弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2019年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

岐阜地裁平成31年4月19日判決,国体優勝の病院管理課職員の過労死で約7100万円の支払いを命じる(報道)

共同通信「国体選手自殺で賠償命令、月100時間超える残業」(2019年4月19日)は次のとおり報じました.

「2012年に開かれた岐阜国体のライフル射撃で優勝した鈴田潤さん(当時26)が自殺したのは、勤務先の病院で長時間の残業をし、精神障害を患ったことが原因として、鈴田さんの両親が病院を運営するJA岐阜厚生連に約9000万円の損害賠償を求めた訴訟で、岐阜地裁は19日、約7100万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

訴状などによると、長崎市出身の鈴田さんは10年4月、国体での活躍を期待され厚生連に就職。13年4月から岐阜県瑞浪市の東濃厚生病院で勤務し、同年10~12月には月100時間を超える残業が続いた。

同年12月に「これ以上は耐えられそうにない」「生きてるとつらいだけ」などと記したメールをパソコンに残し行方不明となり、翌月、愛知県内のパーキングエリアに止めた車内で練炭自殺しているのが見つかった。

鈴田さんを巡っては、多治見労働基準監督署が17年9月、自殺は長時間労働が原因として労災認定した。

両親は「心身の健康を損なわないよう配慮する義務を怠り、国体強化選手としての立場も考慮しなかった」と主張、病院側は「長時間労働はあったが、他の職員と比べ度を超えたものではなかった」と反論していた。(共同)」


報道の件は私が担当したものではありません.
過労死は医師だけではありません.
病院側の反論にならない反論が問題の深刻さを示していると思います.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-20 07:44 | 司法

第3回妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会

2019年4月17日「第3回妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会」が開催されました.
2019 年3 月20 日~3 月29 日に行われた「妊産婦の医療や健康管理等に関する調査」の以下の結果概要が報告されました.

【対象】
回答者の年齢別の割合は、30~34歳が36.0%と最も多かった。また、回答者の80%が妊娠中であり、残りの20%が出産後であった。
約63%が「かかりつけ医はいない」と回答した。約52%が妊娠中に妊婦健診以外の目的で診療を受けていた。


【産婦人科受診】
妊娠中の産婦人科への受診回数(妊婦健診を除く)は平均約3回であった。妊娠中の産婦人科以外の診療科への受診回数は平均約3回であった。
妊娠中の産婦人科への受診理由は、妊娠に直接関わる症状(つわりなど)が最も多く、妊娠中の産婦人科以外の診療科への受診理由は、感染症状(熱、せき、たんなど)が最も多かった。


【産婦人科以外の受診】
産婦人科以外の受診先は、内科、歯科・歯科こうくう外科・耳鼻いんこう科の順であった。産婦人科以外の受診に当たり、約60%は妊娠前からのかかりつけを受診した。
回答者のうち、約15%は、産婦人科以外の診療科にかかろうとしたとき、他の医療機関への受診を勧められたことがあった。また、約18%は、産婦人科以外の診療科を受診した際に、産婦人科も受診するよう勧められたことがあった。
産婦人科以外の診療科を受診した回答者のうち58%は、産婦人科以外の医師から産婦人科の主治医に対する情報提供等はなかったと回答した。
産婦人科以外の診療科を受診した回答者のうち、約88%は、「気配りが不十分と感じた経験はない」と回答した。また、回答者全体のうち約81%が「説明文書を手渡して説明を行うことが大切」と考えている。
出産後1年以内の産婦人科以外の受診先は、内科、歯科・歯科こうくう外科、耳鼻いんこう科の順に多かった。受診理由としては、感染症状が最も多かった。
出産後1年以内の産婦人科以外の診療科の受診時に、「気配りが不十分と感じた経験はない」と回答した人は約85%であった。また、回答者全体のうち約76%が「説明文書を手渡して説明を行うこと」が大切と考えている。


【薬局】
薬局において、「気配りが不十分と感じた経験はない」と答えた回答者は、全体の約70%であった。また、薬局での対応について、「妊娠や授乳に気を配って薬の説明をすることが大切」と考える妊婦は全体の約62%であった。

【妊娠前の健康管理】
妊娠前の健康管理で気をつけていたこととしては、「葉酸を積極的に摂るようにする」が最多であった。妊娠中の健康管理で困ったこと等としては、「飲んでよい薬かどうか」が最多であった。

