弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

県立病院のがん見落とし報道

県立病院のがん見落としについて,次のとおり報道されています.

時事通信「がん疑い見落とし患者死亡=ミス認め、遺族に謝罪―岩手県立二戸病院」(2020年1月15日)は次のとおり報じました.

「岩手県立二戸病院(同県二戸市)で、60代男性患者の腎細胞がんを疑わせる所見を見落とし、治療が遅れたために男性が死亡する医療事故があったことが15日明らかになった。同病院はミスを認めており、遺族との間で昨年12月に示談が成立し、遺族に謝罪したという。

 同病院が県を通じ15日に発表した。遺族代理人によると、男性は2015年3月に呼吸器内科を受診。コンピューター断層撮影(CT)で腎細胞がんを疑わせる所見が認められ、放射線科の医師が画像診断報告書に記載したが、担当医師がこれを精査せず、同年6月と9月の再検査の際にも記載を見落とした。このため治療が遅れ、男性は16年8月にがんが転移して脳出血で病院に搬送され、17年1月に死亡した。

 遺族は15日、「事故が分かった時点で説明と謝罪をしてほしかった」とコメントを発表。同病院は再発防止のため、画像診断報告書をパソコンで閲覧する際、画面上に既読を確認するボタンを設置したり、重要所見を強調文字で表示したりするシステム改修を行ったことを明らかにした。

 岩手県医療局は「全県立病院が一丸となり、医療安全対策の徹底を図る」とコメントを出した。」 


共同通信「医師がん3度見落とし、男性死亡 岩手県立病院、示談が成立」(2020年1月15日)は次のとおり報じました.

「岩手県は15日、県立二戸病院で2015年にCT検査を受けた60代男性の担当医が、画像診断報告書に記載された腎臓がんを疑わせる所見を見落としたため判明が約1年5カ月遅れ、その後死亡したと発表した。病院では計3回CT検査を受けたが、いずれも見落としていた。県は死亡との因果関係を認め昨年12月、遺族と示談が成立した。

 県や遺族側の弁護士によると、男性は15年3月にCT検査を受診。放射線科の医師は腎臓がんの疑いがあるとする画像診断報告書を書いたが、呼吸器内科の医師が精査していなかった。

 男性は同年6月と9月にも同病院でCT検査を受けたがいずれも見落とされた。」


NHK「ガン検査結果見落とし患者死亡」(2020年1月15日)は次のとおり報じました.

「県立二戸病院は、CT検査でガンの疑いが診断されたにもかかわらず、主治医が検査結果を見落とし、患者が死亡する医療事故があったとホームページで公表しました。
県は、遺族と示談した上で謝罪したということです。

県や遺族の代理人の弁護士によりますと、平成27年3月に、60代の男性患者が県立二戸病院でCT検査を受けた際、放射線科の医師が腎臓のガンが疑われると診断しましたが、主治医の呼吸器内科の医師が検査結果を見落としたということです。
男性は、同じ年の6月と9月にもCT検査を受けましたが、同じ医師がその際も検査結果を見落としたということです。
その後、平成28年8月に男性が脳出血で救急搬送され、検査結果の見落としがはじめて分かったということです。
男性は、ガンの治療を受けましたが、5か月後に死亡しました。
県は遺族と話し合いを続けた結果、先月示談が成立し、遺族に謝罪の文書を送ったということです。
遺族は弁護士を通じて、「早く治療を始めていれば、苦しい思いをしなくて済んだのはないかと憤りを感じました。再発防止に努めてほしい」とコメントしています。
県立二戸病院はホームページ上で「応援の医師が診察していたが、画像診断の報告書を既読したと確認する体制が構築できていなかった。再発を防止するため、システムを改修した。関係者におわび申し上げます」とコメントしています。
また、県医療局業務支援課の鎌田隆一総括課長は、「関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。全ての県立病院が一丸となって医療安全対策の徹底を図り、安心安全をさらに推進していきたい」と話しています。」


岩手放送「がんの発見遅れ60代男性死亡 県立病院で医療事故報告5件/岩手」(2020年1月15日)は次のとおり報じました.

「医療局は15日、今年度上半期に県立病院で5件の医療事故の報告があったと発表しました。そのうちの1件では「がん」の発見が遅れたことで60代の男性が死亡しています。

県医療局によりますと、今年度上半期に医療事故の報告があったのは県立遠野病院が2件、中央病院、中部病院、二戸病院がそれぞれ1件のあわせて5件で、いずれも家族の同意を得て公表されたものです。そのうち二戸病院では2015年に60代の男性が受診した際、CT検査で「腎細胞がん」が疑われたにもかかわらず担当医師がこれを見落としていました。遺族の弁護士によりますと、その後、男性はがんの発見と治療が1年5か月近く遅れ、2017年1月に「腎細胞がん」で死亡しました。この事故を受け県医療局は画像診断の報告の際に重要な箇所を強調して表示するなどの再発防止策を取るとしました。」


岩手日報「医師がん3度見落とし、男性死亡 岩手県立病院、示談が成立」(2020年1月15日)・河北新報「医師がん3度見落とし、男性死亡 岩手県立病院、示談が成立」(2020年1月15日)は次のとおり報じました.

