476万円を支払うための議案を開会中の市議会に提出する。

市によると、同センターはマニュアルで、静脈のカテーテルを抜く際はあおむけなどの姿勢で行うよう定めているが、施術した消化器内科の男性主治医(30)は知らなかったという。

男性は昨年1月、胆管炎による敗血症と診断され入院し、血液透析のため首の静脈にカテーテルを入れた。約1カ月後、男性は座った状態でカテーテルを抜かれ、身体の動きが遅くなるなどの障害を負った。

昨年10月に男性側が市に損害賠償の請求を申し入れた。」


報道の件は私が担当したものではありません.
マニュアルの周知徹底がなされなかったようです.
座位では,血液が重力により下方に移動し下半身の静脈圧が上昇し,上半身の静脈圧が低下します.そのため,座位では,カテーテルから流入する空気を引き込む力が増す危険があります.これは基本的な知識と思いますが.
「身体の動きが遅くなるなどの障害」とありだけで具体的な程度は分かりませんが,後遺症等級11級あたりを認めたのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-23 17:09 | 医療事故・医療裁判

病理組織検査結果が入れ替わり間違った検査結果を基に医療行為が行われた医療事故660万円で和解(報道)

一宮市立市民病院は,平成31年2月19日,「医療過誤に対する損害賠償金の支払いにについて」を発表しました.
市内在住男性患者(当時63歳)に660万円を支払うことで合意したとのことです.

概要は以下のとおりです.

「相手方は、平成28年8月31日、一宮市立市民病院で胃内視鏡検査を行い、過去に内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した幽門前部小弯瘢痕部と近傍の胃角部前壁びらん部の組織を採取し病理組織検査を実施したところ、瘢痕部からがん細胞が発見され、胃がんの再発と診断されました。再発部位に内視鏡的な手術はできないため同年12月21日に外科的な幽門側胃切除術が実施されました。同年12月27日、切除後の検体の病理組織検査をしたところ、胃内視鏡時にがん細胞が見つかった部位に悪性所見はなく、悪性所見のなかった部位からがん細胞が見つかりました。このことにより同年8月31日の病理組織検査結果が入れ替わった可能性が極めて高いことが判明し、間違った検査結果を基に医療行為が行われた医療事故が発覚しました。過去に内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した部位には同じ手技ができないために外科的手術となりましたが、検体の入れ替わりがなければ体への負担がより少ない内視鏡的粘膜下層剥離術の適応になった可能性が高く、診療契約上の義務違反に当たるとして、一宮市に対して、損害賠償を求められたため、相手方と一宮市との間で協議を重ねた結果、損害賠償の額の合意に至ったものでございます。」

上記は私が担当した事件ではありません.

病理組織検査結果の入れ替わり,癌ではない部位を切除し,癌である部位を切除されず,後に,癌のある部位に外科的な切除術が実施された事案です.

病理組織検査結果の入れ替わりについて過失(注意義務違反)があるのは明らかです.
医療過誤に基づく損害賠償は,過失(注意義務違反)だけででは成立しません.損害と因果関係が問題になります.体への負担がより少ない内視鏡的粘膜下層剥離術を行えなかったことなどが「損害」でそれとの因果関係があると判断し,合意に至ったようです.損害算定が難しいので,この660万円の和解は同種事案について参考になります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-23 16:29 | 医療事故・医療裁判

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの手術で神経損傷し後遺症が残った事案で700万円示談(報道)

岩手日報「水沢病院で16年手術ミス 奥州市、700万円支払いへ」(2019年2月.16日)は,次のとおり報じました.

 「椎手術のミスで、障害が残った同市の70代女性に慰謝料など賠償金700万円を支払う方針を明らかにした。

 市医療局によると、女性は当時60代。16年8月に整形外科に入院し、腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症と腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、神経の一部が傷つけられ、排尿が不便になった。

 病院側はミスを認め、謝罪。女性は同年11月に退院し、通院治療を続けたが後遺症が残った。18年10月に女性からの申し出を受け、市は顧問弁護士を通じて賠償を協議してきた。」


上記報道は私が担当したものではありません.

一般に医療訴訟では,腰部脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニアの手術による神経損傷であることを立証し,その損傷が不可避の合併症ではなく手技ミスであることを立証する必要もあります.

