弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

つがる総合病院,コールドポリペクトミーによる腸壁損傷で和解(報道)

東奥日報「大腸ポリープ手術でミス、人工肛門に つがる総合病院、1250万円賠償へ」(2018年11月22日 )は次のとおり報じました.

「つがる西北五広域連合は21日、青森県五所川原市のつがる総合病院で2017年11月、つがる市の80代男性が内視鏡による大腸ポリープの切除手術を受けた際、担当医が腸を傷つけるミスがあり、人工肛門が必要になる後遺症が残ったと発表した。広域連合は過失を認め、患者側に賠償金1250万円を支払う方針。

 同日の広域連合定例議会で、広域連合長の佐々木孝昌五所川原市長が損害賠償に関する議案を提案し、全会一致で可決された。

 広域連合や同病院によると、ポリープを切除する「コールドポリペクトミー」という手術の際、担当医が誤って手術器具で腸壁を傷つけたため、患者は腹腔(ふくくう)内出血による腹膜炎を発症。壊死(えし)した左結腸の切除や、人工肛門をつくるなどの治療を強いられた。

 手術時の対応を検証した結果、病院は「無理に切除する必要のないポリープだった」(同病院管理課)などとして、過失を認めて男性に謝罪。今年10月に和解した。広域連合の鎌田和廣病院運営局長は、取材に「患者に大変ご迷惑をおかけした。今後このようなことがないよう、再発防止に努めたい」と述べた。」


報道の件は私が担当したものではありません.
手技による事故には,「注意して回避できるもの」と「注意しても回避できないもの」があります.報道のコールドポリペクトミーによる腸壁損傷は注意して回避できるものです.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
# by medical-law | 2018-12-17 11:10 | 医療事故・医療裁判