「岩手県は15日、県立二戸病院で2015年にCT検査を受けた60代男性の担当医が、画像診断報告書に記載された腎臓がんを疑わせる所見を見落としたため判明が約1年5カ月遅れ、その後死亡したと発表した。病院では計3回CT検査を受けたが、いずれも見落としていた。県は死亡との因果関係を認め昨年12月、遺族と示談が成立した。

 県や遺族側の弁護士によると、男性は15年3月にCT検査を受診。放射線科の医師は腎臓がんの疑いがあるとする画像診断報告書を書いたが、呼吸器内科の医師が精査していなかった。」

 男性は同年6月と9月にも同病院でCT検査を受けたがいずれも見落とされた。


朝日新聞「がん見落とし、死亡 検査報告、確認怠る 岩手の県立病院」(2020年1月16日)は次のとおり報じました.

「岩手県は15日、県立二戸病院の医師がCT検査の報告書の確認を怠るなどして腎細胞がんを見落とし、60代の男性が死亡したと発表した。

 病院や遺族の代理人によると、男性は健康診断で肺に影があることが分かり、2015年3月に同病院の呼吸器内科でCT検査を受けた。放射線科医は画像診断報告書で腎細胞がんの疑…」


読売新聞「がん見落とし患者死亡 二戸病院 主治医CT報告書読まず」(2020年1月16日)は次のとおり報じました.

「岩手県立二戸病院(二戸市)で2015年、60歳代の男性患者がコンピューター断層撮影装置(CT)の検査で腎細胞がんの疑いを指摘されていたにもかかわらず、主治医が報告書の内容を読まず、患者が死亡していたことがわかった。県医療局が15日に公表した。

 同局や患者遺族の代理人弁護士によると、男性は15年3月にCT検査を受け、「腎細胞がんが疑われる」との所見が画像診断報告書に記されたが、呼吸器内科の主治医が読まなかった。男性は16年8月、別の疾患の治療のため同病院で検査を受けた際に腎細胞がんが見つかり、17年1月に死亡した。県医療局と遺族の間では示談が成立したという。

 同局によると、この主治医は応援医師で、スタッフと連絡を取り合うことが少なかったという。周囲の医師らは、主治医が報告書を読んで男性の状況を把握していたと思い込んでいた。

 県医療局の鎌田隆一・業務支援課総括課長は「関係者におわび申し上げる」と陳謝し、再発防止策として、院内の電子カルテに「既読」ボタンを設定し、重要な所見がある場合は表示を強調するシステムに改修した。

 県医療局は04年度から、県立病院の医療事故について患者や家族から同意を得たうえで半期ごとに公表しているが、患者が死亡したケースは確認できた13年度以降でほかにないという。」


デーリー東北「二戸病院で医療ミス、がんの疑い見落とし男性死亡」(2020年1月16日)は次のとおり報じました.

「岩手県医療局は15日、2015年3月に二戸市の県立二戸病院を....」

岩手めんこいテレビ「県立二戸病院 がん見落とし患者死亡」(2020年1月16日)は次のとおり報じました.

「岩手・県立二戸病院で、がんの疑いが見つかったものの、医師が見落とし、患者が亡くなっていたことががわかった。

県医療局は15日、2015年、県立二戸病院で市内の60代の男性がCT検査を受け「腎細胞がん」を疑わせる所見があったものの、担当していた呼吸器内科の医師が見落とし、男性が死亡していたことを発表した。

遺族の弁護士によると、CT検査はあわせて3回実施されたものの、医師がいずれも見落とし、男性は腎細胞がんの転移による脳出血で病院に運ばれ、その後亡くなった。

遺族と県は示談が成立しているが、遺族は「思い出すと、とても辛い。再発防止に努めてほしい」とコメントしている。

県は、この他にも2019年9月まで3つの県立病院で合わせて4件の医療事故があったことを公表した。」


県立病院の呼吸器内科の医師は,肺の疾患を疑ってCT検査をオーダーし,3か月ごとの定期的な経過観察を行っていました。CTの肺の部分だけは見ていました.しかし,放射線科医の作成した画像診断報告書は見ていませんでした.
放射線科医はCT画像のスライスを上から下まで全部を見て報告書を作成します.平成27年3月には「腎臓がんを疑います」,6月と9月には「left renal cell carcinoma」(左腎細胞がん)と明記していました.本件は,呼吸器内科の医師がこの画像診断報告書を見ていれば容易に防止できた事故なのです.医師間で医療情報の共有がなされなかったことが事故の原因です.
システムの改善により,このような事故の再発が防止されることを願います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



# by medical-law | 2020-01-16 05:57 | 医療事故・医療裁判