また,術前から腰部の神経症状がある患者の場合,術後の症状が術前のものとは異なり,原疾患の悪化によるものではなく,手術の際に神経を傷付けたことのによるものであることを立証するがあります.
鹿児島地判平成24年4月11日は,脊柱管狭窄症の除圧手術後の足のしびれ,膀胱機能障害との因果関係を認め約1260万円の支払いを命じました.
他方,横浜地判平成24年8月9日は,開窓部位を取り違えた事案で,取り違えたことの説明気義務違反(顛末報告義務違反)を認めていますが,取り違えたことと腰部不安定,腰部痛との因果関係を認めていません.
事案により,因果関係立証が難易があります.

報道の件は,700万円が支払われたことからすると,過失,因果関係ともに認められる事案なのでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-20 03:21 | 医療事故・医療裁判

立ったままかん腸し直腸を傷つけ穿孔した事故報告(報道)

産経新聞「かん腸で直腸傷つけ穴 高知医療センターがミス」(2019年2月18日)は,次のとおり報じました.

「高知医療センター(高知市)は18日、80代の男性患者に便秘解消のためかん腸をしたところ、誤って直腸を傷つけ穴が開く事故があったと発表した。男性は今も通院中だが、命に別条はない。

 同センターによると、入院中の男性が慢性的な便秘を訴えたため、昨年11月下旬以降、男性が立った状態で、看護師が長さ約20センチのチューブを肛門から入れかん腸をした。立っていると腹部に力が入り、チューブの先端で直腸を傷つけやすいため本来は寝た状態で処置するべきだったが、看護師は危険性を知らなかったという。」


上記報道の件は,私が担当したものではありません.立位

東京地判平21年2月5日は,浣腸時の体位については,原則的には左側臥位とすることが法的な注意義務の内容となるものと判示しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-19 16:48 | 医療事故・医療裁判

腹部大動脈瘤の手術で癒着していた別の血管が裂けて出血死した事案で3680万円和解(報道)

NHK「
」(2019年2月14日)は次のとおり報じました.

「3年前、延岡市にある県立延岡病院で、男性患者が腹部の手術を受けた際、大量に出血し死亡しました。
県は出血を止める処置に過失があったとして、遺族におよそ3700万円の賠償金を支払うことで合意しました。

県によりますと、平成28年6月、県立延岡病院で、当時60代の男性が腹部の大動脈にできた「こぶ」を取り除く手術を受けた際、大動脈と癒着していた別の血管が裂けて大量に出血し、翌日、死亡しました。

手術をしていた医師は出血を止めようとしましたが、どこから血が出ているのかわからなかったということです。

県は、出血で見づらくなる前に正面から腹部を切開し直せば、出血箇所を見つけられた可能性があったのに、そうした処置が遅れたことに過失があったとしています。

県は、遺族に3680万円の賠償金を支払うことで合意したということで、県議会に諮ることにしています。

病院の院長は「誠に残念で申し訳なく思っております。事故を重く受け止め、良質な医療が提供できるよう診療に万全を期したい」とコメントしています。」


上記報道の件は,私が担当した事件ではありません.
出血で見づらくなる前に正面から腹部を切開し直せば出血箇所を見つけられた可能性があったのにそうした処置が遅れたことに過失があったという認定は,本件に限らず出血事故の過失を検討する際に参考になります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-19 15:33 | 医療事故・医療裁判

チューブに痰が詰まった患者について看護師が迅速に医師を呼ばず吸引を試みた事案で1150万円和解

東海テレビ「看護師が吸引できず…名古屋の病院で医療ミス 患者の呼吸用チューブに痰が詰まり脳に障害残る」(22019年2月12日) は,次のとおり報じました.