【妊娠中の保健指導】
妊娠中の保健指導について、全体として約50%程度の回答者が「指導を受けて満足している」と回答しており、その中で、「出産・産後の準備についての指導」が最も多かった。

【産後健診等】
産後健診の平均受診回数は、出産後1~2週の期間で0.8回、3~5週で1.0回、6週以降で0.5回であった。出産後の健康管理で困ったこと等については、「授乳に関すること」が最も多かった。
出産後の健康管理に関する支援として、サービスを受けて気に入ったと答えたサービスとしては、「産後健診」、「専門家による産婦訪問・新生児訪問」の順に多かった。



谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-18 02:17 | 医療

ノートルダム大聖堂火災

シテ島のノートルダム大聖堂の前には基点標識があり,「ブラタモリ」では標識の上で回転する姿がありました.ノートルダム大聖堂の前まで来て中に入らないのが「ブラタモリ」流です.
その大聖堂が火災です.消防士1人が重傷を負いましたが,大聖堂が保有する宗教芸術など多数の貴重な文化財は無傷で守られたとのことです.懸命の作業があったのでしょう.
ステンドグラスもデジタル記録に基づき修復可能とのことです.

日本では奈良県が通知を発しました.
「ノートルダム大聖堂で大規模な修復工事中に火災が起きたことを受けて、奈良県文化財保存事務所は、奈良市の薬師寺や唐招提寺などで建造物の修理にあたっている県内5か所の出張所に対して、▼修理現場での火の取り扱いに注意することや、▼消火器などの点検を行うこと、▼漏電など電気系統の設備の安全を確認することなどを口頭で通知しました。」(NHK)とのことです.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-17 03:06 | 日常

大学病院でCT画像診断報告書のがん疑いを昨春見落とし,今年年明けに患者死亡(報道)

毎日新聞「「がん疑い」検査結果を見落とし、患者死亡 富山大病院」(2019年4月16日)は,次のとおり報じました.

「富山大付属病院(富山市)は16日、コンピューター断層撮影(CT)の画像診断でがんが疑われるとの結果を記載した報告書を担当医師が見落とし、患者が約1年後に死亡したと発表した。患者の氏名や病名は遺族の意向で非公表としている。林篤志病院長は「患者、遺族に多大な負担と心痛をかけ、深くおわびする」と謝罪したが、見落とした事実と死亡の因果関係については否定した。

 同病院によると、患者は数年前に病院内の泌尿器科でがんの手術を受けた。昨春の定期検診でのCT検査で、放射線科の医師が別の臓器に新たな腫瘍を発見し電子カルテに記載。泌尿器科の医師は、それを見落としたまま患者に説明した。

 患者は昨夏ごろ腹痛などの症状があり、秋に再び同病院を受診。別の進行したがんが発見され、今年に入り死亡した。林病院長は「昨春に治療を始めても完治しなかったと思うが、(見落としで)生存期間が短くなったのは否定できない」とした。【青山郁子】」


チューリップテレビ「富山大学附属病院 「腫瘍疑い」見落とし 患者死亡」」(2019年4月16日)は,次のとおり報じました.

「富山大学附属病院は16日、医師がCT検査の報告書の確認を怠り、がんの発見が遅れた患者が死亡したと発表しました。

 医師は報告書にあった「腫瘍が疑われる」との記載を見落とし、適切な手続きをとっていませんでした。

 病院によりますと、患者は数年前に富大付属病院の泌尿器科でがんの手術を受け、その後は年に1回程度、CT検査を受けていました。
 去年春の検査では、放射線科の医師が新たな腫瘍の可能性を電子カルテに記載しましたが、泌尿器科の医師が見落とし、専門の診療科に紹介するといった手続きをとりませんでした。
 患者はその後、腹痛と食欲不振に悩まされ、他の医療機関を受診しましたが症状が改善しないため、秋に富大附属病院の内科を紹介されました。
 そこで、春に行ったCT検査の報告書に腫瘍の可能性が記載されていたことが判明。
 引き続き富大附属病院で治療が行われましたが、患者は今年に入り亡くなりました。
 病院側は報告書の見落としと死亡の因果関係はないとしています。

 「見つかった時点で治療してもおそらく死亡していた。生存期間が短くなったことは否定できない」(山崎光章副院長)