 「名古屋市立西部医療センターで医療ミス。患者が呼吸をするためのチューブに痰を詰まらせ脳に障害が残りました。

 名古屋市立西部医療センターによりますと、2016年1月声門癌の合併症で入院していた当時60代の男性が呼吸をするためのチューブに痰が絡んだため、看護師が吸引しようと試みました。

 しかし、吸引できずチューブに痰が詰まったことで患者は、一時心肺停止となりましたが、医師を呼んで緊急手術を行った結果、一命をとりとめました。

 男性は現在、話すことが困難になるなど脳に障害が残っています。

 病院側は「看護師が措置をやめ、迅速に医師を呼ぶかどうかは微妙な判断で責めることはできない」としながらも、救命措置の中で情報共有を迅速にすべきだったとしています。

 この医療ミスで名古屋市側が1150万円を支払うことで和解が成立しています。」


報道の件は,私が担当したものではありません.
看護師がどの時点で医師を呼ぶべきかは具体的な事案により異なりますが,呼吸状態に異変があって病室に駆けつけた看護師は,心肺停止が切迫している緊急事態であることを認識し,迅速に医師を呼ぶべきでしょう.報道の件は,看護師が声門癌の合併症で入院していた当時60代の患者のチューブに痰が詰まった状態で吸引を試みた時間が長すぎたのではないでしょうか.教訓とすべき事案でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2019-02-14 06:06 | 医療事故・医療裁判

司法試験出願者数の減少と13弁護士会の共同声明など

平成31年の司法試験出願者数は,4930人と発表されました.減少傾向が続いています.法律家に魅力が失われ,志望者が減少していることを示すものです.
合格者1500人程度を維持すると平成31年の司法試験合格率は3割を超えるでしょう.旧司法試験のころに比べ合格率が10倍以上になるとは.

13弁護士会が司法試験合格者減らすべきとの共同声明を発表しました.札幌,秋田,山形県,仙台,栃木県,埼玉,千葉県,山梨県,長野県,富山県,山口県,兵庫県,大分県の弁護士会です.
募集を継続する法科大学院がある都道府県は14あり,北海道,宮城県,千葉県,兵庫県には法科大学院があります.

ちなみに,法科大学院修了者に司法試験合格率は4人に1人ですが,予備試験合格者の司法試験合格率はほぼ4人に3人です.
法務省は,法科大学院修了を待たずに,法科大学院在学中に司法試験を受験できる制度への変更を検討しています.
これについては「ロースクールと法曹の未来を作る会」,「臨床法学教育学会」,「法科大学院を中核とする法曹養成制度の発展をめざす研究者・弁護士の会」が反対しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2019-02-14 05:12 | 弁護士会

大阪弁護士会,登録弁護士制度導入

大阪弁護士会は,離婚,遺言相続,労働,交通事故の4分野について,「登録弁護士制度」を4月から始めるそうです.
弁護士経験が3年以上で,分野別の研修を3回受講し,訴訟や調停などその分野の実務が3件以上あることが条件で,各分野500人をめざすとのことです.
知的財産や医療などの分野にも広げていくとのことです.

医療(患者側)の分野で,専門弁護士と言えるのはごくわずかと思います.
近い将来,医療(患者側)の分野について「登録弁護士」の条件が訴訟や調停などその分野の実務が3件以上あること程度の緩いものでよいのか検討の必要があると思います.
経験件数の条件を厳しくすると若手に不利になりますので,過去1年間に3件以上とするか.あるいは試験を行って認定するのが適切と思います.

たなみに,大阪弁護士会の或る先生が提訴を奨めた事案は私からみるとどこを過失としてどのようにして立証するのか分からないものでしたし,また大阪弁護士会の別の先生が責任追及困難とした事案は私からみると責任追及可能で提訴を奨める事案でした.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2019-02-06 09:03 | 弁護士会

春節

今日は春節(旧正月)です.月の満ち欠けによる太陰太陽暦の正月です.
日本人もかつては月を見て暮らしていました.
伊勢物語には次の和歌があります.
月やあらぬ春や昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身にして

横浜中華街では採青(獅子舞)が行われます.
正月気分を味わいたいですね.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2019-02-05 06:56 | 日常

節分

四谷荒木町は,花街でしたので,鬼を欺くために仮装する花街の風習を受け継ぎ,節分前夜に「おばけ」が開催されました.
四谷の須賀神社では今日豆撒きが行われます.
北海道に住んでいたころは落花生を撒いていました.
最近は,豆撒きより恵方巻きのほうが多いそうですが,やはり節分は豆撒きです.
京都では,吉田神社・伏見稲荷または八坂神社・壬生寺・北野天満宮を参拝する節分四方(よも)参りが有名です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-02-03 09:09