 一方、重要な所見を見落とさないためのルールづくりは不十分だったとして去年、再発防止を防ぐため電子カルテのシステムを改修をしたほか、重要な所見がある場合は冒頭に記載するといったルールを定めています。」


報道の件は私が担当したものではありません.
2018年秋から治療を開始しましたが,病院は,2018年春から治療を開始しても死亡していただろうから,因果関係はない,と言いたいのでしょう.「因果関係」は「あれなければこれなし」の関係です.2018年春の見落としがなければ,2019年年明けの死亡がなかったか,が問題になります.生存期間が短くなったことは否定できないとのことですから,2018年春の見落としがなければ,2019年年明けの死亡がなかったことになります.したがって,因果関係はあります.
法律家ではない医師が「因果関係」の意味を誤解して話していると思います.
短くなった生存期間がどの程度なのか,によって損害賠償の金額が変わってきます.がんはステージごとに生存率が公表されています.2018年春の時点と2018年秋の時点でステージに差がなければ,ステージごとの生存率は使えません.その場合,転移のある進行癌患者の平均余命(月単位)から,短縮された生存期間を推定することになると思います.
さらに,損害は生存期間の短縮だけではありません.CT検査を受け「癌疑い」と報告されていながら,見落とされたことの精神的苦痛も損害です.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-17 02:06 | 医療事故・医療裁判

東京都,病院の同意書等記録の不備を指摘

毎日新聞「透析中止 東京都、病院側の不備10件を指摘」(2019年4月15日)は,次のとおり 報じました.

「○○病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、都の9日の指導は計10件の病院側の不備を指摘した。2007年に策定された厚生労働省のガイドラインに基づく指導は全国初。

 都は、病院の腎臓病総合医療センターが開設された13年4月以降、立ち入り検査した3月6日までの間に透析治療を中止(4人)、または最初から治療しない「非導入」(20人)で死亡した計24人を調べた。(1)患者の意思を確認する書類(同意書)が保存されていない(1件)(2)医師からの代替治療法の説明を行ったことなどの記録を確認できない(4件)(3)患者の意思の変化に対応できる旨の説明を行った記録を確認できない(4件)――などが分かり、改善を指導した。関係者によると、(1)は治療中止の1人で、非導入の20人全員と合わせ、計21人の同意書がなかったことが判明している。

 一方、腎臓病患者に対しては通常、腎臓移植、血液透析、腹膜透析という3種類の選択肢が医師から提示されるが、24人のうち19人は2種類以下だった。「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」の永井裕之代表は「全ての選択肢を提示しないことは、医師による患者の誘導につながる。インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を徹底させ、再発を防止すべきだ」と話す。【斎藤義彦】」


報道の件は私が担当している事件ではありません.
東京都が指摘したのは同意書等の記録の不備ですが,大事なことです.
単なる記録の不備であるという見方はできないでしょう.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-16 08:53 | 医療事故・医療裁判

近畿弁護士会連合会,「民事控訴審の審理に関する意見書」

『自由と正義2019年4月号』に「民事控訴審の審理の充実を求める-事後審的運用は見直されるべき-近弁連は意見書を発表」が掲載されていました.
2018年8月3日に発表された意見書です.

民事控訴審の審理に関する意見書」の要点は,以下のとおりです.

1  裁判所と当事者との間で争点と証拠の評価などについて意思疎通、コミュニケーションをはかり、これらの点について共通の認識を持つ努力をすべきである。
2 控訴審裁判所は、第1回期日において争点を再整理したり、民事訴訟法の定める裁判所の釈明権を適切に行使し、控訴審裁判所が着目する争点や立証などについて裁判所の認識内容を示唆したり、あるいは釈明を求めたりして、当事者双方の意見を聴取し、あるいは双方当事者の主張立証の整理を促すべきである。
3 控訴審裁判所は、証拠調べを実施するかについて十分な検討を行い、人証調べを含めた必要な証拠調べを適切に実施するべきである。
4 控訴審裁判所は、裁判官による記録の精読と十分な評議、裁判所と当事者間の十分なコミュニケーションと争点などについての認識の共有化ができていないときは、第1回期日に結審しないようにすべきである。

たしかに,地方裁判所の審理が不十分で,判決が間違っていることも時々あります.それは高等裁判所で是正していただかねばなりません.
私は,医療過誤控訴事件で1回結審となった記憶にありませんが,50日で証拠を用意し理由書を作成するのはとても困難です.
大阪高等裁判所での経験は1回しかありませんが,丁寧に審理していただき神戸地方裁判所の敗訴判決を覆し完全勝訴判決(最高裁で確定)をもらいました.
高等裁判所(控訴審)に求められる役割は大きいと思います.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-16 05:24 | 司法

出町ふたばの豆餅

出町ふたばの豆餅_b0206085_22542765.jpg

11時30分の期日の後,12時に京都伊勢丹で出町ふたばの豆餅を購入しました.
東京でも第3土曜日の午後なら購入できなくはないのですが,曜日さえ合えば京都伊勢丹で購入するのが簡単です.
防腐剤を使っていないため賞味期限が当日ですが,柔らかくとても美味しいです.
鮮度の良い青葱(九条葱)と大きな揚げをデパ地下で買いましたこれを白味噌をつかって和えると美味しいんです.

京都地裁のしだれ柳がきれいでした.
今月は関西出張がすでに3回です.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-15 22:55 | 日常

In the middle of difficulty lies opportunity. (困難な道中にこそ機会がある.)

In the middle of difficulty lies opportunity. (困難な道中にこそ機会がある.)_b0206085_03264677.jpg

カレンダーに格言・名言が書かれています.
今週は, In the middle of difficulty lies opportunity.(困難な道中にこそ機会がある.)です.
患者側弁護士にはぴったりの言葉です.

これは,アルベルト・アインシュタイン氏の言葉です.
同氏の命日が4月18日なので今週の名言に選ばれたのでしょう.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-15 03:11 | 日常

「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」と「きのう何食べた?」

今シーズンの見るべき春ドラマの1つは「 ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」でしょう.
もっと前から取りかかればいいのにと思うのですが,第1話はキーボードを打っているところが見せ場でした.
放射線技師が主人公なのもいいです.
主演は窪田正孝さんです.ピュアさは「アンナチュラル」を彷彿させます.
広瀬アリスさん,山口紗弥加さん,そして和久井映見さんという演技の上手い俳優が出演しています.バッサーもです.
フジテレビ月曜21時です.

「きのう何食べた?」も面白いです.
よしなが ふみさんのBL漫画のドラマ化ですが,弁護士役の西島秀俊さんと美容師役の内野聖陽さんの演技がすごいです.
買い物は生活感がありました.私も買い物をして帰って夕食を作るのですが,要るものを適量買うようにしています.とくに安いものは買いません.ハーゲンダッツはどこにでもあり,安く買えるので常食化の危険があるため絶対買いません.例えばウッドベリーズですとたまにしか食べられませんので,肥満のリスクを回避できます.美味しいパンを食べると戻れないのもたしかですが,私は,パン屋さんを変えて変化を味わっています.セントル ザ・ベーカリー,銀座に志かわ,進々堂だけではなく美味しい店はいっぱいあります.
美味しそうな料理にひきつけられます.太らないよう節制しているのにどうかと思いますが,苺ジャムは作りたいですね.
テレビ東京金曜0時12分です.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-14 05:31 | 趣味

注射による神経損傷で県立病院提訴報道

新潟日報「十日町病院の医療過誤で県を提訴 中越地方の40代女性」(2019/04/13)は次のとおり報じました.

「新潟県立十日町病院で注射を受けた中越地方の40代女性が、注射によって座骨神経を損傷し、左足に痛みやしびれが残ったのは看護師の注意義務違反があったからだとして、病院を運営する県に約740万円の損害賠償を求める訴訟を12日までに、新潟地裁に起こした。

 訴状によると、女性は2014年、別の病院の紹介で十日町病院で注射を受けたが、看護師が漫然と注射したために座骨神経を損傷させる注意義務違反があったとしている。同年、当時の病院長が女性に謝罪したといい、医療過誤補償の手続きも行ったが、病院側がその後に法的責任はないなどと態度を変えたとも主張している。

 県病院局は「今、答えられることはない。こちら側の主張は裁判の中で具体的にしていく」とした。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
注射による神経損傷の事案は,件数が多く,患者側の弁護士では誰しも相談を受けたり担当したことがあると思います.ところが,神経損傷は目に見えるものではないからでしょうか,医療側は責任を認めないことも結構多いように思います.裁判例を蓄積していく必要があるでしょう.
なお私は現在注射による正中神経損傷事件を1件担当しています.

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2019-04-13 23:20 | 医療事故・医療裁判